【商用車としての欠点は…】N-BOXオーナーがN-VAN(NVAN) 試乗しました!

ホンダ「N-VAN(NVAN)」試乗レポート ドライブフィール編


ホンダの新型N-VAN(nvan)に試乗させてもらいましたという話の4回目です。

前回までは、N-VANのエクステリアと内装やシートアレンジをレポートしました↓

【試乗しました!】ホンダN-VAN(NVAN) 新しい商用車のカタチ。N-BOXと比較してみた。

【内装の質感は商用車を超えた!】ホンダN-VAN(NVAN) 試乗インプレッション

【車中泊やトランポとしても!】ホンダN-VAN(NVAN) 試乗インプレッション 内装シートアレンジ編

今回はその続きで、ホンダ新型N-VANの走りの実力をチェックしてみたいと思います!

NVAN01_20180803153819051.jpg

私自身もN-BOXカスタムターボにほぼ毎日乗っているので、それと比較してどうなのかもレポートしたいと思います!!


以前の記事ではN-VANの魅力と価格や見積もりなどもまとめていますので、そちらの記事も併せてどうぞ↓

【価格は高い?】ホンダN-VAN(NVAN)見積もりました!N-BOXと比較しておすすめは?


ワンダー速報では過去にもホンダN−BOXの記事を書いていますし、これからも最新情報を加筆していきますので、ホンダ新型N−BOXの過去記事や最新情報は、以下のホンダN−BOX関連記事一覧よりご確認ください↓

ホンダN−BOX関連記事一覧



記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターも作ったので、良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします。
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





ホンダ新型N-VAN +STYLE COOL(ターボ)の試乗インプレッション!


今回試乗車として用意してもらったのは、ホンダ新型N-VAN +STYLE COOLというロールーフモデルのターボです。

NVAN14.jpg

N-VAN +STYLE COOL・ターボ Honda SENSING(FF)で、車両本体価格1,668,600円からと、結構なお値段です。

普通にノーマルN-BOXのベースグレード、G・L ターボ Honda SENSING(FF)が1,695,600円なので、ほとんど変わりません

ちなみに、N-BOX Customのベースグレード、G・L ターボ Honda SENSING(FF)が1,895,400円なので、それよりかは安いですが、装備内容や見栄えを考えると、N-BOXのほうが有利ではあります。

以前からも言っている通り、助手席や後席に人を乗せる場合は、普通にN-BOXを買ったほうが良いです。


ではさっそく、N-VAN +STYLE COOLターボ(FF)に乗り込んでみましょう。

NVAN12_201808031538357dc.jpg

運転席ドアを開けて乗り込みますが、シートはリフターも完備していないくらいの簡易的なもの。

NVAN49.jpg

ステアリングのテレスコも無いので、ドラポジは体のほうを合わせる他ありません。
ややアップライトに座っている感じがするドライビングポジションながら、従来の安っぽい商用バンのシートよりはしっかり作られており、大型のアームレストも完備しているので、座り心地は意外と悪くないです。
クッション厚もあるので、ハイエースなんかよりも全然座り心地は良いです。

こちらのN-VAN +STYLE COOLターボ(FF)にはプッシュスタートスイッチが完備されているので、こちらを押してエンジンを始動させます。

NVAN45.jpg

エンジン自体は、N-BOXと同じS07Bという、水冷直列3気筒横置エンジン。
「キャシャドゥルン…」と静かにエンジンが始動。
エンジンが始動した感じは、普段乗っているN-BOXカスタムターボと同じ感覚です。
ということは、軽自動車としては静かで振動も少ないということです。

ベースとなっているN-BOXが、かなり気合を入れてプラットフォームから作られたモデルなので、その商用バンであるN-VANも、N-BOX相当の騒音と振動に抑えられていますね。
遮音材などはN-BOXのほうが使っているはずなんでしょうけど、体感的にはN-BOXカスタムと変わりありませんでした。

商用バンというと、もっとうるさくてブルブルするもんだと思っていましたが、全然上質です。

こちらはオートマのモデルなので、そのままシフトレバーをDレンジに入れて、足踏み式のパーキングブレーキを解除して発進します。

NVAN48.jpg

この日は猛暑日でしたが、エアコンの効きもN-BOX同様でよく効きます。

片側1車線の車通りの多い市街地を走っていきます。
実際に走り始めた感触としては、「ほぼN-BOXと同じ」と言った印象です。
ほぼ毎日N-BOXカスタムターボに乗っている私が言うんだから間違いないでしょう(笑)

NVAN15.jpg
↑クリックで拡大します。

N-VANは商用車用に、遮音材を抜いたり、各部が安っぽくなっているのかと思っていたんですが、実際に乗ってみたら全然そんなことはなく、静粛性や加速感においても、N-BOXカスタムターボと同じような感じです。

N-BOXカスタムターボに比べて、本当に少しだけザラついたサウンドが聞こえる気もしますが、ロードノイズ含め、N-BOXと大きな差は無いと思います。

NVAN47.jpg

メーターにはタコメーターも完備されているし、カラーのマルチファンクションディスプレイもあって、商用車と言うには失礼なくらい装備も見た目もいいです。
試乗させてもらっているグレードが、+STYLE COOLという上位グレードなのもありますが、タコメーターやマルチファンクションディスプレイは全グレード標準装備ですからね。
マルチファンクションディスプレイには交通標識を読み取るロードサインアシストも表示されます。

そしてアダプティブクルーズコントロールや、レーンキープアシスト付きのHonda SENSINGも、全グレード標準装備

NVAN37.jpg

商用車でも安全性もバッチリで、さらには自動運転系の装備も充実しているので、高速や長距離を乗る人ならなお助かるのではないでしょうか。
レーンキープアシスト+アダプティブクルーズコントロールが付いている軽自動車って、2018年8月時点ではホンダ車しかありませんからね。

NVAN17.jpg

N-VANの足回りですが、これも街中を走っている分には、ほぼN-BOXと同様ですね。
柔らかすぎとか硬すぎということもなく、フニャフニャする感じもないので、不快感なく運転することができます。
これはもはや商用車の域を超えてますね。
以前に乗ったミライースとかは、もっとうるさくてフロア方向からの振動や騒音もありましたが、いやはやこのN-VANは動的性の面でもよく出来てます。

NVAN05_201808031538257b6.jpg

ちなみに、足回りはN-BOXと同様なんですが、荷物を載せるのを考慮してN-BOXよりも強化されたリアトーションビームが採用されているとのこと。

見えないところにもN-VAN専用のものが採用されているんですね。



ただ、車重がN-BOXよりも50kg程度重くなっており、燃費は同じFF対比で、N-BOXの25〜27km/Lに対して、N-VANでは18.6〜23.6km/Lと、悪化しています。
本来は商用車で軽いはずなのになんででしょうね。
ダブルビッグ大開口を実現するために、ボディが重くなっているのかもしれません。

NVAN36.jpg



運転中の感覚としては、従来の商用車よりは確実に良いと思います。

NVAN35.jpg
↑クリックで拡大します。

大型のアームレストが付いているのは非常に良いですね!
これ、N-BOXの助手席スーパースライドのものよりも、立派なアームレストです。
仕事で長く運転する人には、こうした快適装備は嬉しいでしょうね。

内装の質感もチープではなく、ステアリングスイッチも充実しているのでいろいろ便利です。

NVAN21.jpg


信号で止まってアイドリングストップする感じも、N-BOX同様で車速が10km/h以下くらいになり、完全停止する前からエンジンが止まります。

発進する際も、先行車発進お知らせもついています。
まさに至れり尽くせり。

NVAN13_20180803153837772.jpg

グイッと踏んで加速を試みますが、加速した感じもかなり力強く、そしてサウンドもN-BOXカスタムターボと大差ない感じで、従来の軽自動車のような「ビーン!」というチープな感じじゃないのが好印象でした。
トルクの出方もリニアで、通常の状態ではE-CONがオンになっていて穏やかな発進をしますが、それを解除すると2000rpmのトルクの山まで一気に回り、グイグイ加速していきます!

燃費には悪いですが、この加速感は結構気持ちいいです。
飛ばす軽バンも結構居ますが、N-VANだったらさらに飛ばしたくなるかも…
しかも6速MTも用意されてますからね。
この6速MTは、S660と同じミッションとのことで、なおさら走りが楽しい軽バンになるかも(笑)

NVAN11_20180803153834a7f.jpg

と言った感じで、8分というちょっと短めの試乗も終了。
ガソリン残量が走行可能距離1kmと表示されてたので、遠出しないで帰ってきました(笑)



ホンダ新型N-VAN +STYLE COOL(ターボ)を試乗した感想・評価は?


上記で散々書いてあるとおり、N-BOXターボとほぼ同じ感覚で乗れる軽バンであるということがよくわかりました。

N-BOXは実際に私が仕事用として購入して使っているほど、よく出来た車で大絶賛していますが、このN-VANも同様の動的性能を持っていると思いました。

ブレーキタッチは、N-BOX同様に軽すぎる感があるので、もう少しガッツリ効いて欲しいという感じはありますが、加速性能・乗り心地・静粛性などについては、このクラスとしては不満ないレベルだと思います。

しいて欠点を述べるとすれば、N-BOX同様に燃料タンクが27L(4WDは25L)しか無いので、給油回数が多くなるということです。
軽バンとして業務用に使うのであれば、給油の回数が増えると煩わしいのではないかと思います。
しかも、N-BOXよりも燃費は悪いので、その回数も必然的に増えます。

ライバルになる、エブリイワゴンの燃費は16.7km/Lなので、それよりは燃費は良いですが、燃料タンクは37Lありますからね。
ダイハツのハイゼットカーゴは、最大18.7km/Lで、燃料タンクも40Lと、航続可能距離は長そう。

商用車としての航続可能距離の短さが、N-VANのネガになりそうな予感がします。
N-BOXを普段乗っている感覚では、ガソリン満タンで300km前後しか走れないと思います。

タンク容量が少ないというネガ以外では、内外装の質感含め、動的性能でもライバルより勝っていると思います。

NVAN36.jpg

ピラーレスのダブルビッグ大開口も、商用には良さそうですしね。

自転車やバイクのトランポや、趣味の車、車中泊軽キャンパー、そして商用車として、使い方は様々ありそうなホンダのN-VAN、気になる方は、お近くのホンダのお店に足を運んでみてはいかがでしょうか^^

customize_slide2.jpg
via:http://www.honda.co.jp/

ブロガーやYouTuberの、移動放送局ってのも面白そうですね^^


記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
応援してくださる方は、広告から下取り見積もりしてもらえると毎日更新する活力になります(笑)

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



私が普段仕事で使っているホンダN−BOX関連の過去ログや、これから加筆される最新情報は、以下のホンダN−BOX関連記事一覧よりご確認ください↓

ホンダN−BOX関連記事一覧


新型N-VANが気になっている方は、お近くのホンダディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

とその前に、ホンダ新型N-VANなどを検討されている方は、今のうちから愛車の下取り相場を調べておいても良いかもしれませんよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


かんたん車査定ガイド



ネット査定だと、1分程度の入力で、ざっくりとした買取りの概算価格がわかるので、調べるだけ調べてみても良いかもしれません。

車には売り時がありますからね。1ヶ月すぎるごとに10万円単位で査定金額が下がっていきますが、時期などによっては価格が逆に上がるタイミングもあります。
買取価格があまりに高くて、買い換えるつもりがなくてもうっかり買い替えちゃったりしますから、その時はその時でご縁があったと思えば^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです。

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくとそれ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

ネット車買取一括査定使ってみた!買取査定必勝法の実践結果は!?デミオXDの買取価格はまさかの…


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

しかも、週をまたぐごとに価格が下落しますので、早めに査定をしたほうが高く売却できる可能性が高いです。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




過去にもワンダー速報では、新型N-BOXに関する記事をアップしていますので、良かったらそちらも併せてどうぞ↓

【口コミ】新型N-BOXを買うべき10の理由!納車されてわかったN-BOXのココががすごい!





かんたん車査定ガイド










N-VANの動画も共有しておきますね。






ご興味ある方はどうぞ。

では次回のワンダー速報もお楽しみに!








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント