アウディQ2日本発売日は2017年4月末!価格は299万円から! すでに見積もり&予約も可能!

※2017年4月27日 続報追加!

アウディQ2の価格は高いか?! 299万円から!日本発売日は2017年4月末!グレード&装備まとめ!

アウディQ2の価格は高いか?! 見積もりました!価格は299万円から!Audi Q2発売!

上記記事も併せてどうぞ!
〜追記ココまで〜



個人的にすごく気になっている、アウディの新型コンパクトSUV、アウディQ2(Audi Q2)がそろそろ日本での発売となるようです!

すでにアウディジャパンのネット広告なども始まっていて、ついに日本での正式発売日が近づいて来ている感じがします。
一部ネットでも価格の情報が流れていますが、すでに暫定の見積もりも作れるようになってきているみたいです。

今回はそんなアウディQ2価格情報発売日などわかっていることをまとめてみたいと思います!

Audi-Q2-2017-800-16.jpg
引用元:https://www.netcarshow.com/

デビュー時期がもう半年早ければ…
C-HR買わずにアウディQ2を購入していたかも…?


「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
1日1クリック、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓





さて、まず最初に2017年に予定されているアウディQ2の発売日ですが、営業マンさんから聞いた話によると、「5月中には試乗ができるようになるのでは?」とのことでしたので、日本での正式発表はそれより前の4月末くらい?になるのではないでしょうか。

通常、メーカーからのローンチのあと、店舗にデリバリーされるまでにしばらくかかりますので、GW期間がかぶることを考えると、その前あたりにローンチしたいところだと思います。
となると4月末が濃厚ではないでしょうか。

アウディの公式HPでも、Q2の告知がトップに表示され、Audi Q2スペシャルサイトまで立ち上がっています。
いよいよ正式発表が近づいている感じです。

すでに、問い合わせのあった方には暫定の見積もり&予約も開始されているとのことで、私も近いうちに見積もりをいただいてこようと思います。

アウディQ2の日本初期導入モデルは、新開発となる1.0LのTFSIエンジンと、1.4LのTFSIエンジンの2つのパワートレインとなるみたいです。

1.0Lって!!?

軽自動車と変わらないんじゃない?!って心配になりますが、フォルクスワーゲングループでは車重の重いパサートやシャランですら1.4Lのエンジンで賄っているので、Q2なら1.0Lでも大丈夫なのではないでしょうか。
これは実際に乗ってみないと判断ができませんが。

やはりダウンサイジングターボに関しては、フォルクスワーゲングループは日本勢の2歩先くらいを進んでいますね。
これは期待せざるを得ません!
燃費的にもおそらくかなり良い数字になるのではないでしょうか。

そして、気になるアウディQ2の価格ですが、一部ネットでは約300万円との噂もありますが、アウディQ2の1.0L TFISモデルの価格は、数字的なインパクトを出すためにギリギリ300万円を切る299.0万円でデビューするようです。

ただ、松竹梅のにあたる最廉価モデルは、どのメーカーも装備が簡素化された受注生産レベルの客引きモデルと予想できますので、必要装備をオプション追加などしていくと、結局350万円くらいの価格感になるのではないかと思われます。


松竹梅のにあたる中間グレードが1.0L TFSI SPORTという装備が充実したモデル。

1.0L TFSI SPORTの価格は、364.0万円となります。
装備を考えると、結局中間グレードを買ったほうがお買い得ということになりそうです。

Audi-Q2-2017-800-40.jpg
引用元:https://www.netcarshow.com/

松竹梅のにあたるのが、1.4L TFSI SPORTというグレードになるようで、こちらが405.0万円くらいではないでしょうか。

こちらはシリンダーオンデマンドという技術が採用され、高速道路でのクルージング走行中など、定速走行でのエンジンの低負荷時に、4気筒のうち2気筒を自動的に停止するシステム。
CO2排出量の削減と燃料消費の低減に大きく貢献するとのことで、パワーと燃費を両立したいなら、こちらの1.4L TFSIモデルを選ぶが吉でしょうか。

ただ、アウディA4の時にそうだったように、車両本体価格にオプションなどを付けていくとかなり高額になってしまいそうなので、アウディQ2ではそうならないと良いなぁと願いつつ…

新型アウディA4の価格は本当に高いのか?!見積りました!

Q2_03.jpg

アウディQ2のエクステリアが発表された当初は「コレジャナイ!」感が強かったのですが、よくよく見てみるとなかなかカッコイイ。
そしてサイズ感も全長4,191mm×全幅1,794mm×全高1,508mmとBセグよりはちょっと大きいですが取り回しは良さそう。

トヨタのC-HRのサイズが、全長4,350mm×全幅1,795mm×全高1,555mmなので、C-HRよりもQ2のほうがコンパクト!
C-HRよりも低い全高はスゴイですね。C-HRよりも低い全高ということは、立体駐車場もOKということ。
早く実車を見てみたいですね。

Q2_04.jpg

リアクォーターピラーなど、スタイリングは賛否両論だと思いますが、昨今のアウディのSUV顔よりはこちらのQ2のほうが好みです。



動いているアウディQ2は超かっこいいんですよねぇ。



↑動画でどうぞ。

ただ、この動画に出ている仕様は日本未導入となるようで、ホイールなどはもっと地味なものになるようです…超残念。
このホイールがカッコイイのに!!(笑)
上記にある画像のホイールも標準装備ではないようで、ディーラーオプションなら高額になりそうでガクブル…



アウディQ2内装も一部公開されていますが、なかなかGOODです。

Q2_05.jpg
↑クリックで拡大します。

内装デザインは、基本的にアウディA3を踏襲しているようです。
マテリアルは、この画像とは変わって、黒ベースになるのではないでしょうか。

先日マイナーチェンジされた、新型A3同様、電動パーキングブレーキとバーチャルコクピットが見えますね。
個人的にはそれだけでポイントは高いです(笑)
最近のアウディには車載のDCMがあるので、地図はオンデマンドで更新出来ると聞いています。

A4Sline22_20170312130509967.jpg
↑画像はA4。

さらにアウディ新型A4と同等な安全装備も備わるみたいですね。

Q2_01.jpg

新型アウディA4で搭載されていた、トラフィックジャムアシストも装備されるようです。

新型A4譲りの安全装備、バーチャルコクピット、適度なサイズ感、流行りのSUVルック、電動パーキングブレーキ、となると私の理想としているものはすべて入っているのがこのアウディQ2になりそう。
ほんと、タイミングさえ合っていれば、欲しい一台だったんですが…
乗り換えるか?(笑)

とは言え、気になるのは価格ですね。
アウディQ2コミコミ価格やオプション設定がどうなるかが気になるところです。
近いうちに見積もりを取って来たいと思います!
今後もアウディQ2の情報が入り次第、ワンダー速報でもレポートしていきますので、アウディQ2に興味がある方はブックマークして毎日21時の更新をお楽しみに^^



営業マンさんから聞いた話だと、アウディQ2の初期導入ロットが意外と台数が少ないみたいで、初期ロットに漏れると船便の関係で納車待ちが長くなる可能性がありそうです。
Q2が気になっている人は、早めに動いたほうが良いかもしれませんね…

いつも取材に協力していただいているアウディさいたまさんの「大山さん」という営業マンを捕まえて「ブログを見た」というとちょっと良い事があるかもしれません(笑)
さいたま近郊にお住まいで、まだアウディに行ったこと無い一見さんなら、アウディさいたまに行ってみてはいかがでしょうか^^
普通の一見客より、良いことあるかもしれませんよ…

すでにアウディQ2の見積もり&予約も解禁しているみたいなので、気になる人はお早めにお近くのアウディディーラーまで足を運んでみてはいかがでしょうか。

とその前に、アウディQ2など新車の購入を検討中の方は、ディーラーに行く前に(もしくは行ったあとでも)ネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定



ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^


かんたん車査定ガイド






自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果wwww輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


かんたん車査定ガイド









アウディQ2の動画がありましたので共有しておきますね!









ご興味ある方はどうぞ!

では次回のワンダー速報もお楽しみに!








関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
あの動画のモデルで興味持ってたので
日本導入してほしい限りです

あとで追加してくれないかなぁ
ティグアンみたいに最初は出し渋るのでしょうか
Re: No title
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

私もあの動画で興味を持っていたのですが…
あのカラーやホイールは日本導入モデルでは未設定の模様。
ホイールだけはディーラーオプションで付けられるかもしれませんが、40万円以上かかってしまいそうな悪寒…
イメージ戦略的には一番かっこいい状態のを初期ロットで持ってきたほうが良いのに。
特にCMで使っているのに選べないとなったら、がっかり感が半端ないです。

アウディジャパンには出し惜しみしない戦略を期待したいと思います!!

コメントの投稿

非公開コメント