【比較】トヨタC-HR(CHR)VS マツダ新型CX-5(CX5)【第2弾】装備はどっちが優れてる?

2016年12月14日に正式発売日を迎えるトヨタの新型SUV「C-HR(CHR)」!
そして2017年2月にフルモデルチェンジで発売予定となっている、マツダの「新型CX-5(CX5)」!

サイズが違う2台ですが、価格感は同じくらいのレンジになっており、意外と競合するのでは?ということでリクエストにお応えして、「トヨタC−HR vs マツダ新型CX-5」の比較対決をしています!今回はその2回目です!

前回はトヨタC-HRとマツダ新型CX-5の比較として、サイズと価格をレポートしてみました↓

【比較】トヨタC-HR(CHR)VS マツダ新型CX-5(CX5)【第一弾】サイズや価格感は?!

CX5CHR.jpg


今回は第2弾として、装備の比較をしてみたいと思います!
個人的には、ココが意外と重要だったりします。


ワンダー速報ではこれからも新型CX-5C-HRの情報を配信していきますので、過去に投稿した記事や、これから加筆される最新情報なども、以下の関連記事一覧でチェックしてみて下さい↓

マツダCX-5関連記事一覧

トヨタC-HR関連記事一覧

ワンダー速報は毎日21時更新!C-HRやCX-5の情報が気になる方は毎日チェックしてみてください^^


「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^



※例によって、記事内の感想、評判、評価、口コミ、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。




まずは、前回のおさらいで、トヨタC-HRのサイズから復習してみましょう。

C-HR(ハイブリッド)のサイズは、

全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550mm

となっています。

CHR00_201612031157389a9.jpg

全幅も1.8m以下のコンパクトSUVといえるサイズ感で、ハイブリッドモデルの1.55mの全高は、マンションなどの立体駐車場にも収まるサイズです。


一方、マツダの新型CX-5のサイズは、

全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mm

先代CX-5よりも、全長が5mm拡大し、全高が15mm縮小されています。
全高が抑えられたことで、ワイド&ロー感が増しています。

P1J13627s.jpg


両車を比較すると、C-HRのほうがCX-5よりも、185mm短く、45mm狭く、140mm低くなっています。

18cmくらい短くて、14cm低いとなると、一回り以上小さい印象となります。
ココまで違うと、カテゴリーがまったく異なりそう。

でも、意外と価格はそこまで違わないんですよね。

続いて、トヨタC-HR(CHR)の価格情報もおさらいです。

C-HR 1.2Lターボ(4WDのみ)
S-T 251.6万円〜
G-T 277.5万円〜

C-HR 1.8Lハイブリッド (FFのみ)
S 264.6万円〜
G 290.5万円〜


C-HRは、1.2Lターボは4WDのみ、1.8LハイブリッドはFFのみというシンプルな構成となっています。
これは、発売当初は納車待ち期間が長くなりすぎないように、展開を絞って出しているのが要因だそうで。

CHR17_20161203115741bed.jpg




一方、マツダの新型CX-5の価格情報ですが、

20s ベースグレード(FF) 246.2万円~
20s プロアクティブ(FF) 268.9万円~


25s L package(FF) 298.6万円~

25s ベースグレード(4WD) 268.9万円~
25s プロアクティブ(4WD) 291.6万円~
25s L package(4WD) 321.3万円~


XD ベースグレード(FF) 277.5万円~
XD プロアクティブ(FF) 300.2万円~
XD L package(FF) 329.9万円~


XD ベースグレード(4WD) 300.2万円~
XD プロアクティブ(4WD) 320.7万円~
XD L package(4WD) 352.6万円~


とかなりバリエーションの多い展開となっています。


CX-5 20sが2.0LのNAエンジン
CX-5 25sが2.5LのNAエンジン
CX-5 XDが、2.2Lのディーゼルターボエンジン

という3つのパワートレインに、FFと4WDの駆動方式で展開し、ユーザーの選択肢は豊富です。

P1J13622s.jpg



価格レンジだけで見てみると、

トヨタ C-HRが251.6万円〜290.5万円

マツダ 新型CX-5が246.2万円〜352.6万円


となっています。

細かく比較してみると、
売れ線になりそうなグレードの価格感が似ています。

C-HR 1.8Lハイブリッド(FF)G 290.5万円〜

CX-5 XD PROACTIVE(FF)300.2万円~


が価格差10万円以内です。
しかも、マツダコネクトナビはSDでインストールするタイプで5万円以下で済むことから、ナビなどコミコミ価格はさらに縮小します。

さらに詳しい価格比較は前回記事をご参照下さい。






おさらいはこのくらいで、トヨタC-HRとマツダ新型CX-5装備の比較編に入りたいと思います。

まず、トヨタC-HRの主要な装備を挙げてみましょう。

CHR35_20161203134547579.jpg


・電動パーキングブレーキ
・ブレーキオートホールド機能
・全車速追従レーダークルーズコントロール
・ステアリング制御付きレーンデパーチャーアラート
・プリクラッシュセーフティシステム
・オートマチックハイビーム
・ブラインドスポットモニター
・シーケンシャルターンシグナル(G、G-Tにオプション)
・T-CONNECTナビ(ディーラーオプション)



他にもまだまだありますが、ワンダー速報的に注目している装備はこんな感じと言ったところ。

やはり電動パーキングブレーキとブレーキオートホールド機能は価値ある装備ですね!

CHR37_20161204105344837.jpg

トヨタとしてはまだ導入している車種も限られていますから、かなりの英断だったと思います。
ベースとなっている新型プリウスにも装備されていませんし、今後デビューするプリウスPHVにも装備されません。

この電動パーキングブレーキ&ブレーキオートホールド機能があることで、全車速追従のレーダークルーズコントロールの制御もやりやすくなってるんじゃないかな?
高速の渋滞時など、アクセルやブレーキから足を離した状態でも、前車両に追従し、完全停止までサポートされます。
前の車が進んだら、クルーズコントロールのレバーを入れれば(もしくはアクセルを一度ポンと踏めば)、再度追従が開始されます。
これはとても疲労軽減に役立ちます。
ただし過信は禁物ですので、いつでも注意は必要ですけどね。

そして、車線逸脱警報である「レーンディパーチャーアラート」は、C-HRではステアリング制御機能付き!
車線をはみ出しそうになったときには、ステアリングがクイクイとレーン中央に戻るような動作が入ります。
これも過信は禁物ですので、あくまでサポート程度に思っておいたほうが良いと思います。

これらの最新のトヨタセーフティセンスPが付いているトヨタ車は、2016年末現在ではC-HRのみとなっています。

アルファード・ヴェルファイアやクラウン、ハリアーやランクルなどよりも!です。
アルファード・ヴェルファイアには電動パーキングブレーキとブレーキのオートホールド機能、全車速追従のレーダークルーズコントロールは備わりますが、ブラインドスポットモニターやステアリング制御付きのレーンディパーチャーアラートはありません。
クラウンやハリアーには電動パーキングブレーキがありませんし、全車速追従のレーダークルーズコントロールは備わりません。

つまり、C-HRがトヨタの中では一番安全装備が充実していることになります。



あと、流れるウインカーである「シーケンシャルターンシグナル」はトヨタでは初採用!

CHR06_201612041055432af.jpg

こちらは上位グレードG、G-Tにオプションですが、見た目的にユニークで目立つので付ける方は多いのではないでしょうか。
流れるウインカーは、アウディ・レクサスの一部車種(とデコトラw)くらいしか見たこと無いので、非常に目立つと思います(笑)
残念ながら、C-HRのリアウインカーは流れません。



あと、何故オプションで用意される「T-CONNECTナビ」が入っているかというと、これはC-HRに限ったことではないんですが、T-CONNECTナビはレクサスで言うところの「G-Link」相当の機能が使えるからです。
地図が随時更新できる「マップオンデマンド」や、コールセンターの人間に実際に喋ってナビ設定や調べ物をお願いできる「オペレーターサービス」などは、レクサスオーナーなら使ったことはあるかもしれませんが、とても便利です
地図が好きなときにお金もかからずに更新できるのは、一度味わうとそれ以外のナビは煩わしく感じるほど。

ちなみにDCMという車載の通信機付きのT-CONNECTナビだと、レクサスの3年間無料とは違いますが通信料も1年間は無料です。
それ以外のT-CONNECTナビだと、スマホと接続したり、Wifiスポットに行く必要があるのでちょっと不便になります。

詳しくはT-CONNECTの公式ページ、もしくはディーラーにてご確認ください。






続いて、マツダの新型CX-5の主要な装備を挙げてみましょう。

P1J13719s.jpg

・電動パーキングブレーキ
・ブレーキオートホールド機能
・全車速追従レーダークルーズコントロール
・車線逸脱警報&レーンキープアシストシステム(ステアリング制御付き)
・プリクラッシュセーフティシステム
・アダプティブヘッドライトシステム
・ブラインドスポットモニター
・フロントガラス投影アクティブドライビングディスプレイ
・BOSEサウンドシステム(メーカーオプション)


他にもまだまだありますが、ワンダー速報的に注目している装備はこんな感じと言ったところ。
しかもまだパンフレット等がないので、オプションかそうでないかは未確認の情報も含みますのでご容赦下さい。

マツダとしても、この新型CX-5はトピック満載です!
電動パーキングブレーキは、アクセラ22XDや先代CX-5、アテンザにも採用されていましたが、ブレーキのオートホールド機能が付いたのは、日本国内ではこの新型CX-5が初となります!

P1J13641l.jpg

そしてマツダレーダークルーズコントロールが全車速対応になるのも、新型CX-5が初!

ワンダー速報では、電動パーキングブレーキ&ブレーキオートホールド機能に関しては毎回重要視していましたが、今回のCX-5からそれらを満たすことになりました。
C-HRと同等の装備となりますが、これは純粋に嬉しいですね。

「車線逸脱警報&レーンキープアシストシステム」は、ライントレースするステアリング制御機能も備わります

さらに、新型CX-5が優れている点としては、アダプティブヘッドライトが採用されている点。

P1J13616s.jpg

これは対向車が眩しくないように、対向車の部分だけを遮光するシステム。
アクセラが4クラスタ、デミオがそれを超える11クラスタでLEDの配光を制御することで話題になりましたが、新型CX-5では12クラスタで適正に配光します。

C-HRではオートマチックハイビームに留まるので、この点ではCX-5のほうが優れています。
一方で、流れるウインカーは、C-HRのみとなります。




さらに、CX-5でのトピックは、アクティブドライビングディスプレイ(ヘッドアップディスプレイ)がマツダとしては初となる、フロントガラス投影タイプになります!
今までは、アクリル板がメーターフードの上にニョキッと立ち上がっていましたが、これが改められたものです。
レクサスや欧州車ではお馴染みですが、やっぱりフロントガラスに直接投影したほうが見やすいです。

個人的に良いなと思っているのが、マツダのアクティブドライビングディスプレイには、ブラインドスポットモニタと連動して、左右斜め後方に車がいるときに、ミラーだけではなく、アクティブドライビングディスプレイ内にも表示があること。
視線の移動が少なくて済むのでこれは他のメーカーでも有れば良いのにと思う機能です(2016年アクセラ以降のカラーアクティブドライビングディスプレイのモデル)。

C-HRにはヘッドアップディスプレイの設定はありませんので、この点でもCX-5が優れます。



また、マツダではおなじみですがBOSEのサウンドシステムが用意されるのもポイント。
今回はこのBOSEサウンドシステムにはかなり力が入っているみたいで、先行でCX-5を見てきた営業マンさんの弁では、「ちょっと聴いただけでもこのBOSEはスゴイとわかる!これのためにCX-5買っても良い。」と言うくらい音質が向上しているとのこと。
そこまで言われるとちょっと気になりますね(笑)

対するC-HRには音質面でのオプションは、海外ではJBLのプレミアムサウンドシステムが用意されたりするみたいですが
日本発売当初では用意がありません。

細かいところでは、CX-5には用意される電動テールゲートですが、C-HRには設定がないなど、CX-5の装備のほうが充実している感はあります。




と言った感じで、ワンダー速報で気になる装備面で、C-HRとCX-5を比較してみましたがいかがでしたか?

クラスが違うので一概に比較できませんが、価格が似てくることから装備面での違いを見てみましたが、どちらも電動パーキングブレーキやブレーキのオートホールド機能、全車速追従のレーダークルーズコントロールを装備するなど、ライバルにはない魅力があるSUVだと思います。

ヴェゼルには電動パーキングブレーキとブレーキのオートホールド機能は備わりますが、全車速追従のレーダークルーズがありません。
それらがすべてついている国産SUVとなると、レクサスNX以上となってしまいます。

その時点では、現在選べるSUVとしては、どちらも最高峰となります。

それ以外の装備の違いでは、新型CX-5の良さが光りました。
カラーヘッドアップディスプレイや、アダプティブLEDヘッドライト、BOSEのサウンドシステムや電動テールゲートなどはC-HRにない魅力となります。またディーゼルがあるのも魅力です。

一方で、C-HRはシーケンシャルターンシグナルや9インチまで選択可能なT-CONNECTナビ、パワートレインとしてハイブリッドが用意されている点などが魅力となります。

前回記事で書いた、コンパクトさを取るか、後席を含めた広さを取るか、という問題もありますが、装備面ではCX-5のほうがやや有利かと言った印象です。

【比較】トヨタC-HR(CHR)VS マツダ新型CX-5(CX5)【第一弾】サイズや価格感は?!

クラスは違いますが、価格帯が被ってきますので悩ましいところですね。

C-HRや新型CX-5を検討されている方、参考になりますでしょうか?^^

さて、次回以降の第3弾では、「ディーゼル VS ハイブリッド」などの経済性について分析してみたいと思います!
また拍手が多かったら、早めに記事にしたいと思います。
お楽しみに^^


※2016年12月10日追記!
続報アップしました!


【比較】トヨタC-HR(CHR)VS マツダ新型CX-5(CX5)【第3弾】燃費はどっちがお得?

上記記事もどうぞ!^^


さて、トヨタC-HRはすでに見積もりも契約も出来る状態となっており、バックオーダーも順調に増えているみたいです。
12月14日の正式発売以降は、さらに納期も伸びてくると思いますので、気になる方はお早めに動かれたほうがよろしいかと思います。

また、マツダ新型CX-5(CX5)も、すでに見積もりも取れる状況となっています。
しかも、関東マツダでは12月中旬までに成約した人には、「契約したCX-5と同じカラー・同じナンバーのミニカー」がプレゼントされるみたいです!
どうせ契約するならこの時期に判子押しちゃったほうが、ミニカーもらえるので良いですね。
部屋に飾ってニヤニヤ見つめるも良し、乗り換えても記念に残るし、良いプレゼントですね^^
詳しくはディーラーにてご確認ください。

トヨタC-HRやマツダ新型CX-5が気になる方は、お早めにお近くのディーラーまで足を運んでみてはいかがでしょうか?


とその前に、新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくとそれ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

ネット車買取一括査定使ってみた!買取査定必勝法の実践結果は!?デミオXDの買取価格はまさかの…


ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド










マツダ新型CX-5やトヨタC-HRの動画がありましたので共有しておきますね!









ご興味ある方はどうぞ!

では次回のワンダー速報もお楽しみに!










関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

フロントガラス投影タイプのHUDは海外のCX-9に先に装備されてますよ
CX-5の電動パーキングは、レクサス同様にシフトをPに入れたら自動でかかるタイプですか?
それともヴェゼルのように毎回ボタン操作が必要なタイプでしょうか?
車格の違うインプレッション面白いですねー。今注目の2台!
CX-5はホント素晴らしいですね!エクステリア、インテリア、そして装備。現時点では最高に感じます。コストパフォーマンスも高い!マツダ車は今まで購入したこと無いですが欲しいと思います。
CH-Rは… サイズ的に価格設定が… 
今後普及していくであろう装備が満載かもしれないけど、たがらこそ慌てて買わなくていいかなと感じてしまうのですが…(^_^;)
あのサイズならもう少し装備落として、価格を安くした方がいいようなと個人的見解です。
売れるからって、やるなトヨタ!
タンクはいい!
ドラスヨさんもしかしてC-HR契約したのちょっと後悔しちゃってます?

自分は時期早々な気がしましたけど、、
でも、アフィリエイトの収入あるからアンパイですよね♪
時期尚早ですね^^;
Re: タイトルなし
サンさん、コメントありがとうございます。

そうなんですね!

でもCX-9は日本未導入なので、日本国内では初、という意味で掲載させてもらいますね。
Re: タイトルなし
ぱぱやんさん、コメントありがとうございます。

私も試乗してないので何とも言えません^^;

アクセラ22XDはたしか、自分で毎回電動Pを押す感じだった記憶が有るような無いような…
Re: タイトルなし
トヨエースさん、コメントありがとうございます。

新型CX-5は魅力満載ですね!
ディーゼルでなくても、ガソリンエンジンでも良いと思いますし、装備面では国産SUV最高峰でしょう。

C-HRもCX-5が出るまでは最高峰だったのですが、一気に抜かれてしまった感があります。
価格も対比すると割高感が出ていますね。

プリウス同様、失速も早いかもしれませんね…
そうなるとツートンルーフやJBLなどのオプションが増えたり、LEDがSにも付けられるようになったり、買い得感のあるモデルが早々登場する可能性もあります。
Re: タイトルなし
anonymousさん、コメントありがとうございます。

ドラスヨじゃなくてドラヨスですけどねw

正直ちょっと後悔しつつも、RXとCX-5はさすがに被りすぎなので…^^;
でも良いですね、CX-5。
今一台も車がなかったとしたら、第一候補です。
マツコネ
いつも楽しく拝見&参考にさせて頂いてます。
私もC-HRのG赤を契約後にCX-5の魅力に心が揺れていますw
しかし、ナビに比重が大きいのでマツダDでマツコネに問い合わせしたところ、地図が途中で止まることもある。走行中は一切操作不可。助手席もテレビ見れない。安全の為、改造不可と営業も嘆いていました。
C-HRはバックカメラも含め50プリウスと同じ企画なので社外ナビ殆どOKです。
確かにCX-5は魅力ですが、記事ではその事には触れてません。
どう思われてますか?
Re: マツコネ
30プリさん、コメントありがとうございます。

いつも見ていただいてありがとうございます^^
CX-5に心動いていますか…私も少なからず心動いています…(笑)
でもエクステリアの斬新さとハイブリッドの楽しさでC-HRにも魅力があると思ってワクワクしています。
マツコネも出たばかりの頃よりもだいぶ改善された印象ですけどね。
私のデミオでは止まることは殆どなかったです。
トヨタのナビでも止まることは有ります。
社外ナビが付けられないのは難点ですが、5万円以下でナビがインストールできるのであればむしろ安いと思います。
後付感がなく見栄えも悪くないですしね。
ただ、7インチなのは残念。

コメントの投稿

非公開コメント