MINI CLUBMAN(ミニクラブマン)試乗しました!後席の実用性は先代比250%以上ww

MINI CLUBMAN(ミニクラブマン)のディーゼルモデルに試乗させていただいていました!という話の3回目です。

前回は新型MINI Clubman(ミニクラブマン F54)のエクステリアと運転席周りを見てみました↓

MINI CLUBMAN(ミニクラブマン)試乗しました!エクステリアの評価は?ディーゼル&JCW(F54)

MINI CLUBMAN(ミニクラブマン)試乗しました!内装も素晴らしい!JCW(F54)

今回はその続きでディーラーに展示してあったジョン・クーパー・ワークス(JCW)の後席やラゲッジをレポートしたいと思います!

MINICLUBMAN23.jpg


MINIの内装はカスタマイズできる箇所が多すぎてどこまでがオプションかはわかりませんが、その質感は間違いなく良いものです。こういう質感って、国産車じゃちょっと見られないですよねぇ…
その内装を画像で細かく見てみたいと思います!


以前にお届けした、ミニクロスオーバーの記事も良かったらどうぞ!

2017新型MINI CROSSOVER(ミニクロスオーバー)試乗しました!価格は386万円から!エクステリアをチェック!(F60)

2017新型MINI CROSSOVER(ミニクロスオーバー)試乗しました!内装はオシャレで質感高い!所有欲をくすぐるw(F60)

2017新型MINI CROSSOVER(ミニクロスオーバー)試乗しました!後席やラゲッジの実用性の評価は?(F60)

2017新型ミニクロスオーバー試乗しました!ディーゼル最高!見た目で逆に損してるw(F60)

2017新型ミニクロスオーバーの価格は高いか?!見積もりました!コミコミ価格や値引きは?(F60)



「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
1日1クリック、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





ではさっそく前回の続きからということで、MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN(ジョン・クーパー・ワークス クラブマン)の前席の続きから。

MINICLUBMAN28.jpg
↑クリックで拡大します。

前回お届けしていなかった、センターコンソールを見てみましょう。

MINICLUBMAN34.jpg

センターコンソールはアームレストになっていて、開けるとトレーになっています。

MINICLUBMAN33.jpg

チェックの模様がこれまたオシャレ。

そして、トレーも開けることが出来、二重底になっています。

MINICLUBMAN32.jpg

こっちの底にもチェックの模様が。
収納力は意外とありますね。


さて続いては、MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN(ジョン・クーパー・ワークス クラブマン)の助手席のほうを見てみましょう。

MINICLUBMAN36.jpg

ちなみに、BMWやMINIがすごいのは、フロアマットが標準装備です!!
どこぞのメーカーみたいに数万円取られるなんてこともなく、最初から本体価格に含まれているという良心設計。
ただその分本体価格に乗せられてるという噂もありますが^^;

MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN(ジョン・クーパー・ワークス クラブマン)のダッシュボードも低く抑えられていて、ミニクロスオーバーより圧迫感がないのは良いですね。

ピアノブラック調のインテリアサーフィスは標準装備です。

MINICLUBMAN35.jpg

グローブボックスを開けるとこんな感じです。
広さは普通です。



続いて、MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN(ジョン・クーパー・ワークス クラブマン)の後席を見てみましょう!

MINICLUBMAN31.jpg

何と言っても、今回の新型ミニクラブマン(F54)以降、リアドアが付いたのがまず大きな違いです。
先代ミニクラブマンは、2ドア+観音開きのクラブドアだったので、実用性は通常のMINIの3ドア+αと言う感じで乗降性はイマイチでした。
それが今回のモデルチェンジで、クラブドアを廃止しリアドアが付きました
これは実用面では大きな違いです。

リアドア内側を見てみましょう。

MINICLUBMAN30.jpg

こちらも鋳造性ヒンジで支えられ、剛性感はバッチリ。
インテリアサーフィスも付いてスイッチ類もメッキ加飾されていて、質感は担保されています。


続いて、後席足元を見てみましょう。

MINICLUBMAN29.jpg

通常のMINIにも5ドアがデビューしたので、新型ミニクラブマンはさらにロングボディ化して居住性を高めています。
全長で先代比30cm近く拡大した恩恵は、後席足元に現れています。

この写真だけ見せられたら、MINIクラブマンの後席とは思えないほど広いですよね。
Eセグセダン並の後席空間です。


MINIクラブマンの後席シートにはアームレストまで完備しています。

MINICLUBMAN25.jpg

ドリンクホルダー付き。
実用性もしっかり担保されていますね!
プレミアムCセグ車でも、後席アームレストが廃止されたりしている昨今では、MINIクラブマンは立派だと思います。
意外とアウディA3あたりと競合するかもしれませんね。

キャラクターが明確に違うので一概に比較できませんが、どちらもそれぞれ良さがあります。
(アウディA3:安全性や先進装備、MINIクラブマン:ドライバビリティや質感・リセール)

2017 アウディA3 マイナーチェンジ 試乗レポート!内装にはアレとアレが追加!

2017 アウディA3 マイナーチェンジ 試乗しました!後席とラゲッジの評価は?

アウディA3のレポートもいくつか行ってますので、そちらもどうぞ。


続いて、MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN(ジョン・クーパー・ワークス クラブマン)のセンターコンソール後端ですが、こちらにはエアコンの吹き出し口が付いています。

MINICLUBMAN27.jpg

後席も快適に過ごせますね。
Cセグハッチバックを検討するなら、MINIクラブマンも選択肢に入れて良さそうです。

MINI ONE Clubmanなら296万円からですからね。



さて続いては、クラブマンのラゲッジスペースを見てみましょう。

MINICLUBMAN24.jpg

まずはバックドアですが、これがクラブマン伝統の観音開きとなっています。

イージーオープナー機能付きコンフォートアクセス・システムがついていれば、バンパー下部に足先を入れるとバックドアが自動でオープンします。
近づきすぎるとボディブローをくらいますので注意(笑)

バックドアを開けるとこんな感じです。

MINICLUBMAN23.jpg

開閉感はとても軽く操作性は悪くないのですが、使い勝手の面から考えるとあまりメリットはありません。
片側からしか開きませんし、何より中央で分割されているので後方視界が妨げられてしまうというデメリットがあります。

でもそこに拘ってこそのMINIなのかもしれません。



MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN(ジョン・クーパー・ワークス クラブマン)のラゲッジスペースを見てみましょう。

MINICLUBMAN22.jpg

これが意外にも結構広いです!
ラゲッジ容量はハッチバックのMINI5ドアよりも約80L多い360Lとなっています。

新型ミニクロスオーバーのラゲッジ容量は450Lとなるのでそれよりは狭いですが、360Lあれば十分とも言えますね。

2017新型MINI CROSSOVER(ミニクロスオーバー)試乗しました!後席やラゲッジの実用性の評価は?(F60)


ラゲッジアンダーはこんな感じです。

MINICLUBMAN21.jpg

結構な深さと広さのラゲッジアンダートレイがありました。




新型ミニクラブマンは、リアシートを倒すと最大1,250Lまでラゲッジスペースが拡張可能。

MINICLUBMAN20.jpg

これは広大ですね!
しかもフラットにツライチで繋がるのが実用性が高い!
下手なSUVよりもよっぽど使い勝手が良いかもしれません。
ワゴンライクに使えるのが、このMINIクラブマンの良いところですね。

4:2:4で分割可倒なので、長尺モノを入れても4人乗車も可能です。



と言った感じで、MINI JOHN COOPER WORKS CLUBMAN(ジョン・クーパー・ワークス クラブマン)の後席やラゲッジスペースを見てみましたがいかがでしたか?

個人的な感想としては、「MINIなのに実用性も十分!先代比250%以上!w」と思いました。
従来のMINIのイメージでは、「オシャレだけど色々と我慢が必要」という印象でしたが、この新型MINIクラブマンでは、我慢どころか下手なCセグハッチバックよりも快適性が高いです。
クラブドアを廃止して普通にリアドアが付いたので、その時点でも実用性は先代以上ですが、30cm近く伸びた全長のおかげで、後席足元もEセグセダン並に広くなって、実用面では先代比250%は硬いでしょう(笑)
フラットになる荷室も◎。

内装の質感面でもネオクラシカルなセンスの良さと、カスタマイズできるインテリアサーフィスのお陰で自分好みにできるのが良いですね。
内装は黒しか選べないという輸入車が多い昨今では、この自由度はとても魅力的。
しかもMINIはアフターパーツも豊富なので、納車されてから時間をかけてカスタマイズするという楽しみ方もあるのが良いですね。

MINI ONE以外のグレードにはナビも標準装備なので、コスパも思いのほか良いです。
そして一番の魅力はその走りとなりますが…
それは次回以降でレポートしたいと思います!
お楽しみに^^

ワンダー速報は毎日21時更新!
不定期で12時にも追加更新していますので、12時と21時にチェックしてみてくださいね^^


MINI Clubman(ミニクラブマン)が気になる方はお近くのMINIディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
埼玉南部や東京北部エリアにお住まいの方なら、MINI浦和で営業マンの荒井さんという方を捕まえて「ブログを見た」というと何か良いことがあるかもしれませんよ(笑)


とその前に、新型ミニクラブマンなど新車の購入を検討中の方は、今のうちからネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定



ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^


かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果wwww輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


かんたん車査定ガイド









ミニクラブマンの動画がありましたので共有しておきますね!







ご興味ある方はどうぞ!

では次回のワンダー速報もお楽しみに!









関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

いつも楽しみにしてます、特にクラブマンのレポート楽しみにしてました!
観音開きは閉めるときに上に伸びなくていいので、シャツがズボンから出ないとか、女性はおなかやヘソのチラリを気にしなくていいという地味な利点があるそうです。
片側横開きだとスペースもいりますし。
まあこんな理屈は抜きで見た目にこだわるミニなんでしょうけど笑
はじめまして
素晴らしい壁紙ですね。
なかなかここまでのクオリティは無いと感じます。
突然で申し訳ないのですが、壁紙にありますアルファードとヴェルフィヤの壁紙を加工してホームページのバナーに加工したいのですが、管理人様の許可をいただけないでしょうか?
クルマ関連のホームページを制作中でして、どうしてもアルファードとヴェルフィヤの写真は不可欠でございます。もちろん完成しましたらURLもご連絡致しますので何卒お許しを願えないでしょうか?
Re: タイトルなし
クラブマン乗りさん、コメントありがとうございます。

いつもありがとうございます^^
観音開きのドアは女性に優しいんですね(笑)
伝統を守っているというのが本当のところかもしれませんね。
そういうところが良いのでしょうね^^
Re: はじめまして
nikoさん、コメントありがとうございます。

お褒めいただきありがとうございます。
まずはサイトを確認させていただければと思います。
PCサイトにはメールフォームがありますのでそちらからお問い合わせいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント