スバル新型インプレッサスポーツ見てきた!内装の質感良いぞ!

東京モーターフェスで展示してあった、スバル新型インプレッサを見て来ました!という話の2回目です!

前回は、新型インプレッサスポーツのエクステリアをインプレッションしてみました。

スバル新型インプレッサスポーツ見てきた!エクステリアの評価は??


それより以前にも、ワンダー速報では新型インプレッサG4のエクステリアのレポートをお届けしています。
その記事はこちら↓

【画像大量】2016スバル新型インプレッサG4見てきた!賛否両論のエクステリアの評価は??発売日は10月25日!


その後も、新型インプレッサ価格グレード別装備、スペックをまとめた記事も書いています↓

新型インプレッサの価格は192.2万円から!装備やスペックまとめ!発売日は10月25日!

よろしければ上記記事も併せてどうぞ^^


スバル新型インプレッサは、発売日2016年10月25日に控えていて、すでに各ディーラーでは予約や展示もしてあると思いますが、一足早く実車に乗り込んで内外装をたっぷり撮ってきましたよ!

ちなみに、10月25日に発売されるのは、2.0Lの新型インプレッサ。
それに遅れて2016年末に、1.6Lのモデルが追加になります。


今回は、前回からの続きで、新型インプレッサスポーツ内装をチェックしてみたいと思います!

IMPREZA42.jpg

果たして新型インプレッサ内装評価やいかに…?


「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^



※例によって、記事内の感想、評判、評価、口コミ、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。






新型インプレッサのすべて: モーターファン別冊

新品価格
¥540から
(2016/10/11 06:35時点)









ではさっそく、東京モーターフェスの会場に展示してあったスバル新型インプレッサスポーツを見てみましょう!

IMPREZZA01_20161010231821c83.jpg

展示してあったのは、SUBARU新型インプレッサSPORT 2.0i-L EyeSightプロトタイプ

IMPREZA12.jpg

注目度が高いみたいで、常に人が乗り込んだりしていました。



ではタイミングを見計らって、実際にSUBARU新型インプレッサSPORT 2.0i-L EyeSightプロトタイプに乗り込んでみましょう。

IMPREZA44.jpg

例によって運転席ドアの内側からチェックです。

IMPREZA43.jpg

SUBARU新型インプレッサSPORT 2.0i-L EyeSightプロトタイプのドアの内側はこんな感じ。
勝手な思い込みながらスバルは内装の質感は二の次、という印象がありましたが、今回の新型インプレッサは質感高いですね!
車両本体価格も上がっていますが、内装の質感は一昔前の欧州車よりも良いんじゃないか?というレベルまで高められています。

ドアトリム上部もしっかりソフトパッド!
肘置き部分にはステッチ入りの合成皮革もあしらわれ、ウインドウスイッチにもメッキ加飾までついています。

カーボン調のシートは好みが別れるところですが、その下のシルバー調のパネルなど、全体的にマテリアルの質感は良いです。

さらにアップでどうぞ。

IMPREZA39.jpg

スイッチ類は、赤いバックライトがスポーティですね。
これで上位グレードじゃないベースグレードの2.0i-Lというのだから素晴らしいです。



続いて、SUBARU新型インプレッサSPORT 2.0i-L EyeSightプロトタイプの運転席周りを見てみましょう。

IMPREZA42.jpg

ブラックレザーセレクションではないので、シートはファブリックです。
でもシートデザインはサポートが良さそうで凝っていますね。



SUBARU新型インプレッサSPORT 2.0i-L EyeSightプロトタイプのステアリングホイールはこんな感じです。

IMPREZA41.jpg

2.0Lのベースグレードとは言え本革巻きのステアリングホイールに、数々のステアリングスイッチ、そしてパドルシフトまで標準装備です(1.6i-Lには本革巻きはオプション)。
ステアリングスイッチには、アイサイトのクルーズコントロールの操作系も備わります。



続いて、SUBARU新型インプレッサSPORT 2.0i-L EyeSightプロトタイプのメーターですが、電源が入らなかったので点灯せず。

IMPREZA40.jpg

オーソドックスな2眼アナログメーターに、マルチインフォメーションディスプレイが備わります。
メーターリングにはメッキ処理もされていて質感に気を遣っているのがわかります。


続いては、ステアリングホイールの右側です。

IMPREZA35.jpg

こちらにはスタートスイッチやアイドリングストップOFFのスイッチなどが並びます。
プッシュ式のスターターはSUBARU新型インプレッサSPORT 2.0i-L EyeSightには標準装備。
1.6i-Lにはオプションになります。




続いて、SUBARU新型インプレッサSPORT 2.0i-L EyeSightプロトタイプの前席全景をサービスサイズでどうぞ。

IMPREZA45.jpg

↑クリックで拡大します。

SUBARU新型インプレッサのインテリアデザインは、オシャレ!という雰囲気ではなく、他のメーカーに比べるとやや無骨でオーソドックスなデザインの印象。
しかし、オーソドックスゆえ機能的にデザインされ、使いやすさがあります。

また、特筆すべきなのはそのマテリアルの使い方。
ダッシュボードにはステッチ付きのソフトパッドがあしらわれ、ニーパッドなども標準で付いており、人が触れる部分の質感が非常に良いです。

今までのスバルよりもずっと質感が高まっています。
これは下手すると、レヴォーグやレガシィなどよりも、スバル車の中では一番良いかもと思えるほど。
この新型インプレッサにはスバルの内装の進化が感じられます。



細かく見てみましょう。
まずはインパネ部分です。

IMPREZA37.jpg

ダッシュボードからニーパッドまで連続してステッチ付きのソフトパッドで覆われている辺り、このクラスの質感を超えています。
エアコン吹出口は縦のルーバーが印象的ですが、メッキパーツもあしらわれ、さらにナノイーまで付いています。
高級車さながらの装備です。



別の角度からもどうぞ。

IMPREZA38.jpg

Cセグメントの車としては、かなり質感高い部類だと思います。
アクセラが質感向上したのが記憶に新しいですが、この新型インプレッサも負けていません。

スバル車の特徴として、インパネ上部にはマルチインフォメーションディスプレイがさらに備わります。
こちらは、まさにマルチに情報を表示することができるディスプレイ。
他メーカーならヘッドアップディスプレイに表示させるような情報も、こちらに表示させることもできます。



その下には、ナビ画面がありますが、こちらはディーラーオプション。

IMPREZA36.jpg

オーディオノブにもメッキパーツがあしらわれ、とても質感が良いです。

その下にはエアコンの操作系が並びます。

IMPREZA34.jpg

ちょっとアウディを彷彿とさせるダイヤル類ですが、質感は悪くありません。
赤いバックライトはスポーティですが、他の色も選べたら良いのにな。


エアコンの操作系の下のくぼみには、USBなどのソケット類があります。

IMPREZA31.jpg

このスペースにスマホを置いて充電するのも便利です。




そしてセンターコンソールにはシフトノブと電動パーキングブレーキのスイッチがあります。

IMPREZA33.jpg

シフトノブの質感と台座部分は良いのですが、センターコンソールの素材はクラス相応か。
ここもピアノブラックやアルミ素材だったら完璧でしたが、それはちょっと高望みか^^;

それにしても何より、電動パーキングブレーキが全車標準装備というのが志が高いですね!

IMPREZA32.jpg

このクラスの常識を塗り替えてくれそうです。
これは歓迎すべき装備向上ですね。

しかし、ブレーキのオートホールドボタンは見当たりません
レヴォーグではクルーズコントロール使用時には、車が停止してもブレーキが自動で保持されましたが、クルコンを使っていないときにブレーキを保持するのはできませんでした。
新型インプレッサでも、ブレーキのオートホールドボタンがないので、同様のシステムであることも予想されます。
これは実際に試乗してみないとわかりませんので、発売されたら試乗させてもらおうかと思います。

電動パーキングブレーキの後方には、カップホルダーが備わります。

と言った感じで、新型インプレッサの運転席周りの内装を見てみましたがいかがでしたか?

個人的な感想としては、「スバルの内装がココまできたか!!」という感動すらありました。

特に驚いたのはマテリアルの質感が良いということ。
ダッシュボード上部のステッチ付きのソフトパッドであったり、ドアトリム上部までソフトパッドになっていたり、一昔では考えられないほど質感向上しています。

スイッチ類にはメッキ加飾も付いていたり、細かいところまで拘って作っているのがわかります。

これは下手すると、上位車種を喰ってしまうほどの商品力を秘めた車に仕上がっているのではないでしょうか?
そのくらい、マテリアルの使い方が上手いと思いました。
同じCセグメントではアクセラが内装も良かったですが、新型インプレッサは良い勝負かもしれません。
デザインの方向性がぜんぜん違うので好みは別れるところだと思いますが。

ブログ読者の方も、この内装の質感を見て新型インプレッサに興味を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今まで選択肢に入らなかった方でも、「検討してみても良いかも?」と思える商品力がこの新型インプレッサにはありますね。
それにはやはりアイサイトの存在も大きいです。

さて、気になる内装インプレッションの続きですが、ちょっと長くなりましたので次回以降でまたお届けしたいと思います。
お楽しみに^^


IMPREZZA01_20161010231821c83.jpg


さて、そんな新型インプレッサの発売日は2016年10月25日ですが、気になる方は早めに商談を進めていないと納車待ちが長くなる可能性もありますね…。

すでに予約販売も始まっているので、新型インプレッサをご検討中の方はお近くのスバルディーラーまで足を運ばれてみてはいかがでしょうか?^^


ということで、スバル新型インプレッサなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくとそれ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド








新型インプレッサの動画がありましたので、共有しておきますね。

























ご興味ある方はどうぞ^^

では次回のワンダー速報もお楽しみに!










関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

レヴォーグのアイサイト無し(電動パーキングブレーキ無し)グレードは廃止されて今は全車についてますよ
かなり良さげですね!
コンバンワ!
いつも楽しく拝見しています。

新型インプレッサ、かなり良さそうな雰囲気ですねー!(・∀・)
私が勤めている会社の社用車が現行型インプレッサG4なのですが、ドッシリとしていて安心感があるんです。
ただ、質感はもう少し頑張ってくれれば…と思っていた所にこの出来!オマケに200万を切る価格設定。コレはかなり売れそうな雰囲気(^^)
前々からコペンかデミオかで悩んでいましたが、かなり強力なライバルの出現に喜びを隠せません。
ドラヨスさんのレビュー楽しみにしています!
Re: タイトルなし
sunさん、コメントありがとうございます。

そうだったんですか!
スバル、やりますねぇ。
あとはオートホールドさえ付けば完璧なんですけどねぇ^^
内装、おっしゃる通り想像よりだいぶ良かったです!
ぜひ実写見てみたいなぁ。
上位グレードではセンターコンソールの質感アップ、、、とか無いですかねw
Re: かなり良さげですね!
apさん、コメントありがとうございます。

いつも見ていただきありがとうございます^^

新型インプレッサ、侮りがたい性能です。
あとはこのスタイリングと内装が好きな人なら、商品力の高さはクラス随一だと思います。
アクセラはかなり苦戦しそうです。

インテリアデザインは無骨さを感じますが、マテリアルはかなり向上しましたね。
あえてのデザインなのかもしれませんが。
商品力の高さに驚きです。
Re: タイトルなし
ワンダーな名無しさん、コメントありがとうございます。

そうでしょう?
内装の質感、だいぶ向上していますよね。
上位グレードも見てきましたが、コンソール部分は同じっぽいです^^;

コメントの投稿

非公開コメント