新型アウディA3 試乗してきました。 インテリアインプレッション2

デビューしたばかりのアウディA3、内覧会で試乗してきましたので、そのインプレッション第三回目です。

今回はインテリアの続きを見てみましょう。


26_20130904002128f3e.jpg


昨日からなぜかまたGoogleの検索エンジンに引っかかりづらくなっていますorz
アクセス数も激減T_T

ほんと、ブログFC2から引っ越ししようかな--;

定期的にブックマークから読みに来ていただいている貴方のアクセスが励みになります!





と、気を取り直して、インプレッション行ってみましょう!

例によって、一部辛口なコメントも含まれることがありますので、気分を害される可能性が有る方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓

今回はインパネから見てみましょう!

17_20130904002030a9b.jpg

A1とイメージが似た感じですね。
曲線が多用され、ゴルフ7とは全く別のテイストです。
円型がいろんなところにデザイン上のアクセントとして使われていますね。

ナビはダッシュボードからニョキッと生えてくるタイプ。
使わない時は綺麗に収納されていてスタイリッシュ。
盗難の心配もない?!



22_20130904002107a3f.jpg



ドリンクホルダーはコンソール前面に有りますね。
500mlのペットも立てて置けるそうですが。
たしかに前にあったほうが、手が届きやすいですね。
フタはありませんが。



球体状のシフトノブ。
触り心地もよく、質感は高いです。

15_2013090400201030b.jpg




そして!こちらが今回の新型A3のトピックでも有るタッチパッド付きのMMI。
ボタンの組み付け精度はさすが。クオリティ高いです。

16_20130904002029301.jpg

アウディ初となる「Audi connect」と呼ばれる、情報ネットワークサービスが使えます。
レクサスのG-Link同様に、天気やガソリンスタンドの価格、ニュースなどをリアルタイムに読み出せます。
さらにすごいのが、車内でWifiをテザリングで使えるそうです!
回線はソフトバンクのものを使用しているとの噂です(未確認)。
こちらのサービスは3年間は無料とのこと。
ちなみにオーナーズデスクのようなオペレーターサービスはありません。

ナビのトピックとしては、今回からGoogleと提携していて、地図にGoogleMAPが使われているとのこと!
これは羨ましいですね!





こちらのタッチパッド、試乗した時に実際に触ってみましたが…

正直イマイチ使い勝手が良くなかった印象です^^;
表面はカサカサとしたタッチで、スクロールすらままならない感じでした^^;
慣れれば使えるのかもしれませんが、初回の操作ではハードル高かったです^^;

さらに手書き文字入力にも対応しているみたいですが、日本車は右ハンドルなので、左利きの人以外は使い勝手が厳しそう。




パーキングブレーキは電気式。

12_2013090400200642f.jpg

作動中は光るようです。

13_201309040020084be.jpg

この辺のボタンの質感はゴルフのほうが高かったような気がします。
こちらもまた後日比較写真を掲載しますのでお楽しみに!
ブックマークまだの方は、ちゃんとしておいてくださいね!(笑)




ハンドル周りで少々加筆。

38_20130904002254d31.jpg



パドルシフトはこんな感じ。

18_201309040020328c9.jpg

1.4にも1.8にもパドルは標準装備のようです。
クリック感は軽すぎず、イイカンジでした。




メーターはオーソドックスな二眼タイプながら、中央のマルチファンクションディスプレイは高精細液晶。

14_20130904002009ce8.jpg

39_201309050024524b3.jpg

この辺はゴルフの日本導入モデルと差別化されているようです。




アームレストコンソールボックスの中は、ゴルフよりはちょっと広く浅いかなってくらい。

36_2013090400225154e.jpg




助手席側も見てみましょう。

09_20130904001922063.jpg

助手席側のドアの内側は意外と殺風景。
簡易カタログで見たものとだいぶ違います。
ってことは本国のモデルと差別化がなされているのか、はたまたレザー仕様にするとドアの内張りも変わるのかは、カタログがないので現状不明。

ちなみに簡易カタログに載ってた内装はこんな感じ。

E_201308241036432f6.jpg

全然雰囲気が違いますね。





グローブボックスの取手は樹脂製。
簡易カタログでは金属っぽい取手なんですが。

19_201309040020333de.jpg


中は起毛仕上げになっています。

20_20130904002035a26.jpg






さて、後部座席も見てみましょう。

34_2013090400223453d.jpg




後部座席の足元スペースは意外と広いですね。

35_20130904002235ee6.jpg

座面も長いです。




シートの模様も遊び心があってオシャレ。

32_201309040022316b0.jpg

やや硬めの心地は嫌いではありません。
肘置きのところからはトランクスルーもできて、長尺物をしまうことも出来ます。





肘置きにはドリンクホルダー完備。

28_20130904002139f72.jpg

造りはそこそこですが、無いより遥かにいいです。
ゴルフの肘置きとは少し違うようですね。



後部座席のエアコン吹き出し口は、風量調整も可。

33_20130904002232c50.jpg



29_20130904002140c6d.jpg

電源も完備されているのは嬉しいですね。







ラゲッジも見てみましょう。

31_20130904002230c1f.jpg

意外としっかり広いです。





カバーをめくるとテンパータイヤ。

30_2013090400214249e.jpg

ゴルフのように荷室の底の高さを変えることは出来なかったと思います(未確認ですが)。





さて、早足でしたが新型アウディA3のインテリアを見てみました。
いかがだったでしょうか?

正直なところ、感動するほどの品質ではなかったという印象。
簡易カタログのように、色が違う素材が使われていたり、ニーパッドやドアの内張りにまで革が使われているとかだったらだいぶ印象は違ったと思いますが。

カラーバリエーションとかオプションでいろいろ変えられるのかもしれませんが、内覧会の時点ではカタログがなく詳細は不明でした。
これがベースの状態だとすると、たしかにボタン周りなどシルバー調の加飾がセンスよくあしらわれていますが、そっけない黒い樹脂パーツも多く、やや寂しい感じ。

オプションなどお金をかけてカスタマイズできるのかもしれませんが、ベースの素の状態では、A4以上とは結構差別化されているなぁと思いました。

ゴルフ7がかなり品質を上げてきているので、A3はきっとものすごいのだろう!と期待値が高すぎたせいもあってか、それほど感動しませんでした。

ですが、クオリティは間違いなく高いです。

気になる方は、ぜひアウディディーラーに行ってご自身の目で確かめてみてください。






ということで、新しく車を購入しようと考えている方、とりあえず試乗してみようと思っている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント