ホンダ N-ONE 試乗してきました 軽の枠を超えたインテリア

売れていると話題のホンダの軽自動車、N-ONEの試乗インプレッション第2回です。


前回はエクステリアを中心に見て来ましたので、今回はインテリアを見てみましょう。

I_20130801011030468.jpg

例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想です。
一部辛口なコメントが含まれることがありますので、気分を害される可能性がある方はご遠慮ください。


ご了承される方のみ、続きをどうぞ。


 
 

さっそくドアを開けて乗り込んでみましょう。

11_20130803221119158.jpg

こちらはN-ONEのプレミアム ツアラーLパッケージという最上位モデル。
(上に写真アップした白いものとは別のモデルです)

木目調のパネルにメッキパーツ、エンジ色のパネルなど、軽自動車とは思えないくらい質感は高いですね。




一方、素のベースグレードGになるとこんな感じ。

02_20130803220924853.jpg

一気にプラスチッキーになり、現実的な軽自動車になりました^^;
価格差が40万円近くあるので、それも致し方なしか。





パネルのスキマ、ネジ穴など気になるところも無いわけではありませんが、それでも一昔前の鉄板むき出しなどに比べたら雲泥の差です。

01_20130803220922675.jpg

115万円からという価格を考えたら十分ではないでしょうか。





プレミアムの前席です。

15_20130803221126dfe.jpg

こちらのモデルにはディーラーオプションで木目調パネルがさらに追加してあるみたい。



この木目調パネルよりも標準のパネルのほうがおとなしい木目で好みです。
あんまり明るい木目はいかにも「木目調」っぽくてあまり好きではありません。

13_20130803221123f10.jpg

ボタン類の配置や質感は悪く無いですね。
えんじ色のパネルも、プラの質感自体はそれほど高くありませんが、配色のセンスが良いため気になりません。






プレミアムのLパッケージには革巻きステアリングにボタン類も付いてきます。

12_20130803221121776.jpg

パドルシフトやクルーズコントロールまで完備!
上級車についてくるような装備が軽自動車にまで最近はついてくるんですね。
驚きました。

Lパッケージのハンドル周りの質感もクラスを超えた仕上がり。
プレミアムでLパッケージだと139万円からのお値段ですが、これはちょっと付けたくなる装備ですね。





メーターも質感は高いですね。

16_20130804084606bbe.jpg

フル液晶とかではありませんが、色使いやデザインがホンダチックで未来的な感じなので安っぽさは全然感じません。
輝度の高いメーターは視認性もバッチリ。




ベースグレードのGだとこんな感じ…

03_201308032343187c5.jpg

といっても写真が悪くて伝わりませんね^^;
ハンドルのボタンがないのくらいは伝わるでしょうか^^;





プレミアムのLパッケージのインテリアの全体観はこんな感じ。

05_20130803220928fda.jpg

軽自動車でも質感がとても良いと思います。
お値段も軽自動車にしてはお高くなりますが。

デザインもどこかフューチャーレトロっぽくて、懐かしさとおしゃれ感が上手く融合していると思いました。

エンジンもプッシュスタート式。








リアシートも見てみましょう。

09_201308032210533a7.jpg

リアドアもLパッケージだと結構質感悪くないです。





足元空間は超広々!!

10_20130803221054b0c.jpg

運転席は身長173cmの私のドラポジにセットしてこの状態です。
Cセグメント車を中心にインプレして来ましたが、さすがに国産車の面目躍如といいますか、外車でこのクラスを確保している車ってあんまりないですよね。

箱型ではないN-ONEでもここまでの広さとは正直驚きました。

聞けばホイールベースは現行フィットよりも長いとか。
どうりで広々しているわけだ。
軽自動車のパッケージングってすごいなぁ。

シートバックポケットも完備されていますね。





さらにすごいのが、センタータンクレイアウトを採用しているホンダ車だからこそ、リアシートを跳ね上げることができます。

04_20130803234320470.jpg

するとこんなに広々とした荷室空間に早変わり。
汚れ物や折りたたみ自転車などを収納するには便利そうですね。





ラゲッジも見てみましょう。

08_20130803221051362.jpg

リアシートを通常の状態にしているとこのくらいのスペース。

軽自動車なので横幅は無いですが、奥行きは結構実用的なスペースを確保しています。






荷室の床下にはちょっとした収納も完備。

07_20130803221050985.jpg

こういうかゆいところに手が届くのが国産車ならでは。
ちょっとした収納でも有ると無しでは全然違います。
傘とか収納するには便利そう。





さらに、リアシートを倒せば、広々とした空間が出現!

06_20130803221048078.jpg

広い!!しかもフラット!
ソファくらいなら積めちゃいそうです。
軽く仮眠をするときなども、横になれそうですね(笑)





と、N-ONEのインテリアを見て来ましたが、そのユーティリティの高さには驚きました。
久しくこういったユーティリティの高いクルマに乗ってなかったので軽くカルチャーショックです(笑)
箱型デザインでないN-ONEですらこの広さと使い勝手なので、N-BOXなどでは更に広く使い勝手もいいんでしょうね。
ちょっと興味が出て来ました(笑)





インテリアの印象としましては、プレミアムのLパッケージは軽の枠を超えた質感で、上位クラスからの乗り換えでもそれほど不満を感じることもないだろうというくらいの質感は担保されていますし、ベースグレードもマテリアルはプレスチックになりますが、デザイン自体は同じなので広々としてフューチャーレトロを感じさせるデザインは悪く無いと思います。


最近の軽自動車の質感には驚かせれつつも、150万からの値付けだったら上のリッターカークラスも視野に入るなと、心の葛藤を感じました^^;
ナビまでちゃんとしたものを付けるとコミコミで結構なお値段になりそうですしね。


軽一台で済ませなければいけない、という縛りがあるなら、N-ONEのプレミアムLパッケージは大変有りだと思います。

ただ、二台目や奥様用、ご近所買い物メインという用途だったら、スタンダードタイプのGでナビもオンダッシュなど安いものでイニシャルコストを抑えて乗るというのもスマートで良いなぁと思いました。

とにかく、こちらのN-ONEの商品力の高さには驚きました。
売れるのも納得です。




そして、気になるのはそのドライブフィールですが…

長くなりましたので、また次回以降に持ち越したいと思います。

つづく。







ということで、新しく車を購入しようと考えている方、とりあえず試乗してみようと思っている方、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。









買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^







かんたん車査定ガイド


















関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント