【後席の広さは?】新型カローラスポーツ試乗インプレッション【3】

トヨタ新型カローラスポーツの試乗インプレッション【3】後席ラゲッジ編!


2018年6月26日に正式発売となったトヨタの新型Cセグメントハッチバック「カローラスポーツ」を見てきました!と言う話の3回目です。

前回までの記事では、新型カローラスポーツのエクステリアと運転席周りを画像大量でお届けしました↓

【速報】新型カローラスポーツ見てきた!C-HR大ピンチか?!(笑)超かっこいいじゃん!

【画像大量!】黒のカローラスポーツかっこええ!これは売れる…【試乗インプレ】

【内装の評価は?】ぐぬぬ…C-HRより良いぞ…新型カローラスポーツ試乗インプレッション【2】

今回はその続きで、新型カローラスポーツの後席やラゲッジスペースをレポートします!!

COROLLASPORT64.jpg

後席足元スペースはどんなもんでしょうか。
元C-HRオーナーとしての見解は?!


以前に書いた、新型カローラスポーツ最新情報まとめ記事もよかったらどうぞ↓

新型カローラスポーツ最新情報まとめ!画像・内装・価格・燃費・見積もりも!こりゃ評価高いわ…w

上記記事は超長文なので、新型カローラスポーツに興味がない人は閲覧注意です(笑)
それだけ詰め込んである記事ですので、新型カローラスポーツを購入検討している人は、ディーラーに行く前の予習として読んでおくと良いかも!


過去に書いた新型カローラスポーツ関連の記事や、これから加筆される最新情報については、以下の「カローラスポーツ関連記事一覧」でチェックできますよ↓

カローラスポーツ関連記事一覧


記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターでは最新情報をお届けしています!良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします^^


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。




新型カローラスポーツの助手席周りをチェック!


前回記事では、運転席周りの記事を書いたので、助手席のチェックはまだでしたので、今回は助手席から見てみましょう。

COROLLASPORT11.jpg
↑クリックで拡大します。

新型カローラスポーツの助手席方向の見え掛かりはこんな感じです↓

COROLLASPORT68.jpg

新型カローラスポーツは、ダッシュボードにもステッチ付きのソフトパッドがあしらわれており、質感は良いですね。

COROLLASPORT67.jpg

カローラと名の付く車でここまでの質感表現をしてくるとは。
C-HRはもとより、アルファードやヴェルファイアでも、ダッシュボードはフェイクステッチですからね。
かなり気合の入った車だということがわかります。

シンプルな面構成になっているので、収納などの生活感が無いのは欧州車ライクですね。


グローブボックスはこんな感じです↓

COROLLASPORT66.jpg

広さは十分。
起毛処理などにはなっていません。
ゴルフだと起毛仕上げなっているんですけどね。


続いては、新型カローラスポーツのオーバーヘッドコンソールです。

COROLLASPORT71.jpg

室内灯は、上位グレードのG“Z”でも残念ながら豆球です。
ライト周りの質感も特筆すべきところはありませんが、新型カローラスポーツのコネクテッド技術のポイントとして、ヘルプネットのスイッチが備わっています。

COROLLASPORT69.jpg

こちらは間違って押さないようにカバー付きです。

COROLLASPORT70.jpg

このボタンは、事故や病気などの緊急事態のときに、オペレーターに迅速に繋がるためのボタンです。
レクサスなどにはもともと付いていましたが、ボタン一つでオペレーターに繋がり、GPSの位置情報などから救急車などを手配してくれるというもの。
もしものときには頼りになりそうです。
いたずらで押してはいけません。



新型カローラスポーツの後席をチェック!


続いて、新型カローラスポーツの後席も見てみましょう。

COROLLASPORT65.jpg

まずは例によってドアの内側をチェック。

COROLLASPORT63.jpg

カローラスポーツのドアは実際に初めて見ましたが、第一印象としてはC-HRのリアドアとデザインが似ていますね↓

C-HRHYBRIDG48_20180628190752a22.jpg

C-HRの後席ドアの内側は、総ハードプラで、肘置きまで固くて萎えましたが、新型カローラスポーツはトリム上部はハードプラになっていますが、肘置き部分はステッチ付きの合成皮革になっています。
このあたりはC-HRよりも質感良くて好印象。

ウインドウスイッチより前方にカップホルダーがあるのは意外と便利だと思いますが、蓋付きじゃないとドア開閉時に大惨事になりますのでご注意を。


続いては、新型カローラスポーツの後席シートを見てみましょう。

COROLLASPORT64.jpg

こちらの試乗車には、センシュアルレッドのレザーコンビネーションシートがオプション装着(175,500円)されているので、後席も見栄えが良いですね。
ウルトラスエードの手触りも非常に良いです。

前席シートバックポケットがつくのも、このオプションが装着されているからです。

背もたれの高さもしっかりしており、固定式のヘッドレストも中央までしっかり完備。

COROLLASPORT000.jpg

競合しそうなホンダのヴェゼルは、ダイブダウンの格納を前提にしているため、背もたれが低く、ヘッドレストも小さいですが、実質のライバル関係になりそうなシビックでは、後席の居住性も同等レベルでしたね↓

後席

上記はシビックハッチバックの後席ですが、足元空間はシビックのほうが広かったかも。

新型カローラスポーツの足元空間のゆとりはこんなもんです↓

COROLLASPORT61.jpg

またスネ毛タイムですがご容赦を(笑)
前席の位置は、身重173cmの私のドラポジに合わせてあります。
ホイールベースがC-HRと同じなので、後席の足元空間のゆとりは、まさにC-HRと同等レベルです。

すごく狭いわけでも、ゆとりがあるわけでもありませんが、Bセグコンパクトカーよりは広いと言う感じ。
C-HRではスタイル優先のため、リアドアガラスの面積が小さく、後席は暗い印象でしたが、新型カローラスポーツでは窓ガラスも通常レベルに確保されており、特にくらいという感じもしませんでした。
全高がC-HRより低い分、頭上高はC-HRのほうが有利かと思いましたが、特段狭いという感じもしませんでしたね。

ただ、先日実家のゴルフ7.5の後席でロングドライブを楽しみましたが、それと比べると、快適性は少し落ちるかも。

ゴルフ7.5ハイライン納車後インプレッション 1400km走った感想・助手席・後席乗り心地は?

GOLF08_20180528184030c54.jpg
↑クリックで記事に飛びます。


新型カローラスポーツがC-HRより優れているポイントとして、後席にもアームレストが完備されています!

COROLLASPORT58.jpg

これは結構大きな差ですよ。
しかもドリンクホルダーまで付いています。
新型カローラスポーツなら、後席でのロングドライブでも、飲み物を置く場所にもゆとりがありますね。


ただ、センターコンソール後端にはエアコンの吹出口はありません。

COROLLASPORT60.jpg

これはC-HRでも同様ですが、新型カローラスポーツではちょっとした小物置き場があるのが違いです。
オプションのAC100V(1500W)の電源はココについていますが、これはC-HRと同様です。

COROLLASPORT59.jpg



ちなみに、ゴルフにはエアコンの吹出口は付いています。
また、新型カローラスポーツではトランクスルーはできませんが、ゴルフではトランクスルーが可能。

GOLF27_201805282056150ee.jpg

4人乗車時でも、ラゲッジの荷物などを取れるのは、結構便利でした。
このあたりは、さすがCセグのベンチマークと言われるだけのことはあるゴルフです。


新型カローラスポーツの後席ルームランプも当たり前ですが、豆球。

COROLLASPORT62.jpg

上位グレードくらいはLEDにしておいてくれればいいのに。
せっかく内装の質感が良くても、こういうところで貧乏くさく感じてしまいます。
その点、シビックやゴルフでは、上位グレードはLEDになっていましたね。

安価に打ち替えられるので、セルフでやれば安くLEDに打ち替えもできますが。


新型カローラスポーツのラゲッジ容量は?


さて続いて、新型カローラスポーツのラゲッジスペースもチェックしてみましょう!

COROLLASPORT56.jpg

ハイブリッドモデルなので、床下にバッテリーが搭載されていると思いますが、使い勝手に関しては特に問題はありません。
新型カローラスポーツのラゲッジ容量はVDA方式で352L。
広さも、Cセグメントハッチバックの標準的な広さくらいは確保しています。

COROLLASPORT57.jpg

こちらの試乗車には、4:2:4分割のアジャスタブルデッキボード(8,640円)と言うオプションが装備されていました。

こちらは、普通のラゲッジボードとは少し違います。

ボードを上げると、トノカバーにフックが引っ掛けられるようになっています。

COROLLASPORT54.jpg

ラゲッジアンダーはこんな感じ。

COROLLASPORT55.jpg

工具などが収まっています。

このアジャスタブルデッキボードは、ラゲッジフロアの高さを2段階で調節できます。

COROLLASPORT53.jpg

下にボードを配置した状態だと、後席背もたれを倒したときに、ツライチでフラットにはなりませんが、ラゲッジの高さを稼ぐことができます。

アジャスタブルデッキボードを上に設定すれば、後席背もたれとフラットになります。

COROLLASPORT52.jpg

こうすれば大きな荷物を積む際に便利ですね。

そして、4:2:4分割とは、デッキボードが横にパタパタと開閉ができるということだそうで。

COROLLASPORT51.jpg

左側だけ下から荷物を取りたい時にはこっちを開けて…

右側から荷物を取りたい時にはこっちを開けて…

COROLLASPORT50.jpg

という使い方ができるそうです。

お、おう…
まあ、無くてもいいけどあれば便利な機能ですね。
ラゲッジボードの上に荷物が乗っていても、片側だけ開られるので、ラゲッジアンダーボックスの物が取りやすいのは意外と便利かも。

これもC-HRやプリウスには無かった装備ですね。
いろいろ練られています、新型カローラスポーツ。



新型カローラスポーツの後席・ラゲッジスペースを見た感想・評価は?


さて、かなりの画像点数で詳細に新型カローラスポーツの使い勝手をご紹介しましたがいかがでしたか?
個人的な感想としては、「後席もまたC-HRよりも使い勝手がよく、オススメできるCセグハッチバック!」という印象です。

後席アームレストが付いていたり、ドアトリムの質感が良くなっていたり、アジャスタブルデッキボードが用意されていたり、C-HRより確実に優れているのがわかります。

ただ、ライバルになるCセグメントの巨人「VWゴルフ」に対しては、一歩劣る部分もあります。
ゴルフはモデル末期になっていて、お買い得モデルも出ていて実質新型カローラスポーツよりも安く買えるので、選択肢の一つとして考えても良いかもしれませんね。
私自身、実家がゴルフ7.5を買ったばかりなので、新型カローラスポーツの登場には「ぐぬぬ…」という気持ちがあります(笑)
もう少しデビューが早かったら、新型カローラスポーツ買ってたかもなぁ。

安全装備に関しては、ゴルフに負けていないどころか、インテリジェントクリアランスソナーを有するパーキングサポートブレーキは強力なポイントです。
前後の誤発進抑制制御だけでなく、クリアランスソナーと連動して静止物に対するブレーキまで行ってくれるのは、ゴルフにもない装備です。
運転が得意でない人は、駐車時にぶつけないための、この上ない装備となります。
コンビニに突っ込まないし、老若男女にオススメできる車に仕上がっていると思います。
新型カローラスポーツは正直すごいと思いました。

COROLLASPORT18.jpg

さて、残すところあとは新型カローラスポーツの試乗ドライブフィールとなりましたが、それはまた次回以降でお届けしたいと思います。
お楽しみに^^

新型カローラスポーツが気になる方は、お近くの「カローラ店」まで足を運んでみてはいかがでしょうか。
新型カローラスポーツは「カローラ店専売」になっています。トヨタ店やネッツ店、トヨペットなどに間違えて行かないようにね!(笑)

トヨタカローラ新埼玉 浦和店の河野(こうの)さんという営業さんに「ワンダー速報を見た」って言うとなにか良いことがあるかもしれませんよ(笑)

COROLLASPORT02.jpg


記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^
広告から見積もりしてもらえたら、日々の更新のモチベーションになります(笑)

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



ということで、新型カローラスポーツなど新車を検討中の方は、今のうちからネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

車には売り時がありますからね。1ヶ月すぎるごとに10万円単位で査定金額が下がっていきますが、年度末に近い時期などは価格が逆に上がるタイミングもあります。
買取価格があまりに高くて、買い換えるつもりがなくてもうっかり買い替えちゃったりしますから、その時はその時でご縁があったと思えば^^


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力でざっくりとした買取価格がわかるから、とりあえず愛車の現在の価値を調べておいても損はないかと。

また、ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^


かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果www輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


複数の買取店からの電話がめんどくさいという人はこちらもオススメ↓



Goo買取 中古車査定プロモーション





とりあえず買取相場だけ知りたい人は試してみては?



ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の査定額見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



新型カローラスポーツの動画も共有しておきますね。







動画で見るとかなりかっこいいかも!!

ご興味ある方はどうぞ^^


こちらの記事もおすすめですよ↓

新型カローラスポーツ 内装はC-HRやプリウスと比較しても好評価!

Toyota-Corolla_Hatchback-2019-1280-28.jpg
↑クリックで記事に飛びます。



過去にはトヨタオーリスの試乗インプレッションも行っていますので良かったらどうぞ↓

トヨタ新型オーリス1.2ターボ(120T)試乗インプレ!意外とカッコイイぞ!エクステリアの評価は?

トヨタ新型オーリス1.2ターボ(120T)試乗インプレ!内装の評価は?

トヨタ新型オーリス1.2ターボ(120T)試乗インプレ!後席やラゲッジの評価は?

トヨタ新型オーリス1.2ターボ(120T)試乗インプレ!ターボの走りの評価は?

改めて見比べてみると面白いかも?

では次回のワンダー速報もお楽しみに!




かんたん車査定ガイド






関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント