Audi 新型A3とゴルフ7との比較 インテリア編

前回からの続きです。

同じプラットフォームを使っている、新型アウディA3とフォルクスワーゲンのゴルフ7、それらを比較してみたいと思います。

今回はインテリア編。

写真はアウディA3は1.8Sportback、ゴルフはハイラインです。



27_201309232107131ff.jpg

同じプラットフォームとはいえ、インテリアもかなり印象は違います。
先代はおおまかなレイアウトなどは同じ雰囲気はあったのですが、今回はそれぞれまったく似つかなくなりました。




例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想です。
一部辛口なコメントも含まれることが有りますので、気分を害される可能性がある方はご遠慮ください。



ご了承される方のみ、続きをどうぞ↓





上の写真を見比べると、高級感の演出がそれぞれ異なりますね。

A3のほうは、シンプルで装飾をあまり過剰にせずに、マテリアルと落ち着いた雰囲気で高級感を演出しています。

ゴルフのほうはピアノブラック調のパネルやシルバー加飾も多めに使い、プラック中心ながら、シルバー加飾を多めに使うことで、ぱっと見の豪華さはすごいです。






ドアを開けたときの眺めはこんな感じ。

まずはA3。

06_20130922112929b78.jpg





そしてゴルフ7。

G_2013092211311571e.jpg





インパネの見た目もかなり異なります。

A3は、エンジン停止時はナビが格納されているのでさらにシンプルです。

17_20130922113014533.jpg

カップホルダーは前部に並んでいるタイプ。
やはりマテリアルの使い方にセンスを感じますね。
ボタンも小さめで、数も少なくシンプルに纏められています。




ゴルフ7はクリアブラックのパネルがややペカペカしている気もしますが、ボタン類の配置やスキマ感、タッチなどの質感は高いです。

35_20130922112802d91.jpg






ドアの内側を見てみましょう。

こちらが新型A3。

02_2013092211292750a.jpg

樹脂製パーツが殆どで、ここの質感は特に高いとは思いませんでした。




一方ゴルフ7はと言うと、この辺りはかなり作りこんでいました。

T_2013092211285179c.jpg

デビューしたばかりの頃に見て、ゴルフでこのクオリティだったら上位クラスに当たるA3はどうなってしまうだろう?と期待していましたが、ドアの内側の作りこみに関してはゴルフのほうが質感高かったなぁという印象です。



ボタン類にもシルバー調の加飾がなされていたり、ハンドル部もマテリアルを変えてしっとりとした握りになっていたり。

S_20130922112850146.jpg

ハイラインには内側のドアサイドに長く光るイルミまで入っていたりと、まさに上位クラス顔負けなクオリティな気がしました。




ドアポケットの内側には、フェルトのような素材までおごられており、物を入れた時の異音対策とのことでした。

P_20130922113123666.jpg








つづいてはセンターコンソール。

まずは新型A3。

シフトノブやその周りのパーツのクオリティはさすが。

15_20130922113013b6c.jpg

ボタンのタッチやスキマ感なども緻密です。
A3では今回から導入されたタッチパッド式のMMI。
見た目的にも質感高く、トピック的には目玉ですね。

13_20130922112933d26.jpg

実際に使ってみた感じでは少々使いづらかった印象ですが、慣れればスイスイいくかもしれません。
文字入力もできるそうですが、左手で文字を書くのは難しいかな^^;







一方ゴルフ7ハイラインのほうはこんな感じ。

P1320217.jpg

こちらもなかなかのクオリティです。


電気式のパーキングブレーキはどちらも一緒ですが、ゴルフのほうがシルバー調加飾がなされていたりして、見た目の印象は良いです。

33_2013092211280086e.jpg





ハンドル周りも見てみましょう。

まずはA3。

38_20130922113018ca8.jpg

3本スポークは1.8で、1.4のモデルだと4本スポークになります。
ハンドルに付いているボタンのタッチや質感は好感触でした。


また、メーターのマルチインフォメーションディスプレイは高精細カラー液晶。

39_201309050024524b3.jpg




一方ゴルフ7ハイラインは、こんな感じ。

34_20130922112801ecc.jpg

ハンドル周りにもクリアブラックを使っていたり、質感は高いです。

ウインカーなどのレバーにもクリアブラックのパーツを使ったり、凝りに凝った造り。

J_2013092211280432e.jpg

ここまでやるか、と感嘆したもんです。

しかし、メーター内のマルチインフォメーションディスプレイはモノクロ低解像のもの。

P1320532.jpg

本国では高精細カラー液晶のものもあるので、後々日本にも導入されるかもしれませんね。





あとは、細かい部分ですと、後席の肘置きのドリンクホルダーが違いました。

まずはA3。

28_201309221133215cd.jpg

肘置き上部は純粋に肘置きとして使えるように、前面部にプッシュ式で出てくるドリンクホルダータイプ。




一方ゴルフは、肘置き上部に常設されたタイプ。

N_20130922113121865.jpg

幅が調整できるなど細かい配慮が有りますね。






と、こんな感じでマニアックな比較をしてみましたがいかがだったでしょうか?

個人的な感想ですが、デザインやシンプルさ加減ではA3のほうがセンスよくまとめられている印象ですが、各パーツの部品数や加飾などではゴルフのほうが見た目に凝った印象を受けました。

A3は、インテリアデザインもA1に近い印象で、A4以上の内装クオリティとは差別化がなされているなぁというのも率直な感想です。

一方ゴルフは、デザインはオーソドックスでクリアブラックのパネルがややペカペカしているものの、各パーツの加飾はセンスよく質感が高いです。

どちらがいいかと聞かれると、正直好みの問題かと思いますが、逆を言えば、好みの問題で済むレベルにまで両車のクオリティは近づいていると思います。











ということで、新しく車を購入しようと考えている方、とりあえず試乗してみようと思っている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント