【朗報】2018マツダ新型アテンザ 待望のアレが追加(笑)ビッグマイナーチェンジでどこが変わったかチェック!

マツダアテンザが2度目のビッグマイナーチェンジ!


マツダのアテンザが2016年のビッグマイナーチェンジに続いて、2回目の大幅アップデートを行いました。

私のお友達でも2名ほどアテンザにお乗りの方がいますが、今回のアップデートもかなり気合の入った変更が行われているので「ぐぬぬ…」という気持ちで見守っているのではないでしょうか(笑)

今回は、そんな新型アテンザがビッグマイナーチェンジでどこが変わったかをまとめてみたいと思います!

P1J15510s.jpg

もともとエクステリアや内装の評判の良かったマツダアテンザですが、今回のビッグマイナーチェンジでは待望の「アレ」が加わりました!!
ワンダー速報読者の方はピンと来ていると思いますが、そうです、私の大好きなアレです(笑)



アテンザは、過去にも試乗記事を書いておりますし、これから加筆されるアテンザの最新情報なども含めて、下記の「マツダ アテンザ関連記事一覧」でご確認いただけます。

マツダ アテンザ関連記事一覧

ご興味ある方はチェックしてみてください^^



「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^



※例によって、記事内の感想、評判、評価、口コミ、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。




新型アテンザのエクステリアの変更点は?


今回のビッグマイナーチェンジでは、アテンザのエクステリアにも手が加えられました。

2015年1月にも大幅アップデートが行われましたが、今回2度目となるビッグマイナーチェンジでは、エクステリアの印象もガラリと変わりました。

P1J15508s.jpg

一番大きな変更点としては、フロントマスクのシグネチャーウイングやグリル、ヘッドライト周りのデザインが変更になりました。

ATENZA06.jpg

↑こちらがマイナーチェンジ前のアテンザです。

マイナーチェンジ前は、フロントグリルが横フィンタイプだったのに対して、新型アテンザはCX-5のようなメッシュタイプになりました。

また、シグネチャーウイングもヘッドライトの上を貫通していたのが、ヘッドライト下部に沿うようなデザインになり、堀が深くなりました。

ATENZA12_20160906002249481.jpg

↑こちらもマイナーチェンジ前のアテンザです。

↓そしてこちらがマイナーチェンジ後の新型アテンザです。

P1J15503s.jpg

かなり印象が変わりましたよね。

また、フォグランプが無くなり、横一文字のメッキが付いたタイプとなり、デザインが整理されてシャープな印象になりました。
フォグランプが無くなったのはちょっと残念ですが、LEDヘッドライトがフォグランプ相当の照射範囲をカバーしているとのこと。

P1J15507s.jpg


こうして見比べると、デザインの密度感が上がり、車格が上がったかのような錯覚があります。
これがマイナーチェンジとは、マツダの商品改良には驚かされます。

P1J15506s.jpg





新型アテンザのボディサイズは?


新型アテンザは、ボディサイドの抑揚の効いた魂動デザインはそのままに、フロントマスク周りを大幅なイメチェンをしてきました。

P1J15504s.jpg

サイドビューはそれほど印象が変わっていませんが、新衣装のアルミホイールなどは、シンプルで良いですね。
私好みです。

マツダアテンザセダンのボディサイズ全長4,865mm×全幅1,840mm×全高1,450mm

P1J15509s.jpg

FFのセダンとしては、かなり大型ですよね。
ちなみに、新型クラウンのボディサイズは全長4,910mm、全幅1,800mm、全高1,455mmと、アテンザのほうが全長は小さいですが、全幅はアテンザのほうが40mmも幅広いです。
新型クラウンは古くからのオーナーさんのためにも、日本国内での取り回しを意識して全幅は1.8mに押さえてきています。
このあたりはさすがと言うべきか。

【画像大量!】トヨタ新型クラウン 価格は460.6万円から!発売日は2018年6月26日!内装・安全装備など最新情報まとめ!





アテンザワゴンのボディサイズは、全長4,805mm×全幅1,840mm×全高1,480mm

P1J15511s.jpg

実はワゴンのほうがセダンよりも60mmも全長が短いんです。

P1J15512s.jpg

普通はワゴンのほうが長そうなもんですが、意外ですよね。




新型アテンザは内装が大幅リニューアル!


エクステリアも結構なイメチェンでしたが、新型アテンザの今回のビッグマイナーチェンジでは、内装の変化が目玉と言っても過言ではありません。

P1J15531s.jpg

パッと見は変わらないように見えるんですが、かなりアップデートされています。

まず触れなければならないのが、こちら!!

新型アテンザのナビ画面が大型化!


ナビ画面がちょっと大きくなってる!!

P1J15519s.jpg

マツダのナビ画面は、デミオからCX-8まで、7インチという小さいサイズの画面が備え付けられていますが、デミオならまだしも、アテンザやCX-8などの上位車種に7インチは少々小さすぎるという印象でした。

昨今では各メーカーともナビ画面は大型化して見やすくなっていますからね。
アテンザやCX-5、CX-8ではそこがネガティブなポイントでしたが、ようやく今回のアテンザのビッグマイナーチェンジで、7インチから8インチに拡大されました

2

パッと見はあまり変わらないようですが、1インチ大きくなっています。

1

たかが1インチ、されど大きな一歩です(笑)
ライバルメーカーでは9インチや10インチナビ、さらには10.2インチワイドなども付いてきているので、マツダもさらに新しい提案があるといいですね。
内装の質感的にはライバルを確実に凌駕しているので、ナビの画面サイズだけが泣き所と言っても過言ではないので。

ただ、マツダの良いところとしては、マツダコネクトナビが5万円そこそこでインストールできるので、コミコミ価格がかなり安くあがるというメリットもあります。


電動パーキングブレーキに待望のブレーキホールド機能が追加!


そしてタイトルにあった「アレ」とはこのブレーキホールド機能のことです!!

ようやくか…という印象もありますが、2015年のマイナーチェンジで電動パーキングブレーキが採用されたアテンザでしたが、その当時はブレーキホールド機能がありませんでした。

ATENZA24.jpg

↑今回のマイナーチェンジ前のアテンザの内装です。
電動パーキングブレーキはあるのに、その下にある意味深な空間が虚しかった…

電動パーキングブレーキがあっても、ブレーキホールド機能が無ければ、画竜点睛を欠くとはこのこと。

その不自然なボタン部分にようやくブレーキホールド機能が採用されました!

P1J15523s.jpg

やっぱりその位置か!!(笑)

これでようやく信号などの停止時に、ブレーキペダルから足を外してもブレーキ状態が保持されるようになりました。

マツダでは、CX-5以降、順次電動パーキングブレーキ+ブレーキホールド機能が採用されていたので、アテンザでも「ようやく」といった印象です。
しかし、マイナーチェンジでもここまでの大幅の機能追加してくるあたりが、さすがマツダと言った印象です。

マイナーチェンジでも電動パーキングブレーキすら採用されなかったレクサスCTやレクサスISには見習って欲しいですね…

そして、マツダレーダークルーズコントロールも、全車速対応になって、これまたハッピーです。
あまり声高にアピールされてませんが、マツダの安全装備ってかなり充実していますからね。



新型アテンザでは内装の質感が向上!


さらに、今回のアテンザのビッグマイナーチェンジでは、内装のデザインがリニューアルされ、さらにマテリアルも質感向上しています。

P1J15535s.jpg

マイナーチェンジ前からナッパレザーのシートはL packageに用意されていましたが、今回はウルトラスエードというアルカンターラのような手触りのマテリアルを、ダッシュボードにも配置!

P1J15525s.jpg

見るからに質感が良さそうです。
もともと内装の質感には定評のあるマツダが、さらに気合を入れてきた感じですね。
もはやライバルはここまでの質感を出せるのだろうかと不安になるほど。
下手しなくてもアウディA4辺りよりも、内装の質感よく見えますよ、マジで。

P1J15524s.jpg

さらに素晴らしいのは、CX-8から採用されている本木目の内装パネルが、アテンザでも採用されています。
いわゆる木目調ではなく、本物の木です。
国産車で本木目を使っているのはレクサスくらい。トヨタはアルファードやクラウンでも木目調止まりです。
マツダのこだわりが感じられますね。


新型アテンザではシートベンチレーションが採用!


そしてもう一つ嬉しいのが、新型アテンザでは上位グレードのL packageに、シートヒーターだけではなく「シートベンチレーション」までが採用されました!

これはシートにファンが付いていて、夏場の蒸れる時期にシートを快適に保ってくれるという嬉しい装備。
レクサスやトヨタの一部上位車種には用意がありますが、最近のマツダ車では初ではないでしょうか?
そして、地味にスゴイのが、L packageには運転席10WAYパワーシートが標準装備!(下位グレードにはオプション)

P1J15527s.jpg

シートのポジションメモリー機能付き。
スイッチの意匠もリニューアルされましたね。

レクサスでも未だに6WAYで留まっている運転席パワーシートも多いですからね。
なにげにマツダ車は高機能でコスパは良いんですよね。


さらに細かい点としては、電動リアウインドウサンシェードもL packageに標準装備!(マイチェン前から)

P1J15546s.jpg

これが付いていると高級セダンって感じがしますね。



他にも、エアコン周りのスイッチの意匠が新しいものに変わって、見た目の質感も向上しました。

P1J15520s.jpg

シートベンチレーションやステアリングヒーターのスイッチもココに備わります。

↓こちらがマイナーチェンジ前。

ATENZA28_201609062254501d0.jpg

見比べると一目瞭然に質感が向上したのがわかりますね。
こんな細かいところにまで手を加えてくるとは。


そして、さらにトピックがあるのが、上位グレードのL packageには、7インチのデジタルメータークラスターが採用されます↓

P1J15518s.jpg

なんか平板なアナログメーターにしか見えませんが、中央が液晶ディスプレイになっています。
ここに様々な情報を表示できるとのことなので、実際に早く試してみたいですね。

それ以外のグレードでは今までどおりのアナログメーターと、右側にマルチインフォメーションディスプレイが備わります。

P1J15517s.jpg

これでも十分質感は悪くないですけどね。

これ以外でも、ガラス投影型のカラーヘッドアップディスプレイ(アクティブ・ドライビング・ディスプレイ)も用意されています。
標識読み取りのロードサインアシスト付きです。



ルームミラーもフレームレスタイプになり、質感が向上しています。

123

高級車では多くなってきた装備ですよね。
細かいところですが、質感が向上しています。



アテンザはFFベースなので、後席足元にもゆとりがあります。

P1J15529s.jpg

もちろんリアアームレストも標準装備で、上位グレードにはリアシートヒーターも備わります。(マイチェン前から)

P1J15545s.jpg

コスパはやっぱり高いですね。
もはや突っ込みどころがナビのサイズくらいしかないです(笑)



新型アテンザのビッグマイナーチェンジの感想・評価は?


さて、内外装を中心に新型アテンザの2度目のビッグマイナーチェンジの変更点を見てみましたがいかがでしたか?
個人的な感想としては「もはやナビ画面の大きさ以外に文句はありません!」と言ったところです。
ナビ画面が小さいと言っても、マイナーチェンジ前よりも1インチ大きくなって8インチ化されたのは大きな進歩です。
ただ欲を言えば、解像度の高いナビ画面を装備している車も増えてきているので、上級セダンとしてはもっと大型の画面がついていても良いのではないかなと思った次第です。

それ以外は、本当に文句のつけようがないですね。
装備面でも機能面でも質感面でも、ライバルを凌駕しているどころか、輸入車勢を相手にしても、負けてないと思います。
ここまで装備が充実している車を探すほうが困難です。

今回は、内外装の静的質感部分をメインにインプレッションしてみましたが、動的質感にも手が入っているとのことで、それは試乗してみて体感できたらと思います。

そして、皆さん気になっているであろう、新型アテンザの見積もりですが、ちょっと長くなりましたので次回以降の記事で公開したいと思います!
お楽しみに^^

アテンザは、過去にも試乗記事を書いておりますし、これから加筆されるアテンザの最新情報なども含めて、下記の「マツダ アテンザ関連記事一覧」でご確認いただけます。

マツダ アテンザ関連記事一覧

2016年のときの年次改良のインプレッションも行っていますので、そちらの記事もよかったらどうぞ↓

マツダアテンザ2016年次改良マイナーチェンジ見てきた!エクステリアをチェック!

マツダアテンザ2016年次改良マイナーチェンジ見てきた!Lパッケージは大幅質感向上!

マツダアテンザ年次改良マイナーチェンジ見てきた!後席やラゲッジもチェック!


P1J15516s.jpg

新型アテンザが気になっている方は、お近くのマツダディーラーまで足を運んでみてはいかがでしょうか?


ということでマツダ新型アテンザなど、車の購入をご検討の方は、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

車には売り時がありますからね。1ヶ月すぎるごとに10万円単位で査定金額が下がっていきますが、価格が逆に上がるタイミングもあります。
買取価格があまりに高くて、買い換えるつもりがなくてもうっかり買い替えちゃったりしますから、その時はその時でご縁があったと思えば^^

また、ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^


かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大90万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果www輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



では次回のワンダー速報もお楽しみに!


売りたい車はまず査定!かんたん車査定ガイド







関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

やっぱセダンは美しい。

(電動リアウインドウサンシェードはもともとL packageに標準装備でした)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
マツダ車
お久しぶりです。
マツダ アテンザ 良いですね。
本文でも書かれているように最近のマツダ車は下手な輸入車よりも内装の質感が高いですね。レクサスクラスと言っても過言ではないレベルです。
僕もレクサスRX450hを見切り発進で売却して以来いろいろと次の車を選んでいましたが、マツダのCX8に決めました。
他にも候補はボルボXC40、60、90やランクルプラドなどがありましたが、安全性能、コスパ、質感などを総合するとCX8に軍配が上がりました。
Lパッケージにオプションてんこ盛りでも400万円ちょっとの値段は凄いです。
同じ3列シートのRX450hLだったら800万円オーバーですからね。
納期はいまだに2カ月以上かかるということで納車は8月くらいになりそうです。
ただ、やはり一度レクサスを味わってしまうと離れられない思いもあるので、この冬発売予定のUXも買ってしまいそうです。
社会貢献しまくりですね(笑)
長文失礼しました。
No title
海外の方がすでにレビューをあげていたのを観たんですが、パワーシートやウィンドウスイッチ周りなどにグロスブラックが使われていて質感はいいんですが指紋が目立つデメリットがあると言ってました。
Re: タイトルなし
ディーゼルHVさん、コメントありがとうございます。

セダンお好きですか。
Lパケにはもともと付いてたんですね。
高級車レベルですね。アテンザは。
Re: 足りません
匿名M様、コメントありがとうございます。

いつも見ていただきありがとうございます。
パワーテールゲートがアテンザには無いのですね。
これも高級車にはあってほしい装備なので付くと良いですね。特にワゴンは。
Re: マツダ車
テツさん、コメントありがとうございます。

ご無沙汰コメント感謝です。
もはやISは完全に超えている装備と質感ですね。
今ISを買うなら、スタイリング以外がどうしてもISが好きという人以外はアテンザを薦めますね。
ISやRC、CTは完全に世代遅れになってしまいました。
もはやおすすめする理由に乏しいです。

私もCX-8は本気で考えました。
やっぱり3列シートは何かと便利です。
ただ、ナビ画面が小さいのと、レクサスのテレマティクスサービスに慣れているとちょっと物足りない感があったので、見送りましたが、コスパは相当に高いです。
マイチェンとかでナビ画面がおおきくなったら、いつか買うかもしれません(笑)

UX、私も検討中ですが、それまでに一台違うのを挟むかもしれません…。
Re: No title
かもさん、コメントありがとうございます。

ピアノブラック調のパネルの宿命ですよね^^;
メルセデスでもピアノブラック多様しているので、そこは避けられない部分だと思いますが、質感的にはすごく良いと思います。
無塗装プラよりも、指紋がついてもピアノブラック調や本木目が使われている方がよっぽど良いですね。

コメントの投稿

非公開コメント