【内装の評価は?】ホンダ新型N-BOX(Nbox)カスタムターボ試乗しました!

2017年8月31日、ホンダの大人気軽自動車、新型N-BOX(NBOX)がついにフルモデルチェンジして発売、ソッコーで試乗させてもらいました!と言う話の6回目です!

秋の新型N-BOX祭りもまだまだ続きます!!

前回までは、新型N-BOXのノーマルのNA、N-BOX G・EX Honda SENSINGの試乗インプレッションを4回と、新型N-BOXカスタムのN-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGのエクステリアをレポートしました↓

【画像大量】新型N-BOX試乗しました!【1】先代とどこが変わった?エクステリアをチェック!

新型N-BOX試乗しました!【2】運転席内装の7つの好評価ポイントは?

新型N-BOX試乗しました!【3】噂のスーパースライドシートは使えるのか?! 後席ラゲッジもレポート!

新型N-BOX試乗しました!【4】新開発NAエンジンの実力やいかに?!ドライブフィール評価編


【カッコイイ!】ホンダ新型N-BOX(Nbox)カスタムターボ試乗しました!

予告ダイジェスト版はこちら↓

ホンダ新型N-BOX(NBOX)試乗しました!ノーマルNAとターボカスタム比較も!


今回はその続きで、新型N-BOXカスタムターボの内装インプレッションをお届けします!

Nbox10_20170908093803ae6.jpg

ノーマルの新型N-BOXも内装はなかなか質感高かったですが、カスタムはさらにその上を行っていました!
これはライバルは厳しいんじゃないかなぁ…



ワンダー速報では過去にもホンダN−BOXの記事を書いていますし、これからも最新情報を加筆していきますので、ホンダ新型N−BOXの過去記事や最新情報は、以下のホンダN−BOX関連記事一覧よりご確認ください↓

ホンダN−BOX関連記事一覧


「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
1日1クリック、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓






さて、今回試乗させてもらったのは、ホンダ新型N-BOX(Nbox)カスタムのターボモデル、N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGです。

Nbox04_201709080914371fb.jpg
↑クリックで拡大します。

ホンダ新型N-BOXの中では上級のグレードとなり、価格はFFで1,895,400円!

前回のエクステリア編では、ライト類がフルLEDだったりと、軽自動車の枠を超えた質感に驚きましたが、内装ではどうなのでしょうか?

ではさっそく、新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGの内装を見てみましょう!

N-BOX_CUSTOM43.jpg

新型N-BOXカスタムの内装は、黒を貴重にコーディネートされています。
ベージュ基調で明るい印象だったノーマルのN-BOXとは対照的。

N-BOX_NA41.jpg

まずは例によって、運転席側ドアの内側からチェックです。


新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGのドアトリムにはスエード調のファブリックが貼られていました。

N-BOX_CUSTOM42.jpg

この手触りもアルカンターラとまでは行かなくても、かなり触感が良く、普通のファブリックよりも全然いいですね。


ウインドウスイッチ周りはこんな感じです↓

N-BOX_CUSTOM41.jpg

ノーマルのN-BOXは無塗装素地でしたが、新型N-BOXカスタムのほうはスイッチ台座がピアノブラック調に塗装してあります。
ドアハンドル周りは、ラメの入ったブラックになっていますが、おそらくボディと同様のプラズマグラマラスブロンズパールではないかと思われます。
たまたまボディカラーも同じプラズマグラマラスブロンズパールですが、どのボディカラーを選んでも、ココの部分箱の色になるようです。

新型N-BOXカスタムは、ドアにツイーターまで付いていますね!
これはかなり質感的にも頑張っていますね…
下手な普通車なんかよりも全然質感が高いです。

ポケット類の多さは、ノーマルのN-BOXと同じです。


続いて、新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGの運転席シートを見てみましょう。

N-BOX_CUSTOM40.jpg

これまた標準シートとは思えないヤンチャな感じになっていますね(笑)

プライムスムースという合成皮革とトリコットというファブリックのコンビネーションシート。

N-BOX_CUSTOM37.jpg

このファブリックの部分が、スエード調の手触りになっており、とても触感がいいです。
しかし、センターに有る金色のラインは少々やり過ぎ感がある気がします^^;

こちらの新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGは、スーパースライドシートではなくベンチシートのグレードなので、前席中央には大型のアームレストがあります。

N-BOX_CUSTOM36.jpg

先代N-BOXにはこのアームレストには小物入れがありましたが、今回はなくなっていますね。

00_20170908150720dcb.jpg

先代のアームレストはこんなん↑

ただ、オプションでそうした小物入れを付けられるみたいですので欲しい方はディーラーオプションカタログをご参照ください。


さて、続いては新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGの前席全景をどうぞ。

Nbox10_20170908093803ae6.jpg
↑クリックで拡大します。

デザイン自体はノーマルの新型N-BOXと同じですが、ルーフやピラーもすべてブラックなので印象はかなり暗い感じになります。

ただ、それぞれのマテリアルがピアノブラック調になっていたりして質感はとても良いです。

比較用にノーマルの新型N-BOXもどうぞ。

N-BOX_NA46.jpg
↑クリックで拡大します。

こうして見ると、かなり明るく見えますよね。
ノーマルN-BOXのこのルーミーなコーディネートは結構好きです。


ちなみにさらに比較用に先代N-BOXカスタムの内装も貼っておきましょう↓

Nbox111.jpg
↑クリックで拡大します。

こうして見ると、先代N-BOXカスタムも内装の質感は良いんですよね。
さすがに6年間も売れ続けただけのことはあります。
でも、新型N-BOXカスタムと比較すると、やはり新型のほうが質感は明らかに良いです。

Nbox10_20170908093803ae6.jpg
↑クリックで拡大します。

特に、ステアリングホイールの印象がかなり良くなりましたね。

N-BOX_CUSTOM39.jpg

デザイン自体が新意匠になっており、これはノーマルのN-BOXでも一新されています。
カスタムのステアリングホイールは、本革巻きになっており、さらにパドルシフトまで装備されています。

N-BOX_CUSTOM38.jpg

エンジンブレーキをかけたいときなど、やっぱりパドルシフトがあると便利です。



続いては、新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGのメーターまわりです。

N-BOX_CUSTOM24.jpg

メーターパネルもカスタム専用のものがあしらわれており、質感も向上しています。
シルバー調のメーターリングが付いていて良いですね。
N-BOXは、ノーマルのN-BOXのNAでもタコメーターが標準装備なのは良いですよね。

さらに、全グレードでカラーマルチファンクションディスプレイが標準装備です!

N-BOX_CUSTOM22.jpg

以前の記事でも書きましたが、今回の新型N-BOXは全グレードで安全装備「ホンダセンシング」が標準装備!
そのため、ホンダセンシングに含まれる「標識読み取り機能」で、このマルチファンクションディスプレイに標識をカラー表示してくれます。

標識読み取り機能は、高級車にも付いていない車が多いので、それが軽自動車のN-BOXに全グレード標準装備とは、まさにクラスを超えた装備だと言えます。


今回の新型N-BOXでは、メーターがダッシュボード奥の上部にレイアウトされていますが、これはなかなか見やすく、ヘッドアップディスプレイ要らずの位置だなと思いました。

N-BOX_CUSTOM19.jpg

また、その下のデッドスペースには収納となっており、ティッシュボックスがちょうど入るサイズになっています。
ほんと、ホンダのこうしたユーティリティには感動しますね。


その右隣はエアコンの吹き出し口となっていますが、ここもメッキ加飾がなされるなど、質感がいいですね。

N-BOX_CUSTOM23.jpg

安っぽさは一切ないです。


その下には、ドリンクホルダーと小物入れになっています。

N-BOX_CUSTOM20.jpg

ドリンクホルダーだけじゃなくて、ちょっとした小銭などを入れて置けるようになってるのは助かりますね。
こうした心配りがニクイです(笑)


さらにその下側には、パワースライドドアのスイッチとイグニッションスイッチなどがあります。

N-BOX_CUSTOM26.jpg

新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGには、両側パワースライドドアが標準装備。
ターボモデルは両側パワースライドドアになります。
NAには右側パワースライドドアはオプションです。


このイグニッションスイッチは、エンジンかける前は白く光っており、エンジンをかけると赤く光ります。

N-BOX_CUSTOM25.jpg

凝った演出になっていますよね。



続いて、新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGのインパネ周りも見てみましょう。

N-BOX_CUSTOM18.jpg

こちらもデザイン自体はノーマルの新型N-BOXと変わりませんが、色と素材が変わると結構印象が違いますよね。

N-BOX_NA17.jpg

細かいところでは、シフトレバー台座にシルバー調の加飾がしてあったり、エアコン吹き出し口のところにメッキ加飾がされていたりと、カスタムのほうが質感が良いように差別化されています。

ナビは、ディーラーオプションなので割愛します。


全グレードフルオートエアコンが標準装備となっている新型N-BOX。
これはノーマルでも同じです。

N-BOX_CUSTOM17.jpg

エアコンパネルも質感高いですよね。
このあたりも安っぽさは一切ないです。

さらにカスタム全グレードとノーマル新型N-BOXの上位グレードには、プラズマクラスター付きです。


シフトノブはこんな感じです。

N-BOX_CUSTOM16.jpg

カスタムは、スイッチ部分にメッキ加飾がなされています。
ここは革巻きではないんですね。


と言った感じで、新型N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSINGの内装を運転席周りを中心に見てみましたがいかがでしたか?

個人的な感想としては、「確実に軽自動車の規格を超えた質感の高さ!」だと思いました。

これは恐ろしいくらいです。
先代N-BOXカスタムも、質感はなかなか良かったですが、ドアトリムやウインドウスイッチ周り、ステアリングホイールなどはどうも安っぽい印象がありました。
しかし、今回の新型N-BOXカスタムには、そうしたスキは一切ないです。

ケチをつけようにも、軽自動車っぽい安っぽさは全然ないんですよね。
たしかに、価格も200万円弱と、軽自動車としてはかなり高価になります。
デミオのXDが買えちゃうという価格帯と思うと、たしかに質感面ではこのくらいあってもおかしくないとも思いますが、同じくライバルの軽自動車メーカーはかなり焦るんじゃないかと思います。

すでに販売も始まっているので、気になる方はぜひ店舗にて実車を確かめてもらいたいですね。
ノーマル新型N-BOXでも十分に質感高いですが、カスタムは確実に軽自動車の枠を超えてますね。
これより安っぽい普通車なんて山ほどあります。

さて、ちょっと長くなりましたので、助手席や後席ラゲッジスペースなどは、また別の機会でお届けしたいと思います。
お楽しみに^^


記事がイイねと思ったらSNSでシェアしていただくか、「拍手」やブログ村のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです^^

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Facebookのシェアボタンも付けたので、よかったらポチッとしてくださいね^^



新型N-BOXのカスタムターボの試乗インプレッションも今後特集していきますので、新型N-BOXの情報を知りたい方は、ワンダー速報をブックマークして毎日チェックしてくださいね^^
ワンダー速報は毎日1〜2回更新!


ホンダN−BOXの過去ログや、これからも最新情報を加筆していきますので、ホンダ新型N−BOXの過去記事や最新情報は、以下のホンダN−BOX関連記事一覧よりご確認ください↓

ホンダN−BOX関連記事一覧



新型N-BOXもテレビCMなどを見たお客さんがこれからは来店することが増えるでしょうね。
すでに納期はかなり延びてるという噂も聞きますし、今後は納車待ちもさらに長引くかもしれませんので、新型N-BOXを購入検討されている方は、早めに動いたほうが良いかもしれませんよ?

新型N-BOXが気になっている方は、お近くのホンダディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。
埼玉近郊の方は、ホンダカーズ埼玉 戸田店営業の岡村さんという方を捕まえて「例のブログを見た」と言うと、値引き頑張ってくれるそうですので訪ねてみては(笑)一見さんより頑張ってくれると思いますよ^^

N-BOX_CUSTOM06.jpg


ということで、ホンダ新型N-BOXなどを検討されている方は、今のうちから愛車の売却相場を調べておいても良いかもしれませんよ。
車には売り時もありますからね。もちろん、月日が経てば経つほど買い取り価格は下がる傾向にあります。
私は、売るつもり無くても、高額査定が出て思わずそこから車の買い替えを検討することもよくあります(笑)

自分の愛車の買取額を予め知っておくと、競合車の値引き額や下取り見積もりを見た際に参考になることも多いです。

週をまたぐごとに、価格が一気に下落することもありますので、買い替えを検討されている方は早めにネットでの愛車無料査定などで価格をチェックしてみてはいかがでしょうか?

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです。

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくとそれ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

ネット車買取一括査定使ってみた!買取査定必勝法の実践結果は!?デミオXDの買取価格はまさかの…


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

しかも、週をまたぐごとに価格が下落しますので、早めに査定をしたほうが高く売却できる可能性が高いです。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド







N-BOXの動画がありましたので共有しておきますね!




















ご興味ある方はどうぞ^^



発売前にフライングで新型N-BOXを見せてもらった記事はこちら↓

【速報】ホンダ新型N-BOX(NBOX)見てきました!質感は軽自動車を超えた!

ホンダ新型N-BOX(NBOX)見てきた!こりゃ売れるわ!内装は超広いwww価格は131万円から!




過去にもワンダー速報では、新型N-BOXに関する記事をアップしていますので、良かったらそちらも併せてどうぞ↓

ホンダ新型N-BOX(NBOX)カスタム契約しましたwww

ホンダ新型N−BOX(NBOX)の価格は高いか?! 見積もりました!値引きは一声○万円!? 価格は131万円から!発売日は2017年8月31日!燃費は27.0km/L!

ホンダ新型N−BOX(NBOX)フルモデルチェンジ情報まとめ!発売日は2017年8月31日!燃費は27.0km/L、価格は131万円から!

上記記事も併せてどうぞ^^

では次回のワンダー速報もお楽しみに!









関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
新型はエンジンスタートボタンが右側になったのは嬉しいですがかなり下の方に付いているように見えます。かがまないと届かないとか、押しにくさはなかったでしょうか?
No title
N-BOXすごいですね。
内装の質感も装備の充実さも。

レクサス版軽自動車的な感じがしました。

これは売れますね。
上質になったけれど、ヴェルファイア、ヴォクシーばりのマイルドヤンキー狙いはホンダには似合わないな。箱型といえども走りのホンダらしさを出して欲しかった。
Re: No title
TSさん、コメントありがとうございます。

かがまないと押せないということはありませんでしたよ。
押しにくさも特には感じませんでした。
慣れれば問題なく押せると思います^^
Re: No title
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

新型N-BOXはかなり気合入ってますよね。
私も新型N-BOXには乗る機会があるので、日本の軽自動車というカテゴリーのポテンシャルを確かめたいと思います。
Re: タイトルなし
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

シートの模様や、ダッシュボードのラメに関しては、私も好みではありませんが、質感が高いのは間違いないですね。
カラーコーディネートがもう少し選べたらなお良かったんですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント