新型オデッセイ試乗インプレッション ホンダらしい乗り味?

先日から連載している、2013年モデルの新型オデッセイに試乗したインプレッション。

今回はようやくその試乗インプレです。

09_20131109154009da8.jpg

エリシオンと統合した新型オデッセイのその実力やいかに…?


インプレッションはあくまで個人的な感想です。辛口なインプレッションも含まれますので、気分を害する可能性のある方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓

 
 
営業マンさんと一緒に試乗のオデッセイに乗り込みます。

まずオデッセイの運転席に座ってまず感じたのは、着座位置の高さです。

20_20131110233527190.jpg


パワーシートを一番下にしても、かなりアップライトに座らされていると感じました。
しかし運転し始めると、上半身を投げ出されるような不安感もなく、最小回転半径5.4mという取り回しもあまり気にならないほど、意外と運転はしやすかったです。
反面、頭上方向の広々さを手に入れた分、先代モデルのような包まれ感はなくなりました。
良くも悪くも乗用車ライクな乗り味とは決別した感じです。
良い面としては、アップライトに座っている分、前方向の見晴らしは広くて気分が良いです。




エンジンをかけると、2.4L直4のエンジン音とノイズはそれなりに伝わってきました。
そしてアイドリング状態から伝わってくるフィールは、直噴ぽいガラガラザラザラとした印象。
営業マンに「直噴ですか?」と聞くと、「直噴ではないです」と。

後で調べたらやっぱり直噴じゃないか!!(笑)



アクセルを踏んでもその印象はより強く、直噴っぽいガラガラとした回転フィールは、ちょっと懐かしさも感じます。

ライバルになるアルファードやエルグランドは2.5Lなどでは同じ直4ですが、上位モデルでは3.5LのV6エンジン搭載モデルも有り、2.4L直4しかラインナップしていないオデッセイは、さらなる上質感を求めるユーザーに対する訴求は難しいかもしれません。
しかし、今後はハイブリッドなども投入予定とのことで、そちらも期待できますね。




トランスミッションはCVT。
トルクの出方は意外と穏やかで、踏んでもグイと出るようなことはありません。
ややエンジン回転が先行するCVT特有のフィーリングはありますが、パワー不足かと言えばそんなことはなく、街中では過不足は感じませんでした。




市街地を走行して感じるのは、足回りの硬さ
試乗したオデッセイ・アブソルートEXは、オプションの18インチを履いていたので余計に硬さを感じたのかもしれません。

辛口な評価をするならば、ラグジュアリー志向なミニバンで、しかも乗用車ライクな乗り味と決別した新型オデッセイに、ここまで硬い乗り味は合っていないと思いました。
路面のギャップやざらつきまで拾ってしまうので、広くルーミーな室内を持つキャラクターには不似合いです。
あくまでスタイル重視で乗りたい方には18インチは良いのかもしれませんが、新型オデッセイではもう少し乗り心地が良いほうがいいなぁというのが個人的な感想です。

06_20131109154004f3d.jpg

アコードベースでダブルウィッシュボーンだった先代から、新型はステップワゴンベースとなり、リアサスがトーションビームになったのも影響しているのかなぁ…。



あと気になったのは、ウインカーのクリック音や剛性感。

22_20131110233612549.jpg

クリック音はカチカチという昔ながらの音。
たしかN-oneでもこんな音はしてなかった気がしますが。
ラグジュアリーなミニバンとしてはもう少し剛性感があってカッシリしたウインカーのタッチならいいなぁと思いました。




スポーツモデルのアブソルートでも、ちゃんとアイドリングストップします
エンジン停止するときも静かに止まります。
再始動時はセルを回す音と振動は多少ありますが、それほど気にならないレベルに抑えこまれています。

アイドリングストップ復帰してアクセルを踏むタイミングも、気を遣わなくてもギクシャクするようなことはなく、良い躾がなされていると思いました。
この辺はゴルフ7よりもアイドリングストップからの復帰時は気を遣わずに済みそうです。


ハンドリングに関しては、街乗りだけなのでよくわかりません。
取り回しもそれほど気を遣わずに済んだので、全体的に悪くはないと思います。




ブレーキのタッチはなかなか秀逸
遊びが多いわけでもなく、踏み始めから穏やかに制動力が立ち上がって自然です。
ホンダのブレーキは遊びが多い印象でしたが、オデッセイアブソルートのブレーキはなかなか良いなと思いました。



さて、この新型オデッセイの総評ですが、個人的にはかなり辛口になってしまいましたが、価格がそれほど高すぎないので、広々とした室内空間と、やんちゃな走りを両立させるミニバンとしては、もしかしたらニッチなニーズを突いてくるかもしれないモデルですね^^

特筆すべきなのは、先代の乗用車的なスタイリングと決別してまで居住性の向上を目指した分、二列目三列目や室内の広さ、快適性は非常に魅力的だと思いました。


あとは、このスタイリングが受け入れられるかどうかですね。
実際に街中でも見かけるようになると、人気に火がつく可能性もありますね。
先代のオデッセイオーナーさんが、またオデッセイに乗り換えるか、はたまたアルファードやエルグランドのユーザーが新型オデッセイに流れるのか、とても興味深いです。





デビュー間もない新型オデッセイですので、値引きはまだあまり期待は出来ないですかねぇ。
値引きのコツとしては、他社の競合車種を検討していると伝えることと、ホンダでも販社が違うディーラーを競合させるという手もあります。

販社とは、「ホンダカーズ◯◯◯ △△店」の◯◯◯に当たる部分が販社になりますので、◯◯◯の部分が違うお店で競合させることで値引きの条件が変わる可能性が高いです。


あと、忘れてはいけないのが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


新しいクルマとの出会いが、貴方にとって素敵なものでありますように^^




かんたん車査定ガイド
















車を買うなら、併せて自動車保険も見直しもオススメですよ^^
ディーラーに薦められるがまま、高い保険料払っている方、結構多いのでは?

月々の支払はできるだけ安く抑えたいですしね。
もちろん、保険内容も大切ですので、複数の保険を比較して、一番ご自身にあった自動車保険を選ぶのがお得ですよ^^



自動車保険は比較で安くなる!


















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント