トヨタFJクルーザー試乗しました!後席やラゲッジの使い勝手はどう?

以前、ご縁があってハイエースの試乗をさせていただいたFLEXさんより、「FJクルーザーとランクル200の試乗もぜひ!」とのお誘いをいただいたので、試乗させてもらいました!という話の3回目です。

前回までで、トヨタFJクルーザーのエクステリアと運転席周りを見てみました↓

トヨタFJクルーザー試乗しました!オシャレカッコイイエクステリアは心の豊かさを育む?!

トヨタFJクルーザー試乗しました!内装はヘビーデューティー志向?運転席周りをチェック!

今回は、前回からの続きでトヨタFJクルーザーの内装を後席やラゲッジを中心にインプレッションしてみたいと思います。

FJ19.jpg

観音開きの後席ドアや、横開きのバックドアなど、トリッキーな仕組みがいっぱい!
普通の車にはもう飽きた!という人にはうってつけの車かもしれません^^


「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
1日1クリック、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 



ではさっそく、前回の続きで、前席で見てない所をお届けしましょう。

FJ21.jpg
↑クリックで拡大します。

助手席のほうを見てみましょう。

FJ27.jpg

グローブボックスやダッシュボードは垂直に近く切り立っています。

グローブボックスを開けるとこんな感じ。

FJ26.jpg

正面の絶壁部分は開かず、下のところが開くんですね。
容積はそこそこ。


ついでに、前回お届けし損ねた、運転席のダッシュボードにある小物入れもお届け。

FJ13.jpg

ちょっとした収納ですが、あるとありがたいですね。



続いてはトヨタFJクルーザーの後席を見てみましょう!
これがユニークなことに、観音開きのドアなんですよねえ^^

FJ25.jpg

観音開きなので、前席ドアを開けないと、後席ドアは開きません。
この辺が不自由ですが…。

中央のピラーが無いので、広々とした開口部ですが、後席の足元空間は意外と狭め。

FJ24.jpg

後席ドアの内側はこんな感じです。

FJ23.jpg

小さいドアながらドリンクホルダーが2つも付いています。
ただし、窓は開きません


では後席にアクセスしてみましょう。

FJ22.jpg

運転席は173cmの身長の私に合わせてありますが、後席足元は結構狭いです。


ただ、一度座ってしまうとそれほど窮屈には感じず、高い視界と適度な包まれ感で意外と居心地は悪くないかも。

FJ20.jpg

座面も広く、左右幅も広いから意外とゆったり座れます。



さて、続いてはトヨタFJクルーザーのラゲッジを見てみましょう!

FJ03.jpg

トヨタFJクルーザーのバックドアは横開きなので、開閉スペースには気を遣います。



バックドアを開けるとこんな感じ。

FJ19.jpg

これだけ大きいドアが横に開くと迫力がありますね。


ただし、後ろにスペースがないと開けられないので、ちょっとした荷物を放り込むだけなら、ガラス部分だけが開けることが出来ます。

FJ14.jpg

かなり高い位置にあるので、ここに手を入れて荷物を取り出すのは、身長が低い女性だとちょっとむずかしいかな?
荷物を投げ入れるくらいならできると思います。


トヨタFJクルーザーのラゲッジスペースは451L(VDA法)。

FJ18.jpg

濡れたり汚れても良いように、樹脂製のフロアとサイドなのでサーフボードやスノーボード、アウトドア用品などをガンガン積みこむのに適しています。


別の角度からもどうぞ。

FJ17.jpg

FJクルーザーでスノーボードやアウトドア行ったら、目立つしカッコイイしモテそう(笑)
ミニバンでそういうところ行くより確実にカッコイイですよね。



ラゲッジスペースは、後席の背もたれを倒すと拡大することも出来ます。
後席を倒すには、まず後席の座面を持ち上げて…

FJ16.jpg

それからシート背もたれを前に倒すことで、フラットなラゲッジを作ることが出来ます。

FJ15.jpg

後席シートの背もたれ背面も樹脂製なので耐汚性がありますね。
リアシートをダブルフォールディングした時のラゲッジスペースは820L

長さ47インチのゴルフクラブが入る9インチのゴルフバッグがなんと8個も収納できます!
後席を倒さない状態だと、9インチのゴルフバッグは5個収納可能。
それでも十分な積載性能ですね。



と言った感じで、トヨタFJクルーザーの内装を2回に渡って見てみましたがいかがでしたか?

後席は乗ってしまえば意外と居心地も良いし、ラゲッジスペースはフラットで汚れを気にせず荷物を積みこむことが出来ます。
アウトドアやスポーツに駆り出すには、FJクルーザーほどオシャレでカッコいいクルマは無いんじゃないかな^^
ミニバンや軟弱なSUVでは敵わないほどのタフさと、それでいてカジュアルでかわいくもあります。
モテカ―(笑)としての性能も高そうですね^^


さて、続いてはFJクルーザーのドライブフィールのインプレッションですが、ちょっと長くなりましたのでまた次回以降でお届けしたいと思います。
お楽しみに^^

そんなFJクルーザーですが2016年いっぱいで生産終了を予定しているとのことですので、気になる方はお早めに検討されたほうが良さそうです。
トヨタのマニアックな人気車種は、絶版になると中古価格が上がる傾向にあるので、このFJクルーザーもおそらくその可能性が高いでしょう。

FJクルーザーは、このデザインに惚れ込んだ人が買う、ある意味マニアックな車。
市場でもそれほど台数があるわけでもなく、中古価格も安定しています。
新車では高価なFJクルーザーですが、程度の良い中古車なら、手が届きやすいかもしれません。

2016年中はまだ新車でもFJクルーザーは購入できますが、質の良い中古やカスタムされたFJクルーザーもカッコイイですので、そうしたFJクルーザーに興味がある方は、FLEXさんのホームページで、在庫車や価格感を見てみるのも良いかもしれませんよ^^


購入からカスタムまでお任せ!【FLEX<フレックス>】









FJクルーザーの動画がありましたので共有しておきますね。







ご興味ある方はどうぞ!

次回のワンダー速報もお楽しみに^^










 
関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント