【ココがダメ!】カローラスポーツを買って後悔しないための6つの心構え!口コミ辛口評価!

トヨタ新型カローラスポーツの辛口試乗インプレッションまとめ!


2018年6月26日に発売されたトヨタの新型Cセグメントハッチバック「カローラスポーツ」
テレビCMなどの影響もあって徐々に人気になってきているみたいですね。

当ブログでは、すでに何回も「新型カローラスポーツの試乗レポート」をお届けしていますが、今回はあえて新型カローラスポーツのネガティブな部分をピックアップ!辛口な口コミ評価としてまとめてみたいと思います!

corollasport14_20180711082324343.jpg

逆に言えば、「それらのデメリットを理解した上でカローラスポーツを購入すれば、後悔しない!」ということです。


今までの試乗インプレッションでは、個人的には大絶賛だった新型カローラスポーツ、ネガティブなポイントとは一体どのあたりなんでしょうか?

過去にアップした試乗レポート記事は記事の最後にリンクしておきますので、最後まで読んでから試乗記事も併せてどうぞ^^


過去に書いた新型カローラスポーツ関連の記事や、これから加筆される最新情報については、以下の「カローラスポーツ関連記事一覧」でチェックできます↓

カローラスポーツ関連記事一覧


記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターでは最新情報をお届けしています!良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします^^


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。




カローラスポーツのここがダメ!デメリットまとめ


カローラスポーツを購入する際に覚悟しなければならないデメリットをまとめてみました!!

カローラスポーツの評価 ダメなところ①


「名前がカローラなのに価格が高い」

これはねぇ、如何ともし難いところなんですが、最大にして最もわかりやすいデメリットと言えます。
私も最初から懸念していた部分ではあったのですが、すごく良くできているクルマにもかかわらず、「カローラ」というブランドネームからイメージすると車格が低く感じてしまうユーザーも多いようです。

66_20180813175124d4e.jpg

フロントにあるロゴも、トヨタのマークではなくカローラの「C」のマークです。

それなのに、価格はハイブリッドG“Z”のコミコミ価格が360万円くらいになってしまい、C-HRと大差ない価格帯になってしまいました。

【価格は高いか?!】新型カローラスポーツ見積りました!燃費は34.2km/L!内装や後席足元もレポート!

装備内容を考えれば、プリウスやC-HRよりもカローラスポーツのほうが優れているポイントは多いのですが、「カローラに350万円」というと抵抗がある人も多いみたいです。

実際に私の知り合いも、「カローラスポーツって良さそうなんだけど、カローラだもんなぁ。価格が近いならプリウスとかC-HRのほうが良さそう。」って言ってました。
プリウスやC-HRと同じプラットフォームにパワートレイン、安全装備は確実にカローラスポーツのほうが新しく優れているにもかかわらず、ネーミングのせいでC-HRに流れるお客さんも多いとか。

たしかに価格的には同じくらいになるカローラスポーツとC-HRとプリウス、「カローラに乗っています」というよりは「C-HRに乗ってます」って言ったほうが聞き映えが良いという気持ちもわかります^^;

実際に北米ではカローラハッチバックとして、このカローラスポーツと同じ姿形で売られていますが、北米ではもっとカローラに対するブラインドイメージも明るく、実際に今までも北米で売られていたカローラは日本国内モデルより明らかにかっこよかったんですよね。

CALLORA17_20180813105833bf7.jpg

↑2015年当時のカローラセダンですが、日本のモデルより明らかにかっこいいですよね。
こんなカローラだったら、日本でももっとブランドイメージも若々しくなっていたんじゃないでしょうか。
今回の新型カローラスポーツが、日本国内においてその狙いがあるとしたら、少しずつでもユーザーの若返りは図れるかもしれませんね。

そして欧州では、カローラというネーミングではなくオーリスとして販売されています。

auris03_20180813110052945.jpg

日本でもオーリスがデビューするという噂もあるので、カローラスポーツとはパワートレインなどを変えてくるのではないかと勝手に予想しています。
ちなみに、欧州の新型オーリスは、日本のカローラスポーツとはパワートレインが異なり、レクサスUX200と同じ2.0Lの新型ダイナミックフォースエンジンと、同じくレクサスUX250hと同じ、2.0Lダイナミックフォースエンジン+モーターのハイブリッドが用意されています。

【比較】トヨタ新型オーリスもあるよ!カローラスポーツ(カローラハッチバック)との違いは?

日本でのオーリス発売の噂はありますが、まだ正式な時期などは聞こえてきていませんので、情報が入り次第、またお伝えしたいと思います。

ということで、カローラスポーツという名前が悪い方向に作用してしまっている面があるのは若干否めません。
ただ、それも外聞だけの基準なので、買う本人が気にしなければ良いこと
名前なんか気にしないければ、かっこよくて最新鋭の安全装備が付いているクルマなんですから、気にせず乗れば問題なし!!

corollasport15_20180813185913d13.jpg




カローラスポーツの評価 ダメなところ②


「ハイブリッドに4WDがない」

これはC-HRも同じなんですが、新型カローラスポーツの1.8Lアトキンソンサイクルエンジン+モーターのハイブリッドモデルには、4WDの設定がなくFFのみとなっています。

C-HRはデビュー当時、1.2Lターボモデルが逆に4WDのみの展開と、ややユーザー本意ではないグレード設定でしたが、2018年5月に1.2LターボモデルにもFFが追加されました。

カローラスポーツでは、最初から1.2LターボモデルにもFFが用意されているのは良心的と言えます。
とは言え、降雪地域などに住んでいる方は4WDのほうが何かと安心感があるので、ハイブリッドで4WDが選べないのは痛いです。

corollasport12_2018081318002407b.jpg

4WDが良ければ、カローラスポーツの1.2Lターボモデルを選べば解決します。




カローラスポーツの評価 ダメなところ③


「ハイブリッドモデルにシーケンシャルシフトがない」
これはC-HRでもそうだったのですが、ハイブリッドモデルには何故かパドルシフトはおろか、シフトノブでもシーケンシャル操作ができないのです。

COROLLASPORT36_20180813180239cf6.jpg

カローラ“スポーツ”の名前を冠し、走りにも力を入れていて、本格的なAVSまでオプション装着できるカローラスポーツなのに、ハイブリッドモデルには走りを積極的に楽しめるパドルシフトやシーケンシャルシフトが無いのは残念です。

ハイブリッドの回生ブレーキなので、エンジンブレーキを効かせるよりも、回生ブレーキを踏んでしまうほうが充電効率が良いのはわかりますが、ブレーキランプをあまり点灯させると渋滞の原因にもなります。
軽く減速させたいときなどは、やっぱりパドルシフトやシーケンシャルシフトがあったほうが良いですよね。

そうしたネガティブな反面、新型カローラスポーツはC-HRとは異なる優れたポイントもあります。
それは、ドライブモードセレクトのスイッチが用意されているということ。

corollasport19_20180813180237e04.jpg

ちょっと押しづらい場所にありますが、物理的にスイッチが用意されているのと無いのとでは大違い。
C-HRでもドライブモードセレクトはできますが、マルチインフォメーションディスプレイ内のメニューからいちいち呼び出さなくてはならず、事実、私がC-HRを所有していた時にはドライブモードセレクトはほとんど使いませんでした。
使う気にならないというか。

カローラスポーツのように、物理スイッチで用意されていれば、高速の合流時や山道に入ったときなど、瞬時にSPORT S+に入れるなどできるので、走りを楽しむことができます。
これはメリットですね。

そして、C-HRとは異なるメリットとして、1.2Lターボモデルには、パドルシフトが用意されているということに加え、さらに6速MTモデルも用意されています。
これはC-HRにはない魅力ですね。



カローラスポーツの評価 ダメなところ④


「後席は広々とはいかない」

C-HRと同じ、TNGAのGA-Cというプラットフォームを使っており、ホイールベースは同じ2,640mm

COROLLASPORT08_201808131841350a3.jpg

C-HRよりは後席窓の面積が広く明るい印象はありますが、足元の空間はC-HR同様で広々とはいかず、ヴェゼルはもちろん、フィットよりも後席足元は狭いです。

COROLLASPORT09_201808131841364f2.jpg

後席に人を乗せる機会が多いのなら、他の車種を選ぶという選択肢もあります。

ただ、カローラスポーツはC-HRより優れているポイントとしては、後席にアームレストが完備されました。

COROLLASPORT58_20180813184138746.jpg

C-HRにはアームレストも無く、後席には割り切りを感じられましたが、カローラスポーツならもう少し快適に過ごせそうです。



カローラスポーツの評価 ダメなところ⑤


「メーター前のアクリルパネルが反射して見辛い」
もはや重箱の隅をつつくようなネガティブポイントですが(笑)

新型カローラスポーツに試乗させてもらった時に気になったのが、メーターが反射して見づらかったんですよね。

corollasport21_2018081318003050f.jpg

これは、メーター手前に配置されているアクリル板が反射しているようです。
とにかく他の車に比べて反射している感がスゴイ。
板が手前すぎるのかな?

まぁこれも慣れるしかない部分なので仕方ないですね。




カローラスポーツの評価 ダメなところ⑥


「絶対的な動力性能はそこそこ」

こちらもパワートレインはC-HRと同様なので、速さを求めるクルマではありません。

1111_201808131859468ff.jpg

SPORT S+モードにして床までアクセルを踏んでも、絶対的な加速感はそれほどでもありませんでした。
なので、高速の合流時などのスタートダッシュなどでかっ飛ばしたい人や、山坂道の登りでもグイグイ登っていくのを期待している人は、もっと出力・トルクが豊富なクルマを選んだほうが無難です。

corollasport05_20180813185911f1e.jpg

だからといって、カローラスポーツが遅いかというと決してそんなことはなく、街乗りでのTHSⅡのモーターのトルクは、世代の古いTHSⅡを搭載するレクサスNX300hやRX450hのモーターのトルクよりもグイッと前にでる感覚がありますし、実燃費も街乗りで20km/Lを叩き出すほど素晴らしいものがあります。

これは同じパワートレインを搭載するC-HRハイブリッドに乗っていたからわかります↓

トヨタC-HR納車半年レポート!【4】オーナーのリアルな口コミ「走りや燃費の評価は?」

C-HRでは、チョイ乗りメインでエコランとか特に意識して無くても23〜25km/Lをコンスタントに出していました。

街中でのモーターのトルク感、そして実燃費の良さは、カローラスポーツのメリットだと思います。



カローラスポーツのデメリットまとめた感想・評価は?


と言った感じで、実際に試乗や見積もりをしてみた「カローラスポーツのココがダメ!」という口コミ評価を挙げつつ、辛口批評してみましたがいかがでしたか?

簡単にまとめると、

・名前がカローラなのに価格が高い
・ハイブリッドに4WDがない
・ハイブリッドモデルにシーケンシャルシフトがない
・後席は広々とはいかない
・メーター前のアクリルパネルが反射して見辛い
・絶対的な動力性能はそこそこ


と言った感じです。

カローラスポーツというネーミングも本人が気にしなければ問題ありませんし、もともとFFを検討していた人なら4WDじゃなくても問題なしです。
シーケンシャルシフトや後席空間は仕方ないので覚悟が必要ですが、動力性能も決して遅いわけではありませんからね。

これらのネガティブなポイントが許容できれば、カローラスポーツは最高の相棒になってくれるでしょう。

COROLLASPORT02_2018081319285603f.jpg

何しろふつーにかっこいいし!

今回挙げたデメリットが許容できるのであれば、カローラスポーツは選ぶに値する車だと思います。
また、カローラスポーツには悪い面だけでなく、もちろん積極的に選びたくなるメリットもあります

私はもともとC-HRを所有していたので、このカローラスポーツがいかにスゴイかは痛いほどよくわかります。
ていうか悔しいくらいバージョンアップしていて、今からC-HRを選ぶ理由はデザインくらいしか思い浮かばないくらいです。

そのくらい大絶賛だったカローラスポーツですが、試乗したインプレッションは以下の記事にまとめているので、よかったら併せてカローラスポーツのメリットの部分を読んでいただければと思います。

【間違いなくオススメできる一台】新型カローラスポーツ試乗レポートまとめ!

COROLLASPORT11_2018081319285991e.jpg

乗り心地に関しても、元C-HRオーナーとしての目線で考えても、静粛性、足回りの硬さなど、C-HRで不満に思っていた部分が解消されていて、とても印象が良かったです。


また、新型クラウンに搭載されているのと同じ、次世代トヨタセーフティセンスも標準装備で、インテリジェントクリアランスソナーまで完備している新型カローラスポーツは、トヨタ車の中だけでなく、同価格帯のクルマの中でもオススメできる一台だと思います。

corollasport01_20180711010907d18.jpg

いや〜、出し惜しみ感なく、よく出来たクルマだ!個人的にはすごく評価している一台です。
特にメーカーやブランドにこだわり無く、安全な車がほしいということなら、新型カローラスポーツを買っておけば間違いないんじゃないでしょうか。

次世代トヨタセーフティセンス(夜間歩行者検知)、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラート(ブレーキ付き)、レーントレーシングアシスト、全車速対応レーダークルーズコントロール、インテリジェントクリアランスソナー、電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドなど、これらすべてを装備しているクルマは、ライバルメーカーを見回してもありません。

さらには、車載通信端末DCMも標準装備で、ナビのMAPのリアルタイム自動更新などの先進装備も他メーカーにはない魅力となります。

corollasport08_20180711010917b9e.jpg

知れば知るほどスゴイ内容のクルマなんですが、興味を持ってもらう入口に立てるかが最大の焦点となりそうな気がします。
そしてあとはその性能をどこまで説明できるかが、販売面での苦労どころになりそうな予感。

同じくらいの値段なら、「カローラ買うならプリウス買うよ」とか「カローラ買うならC-HR買うよ」と言われないための訴求が重要そうですね。
理解すれば絶対にお買い得なのはカローラスポーツなんですけどね。

過去の比較記事から、C-HRと新型カローラスポーツの性能比較表も貼っておきますね。

カローラスポーツC-HR比較

詳しい内容は下記リンクでどうぞ↓

【比較】新型カローラスポーツ vs C-HR どっちを買うべきか?!

C-HRオーナーの方には、目に毒な記事かもしれませんが、いっそリセールが高いうちに買い替えちゃうというのもアリかもしれませんよ?(笑)


C-HRの買取査定額をチェックしてみる!







新型カローラスポーツは「カローラ店専売」になっています。
気になる方は「カローラ店」まで足を運んでみてはいかがでしょうか。
トヨタ店やネッツ店、トヨペットなどに間違えて行かないようにね!(笑)
トヨタカローラ新埼玉 浦和店の河野(こうの)さんという営業さんに「ワンダー速報を見た」って言うとなにか良いことがあるかもしれませんよ(笑)


記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
広告から見積もりしてもらえたら、日々の更新のモチベーションになります(笑)

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


COROLLASPORT02.jpg

ということで、新型カローラスポーツなど新車を検討中の方は、今のうちからネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

車には売り時がありますからね。1ヶ月すぎるごとに10万円単位で査定金額が下がっていきますが、年度末に近い時期などは価格が逆に上がるタイミングもあります。
買取価格があまりに高くて、買い換えるつもりがなくてもうっかり買い替えちゃったりしますから、その時はその時でご縁があったと思えば^^


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力でざっくりとした買取価格がわかるから、とりあえず愛車の現在の価値を調べておいても損はないかと。

また、ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^


かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果www輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の査定額見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



新型カローラスポーツの動画も共有しておきますね。







動画で見るとかなりかっこいいかも!!

ご興味ある方はどうぞ^^



過去にはトヨタオーリスの試乗インプレッションも行っていますので良かったらどうぞ↓

トヨタ新型オーリス1.2ターボ(120T)試乗インプレ!意外とカッコイイぞ!エクステリアの評価は?

トヨタ新型オーリス1.2ターボ(120T)試乗インプレ!内装の評価は?

トヨタ新型オーリス1.2ターボ(120T)試乗インプレ!後席やラゲッジの評価は?

トヨタ新型オーリス1.2ターボ(120T)試乗インプレ!ターボの走りの評価は?

改めて見比べてみると面白いかも?

では次回のワンダー速報もお楽しみに!




かんたん車査定ガイド








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

おっさんのすねげ
アップでみたくないです
きもちわるいです
Re: タイトルなし
ワンダー名無しさん、コメントありがとうございます。

そうですよね、これはとても反省しております。
以後、撮影の際には長ズボン着用を心がけます。

できるだけ画面から離れて見てくださいね!!
いつも楽しく拝見させて頂いております。

細かいのですが、プリウスのホイールベースは2700mmだったかと…
Re: タイトルなし
TICOさん、コメントありがとうございます。

おっと!ご指摘感謝!
修正させていただきました!
また変なの見つけたらよろしくお願いいたします^^

コメントの投稿

非公開コメント