日産新型セレナ試乗しました!内装の評価は?!ハイウェイスタープロパイロットエディション

2016年8月24日に発売された日産新型セレナにさっそく試乗させてもらいました!という話の2回目です。

前回は新型セレナのハイウェイスタープロパイロットエディションのエクステリアをチェックしてみました↓

日産新型セレナ試乗しました!エクステリアはカッコイイ!ハイウェイスタープロパイロットエディションの評価は?

今回はその続きで、新型セレナハイウェイスタープロパイロットエディションの内装をレポートしてみたいと思います!

serena00.jpg

内装はこれまた予想を超えてよかったですよ!
セレナ以降の日産は期待できる!


過去にもすでに見積もりをいただいたりフライング展示しているのを見せてもらっていましたので、そちらも記事も併せてご覧いただければと思います↓

2016日産新型セレナの価格は高いか?見積もりました!値引きは10万が限界か?価格は231.6万円から!発売日は8月24日!

2016 日産 新型セレナの価格は231.6万円から!値引きはひと声5万から!発売日は8月24日!発注開始は7月22日から!


新型セレナはこれからも最新情報を追加していきますので、過去の記事や今後加筆される記事は以下の新型セレナ関連記事一覧でご確認ください↓

日産新型セレナ関連記事一覧




「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
1日1クリック、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 




ではさっそく新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディション内装をチェックしてみましょう。

serena27.jpg

まずは例によって運転席ドアの内側からチェック。


新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのドアトリムは一部ファブリックがあしらわれています。

serena26.jpg

さすがにトリム上部はソフトパッドなどにはなっていません。
この辺はクラス相応と言った感じです。



ドアスイッチ周りはこんな感じです。

serena25.jpg

とくにメッキパーツなどがあしらわれることもなく、クラス相応。


続いて、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションの運転席周りを見てみましょう。

serena24.jpg

まず乗り込んで感じるのはフロアの低さ。
乗用車ばり、とはいきませんが、ヴェルファイアという大型ミニバンに普段乗っているので、段差なく運転席に乗れるのはいいですね。
まあこれはノア・ヴォクシーなども同様ですが。

まず、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのステアリングを見てみましょう。

serena23.jpg

ミニバンとしては珍しい、非正円のステアリングホイールがおごられています。
アウディなどのスポーティモデルでは非正円のステアリングホイールもありますが、ミニバンでは珍しいですよね。


握りは細めですが本革巻きになっていますし、ステアリングスイッチ類も付いているので、ステアリングホイールの質感自体はなかなか良いです。

serena12.jpg

ステアリングスイッチの右側は、プロパイロットの制御スイッチ類が付いていました。
試乗ではプロパイロット試せなかったんですよねぇ。
従兄弟がさっそく契約したので、納車されたら乗らせてもらおう(笑)



さて、もっと細かく見ていきましょう。
新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションの前席全景はこんな感じです。

serena00.jpg
↑クリックで拡大します。

前方へ配置されたメーターが特徴的で、水平基調なインテリアデザインです。
初めて見た時の感想としては、とても質感が高いなと思いました。

ライバルのノア・ヴォクシーよりもさらに質感を上げてきているのがわかりました。
ノア・ヴォクシーの兄弟車で、価格もちょっと上のエスクァイアあたりとも張り合える質感を実現しています。

そう感じたのは、ダッシュボード周りにステッチ付きのソフトパッドがあしらわれていたからです。



こうした処理は、エスクァイアを想起させます↓

ESQUIRE21.jpg

エスクァイアも、ダッシュボードの一部にステッチ付きの合成皮革があしらわれていたり、質感は高いです。
エスクァイアは、ノア・ヴォクシーとは差別化され、内装マテリアルが質感良い物があしらわれていますが、今回の新型セレナでは、その質感に近づいています。



さて、続いては新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのメーター周りを見てみましょう。

serena18.jpg

新型セレナでは全グレードに、高精細マルチファンクションディスプレイが備わります。
スピードメーターはデジタル表示です。

新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションでは、進入禁止標識検知機能まで備わるそうで、このマルチファンクションディスプレイに表示されるそうです。



続いて、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのメーターの手前にある収納です。

serena16.jpg

メーターが離れた位置にあるので、その手前のデッドスペースを収納にしているところが無駄なくて良いですね。
しかも、中にはUSBソケットがあり、運転手のスマホなどをここで充電しておくこともできます。
運転中は、フタを閉めて格納することもできてすっきり。
使い勝手もいいです。



続いて、ステアリングホイールの右側を見てみましょう。

serena17.jpg

ステッチ付きの合成皮革で覆われたダッシュボードや、エアコンの吹き出し口周りにもメッキパーツが付くなど、本当に質感が高いです。



スライドドアなどのスイッチ類の下には、ちょっとした収納もあります。

serena11.jpg

ETCはここにつけるのかな?


続いて、新型セレナの三角窓です。

serena13.jpg

外から見ても、いかにも視認性が良さそうでしたが、中で見てもそれは同様。
斜め前方の視界がとても良いです。




続いて、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのインパネを見てみましょう。

serena20.jpg

ここもなかなか質感が高いですね!
浮いているように見えるナビパネルは、最近の流行りですね。
ピアノブラック調にグロス塗装された天板も質感が高く見えます。

こちらのナビは、9インチワイド大型モニター採用&Blu-rayディスク再生対応で、ディーラーオプションです。
個人的にはブルーレイ再生は重視しているので、これは嬉しい装備ですね。

serena14.jpg

続いて、その下の部分を見てみましょう。

serena19.jpg

大きくて押しやすいハザードランプスイッチ。
ハザードランプはとっさにブラインドタッチでも押せるくらいの大きさがありがたいですよね。

エアコンの操作スイッチ類も、サテンメッキ調の塗装で色味を統一しているのが好印象。
実際に見た目の質感は高いです。

そして、今回の新型セレナの最も特筆すべきところと言っても過言ではないのが、この電動パーキングブレーキの採用とオートホールド機能まで備わっているという点!
このサイズのミニバンとしてはだと思います。

この電動パーキングブレーキとオートホールド機能があれば、全車速対応のレーダークルーズコントロールの仕様の際など、車が完全停止した状態で足をブレーキペダルから離した状態でも、ブレーキ状態が保持されるというもの。

信号などで停車しても、ブレーキペダルから足を離してもブレーキ状態が保持され、再始動する際にはアクセルを踏めばいいだけです。
一度味わってしまうと、次からもまたブレーキのオートホールドが有る車を選びたくなるほどに便利な機能です。

そして、このパーキングブレーキスイッチ周りにも、メッキ加飾などが付いて質感が高められています。



その下には、収納式のカップホルダー兼小物入れが完備されます。

serena10.jpg

飲み物も置けるし、小物も収納できるので、とても便利そうです。



と言った感じで、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションの内装を運転席周りを中心に見てみましたがいかがでしたか?

ダッシュボードにはステッチ付きのソフトパッドがあしらわれていたり、高精細マルチインフォメーションディスプレイが付いていたり、質感はライバルを凌駕しています。

ちょっと長くなりましたので、後席やラゲッジなど、続きは次回以降でお届けしたいと思います。
お楽しみに^^





ということで、日産新型セレナなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、実際にディーラーに行く前・もしくはディーラーで見積もりとった後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。








ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…




2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド








日産新型セレナの動画がありましたので、共有しておきますね!









ご興味ある方はどうぞ^^

では次回のワンダー速報もお楽しみに!










 
関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント