新型オデッセイ 試乗してきました。 インテリアインプレッション2

ホンダの新型オデッセイに試乗してきたというお話の続きです。

今回は後席などのインテリアを見てみましょう。

21_2013111023361004d.jpg



インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口なコメントが含まれることがありますので、気分を害する可能性の有る方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ続きをどうぞ↓




 
 
 
アコードベースの乗用車的な室内空間とは決別して、今回からステップワゴンベースとなって、オデッセイが手に入れたのは広大な室内空間。

今回試乗させてもらった、オデッセイアブソルートのEXというモデルは、7人乗りで、二列目はキャプテンシートになっています。

17_20131110233523a89.jpg




特筆すべきなのは、ホンダ特有の低床フロア。

10_201311102335008f5.jpg



他社のミニバンだと、ワンステップ段差が発生してしまう高さですが、ホンダの低床フロアではそのまま一段で乗り込めるくらい床が低いです。

11_20131110233502f22.jpg

これによって実現したのが、1325mmというライバルよりも高い室内高。
車自体の全高はむしろエスティマなどよりも低いので、それでも室内高はオデッセイのほうが高いということは、どれだけ低床フロアが効いているか、ということですね。





二列目はオットマンまで付いて、本当に快適。

15_20131110233506d64.jpg

3列目を荷室代わりに使うなら、もっと2列目を後ろに下げれば足まで伸ばせます。





ユニークだなと思ったのが、シートを思い切りリクライニングしても、首のところだけは起きていられるように、首のところだけ別にリクライニング角度が調整できる機能を備えていました。

16_2013111023352126a.jpg

これはソファー感覚でリラックスできそうですね。





2列目や3列目でそれぞれエアコン温度を調節できるようになっています(タイプ別設定)。

13_20131110233503ed8.jpg





エアコン吹き出し口も質感は悪く無いですね。

14_20131110233504a57.jpg




3列目までは座ることはしませんでしたが、3列目まで3人がけができるので左右幅とも結構ゆとりがありそうです。

19_20131110233526b6e.jpg

前のモデルの3列目よりは、明らかに実用性が高そうです。





ラゲッジも、3列目を使用した状態でも深さがあり、ベビーカーくらいなら楽々積めそう。

18_20131110233525604.jpg

こういった恩恵はLクラスミニバンならではですね。



2列目、3列目を見てのインプレッションですが、これは明らかに実用性が増しているという印象。
スタイルや走り重視だった先代とは決別して得たものは、コレだったのかと。

先代の泣き所であった、広々とした居住性を手に入れたので、アルファードやエルグランドとも同等に渡り合える実力になったと思いますが…。

反面失ったものは、低くシャープなスタイリングと、リアのダブルウィッシュボーンのサスペンション。
今回からステップワゴンベースになったので、トーションビームになっています。
これによって従来からのオデッセイファンがどうなびくか…
はたまた他社のLクラスミニバンから、流入してくるユーザーが増えるのか…
判断は難しいところですね。


元ホンダ党としては、オデッセイ売れると良いなぁと思いつつ、一抹の不安もありますね…。
一番悩んでいるのは、先代オデッセイに乗っていたオーナーさんじゃないですかね。
またオデッセイに乗り換えるかどうか…

先代のオーナーさんの意見も聞いてみたいところですね。
コメントとかいただけると嬉しいんですが。




デビュー間もない新型オデッセイですので、値引きはまだあまり期待は出来ないかと思われます。
値引きのコツとしては、他社の競合車種を検討していると伝えることと、ホンダでも販社が違うディーラーを競合させるという手もあります。

販社とは、「ホンダカーズ◯◯◯ △△店」の◯◯◯に当たる部分が販社になりますので、◯◯◯の部分が違うお店で競合させることで値引きの条件が変わる可能性が高いです。


あと、忘れてはいけないのが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


新しいクルマとの出会いが、貴方にとって素敵なものでありますように^^




かんたん車査定ガイド
















車を買うなら、併せて自動車保険も見直しもオススメですよ^^
ディーラーに薦められるがまま、高い保険料払っている方、結構多いのでは?

月々の支払はできるだけ安く抑えたいですしね。
もちろん、保険内容も大切ですので、複数の保険を比較して、一番ご自身にあった自動車保険を選ぶのがお得ですよ^^



自動車保険は比較で安くなる!


















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント