ホンダ新型ステップワゴンハイブリッド最新情報まとめ!価格は313万円から!電動パーキングブレーキ採用キター!発売は2017年9月!

※2017年9月29日追記!
新型ステップワゴンハイブリッド見てきました!



ホンダのステップワゴンハイブリッドが2017年9月のマイナーチェンジを機に追加されます!
そのティザー画像が追加で公開されました!

新型ステップワゴンハイブリッドの価格も判明!そして見積もりも解禁!
所用でホンダさんに行ってきた時にちょうど「今日から見積もり解禁」と聞いたのですが、時間がなかったので近いうちに見積もり貰ってこようと思います。

気になるステップワゴンハイブリッドの発売日は2017年9月29日になりそうです!
そして、新型ステップワゴンハイブリッドの登場と時期を同じくして、通常のステップワゴンもマイナーチェンジが行われます!

今回はそんなホンダ ステップワゴンのハイブリッドモデルと、ステップワゴンのマイナーチェンジについてわかっていることをまとめてみたいと思います!

2_20170806220318684.jpg
via:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

前回はティザービジュアルで全貌が見えませんでしたが、今回公開された画像ではほぼフルヌードで新型ステップワゴンのエクステリアが判明しました!

前回お届けした記事はこちら↓

ステップワゴン ハイブリッド 発売日は2017年9月!マイナーチェンジ画像公開!



当ブログでは過去にもホンダの新型ステップワゴンの記事を書いていました。
過去のステップワゴン関連記事や今後加筆されていくホンダの新型ステップワゴンの最新情報については、以下のステップワゴン関連記事一覧でご確認ください。

ステップワゴン関連記事一覧

ワンダー速報は毎日更新!
車好きな方はブックマークして毎日チェックしてみてください^^



※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





さて、今回聞いてきた情報として、まずは新型ステップワゴンハイブリッドの価格情報から!

すでにグレード展開は、公式HPで公開されていますが、ハイブリッドはスパーダだけとなります。

0101_20170806221213e59.png
via:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ベースグレードとなるステップワゴンSPADA HYBRID B330万円から。
ただし、Honda SENSINGや両側パワースライドドアがレスオプションとなったグレードも用意され、それが313万円からのエントリー価格となります。

こちらのホンダ新型ステップワゴンHYBRID B Honda SENSINGの主要装備は

・Honda SENSING
・LEDヘッドライト(インラインタイプ、ハイ・ロー)
・電動パーキングブレーキ+オートホールド機能
・ナビスペシャルパッケージ+ETC車載器
・リア両側パワースライドドア
・わくわくゲート
・専用16インチアルミホイール

など

となっています。
300万円以上のミニバンとして、上級な装備が最初からついているカタチとなります。
ホンダセンシング付きは330万円からの価格帯になるので、ヴォクシーハイブリッドのエアログレードZSの326万円よりも高い価格帯になります。

ただし、新型ステップワゴンハイブリッドは、電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドが標準装備となり(ハイブリッド専用装備!)、ホンダセンシングのアダプティブクルーズコントロール(ACC)は全車速追従機能付きとなり、渋滞時の前車追従も可能となります!

0000_201708062207589d5.jpg

これは超嬉しい!
さらに今回のホンダセンシングは、歩行者事故低減ステアリングも加わり、ステアリング制御で歩行者への接触を回避支援してくれるようです。
ホンダ新型ステップワゴンハイブリッドは、このクラスのミニバンとしては、最も進んだ安全装備になりそうです。

日産セレナも電動パーキングブレーキ+ブレーキホールドと全車速追従機能付きACCは装備されていますが、ハイブリッドモデルが用意されていません
しかし、e-POWERを装備したセレナe-POWERも今後デビュー予定なので、セレナの追い上げも予想されます。
新型ステップワゴンハイブリッドは、セレナのデビュー後か?と思われていましたが、インパクトを上げるためか発売が前倒しになったようです。
青田買いするには、セレナより先に出す必要がありますしね。
内容的にも負けていません。

新型ステップワゴンに搭載されるホンダセンシングには以下の機能が含まれます。

・衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
 前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。

・LKAS(車線維持支援システム)
 車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。
 約60km/h~約100km/hで走行中に、車線を逸脱しそうになった際に作動

・ACC(アダプティブクルーズコントロール)
 適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。前方車両が停止したら自車も停止。
 全車速追従機能付き。

・標識認識機能
 標識の見落とし防止を図り、マルチインフォメーションディスプレイに表示します。

・誤発進抑制機能
 車両停止時または10km/h以下の際に、車両前方に障害物がある際にアクセルを踏んでも出力を抑制。

・先行車発進お知らせ機能
 停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

現状のホンダセンシングには、他メーカーでは標準的に装備されているオートマチックハイビームや、アダプティブハイビームシステムが含まれていません。
8月末に発売される新型N-BOXから、オートマチックハイビームがホンダセンシングに含まれるので、この新型ステップワゴンのホンダセンシングにも、オートマチックハイビームが入るかと思われましたが、どうやら採用はないみたいです。





続いて、中間グレードのホンダ新型ステップワゴンHYBRID G Honda SENSINGですが、こちらの価格が335万円〜369万円となっています。

ホンダ新型ステップワゴンHYBRID G Honda SENSINGの主要装備は

Bの装備に加えて

・LEDフォグランプ
・USBソケット2口(急速充電対応)
・本革巻ステアリング
・コンビニフック付きシートバックテーブル
・ロールサンシェード
・コンフォートビューパッケージ

など

となっています。

こちらの中間グレードはコミコミで400万円が見えてくる価格帯だと思います。
セレナも、上位グレードでは400万円を超える価格帯になっていましたが、それらに対してもホンダ新型ステップワゴンはスパーダのエクステリアなので勝負を仕掛けていけるでしょう。

2016日産新型セレナの価格は高いか?231.6万円から!見積りました!値引きは10万が限界か?発売日は8月24日!

ヴォクシーハイブリッドのZSも400万円近い価格帯になっていたので、いい勝負になるかも?

新型ヴォクシーマイナーチェンジ画像キター!カッコイイ?価格は249.6万円から!見積もり&値引き状況も!

ヴォクシーやノア、エスクァイアには、電動パーキングブレーキや全車速追従機能ACCがないので、ホンダ新型ステップワゴンハイブリッドのほうが商品力は高いです。





最後に上級グレードとなるホンダ新型ステップワゴンHYBRID G・EXの価格は、355〜402万円となっています。

ホンダ新型ステップワゴンHYBRID G・EXの主要装備は

Gの装備に加えて

・1列目シート用i・サイドエアバッグ+サイドカーテンエアバッグシステム
・運転席・助手席シートヒーター
・3ゾーンコントロールフルオートエアコン
・ブラックコンビシート&専用インテリア
・パフォーマンスダンパー

など

となっています。
見た目だけでなく装備面でも最上級なミニバンとなりますが、こちらは上位グレードで車両本体価格で400万円を超えてくる価格帯なので、コミコミで450万円くらい行ってしまうとのこと。
そうなってくるとアルファードやヴェルファイアなどの上位ミニバンも選択肢に入ってくる価格なので、悩ましいところ。

近いうちに見積もり貰ってこようと思います。





ホンダのステップワゴンと言えば、5ナンバーサイズ3列シートミニバンの先駆けとして、1990年台にデビュー。
FF、5ナンバーサイズのピープルムーバーとして、その後他社が追随してくるジャンルとなりました。

2015年にデビューした5代目ステップワゴンは、思いのほか販売が奮っていません。
ワクワクゲートという、横開きも可能なテールゲートなど、ホンダらしいギミックも搭載していますが、トリッキーなデザインは好みが分かれたようです。

STEPWGN01_20170328004716b18.jpg

正直私もこの顔つきは好きではありませんでした。

左右非対称なワクワクゲートは、見た目は正直好みではないですが、使い勝手は意外と良いようで、オーナーさんからは好評なのだとか。

STEPWGNMODUROX14.jpg

バックドアを開けずに荷物を取り出すという使い方では、日産のデュアルバックドアより使いやすいかもしれません。

こちらは日産セレナのデュアルバックドア↓

serena11_20160830004321dd7.jpg

日産新型セレナ試乗しました!2列目3列目ラゲッジの評価は?変幻自在の2列目シートは超便利!

これはこれで便利だと思いますが、床面までが高さがあるのが難点。
とは言え、昨年デビューした新型セレナはプロパイロットという半自動運転が話題となり、質の高い内外装とマイルドハイブリッド搭載で一躍人気モデルとなりました。



1.5Lターボのみというパワートレインも、ハイブリッドをラインナップするトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア勢に後塵を拝する結果となりました。
でも運転するとこの1.5Lターボはすごくいいんですけどね…

過去に試乗記事がありますので、そちらもご参照ください↓

ステップワゴンモデューロXのエクステリアと内装をレポートしてみました↓

ホンダステップワゴンスパーダ「モデューロX」試乗しました!エクステリアの評価は?

ホンダステップワゴンスパーダ「モデューロX」試乗しました!内装も質感イイネ!

ホンダステップワゴンスパーダ「モデューロX」試乗しました!2列目3列目・ワクワクゲートの使い勝手は?

ホンダステップワゴンスパーダ「モデューロX」試乗しました!1.5Lターボの実力は?

STEPWGNMODUROX11.jpg
↑クリックで記事に飛びます。



そんなステップワゴンですが、ついにハイブリッドモデルの登場となります。

03_20170704225151a17.jpg
via:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

新型ステップワゴンハイブリッドには、現在オデッセイハイブリッドやアコードに搭載されている2モーター方式の「SPORT HYBRID i-MMD」というハイブリッドシステムが採用されます。

車重の重いオデッセイハイブリッドでも26.0km/Lを達成しているので、それよりは軽いであろう新型ステップワゴンハイブリッドでは28.0km/Lを超えてくる可能性が高いと思われていましたが、最終的に25.0km/L で落ち着いたようです。
思いのほか、数字は控えめですね。

最大のライバルである日産セレナのマイルドハイブリッドは、最高でも17.2km/Lに留まっており、トヨタのハイブリッド勢ノア・ヴォクシー・エスクァイアのハイブリッドモデルの燃費も23.8km/Lとなっているので、ステップワゴンハイブリッドの25.0km/Lの燃費は、まさにクラストップの燃費となります。

しかし、安心できないのは、セレナもe-powerのデビューが予定されているので、そうなるとステップワゴンハイブリッドの燃費を超えてくる可能性もあります。



そして新型ステップワゴンハイブリッドの登場を機に、ステップワゴンがガソリンモデルも含めてマイナーチェンジを行い、エクステリアを大幅刷新!
縦長不安定に見えたフロントマスクを、ワイド感を強調したデザインに大幅フェイスリフトを敢行します!

ちなみに、スパーダ以外のステップワゴンは、マイナーチェンジ前の顔つきを踏襲するみたいです。
スパーダでも、モデューロXだけは、マイナーチェンジ前の顔つきを踏襲するそうです。

では、今回のマイナーチェンジを機に、大幅にフェイスリフトした新型ステップワゴンスパーダの画像を見てみましょう!

01_20170704225148a71.jpg
via:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

以前に公開されていたのが、こちらの画像でしたが、これでは全体にどんなエクステリアになるのかわかりにくいですよね。

そして、今回新たに追加された画像がこちら↓

1のコピー
via:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

エクステリアの全貌が見えて、雰囲気がわかりましたね!
マイナーチェンジ前のスパーダがこちら↓

STEPWGN06_20170806224723454.jpg
↑クリックで拡大します。

マイナーチェンジ前はスラントしたフロントノーズが、どこか犬っぽいというか、ファニーな表情であまりかっこいいとは思えない顔つきでした。
それは、ユーザーからも要望があったみたいで、今回の大幅フェイスリフトになったみたいです。
ボンネットフードに厚みをもたせ、顔つきに押し出しの強さが加えられました。
サイドやリアは大幅な変更はありません。
アルミホイールは新意匠のようです。



マイナーチェンジ前の顔つきのほうが良いという人もいるかもしれませんが、そういう方はスパーダ以外のステップワゴンを選べばよろしいと思います↓

4150313_001H_1_20170806223353d77.jpg
via:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ノーマルのステップワゴンはほぼこの顔つきで継続販売されるそうです。



ホンダ新型ステップワゴンハイブリッドの正面からの画像も公開されていました。

2_20170806220318684.jpg

ワイド感が強調され、大型のグリルはオデッセイを彷彿とさせるデザインながら、ヘッドライトの造形は先行して発売される新型N-BOXカスタムにも似たデザインになっています。

pic_styling_03

今後のホンダの顔つきは、このヘッドライトの造形になっていくのでしょうか。
新型N-BOXカスタムでは、軽自動車初となる流れるウインカーが採用されるとのことですが、新型ステップワゴンハイブリッドはどうなるでしょう?

3_20170806220319cce.jpg

こちらの画像からはうかがい知れませんが、シームレスに光るポジションライトとウインカーはとても美しいですね。




続いて、ステップワゴンのマイナーチェンジでは、内装に関しては大幅な変更はなさそう。

STEPWGN33_20170328014109e10.jpg

木目調のパネルは質感も高くてルーミーな内装は私も好評価でした。

STEPWGN38_20170328014111453.jpg

スパーダはシックな黒でスポーティにまとめられています。
ハイブリッドには電動パーキングブレーキとオートホールドのスイッチが何処かに加わると思います。


2列目3列目も至極快適で、ライバルに対して引けは取りません。

STEPWGN44_201703280141234a3.jpg

そして、ステップワゴン最大の飛び道具とも言える、ワクワクゲートと呼ばれる、バックドアが扉になっているのもユニークです。

STEPWGN13_2017032723500354d.jpg

リアハッチが開ける幅がないところでも、このワクワクゲートから荷物を取ったり乗り降りが出来ます。
子供が喜びそうなギミックですよね。
このワクワクゲートなどはそのまま踏襲されるでしょうから、商品力はそのままに、エクステリアが見直され、さらにハイブリッド追加で燃費もクラスナンバーワンになれば販売も上向いてきそうというものです!


と言った感じで、新型ステップワゴンハイブリッドの価格情報とグレード展開、画像などをお届けしましたがいかがでしたか?
すでに見積もりと予約も解禁したとのことなので、早めの納車を希望されている方は、そろそろ商談を始めても良いかもしれませんね。

今後も新型ステップワゴンハイブリッドなどマイナーチェンジの情報が入りましたら順次紹介していきますのでお楽しみに!^^


「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^



さて、そんなホンダの新型ステップワゴン値引きのコツとしては、他社の競合車種を検討していると伝えることと、ホンダでも販社が違うディーラーを競合させるという手もあります。

販社とは、「ホンダカーズ◯◯◯ △△店」◯◯◯に当たる部分が販社になりますので、◯◯◯の部分が違うお店で競合させることで条件が変わる可能性が高いです。


あと、忘れてはいけないのが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓


ネット車買取一括査定使ってみた!買取査定必勝法の実践結果は!?デミオXDの買取価格はまさかの…


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…




2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド










マイナーチェンジ前ですがステップワゴンモデューロXの動画がありましたので共有しておきますね。











では次回のワンダー速報もお楽しみに!





関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
STPWGNはあのカッコ悪いフロントのデザインさえ改善すれば、売れると思いますね。
根がいい車ですからね。結局は外見だなって思います。人間も一緒かな(笑)。
Re: No title
コロラドさん、コメントありがとうございます。

そうですね。
私も新型ステップワゴンは、顔つきでやらかしたなぁって思っていました。
あれは購買意欲が出ません。セレナ買います(笑)
やっぱり見た目は重要ですよね。

コメントの投稿

非公開コメント