【後席の広さ快適性は?】レクサス新型LSフルモデルチェンジ内装インプレッション

新型レクサスLSの内装インプレッション 第2回!


2017年10月19日に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを行ったレクサス新型LSを見てきました!と言う話の4回目!

前回までは新型レクサスLSの短評やエクステリア、そして運転席周りを見てみました↓

レクサス新型LS500h見てきた!ため息が出るほど美しい!外装内装インプレッション短評

【画像】レクサスLS見てきました!外観は宝石のように美しい!!エクステリアインプレッション

【内装の質感を高解像画像でレポート!】レクサス新型LS見てきました!内装インプレ【フルモデルチェンジ】


その前の記事では、新型レクサスLSの価格やスペック、先進装備、見積もりなどについてまとめました↓

レクサス新型LSの価格は980万円から! 見積もり・燃費・スペックなどフルモデルチェンジ情報まとめ

新型レクサスLS価格スペックなどは上記記事もご参照ください。



今回はその続きで、新型レクサスLS500hの内装編として後席やラゲッジスペースをお届けしたいと思います!

0001_201710222352249d5.jpg

伊達に全長5mオーバーじゃないですね。



新型LSに関しては、これから試乗や内装レポートなどもできればと思っているので、新型レクサスLSの最新情報が気になる方は以下の新型LS関連記事一覧でチェックしてくださいね↓

レクサスLS関連記事一覧

ワンダー速報は毎日21時更新!不定期で12時にも記事をアップしていますので、毎日12時と21時をチェックして見てくださいね^^

記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターでは最新情報をお届けしています!良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします^^


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。





新型レクサスLSの内装インプレッションの続き


前回は新型レクサスLS500h version Lの運転席周りを見てみましたが、その続きからお届けします。

LexusLS500hvL02.jpg
↑クリックで拡大します。

前回はセンターコンソールの途中までお届けしていました。

その続きとして、センターコンソールアームレストを見てみましょう。

LexusLS500hvL56.jpg

かなり大型のアームレストコンソールです。
開閉ボタンは左右にあり、運転席と助手席の両方から開けることができます。

LexusLS500hvL55.jpg

中を見てみると、前方に小さな小物入れと、さらに深いコンソールボックス、そして着脱可能なトレーも付いています。
USBポートもここに備わります。

当たり前ですが、すべて起毛処理されており、異音対策もバッチリ。



続いて、新型レクサスLS500h version Lのオーバーヘッドコンソールです。

LexusLS500hvL53.jpg

こちらはサングラスホルダーも完備されています。
室内灯はもちろんLED。

ルームミラーはカメラの映像を写すこともできるようになっていました。

LexusLS500hvL68.jpg

これはversion L以上に標準装備、それ以外のグレードではオプションになります。

こうした機能により、後席に人が乗っていても視界を遮られること無く、後方を見ることができます。
スバル車などでもこうした視界拡張機能は進んできており、今後いろいろなメーカーや車種にも導入されていきそうですね。


続いて、新型レクサスLS500h version Lの助手席のほうも見てみましょう。

LexusLS500hvL54.jpg

適度に包まれ感のあるインテリアです。

グローブボックスの中はこんな感じ。

LexusLS500hvL52.jpg

広さは一般的な感じで、中は当然起毛処理されています。



新型レクサスLSの後席の広さは?


さて続いて、新型レクサスLS500h version Lの後席を見てみましょう。

LexusLS500hvL49.jpg

例によって後席ドアの内側をチェックです。


後席ドアの内側の質感も非常にいいですねぇ。

LexusLS500hvL48.jpg

LSクラスになると、前席はもとより、VIPを後席に乗せる需要もあるので、後席のほうが快適性が求められるようにもなってきます。

後席足元の広さもこのとおりです。

LexusLS500hvL47.jpg

これがロングボディじゃない、ノーマルのLSで実現しているっていうんですから驚きですよね。
先代レクサスLSではLS600hLというロングボディが用意されていましたが、今回はロングボディは今のところありません。
通常のLSでここまで広ければ必要ないとも言えますね。


後席に実際座ってみるとこんな感じの広さです。

0003.jpg

これでも十分広いですが。

LSには、後席側から助手席を前に電動でスライドさせるスイッチも備わっています。

そのスイッチで、助手席を前にスライドさせると後席足元は更に広くなります。

0002.jpg

これなら足も余裕で組めちゃいます。

0001_201710222352249d5.jpg

VIPを後席に乗せるLSならではの装備ですね。




新型レクサスLS500h version Lには前席シートバックにまで本木目のオーナメントパネルが付いていました。

LexusLS500hvL46.jpg

ドア側にもエアコンの吹き出し口がありますね。

ちなみに、新型レクサスLSのI packageでは前席シートバックにはオーナメントパネルは付いていませんでした。

先ほどの足を組んでる写真はI packageのものですが、そちらの前席シートバックを見てもらうとわかるかと思います。


新型レクサスLS500h version Lのセンターコンソール後端には、エアコンの吹き出し口が完備。

LexusLS500hvL45.jpg

ここにも本木目のパネルがあしらわれるなど、質感は完璧!


さらに、後席天井にはバニティランプも完備されており、LED照明付きです。

LexusLS500hvL44.jpg

後席の人が鏡を見たいときでも完璧ですね。


新型レクサスLS500h version Lの後席には、大型のアームレストコンソールが装備され、液晶パネルで様々な事ができるようになっています。

LexusLS500hvL43.jpg

後席エアコンの操作などもここで行います。

後席のアームレストコンソールには、本木目のリッド付きのドリンクホルダーも完備。

LexusLS500hvL42.jpg

新型レクサスLS500h version Lにはエアコンだけじゃなく、リアシートにも、シートヒーターとシートベンチレーションが装備されています。
さすがVIP仕様。


さらに、後席のサンシェードまで電動で開閉されます。

LexusLS500hvL41.jpg

パネル操作で、後席のサンシェードが自動でせり上がってきます。

LexusLS500hvL40.jpg

大きなドアで窓も横長なので、スキマの部分もちゃんと電動サンシェードで遮光してくれます。
これはすごい。


こちらの大型アームレストコンソールも左右どちらからも開閉できます。

LexusLS500hvL39.jpg

中は大型の収納になっており、2.1AのUSBポートも2口備わっていました。



ちなみに、I packageではこんなアームレストコンソールです↓

0004.jpg

液晶画面こそ備わりませんが、十分大型なアームレストコンソール。

助手席をスライドさせるスイッチと、リアサンシェードのスイッチだけが備わります。

0006.jpg

こちらもピアノブラック塗装されていて質感も十分です。


ドリンクホルダーはフロントからスライドで出てくるようになっていました。

0005.jpg

version Lと比べると見劣りしてしまいますが、これでも十分立派です。
もちろん中は収納になっています。




新型レクサスLSのトランク・ラゲッジスペースは?


さて続いては新型レクサスLS500h version Lのトランクを見てみましょう。

LexusLS500hvL38.jpg

トランクリッドはもちろん電動式。
レクサスNX以降で導入された、バンパー下に足先を入れると自動で開閉するハンズフリーにも対応しています。

新型レクサスLS500h version Lのトランクスペースはこんな感じです。

LexusLS500hvL37.jpg

さすがに広いです。
でも、後席を倒してトランクスルーすることはできないかな?
そういう使い方をする車ではないのだと思いますが。


ラゲッジアンダーは、ハイブリッドモデルなのでバッテリなどがありました。

LexusLS500hvL36.jpg

ラゲッジアンダーは物が置けるようにはなってないですね。

サイドの部分も工具などが収まる程度。

LexusLS500hvL35.jpg

細かい収納などを気にする車ではないんだと思います。



新型レクサスLSの後席・ラゲッジスペースの評価は?


そんな感じで新型レクサスLS500h version Lの後席やラゲッジスペースを見てみましたがいかがでしたか?
個人的な感想としては、「ロングボディが必要ないくらい後席は広い!!」と言った感じです。

「長い!」という印象の新型LSですが、その長さは伊達じゃなく、後席足元空間に如実に現れています。
先代LS600hLの後席がどのくらいの広さだったか、写真を撮っていないので比較はできませんが、ロングボディが不要なくらい広い後席足元空間になりました。
version Lでは後席もパワーシートでかなりリラックスした体勢までリクライニングできます。
ドアを開けると自動で起き上がります。

やはりversion Lは150万円以上高価なだけに、文句の付けようがないくらい豪華で快適ですが、I packageでも広さは同じですし十分快適だなとも思いました。

レクサスが誇る最高峰のフラッグシップセダンとして、この新型レクサスLS500h version Lは素晴らしい質感と広さ、そして快適性を備えていると思いました。
1500万円オーバーとなる価格帯は、誰しも買える車ではありませんが、運転手付きで後席にふんぞり返って座れる夢を抱いていたいですね。

0007.jpg
↑高解像度画像です。クリックで拡大します。

後席からの眺めを高解像度画像でお届けしますので、ぜひLSの後席に座った気分を味わって見てください^^

近いうちに試乗インプレッションもお届けできればと思います。
お楽しみに^^



記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ワンダー速報公式Facebookページドラヨスツイッターでは最新情報をお届けしています!良かったらフォロー&シェアもよろしくお願いいたします^^



新型レクサスLSを購入検討されている方は、参考にしていただければ幸いです。

すでに販売も開始されているので、新型レクサスLSが気になる方はお近くのレクサスディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
埼玉南部エリアで新型LSを購入検討している方は、紹介キャンペーンもありますので、興味ある方はブログパソコン版のメールフォームからメールくださいませ^^


とその前に、レクサス新型LSなど新車の購入を検討中の方は、今のうちからネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定



ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^


かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果wwww輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


かんたん車査定ガイド








レクサスLSの動画がありましたので共有しておきますね!







ご興味ある方はどうぞ!

では次回のワンダー速報もお楽しみに!







関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
車にとって一番重要な「走る」「曲がる」「停まる」に関してのインプレッション、楽しみにしています。
No title
私もディーラーへ行き後席に座ってみましたが、体感では40系ロングよりもずっと狭く感じました。
というのも、前席の下につま先が入らず、圧迫感がかなりありました。
AWDモデルと同じ全高のジャガーXJロングはつま先が余裕で入るように設計されていますが、法人の多いLSがこの作りというのはびっくりです。
管理人さんは気になりませんでしたか?
Re: No title
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

試乗できるようになったらレポートしますね。
Re: No title
名無しさん、コメントありがとうございます。

LSやジャガーを使われている方にとっては、新型LSの後席はつま先が入らない作りがご不満なのですね。
私はLS自体あまり造詣が深くないので、素直に感動してしまいましたが、先代ロングに比べると狭いのですね。
かと言って、これより長いロングは必要かどうか、微妙なところですね。

コメントの投稿

非公開コメント