レクサス HS250h 見てきました。 インテリアインプレッション

前回に続いて2013年にビッグマイナーチェンジをしたレクサスのHS250hを今更ながらフォトインプレッションしたいと思います。

前回はエクステリアを中心に見てきましたが、今回はインテリアを見てみましょう。

09_20130818153041958.jpg
※写真は2013年5月に撮影したものです。

例によってインプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口なコメントが含まれることがありますので、気分を害される可能性のある方はご遠慮ください。



ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓






ドアを開けて乗り込みます。

HS250hには当たり前のようにカーテシランプがついています。

01_20130818153014962.jpg

最近のレクサス車ではコストダウンのために省略されつつあります。
価格帯によりけりなんだとおもいますが、これはレクサス車なら全車に装備してほしいものです。





フロントシートの眺めはとってもルーミー!

07_201308181530380f6.jpg

HSは天井高が高いので室内がとても広いです。
アイボリーのシートカラーが明るい雰囲気でとても気持ちいいですね。
レクサスはプラスチックの選び方などの質感の演出がイイです。



シート形状も、「スポーツ走行を意識したサポート性云々…」というよりは、ゆったりと座れる形状になっています。

06_201308181530378cd.jpg

すべての車がスポーツ性能を意識する必要はありませんからね。
こういったルーミーで快適な居住性を追求したセダンって、そういえばあまり無いかもしれませんね。
売れ行きが思いの外安定している理由もそこにあるのかもしれません。




インパネのデザインとマテリアルの選び方はさすがレクサスと言った雰囲気。
落ち着いていながら質感が良いのがパッと見でわかります。

04_20130818153019efc.jpg

木目調パネルやメッキパーツを乱発しないでこの質感を出すのはなかなか容易では無いと思います。
ペカペカな木目調パネルとかは、個人的には古臭くて好きではありませんので、こういったテイストのほうが歓迎です。



インパネも、細かい部分がマイナーチェンジで変更になっています。




こちらがマイナーチェンジ前。

b1fbfa1a6f.jpg





そしてこちらがマイナーチェンジ後。

26fda9c1b8_201308192352090f5.jpg




ぱっと見変わっていないようにも見えますが…




a7634b918b.jpg

↑マイナーチェンジ前

↓マイナーチェンジ後

755e9b2df4.jpg

オーディオノブがシルバー化したり、インパネ表面のプラスチックがヘアライン加工になっていたり、細かい質感が向上しています。





また、リモートタッチ部分も変更されています。

a954f5667a.jpg

↑マイナーチェンジ前

↓マイナーチェンジ後

97425f56c6.jpg

ハイブリッドを主張していたのか、青いパーツがありましたが、マイナーチェンジで無くなりました。
マイナーチェンジ後のほうがシンプルで好みです。






小さい変更ですが、スマホなど小物入れが増えました。

7b4b6e86c6.jpg

↑マイナーチェンジ前

↓マイナーチェンジ後

80eb88a8b2.jpg

細かい変更ですが、実用性の高い収納だと思います。







後席も見てみましょう。
言わずもがな広いですね。

05_20130818153035db2.jpg

バージョンCでもリアのスカッフプレートはちゃんとメタルパネルが付いてます。
ISもこの辺りはちゃんとしておいて欲しかった…




とまあ、ざっくりとではありますが、フォトインプレッションをしてみました。
いかがだったでしょうか?

目立つコストダウンもそれほど無く、広くルーミーな室内空間を持つセダンは、他にはない魅力だと思いました。
今回のマイナーチェンジでHS250hにもパフォーマンスダンパーが装備され、走りの質感も向上したとのことですし、今一度HS250hの商品性を再認識いたしました。






ちなみにこちらの展示車はバージョンCでした。

f918893fbe.jpg

いろいろ込みで456万円、バージョンCの本体価格は436万円から。
これを高いと考えるか、CT200hのバージョンLが433万円から…とその差が縮まっているのでお値頃と考えるか…。
とは言え、IS250のベースグレードが、減税など無いものの420万円から…。
うーん悩ましい(笑)

皆さんはどう思いましたか?











ここで私の経験談ですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたします。


何故かというと、軽い気持ちでとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。







買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


かんたん車査定ガイド
















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント