ガジェット好きがハマる!2018新型アウディA7試乗インプレッション!内装を画像大量でレポート!

アウディ新型A7の試乗インプレッション 運転席内装編!


2018年9月5日に発表された新型アウディA7が、お世話になってるディーラーさんに入ったとのことで、さっそく試乗させてもらいました!!

前回記事では、エクステリアを明るいところで再度チェックしてみました↓

アウディ新型A7 Sportback試乗しました!やっぱカッコイイじゃん!!

今回はその続きで、以前の特別発表会では、会場が暗くて内装で分かりづらかった細部のディテールでしたが、今回ようやくよく見えたので、アウディ新型A7の内装インプレッションをお届けします。

NEWAudiA7_34.jpg

明るいところで見ると、印象もだいぶ変わりますね。


前回までの、渋谷での特別展示会での模様は以下の記事をご参照ください↓

【新型アウディA7 Sportback見てきた!】撮り下ろし画像!エクステリアの評価は?

【内装の評価はやや辛口?】新型アウディA7 Sportback見てきた!撮り下ろし画像内装編

2018アウディ新型A7見てきた!後席やラゲッジの内装をチェック!



すでにアウディ新型A7は見積もりももらっていますので、そちらの記事も良かったらどうぞ↓

【価格はやっぱ高いw】アウディ新型A7見積もりました!デビューパッケージは993万円!

1_201807202310188a9.jpg


アウディ新型A7は過去にも記事を投稿しているので、今まで投稿した記事やこれから投稿する最新情報は、以下のアウディA7関連記事一覧をご確認ください↓

アウディA7関連記事一覧




記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式YouTubeチャンネル「ワンソクtube」では、今後試乗したクルマのインプレッションや、車情報の雑談なんかも公開していく予定ですので、併せてチャンネル登録をお願いいたします^^

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターでは最新情報をお届けしています!良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします^^


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。






アウディ新型A7 Sportbackの運転席周りの内装を再びチェック!


今回ディーラーに入庫していたのは、Audi A7 Sportback 1st edition

NEWAudiA7_12.jpg
↑クリックで拡大します。

これの他に、初期限定モデルとしてAudi A7 Sportback S line 1st editionというのもあります。


アウディ新型A7の価格ですが、

Audi A7 Sportback 1st edition10,580,000円
Audi A7 Sportback S line 1st edition11,610,000円

となっています。



では改めて、Audi A7 Sportback 1st editionの運転席周りの内装を見てみましょう。

NEWAudiA7_33.jpg

まずは例によって運転席ドアの内側からチェックですが、Audi A7 Sportbackはクーペスタイルなので、サッシュレスドアになっており、窓枠が無いのでスッキリしていますね。


そして、ワンダー速報の定番チェックポイントのドアヒンジですが、もちろんアウディは鋳造製。

NEWAudiA7_30.jpg

かなり頑丈そうなヒンジを使っています。

続いて、新型アウディA7 Sportback 1st editionドアトリムなどを見てみましょう。

NEWAudiA7_36.jpg

ドアトリム上部もステッチ付きのレザーで覆われており、その下のオーナメントパネルは、新型アウディA7 Sportback 1st editionではアルミニウムフラグメントというフィルム素材になっています。

S lineになると、これが本アルミになります。
アルミニウムフラグメントも触るとそこそこひんやりした触感があるので、それほど安っぽくは感じませんが、やはり本アルミのほうが良いですね。

ドアトリム中央はアルカンターラ(ウルトラスエード)になっており、見た目も触感も良いです。

NEWAudiA7_32.jpg

ドアグリップもステッチ付きのレザーで覆われており、グリップと連続するパワーシートのメモリースイッチ部分も、サテンメッキ調のパーツとなっており、見た目も質感はGOOD。

ウインドウスイッチ台座は樹脂パーツですが、スイッチ自体はアルミっぽい感じで質感も良かったです。

前回のレポートでは暗すぎてまったく質感がわかりませんでしたが、ようやく見えましたね(笑)

新型アウディA7 Sportback 1st editionにはバングアンドオルフセンのサウンドシステムが装備されているので、スピーカー周りにはメッキのロゴが入ります。

NEWAudiA7_31.jpg

カタログモデルでは18万円のオプションです。



続いて、新型アウディA7 Sportback 1st editionの運転席を見てみましょう。

NEWAudiA7_28.jpg

シートはミラノレザーとアルカンターラのコンビネーション。
シートヒーターは完備ですが、シートベンチレーションは用意がありません。
ここがアウディの弱いところ。


新型アウディA7 Sportback 1st editionのペダル類は金属製のものなどは付いていません。

NEWAudiA7_27.jpg

VWグループでは、現在はアクセルペダルは吊り下げ式になっています。

以前にもコメントしましたが、パワーシートの調整スイッチ周りは、特に加飾もなく寂しい感じ…

ここがA8とかなり違う部分でもあります。

2_20180914162842ecc.jpg

上記はA8ですが、化粧パネルなども付いて非常に質感高いです。



続いては新型アウディA7 Sportback 1st editionの前席全景をどうぞ。

NEWAudiA7_35.jpg
↑クリックで拡大します。

明るいところで見るとまた印象も変わりますね。
水平基調のパキパキとした直線で構成された内装デザインは、ハイテク感と未来感漂うもの。
ナビから助手席まで続くブラックのパネルが印象的です。

内装カラーがブラックなので質感がわかりにくい部分もありますが、オカピブラウンやベージュの内装カラーも用意されているので、それらだとまたさらに印象も良くなりそう。

細かく見てみましょう。

まずは新型アウディA7 Sportback 1st editionのステアリングホイールです。

NEWAudiA7_26.jpg

こちらも質感高いですね。

A8と比べてしまうとアレですが、A5と比べるとその差は歴然。

AudiA5_39_20180914163657748.jpg

上記はA5のステアリングホイールですが、こうして比べるとA7が上位車種であることがわかります。
中央部分にもステッチ付きのレザーが付いて、ステアリングスイッチもグロス塗装がされています。
パドルシフトももちろん完備。


続いて、新型アウディA7 Sportback 1st editionのメーターを見てみましょう。

NEWAudiA7_24.jpg

メーターはもちろん、アウディ謹製のバーチャルコックピット。
渋谷の展示会のときにはイグニッションが入らなかったので地図表示できませんでしたが、ようやく真の姿を見ることができました(笑)

NEWAudiA7_23.jpg

メーター内のデザインや表示する内容もカスタマイズできるので、表示できる情報量はライバルメーカー含めて一番多いと思っています。

地図ももちろん表示でき、他メーカーのような補助MAPといったレベルではなく、基本的にバーチャルコックピットだけでナビゲーションが完結できるほど、表示のアルゴリズムは優れています。



続いて、ステアリングホイールの右側ですが、従来からのコンロのようなライトスイッチから、タッチセンサー式のライトスイッチに変わりました。

NEWAudiA7_25.jpg

軽く触れるとバックライトが明るく光るなどの演出もあり、ピアノブラックのパネルと合わせて、見た目も良いです。



続いて、アウディ新型A7 Sportback 1st editionのインパネを見てみましょう。

NEWAudiA7_22.jpg

前回は暗くてよくわかりませんでしたが、エアコンの吹出口付近の造形や、ダッシュボードにも貼られてたアーティフィシャルインテリアレザーも質感は良いです。

前回のレポートはこんな暗かったですからね↓

AudiA7_60.jpg

暗すぎです^^;



新世代アウディのインパネは他のメーカーと比較しても最も先進的と言っても過言ではないくらい、ハイテク感満載のデザインだと思います。
インパネ上部には、MMIタッチレスポンスという押した時に反力と振動がフィードバックされる10.1インチの液晶画面になっています。

NEWAudiA7_21.jpg

実際に押してみると、タッチだけでは押したことにはならず、グイッと押し込むくらいの下限でクリック感がフィードバックされます。
押すと、カチッという音とともに、クリック感が振動で伝わります。
今までのタッチパネルのように触っただけで押されるのとは異なりますが、慣れればこちらのほうが物理スイッチに近い操作感覚になると思います。

アウディは直近まではMMIコントローラーという、センターコンソールに置かれた操作デバイスでのリモート操作を推進してきましたが、新型A7以降の新世代アウディでは、タッチパネルのナビに戻りましたね。

AudiA5_32_201809141651501c7.jpg

こうしたコントローラーも徐々になくなっていくのでしょうか。


アウディA7以降のナビソフトはレスポンスが早く、スクロールや拡大縮小、回転もヌルヌル動きます。

AudiA7_02_20180907095155b2d.jpg

これは素晴らしかったです。


そして、ナビ画面の下には、8.6インチのローワースクリーンが設置されています。

NEWAudiA7_18.jpg

こちらではエアコンの操作や、手書き文字入力にも対応しています。
こちらもタッチレスポンスになっており、クリック感などが振動でフィードバックされます。

とにかく見た目も含めてハイテクな感じで、インフォテイメントシステムの分野では、アウディは最先端ではないかと思います。
見た目の質感も良いですし、画面のインターフェイスのデザインもセンスがあります。
変にグラデーションとか色とか多用しないほうが質感高く見えますよね。

ハザードランプのスイッチなども、タッチレスポンスになっていました。


その下には、イグニッションスイッチや、サラウンドビューカメラ、オーディオノブなどのスイッチが並びます。

この新型A7のサラウンドビューカメラが驚きの性能だったんですが、これは動画で伝えたい!!

ナビ周りやサラウンドビューカメラの凄さを伝えたくて、ダイジェスト動画作りました!



こちらも見てみてくださいね!!

試乗インプレッションも鋭意制作中!!



続いて、アウディ新型A7 Sportback 1st editionのセンターコンソールを見てみましょう。

NEWAudiA7_20.jpg

ここにはA4以降採用されている、電気式のシフトノブがあります。

パームレストを兼ねているユニークなデザインですが、質感も良いです。

その後方には電動パーキングブレーキとブレーキホールドのスイッチがあります。

111_20180914165701cf2.jpg

ここの質感も良いですね。

アウディ新型A7 Sportback 1st editionのセンターコンソール台座部分はアルミニウムフラグメントという素材で覆われています。
フェイク感はそれほどないですが、S lineの本アルミのほうが明らかに質感が高いです。

AudiA7_28.jpg

1000万円以上という価格を考えると、ノーマルグレードでも本アルミもしくは本木目などでも良かったのではないかと思います。


シフトノブの隣には、リッド付きのドリンクホルダーがあります。

AudiA7_52.jpg

12Vのシガーソケット、そしてキー置き場がありますね。



その後方には、アームレストコンソールがあります。

NEWAudiA7_17.jpg

パカっと開けるとこんな感じです。

NEWAudiA7_19.jpg

深さはありませんが、起毛仕上げされています。
USBポートやSDカードスロットはここに備わります。



アウディ新型A7 Sportback 1st editionの運転席内装の感想・評価は?


と言った感じで、アウディ新型A7 Sportback 1st editionの運転席まわりの内装を、明るい環境下で再び見てみましたが、いかがでしたか?
個人的な感想としては、「明るいところで見ると、質感も悪くなく、ハイテク感あるコクピットは次世代アウディを購入する一つのポイントとなりそう!」と思いました。

やっぱりバーチャルコックピットと2画面のタッチレスポンスの液晶画面のハイテク感は、ガジェット好きにはたまらないものがありますね!

タッチレスポンスがある液晶画面なんて、iPhoneですら実現してませんからね(笑)
実際に押した感じがある液晶画面というのもなんとも不思議な感覚で、しかもインターフェイスのデザインもセンス良く、そのあたりはさすがアウディといった印象です。

NEWAudiA7_34.jpg

ガジェット好きなら惚れてしまいそうなハイテク感があるのが、次世代アウディの内装と言えそうですね^^

ちょっと長くなりましたので、内装の続きはまた次回以降でお届けしたいと思います。
明るいところで見ると、後席の印象もだいぶ変わりましたよ!

アウディ新型A7はすでにディーラーにも配車されていますので、気になる方はお近くのアウディディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?

1200万円近い強気な価格で、販売動向が気になるところでしたが、フタを開けてみればすでに初期ロットはほぼ完売に近く売れてしまったそうです。
好きな人はやっぱり好きなんですね、アウディ。

年内分はほとんどないそうですので、気になる方はお早めにディーラーまでお問い合わせくださいね。

すでにアウディ新型A7は見積もりももらっていますので、そちらの記事も良かったらどうぞ↓

【価格はやっぱ高いw】アウディ新型A7見積もりました!デビューパッケージは993万円!

1_201807202310188a9.jpg


さいたま近郊の方は、アウディさいたまの大山さんて営業さんを探して「ブログを見た」って言うとなにか良い事あるかもですよ^^

NEWAudiA7_16.jpg

ということで、アウディ新型A7など、新車の購入を検討中の方は、ディーラーに行く前に(もしくは行ったあとでも)ネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。
1分程度の入力で、大体の車の査定額がわかりますしね。


買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^


かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果www輸入車を売るポイントも!


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

とりあえず自分の車の査定額見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




アウディ新型A7のテストドライブムービーも公開されています。







新型A7、めちゃくちゃカッコイイ!!


動画で見るワンダー速報「ワンソクtube」も良かったら見てみてくださいね。

ナビ周りやサラウンドビューカメラの凄さを伝えたくて、ダイジェスト動画作りました!



試乗インプレッションも鋭意制作中!!

ご興味ある方はどうぞ!

では、次回のワンダー速報もお楽しみに^^




かんたん車査定ガイド







関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント