『XV、アコードハイブリッド、IS300h、国産ハイブリッド車検証』カーグラフィックTV見ました。

先日、BS朝日でやっていたカーグラフィックTVを見た方いらっしゃいますか?

スバルのXV、ホンダのアコードハイブリッド、レクサスIS300hの乗り比べをやっていたんですが、これが結構興味深い内容でした。

1_201308292212312ca.jpg

見れなかった人のために、ブログ上でカーグラフィックTVのレビューをしてみたいと思います!



※テレビからの引用ですが、内容には辛口な部分が結構含まれます(笑)気分を害される可能性のある方はご遠慮ください。


ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


今回のカーグラTVでは、「新型ハイブリッド3台、どこが違うのか」という切り口で、田辺さんと松任谷正隆さんが乗り比べをしています。

いつものようにお二人で実際にそれぞれの車に乗りながらの対談。





まず一番手はスバルのXVハイブリッド。
XVハイブリッドに関してのお二人のコメントをざっくりまとめると…

・エンジンが普通にかかり、ハイブリッドなのかな?と。
・動き出しからエンジンがかかり、普通のガソリン車のよう。
・モーターがエンジンアシストしている感がない。
・アイポイントの高さはちょうどいい。
・SUVっぽ高さなのに乗り味はやさしい。


とのこと。
実際にモーターでのアシスト量は少ないので、ほぼ普通のガソリン車という印象だそうで。


XVは私は試乗したことありませんので、私のコメントはパス。









次はアコードハイブリッド。

01_20130722212540.jpg


アコードハイブリッドを乗ってのお二人のコメントをまとめてみると…

・大きくなって広々としたインテリア。
・内装のデザインは賑やか、メルセデスを意識したのかゴージャス志向。
・エンジンがちょっと古いCVTみたいな音。
・アクセルを踏んでエンジン音は賑やかでも、あまり加速しない。
・軽自動車みたいな音と速度の加速感の関係。
・正直に言うとあまり高級感はない。やかましい。
・乗り心地自体は悪くない。
・もうちょっとパワー感があってもいいと思うのは音のせいか。
・もうちょっとエンジンがモーターを助けてあげても良いのに。
・これだけのエンジン音で、これだけのパワー感なのかと感じてしまう。


…とのことでした。
他のテレビ番組や雑誌、ネットでは絶賛の嵐のアコードハイブリッドですが、カーグラのお二人はかなりの辛口でした^^;

ちなみに私もアコードハイブリッドは試乗しましたが、その時のインプレッションのまとめはこちら。

アコードハイブリッド試乗インプレッション


私もお二方と同等の感想をいだきました。
ハイブリッドは得てしてアクセル開度とエンジン音がリンクしませんが、アコードハイブリッドは特にその傾向が強いです。時速80kmまでは、エンジンは充電用にのみ回ります。
なのでバッテリーを使う加速時には、エンジンも発電量を稼ぐため回転数が上がりますが、これが結構音が大きいのです。
エンジンがアクセル開度にリンクしないなら、エンジン音は抑えこんでなるべく聞こえない作りにしたほうが、EVで走っている感も出て未来のクルマとしての雰囲気が出たと思いますが、かなりノイジーなエンジン音のせいでどこかちぐはぐな感じがしなくもないです。
それはカーグラTVでも指摘されていました。










そして最後はレクサスIS300hのFスポーツ。

31_20130826234348b41.jpg※↑の写真はベースグレードです。

ISを乗ってのお二人のコメントは…。

・シートがBMWなどのドイツ車みたいに低く、日本車にないポジション。
・シートのサイドのサポートが秀逸。
・インテリアのデザインが秀逸。今国産で一番いいデザイン。造りも上等。
・ハンドルのポジションがちょうど納得のできるポジションに決まる。
・ISは随分おとなになった。しっかりとしたしなやかさ。
・BMWのスポーツサスペンションのような良い印象。
・重厚な芳醇な感じを手に入れた。
・今までに乗ったレクサスの中で一番いい。
・ブレーキ、ハンドリングのフィーリングが結構イイ。
・日本には少ないスポーティなサルーンに乗っている感がある。
・レクサスは、このISのような方向であるべき。
・BMW以上かもしれない。
・顔つきはダメだけど、デザインは好き。


…とのことでした。
これまた、世の中のISに対する辛口なインプレとは逆にべた褒めに近いです。


私もISにはいろいろ試乗しましたので、その模様はこちら。

レクサス IS 試乗インプレッション一覧


ISは自分が買った車だから、思い入れが強いですが、ここまで絶賛されるとは思ってませんでした。
国産車と比べると、やはり品質などは上で、ドイツ車と比べても好みの差で甲乙つけがたい感じ、といったところでしょうか。

TV中でお二人の評価としては、「ISはハイブリッドどうこうという以前に、車として格段に良くなった」「運転した時のハンドルに伝わる手触りが良い」とのことでした。
これはオーナーとしては嬉しいですね^^


番組の最後には、車はハイブリッドだ電気自動車だと言う前に、車として乗って走らせてみてどうかが重要だ、というような結びでした。
なるほど。



カーグラフィックTV、見逃してしまった方は、まだ再放送などあるかもしれませんのでチェックしてみてくださいね^^










さて、今日の関連アイテムですが、このシリーズ。

ニューモデル速報 スバルXV ハイブリッドのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥480から
(2013/8/29 22:08時点)






アコードハイブリッドの新品はすでに欠品!中古のみとなってます。

ニューモデル速報 Vol.483 新型アコードハイブリッドのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

中古価格
¥687から
(2013/8/29 22:08時点)






ISもこちらのシリーズは新品は欠品!

新型LEXUS ISのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

中古価格
¥640から
(2013/8/29 22:09時点)





このシリーズならまだ買えるみたいです。


LEXUS IS (Motor Magazine Mook)

新品価格
¥1,200から
(2013/8/29 22:09時点)




この手のMOOKは車がデビューした時にすぐに買わないと買えなくなるので要注意です。







さて、車の購入を検討されている方や、試乗に行こうかと思っている方、ここで私の経験談ですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたします。
何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

下取りの見積もりはディーラーや買取店によっても結構差があります。
愛車の市場価格を知る意味でも、ネット見積もりなどで価格を調べておくと、いつその気になってもある程度の物差しとして参考になると思います。
ディーラーに行く前に、相場の価格を知っておくと、下取り価格を提示されても交渉できますしね。


愛車無料査定も『カーセンサーNet』



逆にディーラーのほうが買取店よりも高く出してくれることもありますので、ディーラーの下取り見積もり期限が切れる前に、予めネットで愛車査定をしておくことをオススメします^^


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定






関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

見逃しました。
大変助かりました!
再放送ないかな?
Re: 見逃しました。
ご参考にしていただけたなら良かったです(^ ^)

私は録画してたのでラッキーでした(^ ^)

Twitterで情報を教えてくれる方がいるので助かってます(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント