Audi 新型A3とゴルフ7との比較 エクステリア編

さて、話題のアウディの新型A3と、同じプラットフォームを使っているフォルクスワーゲンのゴルフ7

これらを両方試乗して、写真も山ほど撮っておりましたので、両車を比較してみたいと思います。

P_201309221122288d4.jpg

例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想ですので、一部辛口な表現が含まれることが有ります。
気分を害される可能性がある方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓

 
 


エクステリアはそれぞれデザインが異なりますので、単純な比較はできませんが、細かいところのディテールを見てみますと、ドアハンドルの形状にそれぞれ違いが有りました。

S_20130922113529ce6.jpg

こちらはA3。
鍵穴は見えていますが、タッチセンサーで鍵の開閉が出来るみたいですね。



一方ゴルフ7は、鍵穴はカバーされています。

24_20130922112544ce7.jpg


23_201309221125432b6.jpg

しかし、ドアハンドルは結構ボリュームがありますね。
ここの印象は結構違います。






給油口カバーはA3もゴルフ7も樹脂製。今はここは樹脂製が多いんですかね。

B_201309221134379c1.jpg


どちらも、給油口キャップを差し込んでおくところがあります。

16_20130922112538cbf.jpg





ヘッドライトのポジションランプ。

E_20130902233743e89.jpg

アウディはアイラインの先駆けでしたね。
A3でもそれは踏襲されています。




ゴルフ7は、ハイラインのバイキセノンヘッドライトパッケージが105000円。
ハイラインにのみ、このLEDポジションライトとダイナミックコーナリングライトが付くようです。

04_20130922112537431.jpg






一番違いがあるのはCピラーでしょうか。

A_20130923002838b2a.jpg

こうして見比べると、A3のほうがかなりリアガラス面に傾斜が付いていてスポーティな印象ですね。
キャラクターラインもかなりくっきりしていて、やはり色気を感じるのは個人的にはA3のほうです。
A3のサイドのガラスエリアを縁取るメッキの加飾は、ゴルフでは簡素化されています。


一方ゴルフ7の方は、伝統の太いCピラーが強調されたデザインとなり、給油口カバーもそれに沿ったデザインがなされるなどの凝りよう。

27_20130923002843a3a.jpg

しかしこうして見比べてしまうと、シャープだと感じていたゴルフ7が実用車に見えてしまうほど、A3のシャープさが際立ちます。





ラゲッジにも差がありました。

こちらはA3のラゲッジ。

31_20130922113323628.jpg

写真を撮り損ねましたが、A3もゴルフもラゲッジは2段階に底の高さを変えられるそうです。
使い勝手はほぼ一緒、ということになりますが、A3のほうがネットがついてたりして質感がよさそうです。



こちらはゴルフのラゲッジ。

K_201309221336133f6.jpg




こちらが通常の高さ。
後席を倒したときに、ツライチになる高さです。

I_201309221336093f8.jpg



そしてこちらは一段下げた状態。

J_2013092213361163d.jpg

後席との間に傾斜が生まれますが、若干高さを稼ぐことが出来ます。





と、エクステリアを中心に比較してきましたが、ちょっと長くなったので今回はこの辺で。
次回以降はインテリアの比較をしてみたいと思います。
お楽しみに^^








さて、ゴルフやA3の購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
ラゲッジの件は、A3も2段階になりますよ。
Re: No title
あ、そうなんですね。
ありがとうございます。

営業マンに聞いたら、ならないと言ってたので真に受けてました^^;

修正しておきます。ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント