IS300h 納車直後インプレッション 短評

ようやく納車になったうちのIS300h。


納車直後にすぐにオフ会へ遠征だったため、あまり執筆時間がないので今回は短評でご勘弁を^^;
オフ会会場でお会いできた皆様、お疲れ様でした!

心配された台風も、どこ吹く風の快晴のオフ会日和となりましたね。
オフ会の模様などは、また機会があれば書いてみたいと思います。

今回は、オフ会会場のラグーナ蒲郡までの往復700kmを高速道・一般道合わせて走ってきましたので、そのインプレッションなどを。

01_20130914175204546.jpg

オーナーとしての屈託無いインプレッションをしたいと思いますが、気分を害される可能性のある方はご遠慮ください。



ご了承される方のみ続きをどうぞ↓




内外装の写真を交えたインプレッションはまた別の機会に投稿するとして、今回は納車後の自分の車の簡単なインプレッションをお届けしたいと思います。




今回自分の車が納車されたことにより、IS300hのバージョンLに、18インチアルミホイール&AVSオプション設定に、初めて乗りました。

05_2013091417521221d.jpg

少し前に、IS300hのベースグレード16インチには試乗していましたが、それと比べてみると、乗り心地はまた別の次元にあると思いました。

通常なら、16インチのほうが柔らかく角の取れた乗り味で18インチは硬い印象だと思っていましたが、18インチでもゴツゴツした硬さや不快な振動を感じることは全くありませんでした。

むしろ、ベースグレードよりもどっしりとした重めハンドリングで、それでいて硬くなく、この乗り心地はかなり良いなぁと感心しかり。
「18インチでもこの乗り心地が担保されているとは」と感嘆いたしました。

これが、NAVI-AI・AVSによるところなのかは、AVS無しのモデルと乗り比べてみないとわかりませんが、高いボディ剛性のおかげで、不快な振動類がカットされているところも大きな理由だと思います。





高速も初めて乗ってみましたが、これまた予想していたよりも良い感じでした。

まず直進安定性がとても良いですね。
そして静かです。
100km/hでもすごく静かで驚きました。
エンジンの回転数は1500rpmくらいで100mh/h巡航できるので、もともとの静粛性と相まってかなり静か。

また、FスポーツとVer.LのAVSオプションモデルに装備されるSports+のドライブモードですが、足回りとハンドリングの設定がよりスポーティに変わり、高速では特に路面に吸い付くような感覚が得られ、それでいて乗り心地は担保されていました。

劇的に変わる、というほどの差が感じられない部分もあって、物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、個人的にはこのSports+はとても気に入りました。
常にこの足でもいいくらいです。

ハンドルが重くなるのと、足回りがよりどっしりとした印象で、大げさに表現するならば路面に磁石で吸い付けられるような感覚です。
これは一般道でも感じることができました。

これは嬉しい誤算でした^^
バージョンLで18インチホイールの導入を検討されている方は、追金5万円程度なのでNAVI-AI・AVSまでつけちゃうのもアリだと思いますよ。




よく雑誌やネットの評論家の方が言われていた「突き上げ」感ですが、高速の継ぎ目などで不快に感じることはありませんでした。
首都高6号線などで一部にあるかなりきつい段差などを体験したらまた違うのかもしれませんが、現状不快に思うことはありませんでした。
ちなみにSport+にしていても同様に不快に感じることはありませんでした。
むしろそれほど乗り心地は硬くなっていないのに、路面に吸い付く感覚だけが強くなる感じです。




高速のインプレッションは総じて上々です。
一般道においてもマンホールなどの段差もうまいことイナしてくれていて、以前ゴルフで感じていた「段差を押しつぶす」感覚に近いです。






と言った感じで、今日のところは短評ということでこの辺で。
納車されて初めてのロングドライブでしたが、IS300hのVer.Lの満足度は非常に高かったです^^

明日以降のブログには、さらに詳細にIS300hの魅力に迫ってみたいと思います!
お楽しみに!


そしてラグーナ蒲郡で行われたHS250h&CT200hの全国オフの模様も、別途レポートしていきたいと思います。
「読んでみたい」と思う方は「拍手」していただくと励みになります。

拍手があまり無いようでしたら、オフ会のブログは割愛して他の記事を優先いたします。







さて、今日の関連アイテムですが、まずはこちら。

新型LEXUS ISのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥680から
(2013/9/16 20:57時点)




定番の「◯◯のすべて」シリーズ。



そしてもう一冊。

LEXUS IS (Motor Magazine Mook)

新品価格
¥1,200から
(2013/9/16 20:58時点)




こちらのほうがブ厚いです。

まだ新品が買えるみたいなので、気になる方はお早めにどうぞ。
こういったMOOKは、新車が出た時に買わないと、増刷されにくいので入手が難しくなります。





つづいてこちら。

★ レクサス IS250 IS350 IS300h GSE30 GSE31 フロアマット 織柄C ★ LEXUS IS レクサスIS カーマット フロアーマット 自動車マット 社外新品 セダン 2WD パーツ 【送料A】

価格:8,400円
(2013/9/16 20:54時点)
感想(0件)




高いと不評のレクサス純正のフロアマットですが、安く済ませたいという方にはこういったものもオススメです。







ということで、新しく車を購入しようと考えている方、とりあえず試乗してみようと思っている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。









買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^







かんたん車査定ガイド


















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
納車おめでとうございます。いよいよですねww
詳細レポも楽しみにしております
Re: No title
ありがとうございます^^

IS300h良いですね。
350Fだったら尚面白いだろうなぁと思えるボディ足回りの完成度でした。

コメントの投稿

非公開コメント