栃木4ダムを巡る 湯西川ダム ワンダートラベル36

また少し間が開いてしまいましたが、久しぶりのワンダートラベルです。

今回は、前回からの続きで、栃木の4つのダムを巡った時のおはなしです。

五十里ダムを後に、道の駅湯西川でダムカレーを食べてから、湯西川ダムへ向かいました。

そこで待っていたのは、真新しい白亜のダムでした。


wonderTravel36_20130912003230e01.jpg


↓続きをどうぞ。


このダムツアーを行ったのは2013年7月21日で、運良く、年に一度の「森と湖に親しむ旬間」期間だったため、ダムを一般開放しており、普段は入ることのできないダムの内部にそれぞれのダムで入ることが出来たのでした!

ダムに到着すると、そこにはテントが立っており、職員の方が見学者の案内をしていました。
受付でダムカードを希望すれば、すぐにゲット出来ました^^
でも言わないとくれないので、ダムカードをもらわずに見学だけしているひとも結構多かったです。



湯西川ダムは2012年に竣工したばかりのできたてホヤホヤのダム。

特定リフトにおいて効率化を進めた巡航RCD工法を採用しており、堤体コンクリート体積約100万m3に対して、実打設期間19ヶ月という短期間での施工を実現したんだそうです。

21_20130912003233c43.jpg


堤高119.0m、堤長320mと比較的大きな重力式コンクリートダム。




昨今の渇水の影響で、ダム湖は水位が低かったです。

23_2013091200323641d.jpg






こちらがその湯西川ダム。

22_20130912003234863.jpg

真新しい白いコンクリートの堤体が美しいです!



お約束の天端からの覗きこみです。

26_20130912003316cdb.jpg

堤高119mと100mオーバーの高さなので迫力はなかなか!




遠くの見通しもよく、オススメのダムですね^^

25_20130912003315626.jpg




視界が開けているダムは意外と少ないので、結構気分がイイです。

224.jpg





この日は特別開放していて、一般の人でもダムの堤体の中に入ることが出来ました。
中、といってもエレベーターでダム下に降りるだけでしたので写真は特に撮ってないです。

で、ダム下に降りたところがこんな感じ!

30_201309120033471d7.jpg

堤体にタッチできるまで近づけるのでかなりの迫力です!!

漫画「進撃の巨人」の壁のようでしょ?^^





って思っていたら、進撃の巨人の作者の出身地、大分県のダムでそれらしいイベントが催されるそうです!(笑)

0929-2.jpg

■9月29日(日)
『超進撃の巨人SP~オールジャンルですが~』開催決定♪

場所:大分県日田市大山町大山ダム
時間:10:00~17:00まで
参加費:1500円





だそうです。
ダム好きですし、進撃の巨人も好きなので、近くだったら間違いなく行ってたでしょう(笑)






それはさておき、湯西川ダムの話題へ戻ります。
ダム下では、通常放流が間近で見れます。

29_201309120033454c4.jpg

こちらは、川や自然を維持するために必要な放流だそうで。





虹が出ているのが分かるかな?

27_201309120033422b5.jpg

ゴー!!という轟音とともに流れる水を見ると、なんだかストレスが解消された気分です。





このあとは、ダムで普段は見ることのできない内部施設などを見学しました。

20_20130912003231fa9.jpg

工場萌えの人にも満足いただけるのではないでしょうか(笑)




そんなこんなで、駆け足で湯西川ダムの見学を終了!
ダムカード配布時間内に回らなければいけない目的地がまだありますので先を急ぐのでした。




つづく!






進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]

新品価格
¥4,662から
(2013/9/12 01:00時点)











関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

ダム‥
日田市‥?大山ダム‥?
こないだ、ギリ通った所ですよ~!

今夜は明日に備えて、ゆっくりお休み下さいませ(*^_^*)
Re: ダム‥
そうだったんですか!?

なんとレアな!(笑)
ぜひ今度そのイベント期間に見に行ってみてくださいませ^^

コメントの投稿

非公開コメント