ボルボ V40 試乗インプレッション 1

車が好きな私は、某車SNSでも記事を書いていますが、そちらからの引用&加筆をしてお送りします。

最近デビューしたばかりのボルボのV40。
スタイリッシュなハッチバックスタイルが気になっていたので、試乗のためボルボディーラーへ行ってきました。



さてさて新型ボルボV40はどんなもんでしょう…






DMをいただいたのでそれを持参してボルボディーラーに初めて来場。





店内はV40を見に来たお客さんで賑わっていました。
17時くらいに行きましたが、お客さんはひっきりなしで営業マンの方々も忙しそう。

とりあえずデビューしたてホヤホヤのNew V40を拝見させていただきました。



許可をとって撮影させていただきました。




次世代ボルボのデザイン、今までの箱型からは一気に脱皮して独特なスタイリッシュさを確立していますね。

こちらのディーラーには3台ものV40が展示してありました。
力の入れようがわかりますね。

店頭に置いてあった白いのはベースモデルだそう。



ライトはハロゲンのようです。




リアからの眺めはこんな感じです。



C30からのボルボのデザインは正直好みです。
V60も個性的でカッコ良かったですが、こちらもかなり凝ったデザインでカッコ良いですね。




こちらのベースグレード、驚きのプライスです。



269万円からという、かなり頑張った値付けだと思います。
これなら思わず手が出る方もいらっしゃるのでは。

しかしこちらのベースグレード、純正ナビがオプションでも選べないなど、明確な差別化がされています。
純正にはこだわらず安く済ませたい、という方には社外製のポータブルナビなどをつければ問題ないでしょう。




となりは上位グレードT4 SE。



ちょっとレトロっぽい薄いブルーのボディカラーもいいですね。




こちらはキセノンヘッドライト。



デザインは最近の流行のアイラインなどはあまり主張しない感じなのでしょうか。




サイドビューも撮りましたが、店内が狭めだったのであまりかっこよく撮れませんでした^^;



言い訳ですが。




リアのオーバーハングは非常に短い。



たしかにオーバーハングが短いことでスポーティに見えますが、ボルボの売りであるラゲッジ的にはどうでしょうか。

内装の写真は下に掲載します。

そもそもこのV40はワゴンというよりハッチバックの位置づけらしく、ライバルはレクサスCT200hやメルセデスの新型Aクラス、BMWの1シリーズ、Audi A3などだそうです。
プレミアムCと呼ばれるセグメントに真っ向勝負を挑んだ形ですね。





店内一番奥にはT4 SEにレザーパッケージがついたものでした。



フロントマスクは結構好みです。








今回のV40は、20万円のセーフティパッケージをつけると、てんこ盛りの先進装備が付くのもハイライトの一つ。

そのセーフティパッケージの内容は以下の10項目。

1 : ヒューマン・セーフティ(歩行者検知機能付追突回避・軽減フルオートブレーキ・システム)
こちらは今までの30km/hから、50km/hまで対応速度が高められたとのこと。

2 : 全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
速度と車間距離を選択すると、交通の流れに合わせ加速、走行、減速、停止までを自動で行う半自動運転。これ、ぜひ味わってみてください。本当に感動です。

3 : 車間警告機能
前方車両との車間距離が近づくと、フロントガラスの低い位置に警告灯が点滅。

4 : DAC(ドライバー・アラート・コントロール)
ドライバーの運転状況から眠気や注意散漫のサインを察知すると警告音を発する。

5 : LKA(レーン・キーピング・エイド) *ボルボ初、V40のみ
カメラセンサーを使用し無意識のうちに蛇行した際、車線内を走行するようステアリングをさせて微修正し、さらには振動させて警告。

6 : BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
リアバンパー内蔵のレーダーセンサーによりドライバーの死角に車両が進入した際に、ドアミラー内側のLEDランプと警告音を発生。

7 : LCMA(レーン・チェンジ・マージ・エイド)-急接近車両警告機能 *ボルボ初、V40のみ
リアバンパー内蔵のレーダーセンサーにより車両の両側車線から、衝突までの時間が3.5秒未満、70m以内で急接近する車両を知らせる。これなら追突に対して身構えることくらいは出来そうですかね?

8 : CTA(クロス・トラフィック・アラート) *ボルボ初、V40のみ
リアバンパー内蔵のレーダーセンサーにより視界の遮られた状況からバックで車両を発進させる時に、左右からくる車両を検知し知らせる。駐車場などでバックで出なければいけないときに役立ちそうです。

9 : RSI(ロード・サイン・インフォメーション)
制限速度や追い越し禁止の道路標識をカメラで認識し、メーターパネルに表示。新型ゴルフVIIにも搭載されてるみたいですね。

10: AHB(アクティブ・ハイビーム) *アクティブ・ベンディング・デュアル・キセノンヘッドライト装着車のみ対向車や先行車両を検知し、ヘッドライトをハイビームからロービームへ自動的に切り替え。



と、高級車顔負けの先進装備が満載です。

レクサス上位車種ですらここまでの先進装備は未だ配備されてません…。
ボルボ内でもV40が初という装備も多く、先進装備の出し惜しみを感じるレクサスとは違いますね。

標準装備じゃなくてオプションというところが残念ではありますが、これだけついて20万円ならバーゲンプライスとも言えるかも…
しかもこちらのセーフティパッケージは2013年3月現在、エコサポートキャンペーンとして20万円分がサービスでついてくるということらしいです。
このセーフティパッケージに充てるのも良いですね。

テレビなどでも話題の歩行者保護用エアバックもオプションで選べますが、その他全方位からの接触を防ぐ先進技術が、このボルボV40に投入されていることがわかりました。









では、内装の方も見てみましょう。



インテリアも北欧ならではのスタイリッシュな感じにまとまっています。





センターのインパネが浮いているようなデザインは、椅子の背もたれを意識した、ボルボの伝統だそうで。



内装色やパネルなどはオプションでいろいろ選べるみたいです。
ホームページで見てみましたが、色数やオプションはかなり豊富で選ぶ楽しみはかなり幅広そうです。
内装が黒しかないゴルフなどは、効率化といえどもその辺は見習って欲しいですね。

反面、気になったのはナビ画面の小ささ。
枠に対してえらく小さくてブラウン管のテレビを思い出します。
これでも7インチあるそうですが、枠が目立つデザインがかえって気になります。

ナビ画面はタッチパネルではなく、しかもコンソールで操作するリモートタッチのようなデバイスもなく、ハンドルのコントローラーとインパネのボタンのみの操作となるそうです。
安全性を考慮した、とのことですが、このへんは実際に操作してみないことにはその利便性は不明です。






トピックの一つが液晶のメーターでしょうか。



V40ではメーターのデザインも幾つか選べてカスタマイズできるのもさすがですが、ECO・NORMAL・SPORTSなどドライブモードセレクトなどと対応したものではなく、あくまでデザインの演出のみ。
ドライブモードは、シフトノブで選択するSPORTSモードというものだけあるそうですが、詳細は未確認です。




インパネの質感は、そこそこ良い感じです。



最近のレクサス車のような感動はないですが、269万円からという価格を考えると納得できる品質だと思います。





アップで見てみましょう。



ヘアライン加工のプラの質感などは好みが分かれそうですが、ここはオプションでなんとでもできます。
ボタンの質感などは、隣においてあったV60などに比べると差別化されてるなという印象。
エアコンの吹き出し口まわりのゴツさはちょっとアンバランスかも?

200万円台後半といえば、国産だとプリウスやアコード、ティアナ、レガシィなどがその辺りですね。
その辺りと比べると、北欧車ならではの垢抜けた感じはさすがかも。




リアシートはどうでしょうか。



Cセグの平均くらいでしょうか、圧倒的に広いというほどではないですね。
カップホルダーとアームレストは当たり前に付いてます。
シートバックポケットはベースモデルには付いてないなどの差別化があるようです。




ラゲッジはどうでしょう。



ボルボならではの積載性を期待するとやや物足りない感じかもしれませんが、ハッチバックだと考えると十分な容量です。
デッキアンダーにも収納があり、最大で1032リッターの容積だとか。




昨年以来、日本での販売好調だというボルボ。
V40はなかなか気合の入ったモデルだということがわかりました。

長くなってしまったので、試乗編は次回へつづく…。


さて、V40の購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^





「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村






かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント