【画像大量!】ボルボXC40試乗インプレッション!ボディサイズ・エクステリアの評価は?

ボルボの新型SUV「XC40」エクステリアインプレッション!


ボルボXC40に試乗させてもらいました!
試乗レポートの前に、近所のボルボディーラーに入庫した「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」の写真を大量に撮ってきたので、今回はまずエクステリア編をお届けします!

VolvoXC40_01_20180421191850c5a.jpg

XC40、かっこいい!!
しかし一方で、ボルボXC40はコンパクトSUVとしながらも、第一印象としては「意外とデカい」と思いました。
その気になるXC40のボディサイズなども分析してみたいと思います!

今回も画像大量です(笑)
ボルボのXC40を購入検討している人は、写真はいくらあっても見たいでしょうから、ワンダー速報ではその気持ちを汲んでいつも写真は多めにお届けしています!
ワンダー速報は買いたい貴方の背中を押すブログで有り続けます!(笑)


ちなみに前回はXC40の画像インプレッション短評としてダイジェスト版をお届けしました↓

【画像】ボルボXC40試乗しました!これは売れる…!オシャレハイテクSUV!【短評】


過去に書いたボルボXC40の記事もよかったらどうぞ↓

ボルボXC40の価格は高いか?! 見積もりました!XC40の納期はなんと7ヶ月待ち?! こりゃヤバイ…(笑)

ボルボXC40最新情報まとめ!カッコイイじゃん!日本発売日は2018年3月!価格は300万円後半〜!

ボルボXC40 内装の質感もイイ!内装画像インプレッション

ボルボ新型XC40 後席やラゲッジの実用性の評価は?内装インプレッション!




記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターでは最新情報をお届けしています!良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします^^



※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。





ボルボ新型XC40のエクステリアをチェック!


ではさっそく展示車の「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」のエクステリアを見てみましょう!

VolvoXC40_18.jpg
↑クリックで拡大します。

初めて見るボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディションは、遠目から見ても迫力のある面構成をしていて、見方によってはXC60よりも立派に見えるほど。

VOLVOXC60_02_20180416232526dea.jpg

XC60は、エレガンスでシャープな印象で、大人っぽい色気をたたえていますが、XC40は若々しくやんちゃな印象があります。

VolvoXC40_01_20180421191850c5a.jpg

展示車両のボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディションは、R-Designというスポーツグレードのエクステリアのため、メッキパーツなどがなく、スポーティに仕上げられています。

上位グレードのInscriptionなどは、グリル部分にもメッキの縁取りが付くなど雰囲気が異なりますが、R-designもグリル部分はハイグロスブラックのメッシュパターンになっていて、質感演出的には申し分ありません。

VolvoXC40_10_20180421191903591.jpg

中央にはボルボのエンブレムが鎮座しています。
このボルボのロゴですが、中世ヨーロッパの錬金術師たちが用いた鉄のシンボルマークで、ボルボの強さや耐久性、高品質さを表しているのだとか。
決して♂のマークではありません(笑)

VolvoXC40_20.jpg

ボルボ新型XC40のフロントマスクは、ちょっとロボっぽい顔つきをしていますよね。
今までのボルボのフロントデザインともまったく異なるデザインで作られていて新鮮です。

ボルボ新型XC40のフロントマスクで特徴的なのは、やはりTを横にしたようなアイラインがついたヘッドライト。
これは新世代ボルボのデザインアイデンティティとして踏襲されている「トールハンマー」という北欧神話の雷神の鎚をイメージしたデザインです。

VolvoXC40_17.jpg

この時はポジションランプを点灯してないのでちょっとわかりにくいかもしれませんが。

VolvoXC40_15.jpg

サイドからヘッドライトユニットを見ると、VOLVOのロゴが入っていました。
ヘッドライトユニット内もメッキパーツで装飾されていて、こうしたちょっとしたデザインが、所有している人に満足感を与えてくれます。

ポジションランプは光っている所を撮れませんでしたが、ハザードを付けている所を撮影しました。

VolvoXC40_08_2018042119190089f.jpg

ポジションランプがデイタイムランニングライトとウインカーも兼ねているみたいです。
アウディやフォルクスワーゲンでも最近ではこうした点灯の仕方をしますよね。

VolvoXC40_07_201804211918598bd.jpg

LEDのツブツブが見えない面で発光するタイプなのでとても綺麗で質感が高いです。

ボルボ新型XC40のヘッドライトは、ステアリングの舵角に合わせて、最大30度まで照射範囲を変えるアクティブベンディング機能があります。
そしてアクティブハイビームという、オートマチックハイビーム相当の装備も標準となっています。
アダプティブハイビームシステムである「フルアクティブハイビーム」は備わらないみたいです。
ちょっと残念。
このあたりは上位車種のXC60と差別化されているようです。


それにしてもボルボ新型XC40は絶妙なデザインですね。

VolvoXC40_09.jpg

ケレン味もなくシンプルなのに先進的でカッコイイ。
これがスカンジナビアンモダンのデザインなのでしょうか。

VolvoXC40_21.jpg

ボルボ新型XC40は、フロントグリルがほぼ垂直に近く立ち上がり、ボンネットフードからほぼ水平に伸びているので、迫力のある顔つきになっています。

なので、初めて見た時には「かなり大きな車だ」という印象を受けます。



ボルボ新型XC40のボディサイズは?


大きな車だ、という印象を受けますが、実際のボルボXC40のボディサイズは、

全長4,425mmx全幅1,875mmx全高1,652mm、ホイールベース2,702mm

となっています。

VolvoXC40_24.jpg
↑クリックで拡大します。

それにしてもこのボルボ新型XC40のサイドビューは秀逸ですね。
スクエアなボディながらどこか未来感のあるデザインで、素直にカッコイイと思います。

そして、4.5mを切る全長はたしかにコンパクト。
ライバルと想定されるBMW X1が、全長4,445mm×全幅1,820mm×全高1,610mm、ホイールベース2,670mm
レクサスNXだと全長4,640mm×全幅1,845mm×全高1,645mm、ホイールベース2,660mm

なので、ボルボXC40は、X1と同等でNXより小さいくらいのサイズ感と思ってもらえれば良さそうですね。

ただ、注意したいのが1,875mmもある全幅です。
1.85mまでの駐車パレットではNGになるサイズなので、都市部では駐車場探しに難儀する可能性もあります。

ただ、その分ワイド感のあるエクステリアはかっこよさにも直結しているんですけどね。

VolvoXC40_77.jpg

うん、カッコイイと思います。


ボルボ新型XC40のフロントサイドをアップで。

1

こちらのボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディションには、20インチのタイヤ&アルミホイールが特別装備として装着されています。

VolvoXC40_14.jpg

このアルミホイールは相当かっこいいですが、カタログモデルのR-designでは19インチになります。
20インチだと硬さもあるでしょうから、19インチでも良いと思います。
デザインも19インチのものも悪くないです。

11
via:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc40/lineup

どちらがお好みですか?


ボルボ新型XC40のBピラーはピアノブラック調に塗装されていて質感は良いですね。

VolvoXC40_16.jpg

ここがピアノブラック調になっているかで、高級車感が出ますから。
逆に無塗装だと大衆車感が出ます。


ボルボ新型XC40のR-designはブラックのツートンルーフが標準となっていますが、リアピラーのところにR-designのロゴが入っていました。

VolvoXC40_13_20180421191908d39.jpg

細かいところですが、オーナーの満足度を高めてくれる演出です。


続いてボルボ新型XC40のリア周りを見てみましょう。

VolvoXC40_22.jpg

このリアデザインもまた秀逸です。
ショルダーラインから大胆にボディ上屋が絞り込まれていますが、それでもワイド感が残っているデザインはリアコンビネーションランプの形によるところも大きいでしょう。

VolvoXC40_25.jpg

リアからサイドに大きく回り込んだリアコンビネーションランプはワイド感を強調、そして張り出したシンプルな面構成のテールエンドもワイド感を演出していますよね。

ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディションのリアを正面から。

VolvoXC40_23.jpg

リアもかっこいいですねぇ。
絞り込まれた上屋ですが、後席の居住性も悪くないです。

個人的には、ボルボ新型XC40はリアデザインが好きですね。

ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディションのリアをローアングルからも撮ってみました。

VolvoXC40_11.jpg

昨今では、ダミーのマフラーのデザインが多いですが、ボルボ新型XC40では、ちゃんとマフラーの機能を有しています。

VolvoXC40_12_201804211919065c9.jpg

バンパー一体型のマフラーフィニッシャーの奥には、本物のマフラーがちゃんと見えます。
ダミーではありません。

そしてバンパー下部もハイグロス塗装がされていて質感もGOOD!



オマケ:アウディQ2とボルボXC40を並べてみた


最後にオマケとしてアウディQ2とボルボXC40を並べてみたので、その画像もどうぞ。

VolvoXC40_04_20180421191855af9.jpg

こうして並べてみると、ボルボ新型XC40の大きさが際立ちます。

アウディQ2のボディサイズは全長4,191mm×全幅1,794mm×全高1,508mm、ホイールベース2,595mmとなっています。

ボルボ新型XC40のサイズ、全長4,425mmx全幅1,875mmx全高1,652mm、ホイールベース2,702mmと比較すると、アウディQ2のほうが234mm短く、81mm狭く、144mm低いです。
完全に一回り小さいですね。
特に、8cmも幅が狭く、14.4cmも高さが低いなら、小さくも見えるってものです。

アウディQ2はSUVというよりは、ハッチバックに近いサイズ感ですよね。
立体駐車場もOKな全高ですし、全幅も1.8m以下と、昨今のSUVの中ではレアな存在でもあります。

VolvoXC40_05_201804211918563b7.jpg
↑クリックで拡大します。

顔がでかいと思っていたQ2ですら、XC40を隣にしては小顔に見えます(笑)

VolvoXC40_06_20180421191858d3a.jpg
↑クリックで拡大します。

普段遣いで使うなら、アウディQ2のサイズはかなり取り回しは良いですね。
ゴルフよりも小さいのですから。

ボルボ新型XC40も全幅は1,875mmもありますが、サイドミラーの形状が工夫されており、ミラーtoミラーではそれほど大差ないかもしれません。


リアを見比べてみると、アウディQ2はかなりコンサバティブなデザインと思ってしまいますね。

VolvoXC40_02_20180421191851f4f.jpg

続いてフロント部分も並べてみてみると、こんな感じ。

VolvoXC40_03.jpg

ボルボXC40が、ボンネットフードの高さもあり、フロント先端が垂直に近く切り立っているのがわかります。
XC40は、コンパクトSUVとは言えないかもしれませんね^^;
アウディQ2はこうして見ると本当にコンパクトなんだなと改めて感じました。



ボルボ新型XC40のエクステリアの感想・評価は?


さて、今回ジックリとボルボ新型XC40のエクステリア画像を撮り下ろしでお届けしましたがいかがでしたか?
個人的な感想としては、「とにかく新しさを感じるエクステリアデザインは秀逸!そしてオシャレでカジュアルでかっこいい!」と思いました。

ボルボ新型XC40のエクステリアは文句なくかっこいいですね。

VolvoXC40_09.jpg

スポーツカーのようなかっこよさではなく、機能的でケレン味もなく、シンプルなのにこだわりを感じるデザイン。
未来的な雰囲気も感じて、さすがスカンジナビアデザインだなぁと感心しきりです。

今までのボルボ車とも一線を画するデザインで、新たな挑戦という雰囲気がありますが、欧州カーオブザイヤー2018を受賞しているだけに、多くの人からも支持されていることでしょう。

R-designはスポーティな印象ですが、上位グレードのInscriptionはシックで高級感のあるエクステリアになるので、そちらも見てみたいですね。

12

さて、今回はボルボ新型XC40のエクステリアをお届けしましたが、次回以降では気になる内装もジックリお届けしますのでお楽しみに^^


※追記!
ボルボXC40の試乗インプレッション内装編はこちら↓

【画像大量】ボルボXC40見てきた!予想を裏切る内装の評価は? 売れすぎ注意で納期は7ヶ月待ち?!




ちなみに、XC90以降のボルボ車は、納車待ちの長さもあって、リセールは以前のような悪さは改善されてきている模様。
このXC40も、2018年4月時点でも6〜7ヶ月待ちと納車待ちが長すぎるレベルなので、しばらくは高値になりそうな予感です。

すでに納期もやばい状況のXC40ですので、試乗が始まったり街中で見かけるようになると、さらに人気が加速するかもしれませんね。
気になっている人はお早めに動いたほうが良いかもしれませんよ…

VolvoXC40_08_2018042119190089f.jpg

とその前に、ボルボ新型XC40など、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

ネット車買取一括査定使ってみた!買取査定必勝法の実践結果は!?デミオXDの買取価格はまさかの…


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り査定額見てみようかな…




2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^




かんたん車査定ガイド








ボルボ新型XC40のムービーがありましたので共有しておきますね。









動いているのを見ると、余計にカッコよく見えますね!
見すぎると欲しくなるので危険です(笑)

では次回のワンダー速報もお楽しみに!



かんたん車査定ガイド









関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント