レクサスIS300h 納車後1000kmインプレッション 後編

前回からの続きです。

先月、私のIS300hのVer.Lが納車されまして、それから1000km走ったあとでのインプレッションです。

前回は、エクステリアやインテリアのインプレッションを中心に書いてきました。

今回は、より細かい項目についてまとめてみたいと思います。

02_20130914175206d35.jpg

例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想です。
一部辛口なコメントが含まれることがありますので、気分を害される可能性がある方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓



前回は⑤までインプレッションしたので、今回は続きの⑥からです。

⑥【ハンドリング】

P1350680.jpg


これはなかなかにして優秀だと思います。
CTと比べると、CTのほうがクイックですが、ISはしっとりとしていながら剛性感のあるハンドリングです。
BMWのような路面と直結したようなダイレクト感とも違うのですが、不快な振動などはカットされていてそれでいてしっかりとした旋回性が確保されているハンドリングです。
CTは街中やワインディングではクイックで楽しいのですが、高速での直進安定性にはやや不安がありました。
ISは高速でもどっしりとした感じで安心感があり、街中ではしっとりとした手触りのハンドリングは心地よさを感じます。
最近のレクサス車のトレンドの小径で握りの太いハンドルも、触り心地・握り心地ともに良好です。






⑦【乗り心地】

01_201309191952552e6.jpg

良いです。
私のIS300hは、オプションの18インチホイールとNAVI-AI・AVSが付いていますが、18インチだから固いということもなく、段差も角の取れたショックです。
荒れた路面でも微振動はあまり起きず、ガタブルすることはほぼありません。
評論家の人に「硬い」と言われているFスポーツの足ですが、街中でも硬いと感じることは殆ど無いですけどね。
ボディの軽いCTと比べるのもナンセンスかもしれませんが、18インチでももちろんマイルド。
ボディ剛性の高さからか、大きめのギャップを超えてもシートに伝わるショックは角の取れたものです。
重い車重で、ギャップをヌシヌシと押しつぶすような乗り味になっており、以前ゴルフVで感じていたそれに近いです。
また、攻めた走りなどはまだ行っていないので、ワインディングなどの評価はまだです。
高速では、基本的にはビタっと地面に張り付くような感じなのです。
うねりがあるような路面ではややフワっとする感じもありますが、乗り心地に関しては大変満足しています。




⑧【静粛性】

P1350675.jpg

これは極めて高いと思います。
ロードノイズは多少は聞こえますが、CT200hよりははるかに静かだと思います。
この件に関しても大変満足しています。
特に、ハイブリッドならではの、無音無振動で力強く発進するのは感動です。
ただ、静粛性が高まったからなのか、モーターの出力が上がったからなのか、発進時の「クィィィィーン」というモーター音はCTよりも鮮明に聞こえます。
それはそれでEVで走っている感があって嫌いではないです^^
ブレーキ時のヒューンという回生音もそれなりに聞こえます。
この辺はCTと同じですね。





⑨【居住性】

前席は横幅もあってかなり快適です。
特にシートが秀逸ですね。
8Wayランバーサポート付きのパワーシートはばっちりポジションが決まりますし、Ver.Lにはポジションメモリー&オートアウェイ機能が標準なので、乗り降りも楽ちん。
助手席の乗り心地も上々のようで、助手席もシートリフトができるので、背の低い女性でも視界は良好です。

後部座席は先代ISより広がったとは言え、座席が低く天井も低く迫っているので、居住性という面ではそこそこです。
CTよりは明らかに広いですが。
こちらも長時間後部座席に座っていないので詳細なインプレはまた後ほど。








⑩【安全性能】

05_20130930223725390.jpg

運転席・助手席デュアルステージエアバッグ、運転席・助手席ニーエアバッグ、運転席・助手席サイドエアバッグ、前後席カーテンシールドエアバッグに加え、Ver.Lでは後席サイドエアバッグも標準。
しかもレクサス車にはヘルプネットがあります。これは、事故を起こした時(エアバッグ作動時)にはオペレーターから呼びかけがあり、安否確認と警察・救急車・保険などの手配を行ってくれるものです。
場所や名前を告げなくても、車両情報とGPSから持ち主と場所を特定してくれるので意識不明でも安心!
事故ではなく体調が悪いときでも、ヘルプネットボタンを押せばオペレーターが対応してくれます。

オプションのプリクラッシュセーフティシステム&レーダークルーズコントロールをつけましたが、レーダークルーズコントロールは快適ですね。
これが全車速対応だったら言うこと無いのに…。
プリクラッシュセーフティシステムも、全車速で完全停止してくれるのか、いまいちはっきりしないので使うことがないように普段の運転を気をつけます。







⑪【快適装備】

これは国産車&レクサスの得意分野ですからね。
ヒートシーターや地図自動更新のG-Linkナビ、オーナーズデスクなど書ききれません。
シートヒーターはハイブリッドモデルには標準。
オプションの革シート、ver.L標準の革シートには、シートファンもついてます。
シートファン初体験ですが、これめちゃくちゃ良いですね。
夏の暑い日でも、背中や腿が蒸れないです。
ファンの音を気にする方もいますが、私はあまり気になりません。

あと、ver.L標準装備の電動リアサンシェード。
暑い日などはシェード使ってます。効果のほどは後ろに人がいないので不明(笑)
若干の室温上昇抑制になってるのかな(^_^;)

エアコンはめっちゃ効きます。
弱風にしても寒いくらいです(笑)





⑫【収納】

この件に関しては、ラグジュアリーセダンだからなのか、ミニマムに近いです。
ファミリーカーやミニバンのような豊富な収納はありません。
CTと比べても少ないです。
でも、センターコンソールの収納は、意外と事足りてます。
特に、USBのジャックが二つあり、電圧も十分なので充電にも便利で、iPhoneなどはコンソールにしまっておけば見た目にも綺麗。
ただ、メールチェックなとする時には不便か(^_^;)

トランクはハイブリッドながらかなり広大で、クラウンハイブリッドでも実現しなかったトランクスルーまでできるようになっています。
奥行もかなりあるので、不自由することはなさそうです。






⑬【コストパフォーマンス】

これに関しては、良いとは言えないですよね(^_^;)
ただ、欧州のライバル勢に一長一短で並び、レクサスハイブリッドにしかない唯一無二のドライブフィールが味わえるということを考えると、プライスレスなのかもしれませんが(笑)
しかし安くはないですね(^_^;)

全車速対応のアダクティブクルーズコントロールも未採用など、安全面で遅れをとっているところが不満。

5年10万キロの新車保証や、三年目まで無料のG-linkなどは相変わらずのメリットですが、ライバル勢もG-linkに似たサービスの提供をスタートし始めたので、レクサスもうかうかしていられません。





⑭【総合評価】

私はドンブリ勘定なので、本体価格のコスパ云々は置いておいて、車としてレクサスIS300hのver.Lは大変満足しています。

納車までは、どんな感じの乗り味なのか、見た目はどうなのか、とかいろいろ不安でしたがそれらはすべてポジティブな方に印象が変わりました。
総じて高評価です。
幸い、私のISではとくにナビがバグるということもなく、今のところ快適です。
ただ音声認識はちょっと認識しづらい部分があります。

一番心配していた、黒いボディの汚れですが…
またの機会にレポートしたいと思います。

現状、IS300hのver.Lに評価点数を付けるとしたら…





90点!

て、ところですかね(^ ^)
価格が高いだけに、所有した満足度も高いです(^ ^)

IS購入の検討をされている方などの参考になれば幸いです。







どうです?レクサスのISに乗りたくなってきましたか?^^
消費税増税も決定したことですし、購入検討されている方はそろそろディーラーへ試乗に行かれたほうがよろしいかと思います。
なにせ納車待ちが、3ヶ月前後と長いですから。


そこで、車の購入を検討されている方や、試乗に行こうかと思っている方、ここで私の経験談ですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたします。
何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

ディーラーでの下取り見積もり額を買取店に伝えると、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札形式にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札方式で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…







2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^





かんたん車査定ガイド









では次回のワンダー速報もお楽しみに!











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント