【車中泊やトランポとしても!】ホンダN-VAN(NVAN) 試乗インプレッション 内装シートアレンジ編

ホンダ「N-VAN(NVAN)」試乗レポート内装シートアレンジ編


ホンダの新型N-VAN(nvan)に試乗させてもらいましたという話の3回目です。

前回までは、N-VANのエクステリアと運転席周りをレポートしました↓

【試乗しました!】ホンダN-VAN(NVAN) 新しい商用車のカタチ。N-BOXと比較してみた。

【内装の質感は商用車を超えた!】ホンダN-VAN(NVAN) 試乗インプレッション

今回はその続きで、ホンダ新型N-VANの最大の魅力であるシートアレンジについてお届けします!!

NVAN20.jpg

N-BOXでは車中泊はちょっとむずかしいかもしれなかったけど、N-VANなら車中泊マットも余裕で敷ける!!
これはまさに大人の秘密基地になりうる一台かも…!


以前の記事ではN-VANの魅力と価格や見積もりなどもまとめていますので、そちらの記事も併せてどうぞ↓

【価格は高い?】ホンダN-VAN(NVAN)見積もりました!N-BOXと比較しておすすめは?


ワンダー速報では過去にもホンダN−BOXの記事を書いていますし、これからも最新情報を加筆していきますので、ホンダ新型N−BOXの過去記事や最新情報は、以下のホンダN−BOX関連記事一覧よりご確認ください↓

ホンダN−BOX関連記事一覧



記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターも作ったので、良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします。
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





ホンダ新型N-VAN +STYLE COOLの助手席をチェック!


前回記事ではホンダ新型N-VAN +STYLE COOLの運転席周りを見てみたので、今回はその続きで助手席を見てみましょう。

NVAN35.jpg
↑クリックで拡大します。


助手席前のダッシュボードはこんな感じです。

NVAN43.jpg

エアコンのルーバーが2つついています。

その上はトレーとドリンクホルダーになっていて、ヒョイとものを放り込んでおくのに便利になっています。

NVAN41.jpg

その下にもトレーになっていて、上下でものを置いておける最大限のユーティリティになっています。

NVAN42.jpg

下段の左端には、USBポート2口と12Vの電源ソケットが完備。
USBが2口あるのはありがたいですね。

トレー下部にも2本のラインがデザインされており、樹脂成形パーツでもチープに見えない工夫がされています。

ただし、グローブボックスがないので、車検証などは別のところに置く必要があります。


助手席側のドアのハンドル部分にも、コンビニフックが2つ付いており、300gまでの耐荷重量でものを引っ掛けておくことができます。

NVAN40.jpg

どんなデッドスペースも無駄にしないユーティリティはさすが。


続いて、助手席ドアを開けてみましょう。

NVAN34.jpg

ここでN-VAN最大のトピックとも言える、「ダブルビッグ大開口」が登場です。
助手席とリアスライドドアの間のピラーがないデザインとなっています。

タントのミラクルオープンドアと同じとも言えます。
商用車でそれを採用したのが初とのこと。

もちろん、助手席ドアだけとか、スライドドアだけの開閉も可能です。


N-VANの助手席は、格納前提になっているので、かなり平板で小型。

NVAN28.jpg

実際に座ってみましたが、座席位置も前目で、足元は狭いです。
特に右足元に出っ張りがあるので、足置き場の居心地があまりよろしくないです。

6_201808051423536ed.jpg

N-VANは助手席は格納するための作りになっているので、快適に座るようにはできていません。
ここが個人使用する時の最大の問題点になりそう。



ホンダ新型N-VANの助手席を格納してみる!


さて、座り心地を犠牲にしてまでホンダが実現したかった、N-VANのフラット荷室を実際に作ってみましょう。
まずは助手席を格納しますが、ヘッドレストを外しますが、ヘッドレストは助手席のドアポケットに収納可能。
この時は、ドアポケットには車検証などが入っていたので、格納はしませんでした。

その後は、シートを前に倒します。

NVAN29.jpg

オレンジ色の取っ手を持って、シートを前にダイブダウンさせるとこのようになります。

5_2018080514235200c.jpg

これでも、後席との間に隙間が空いてしまうので、シート下にあるこちらの板を引き出してセットすると、隙間も埋めることができます。

4_20180805142351dfc.jpg

これで完成!完全にフラットな荷室になります。

3_20180805142349e07.jpg

後席をこの時はすでに倒してありましたが、N-VANの後席を起こした状態も見てみましょう。



ホンダ新型N-VAN +STYLE COOLの後席をチェック!


運転席側のスライドドアを開けるとこんな感じです。

NVAN27.jpg

後席ちっさ!!!
これは予想していたよりも後席は割り切られていますね^^;;;

まさかここまでとは。

足元空間も思っていたよりもかなり狭いです。

NVAN26.jpg

キャブオーバーの軽バンではないので、それでも後席を使った状態での荷室奥行きを考慮するとこうなるのかもしれません。

もちろん、後席のスライド機能なども無し。

NVAN25.jpg

足元もこんな感じです。
スカスカですが、逆に物が置けていいかも。

N-VAN +STYLE COOLには後席ヘッドレストも装備されていますが、商用のベースグレードG・Lには後席ヘッドレストはありません。


さらに後席の窓ガラスもこれしか開きません。

2_20180805142348015.jpg

パワーウインドウとかとは無縁のものです。


ヘッドレストを外して、後席をダイブダウンさせれば、簡単にフラットになります。

NVAN30.jpg

シートが平板なので、より薄く低く収納が可能です。

運転席側のスライドドアからの開口部はこれしかありませんが、ダブルビッグ大開口の助手席側から見るとこの開口面積!!

NVAN36.jpg

これは広い!
荷物の積み込みも全然余裕ですね!

バックドア側から見てもこの通り。

NVAN32.jpg

背の低いタイプの+STYLE COOLでもこの余裕。

バイカーやサイクリストの方で、自転車やバイクを運搬するトランスポーター(トランポ)としてのクルマを探している方の需要にも答えてくれるでしょう!!

ホンダとしてもその辺りの提案も抜かり無く、車内の至るところに、固定用のフックが用意されていて、バイクや自転車も積載時に固定できるようにしてあります。

02_2018080514425368d.jpg
via:http://www.honda.co.jp/

カスタマイズ用のディーラーオプションも豊富に用意されているので、気になる人は見てみては?

https://www.honda.co.jp/ACCESS/n-van/

01_20180805144251f5a.jpg
via:http://www.honda.co.jp/

まさにいろんな趣味の車として、便利に使えそうな軽自動車ですね!
クルマというよりはタイヤの付いた道具箱と言った感じ?


N-VANで車中泊ができるかマット持参で試してみた!!


そして意外と需要が高いのが軽キャンパーとしてのユーティリティです。
果たしてこのN-VANでは、車中泊が可能なのか、以前にレポートした車中泊用のマットにて試してみることにしました!!


WAQ 車中泊マット 厚手 8cm キャンピングマット 特殊ウレタン 軽量 【ミニバンにぴったり】自動膨張 連結可能 特大バルブ 2個搭載 滑止加工 耐水加工 インフレータブルマット エアーマット アウトドア 車中泊 キャンプ 寝袋 ミニバン 対応車種多数 (オレンジ/グレー)

新品価格
¥5,980から
(2018/8/5 14:50時点)





持ち込んだのはこちら。

WAQさんの、ポンプとか無くても勝手に膨らむ車中泊マットです。
これ便利。


【WAQアウトドアストア】






以前には、N-BOXでもこの車中泊マットを試してみましたが、やっぱり長さが足りなくて全部を敷くことはできませんでした↓

アウディQ2&N-BOXで車中泊はできるか? WAQキャンピングマット使ってみた![PR]

WAQmat04_201806191200458f8.jpg

N-BOXにWAQ車中泊マットを敷くとこんな感じ。

ラゲッジフロアにスロープがあり、さらに長さも足りません。

WAQmat03.jpg

N-BOXでの車中泊は、結構厳しいという印象でした。


それがこのN-VANではどうでしょう??

NVAN19.jpg

「なんということでしょう~」(笑)
余裕で収まります。

しかも床面も完全にフラットなので、寝心地ももちろん段違い。

NVAN18.jpg

190cmの車中泊マットを敷いても、こんなに余る!!

NVAN20.jpg

これなら車中泊でも足を伸ばして快適に寝ることができそうです!!
さすが、フラットフロアにこだわったN-VANですね。



ホンダ新型N-VANの後席を使用した状態でのラゲッジスペースは?


さて、フラットフロアに強いN-VANですが、後席を使用した状態でのラゲッジスペースも見てみましょう。

NVAN24.jpg

後席がかなり前めに固定されているので、ラゲッジスペースも普通の軽自動車よりも広く取られています。

N-BOXのラゲッジスペースがこんな感じです↓

N-BOX16_20180805150512b77.jpg

後席スライドできるN-BOXで、最大限前にスライドさせた状態でこれです。

意外とN-BOXも広いですね。
というか、ラゲッジフロアがスペアタイヤがない分、N-BOXのほうが低いです。
N-VANは後席や助手席を倒した時にツライチになるような高さに調整されているんだと思います。

NVAN23.jpg

この状態でもラゲッジスペースは結構広いです。
4人乗車で現場に向かう際にも、ある程度の荷物も載せることができますね。


カーゴルームには、後席ヘッドレストを収納しておく場所があります。

NVAN31.jpg

そしてなぜか定規もあります。
建築系の人が使う際に、簡易的に物の大きさを測るのに便利そうですね。



ホンダ新型N-VANのシートアレンジやラゲッジスペースの感想・評価は?


新型商用バンとしてデビューしたN-VANですが、個人でも使えるかという視点で見てみましたが、なかなかどうして面白い車になっていますね。

インテリアやエクステリアも決して安っぽさはなく、機能的で収納もいっぱいで普通に使うのにも便利そう。

そして、折りたたみ前提で作られたシートは、平板なので長時間のドライブには向かないものの、格納して荷室として使う場合には最大の効果が発揮されます。

家族や恋人を持つ個人の人が、このN-VAN一台ですべてを賄うのは難しいとしても、趣味の車や個人事業主の移動販売車などには、オシャレで高品質で、カスタマイズも豊富なので重宝されるのではないかと思いました。

セカンドカーとして、車中泊キャンパーや、サイクリストの方のトランポとしても、需要がありそうですね。
とにかく、趣味の車としてはとても面白いと思いました^^

ただ、難点は意外と価格が高いということ。
商用バンと思っていても、価格はN-BOXと変わりません。

【価格は高い?】ホンダN-VAN(NVAN)見積もりました!N-BOXと比較しておすすめは?

助手席や後席に人を乗せたりする機会が多い人は、普通にN-BOXを買っておいたほうが無難です。

趣味や仕事のクルマとして割り切れる人のみ、N-VANをおすすめしますね。

さて次回は、実際に走らせてみた感想もインプレッションします!
お楽しみにー^^



記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
応援してくださる方は、広告から下取り見積もりしてもらえると毎日更新する活力になります(笑)

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



私が普段仕事で使っているホンダN−BOX関連の過去ログや、これから加筆される最新情報は、以下のホンダN−BOX関連記事一覧よりご確認ください↓

ホンダN−BOX関連記事一覧


新型N-VANが気になっている方は、お近くのホンダディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

とその前に、ホンダ新型N-VANなどを検討されている方は、今のうちから愛車の下取り相場を調べておいても良いかもしれませんよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


かんたん車査定ガイド



ネット査定だと、1分程度の入力で、ざっくりとした買取りの概算価格がわかるので、調べるだけ調べてみても良いかもしれません。

車には売り時がありますからね。1ヶ月すぎるごとに10万円単位で査定金額が下がっていきますが、時期などによっては価格が逆に上がるタイミングもあります。
買取価格があまりに高くて、買い換えるつもりがなくてもうっかり買い替えちゃったりしますから、その時はその時でご縁があったと思えば^^

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです。

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくとそれ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

ネット車買取一括査定使ってみた!買取査定必勝法の実践結果は!?デミオXDの買取価格はまさかの…


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

しかも、週をまたぐごとに価格が下落しますので、早めに査定をしたほうが高く売却できる可能性が高いです。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




過去にもワンダー速報では、新型N-BOXに関する記事をアップしていますので、良かったらそちらも併せてどうぞ↓

【口コミ】新型N-BOXを買うべき10の理由!納車されてわかったN-BOXのココががすごい!





かんたん車査定ガイド










N-VANの動画も共有しておきますね。






ご興味ある方はどうぞ。

では次回のワンダー速報もお楽しみに!








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

軽商用VAN いいな~
これまたナイスな車が出ましたね!

もし自分に2台車を所有できる余裕が生まれたら
断然2台目は軽だと決めているのですが(維持費と置き場の問題で)
今のところの候補はこのN-VANか新型ジムニーですね。

ただジムニーの場合だと、その車の持って生まれた使命とかを活かすには
それなりのコース(クローズドで有料)に行くか
川原で後ろめたさを感じながら走るかになってしまいます。
勿論趣味性は高いとは言えるのですが・・・・

一方N-VAN!ほぼ万能なのではないでしょうか!?
もちろんオフロードを攻めるなんてことはしませんが、
この車の使命を活かすには日常+αの努力で事足ります!

試していただいたように就寝用マットのスペースは十分なので、
さほどの気合を入れなくとも週末の1泊2日遠出もできますし、
趣味の自転車も復活が容易です。

何よりも基地感が満喫できそうなので、DIYであちこちいじり倒す楽しみも
ハイエースクラスより気軽に、かつ安くできそうですし、
喧嘩等の気まづい雰囲気の際のシェルターにも
もってこいなのではと考えております。

いまメーカーはこぞってSUVばかりに注力している感がありますが、
SUVの前にRVという言葉があったかと思います。
RV、すなわちレクレーショナルビークルですが、
N-VANは私にとってかなり良いレベルでの「RV」です!
商用ベースであろうがなかろうが、乗る人がそこに遊びを感じれば
それは皆RVですよ!!

という事でサマージャンボへの期待は高まるばかりの今日この頃です!!
Re: 軽商用VAN いいな~
W205 WGN 220D さん、コメントありがとうございます。

趣味の車として、セカンドカーならこういうのもありですよね。
個人のRVとしては比較的安価でいろいろイジれるのが面白そうですね。
車外から電源を取るソケットとかもバンパーに設置できたりするみたい。
これがあれば、電源供給してるキャンプ場などで、ドアを完全に締めて車外から電源を取り入れることができます。

サマージャンボ、私も買うかな(笑)
残念ながら・・・
残念ながらサマージャンボは先週金曜日で発売は終わっています・・・
Re: 残念ながら・・・
W205 WGN 220D さん、コメントありがとうございます。

そうでしたか…
オータムは買います(笑)

コメントの投稿

非公開コメント