日産新型セレナ試乗しました!エクステリアはカッコイイ!ハイウェイスタープロパイロットエディションの評価は?

2016年8月24日に発売された日産新型セレナにさっそく試乗させてもらいました!

ちょっと前にフライング展示してあるのを見せてもらっていましたが、新型セレナは先代のユニセックスなスタイルから、かなり男性的なアグレッシブなデザインになりましたね!

serena06_20160829005633c0e.jpg

すごくカッコイイミニバンになったと思います!
今回はそんな新型セレナハイウェイスタープロパイロットエディションのエクステリアからレポートしてみたいと思います!


過去にもすでに見積もりをいただいたりフライング展示しているのを見せてもらっていましたので、そちらも記事も併せてご覧いただければと思います↓

2016日産新型セレナの価格は高いか?見積もりました!値引きは10万が限界か?価格は231.6万円から!発売日は8月24日!

2016 日産 新型セレナの価格は231.6万円から!値引きはひと声5万から!発売日は8月24日!発注開始は7月22日から!


新型セレナはこれからも最新情報を追加していきますので、過去の記事や今後加筆される記事は以下の新型セレナ関連記事一覧でご確認ください↓

日産新型セレナ関連記事一覧




「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
1日1クリック、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓


 


トミカ No.94 日産 セレナ (BP)

新品価格
¥309から
(2016/8/30 01:02時点)






まずは日産 新型 セレナグレード展開価格をおさらいです。


B 2,316,600円
S 2,435,400円
X 2,489,400円
G 2,847,960円
ハイウェイスター 2,678,400円
ハイウェイスターG 3,011,040円
ハイウェイスタープロパイロットエディション 2,916,000円 
ハイウェイスタープロパイロットエディションG 3,187,080円


となっています。

価格やグレード別の装備の詳細については過去の新型セレナ価格グレード記事をご参照ください。



試乗車は、新型セレナハイウェイスタープロパイロットエディションでした。

serena05_201608290056261ad.jpg
↑クリックで拡大します。

価格は2,916,000円からとなっています。

新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションの写真をお届けするのは今回が初めてですが、実際に見てみた新型セレナは、グリル周りも大型のメッキパーツと、グロス塗装されたフィンがとても上質な感じになっていました。
このクラスとしては見た目的にスポーティさでは一番押し出しが強いエクステリアではないでしょうか。

こちらの試乗車はハイウェイスターという専用のエアロパーツがついたグレードなので、エクステリアもスポーティになっています。



新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのエクステリアをフロント正面からどうぞ。

serena07_20160829005635015.jpg

フロントマスクの押し出しは、このサイズのミニバン随一。
こうした男性的でアグレッシブなフロントマスクは、今まではトヨタのヴォクシーが強かったですが、今回の新型セレナからはそれに匹敵するカッコよさを身につけました。


新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのフロントを斜めからもどうぞ。

serena03_201608290056235f9.jpg

上下に2分割されたヘッドライトは、ややヴォクシーを連想しますが、デザイン自体は新型セレナのほうがもっとシャープな印象です。

メッキパーツの面積も大きすぎず、適度なスポーティさを演出。
ヴォクシーの兄弟車であるエスクァイアはメッキパーツ多用しすぎて、やや個性が強すぎる感もありましたが、新型セレナはちょうどいい感じのメッキパーツのあしらい方だと思います。

メッキパーツ下部にある黒い部分も、カーボン調のパターンがあしらわれており、質感は抜かりありません。




続いて、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのフロントを逆サイドから。

serena06_20160829005633c0e.jpg

どうです?
なかなかかっこいいと思いませんか?
トヨタとしては、上下2分割されたヘッドライトは「やられた」と思っているかもしれませんね。
一昔前のヴェルファイアのような鋭い眼光です。



新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションをローアングルから撮ってみました。

serena04_20160829005625eea.jpg
↑サービスサイズです。クリックで拡大します。

新型セレナのエクステリアでユニークなのは、Aピラーとボンネットと三角窓がすべてズレた位置でデザインされています。

特に、Aピラーがブラックアウトされているのですが、フロントガラスともずれているし、中途半端な位置で黒く塗られています。
おそらくこれは、サイドから見た時に、ルーフが浮いて見えるようなデザインになっているのでしょう。

新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションをサイドから見てみましょう。

serena08_20160829005636317.jpg
↑クリックで拡大します。

ほらね、Aピラーがブラックアウトされているのは、サイドから見るとルーフの延長線上です。
そのままルーフ後端までサイドウインドウグラフィックが貫通しているようなデザイン。
ウインドウグラフィック下端は、リアに行くに従って切り上がっていて、サイドビューを退屈にさせない工夫がなされています。

キャラクターラインもスライドドアのレールに連続させるなど、デザイン的にもかなり凝っていますね。

サイドロアスカートこと、「サイドシルプロテクター」はハイウェイスターの専用装備です。



新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのサイドのフロント部分をアップで見てみましょう。

serena09.jpg

三角窓がボンネットよりも下に食い込んだデザインは斬新。
そして斜め方向の視認性にも貢献していそうです。

新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションには16インチアルミホイールが標準装備になっています(2WDのみ)。



続いて、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのリアのほうに回ってみましょう。

serena01_201608290056213a9.jpg

リアコンビネーションランプは先代のイメージを残しつつ、ブラックアウトされたDピラーがとてもユニーク。
ルーフスポイラーは全車標準装備。
リアエアロバンパーはハイウェイスターの専用装備です。



続いて、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのリアを正面から見てみましょう。

serena02_201608290056225f5.jpg

リアガーニッシュもメッキがあしらわれており、質感も良いですね。

しかし!新型セレナの特徴はこれだけに留まりません!!

ホンダのステップワゴンがワクワクゲートという新機構で話題を呼びましたが、この新型セレナでもリアゲートに新機構が加わっています。

それがデュアルバックドアという機構。

リアゲートにある、日産のロゴマークの部分が取っ手になっており、そこのボタンを押して上に開くことが出来ます。

serena10_2016083000432002c.jpg

バックドアに上半分だけ開閉することが出来ます!!

serena11_20160830004321dd7.jpg

しかも、こちらのデュアルバックドア、女性でも軽々開閉できる軽さで、後ろが狭くてテールゲートを開閉できない時などに、このデュアルバックドアの上半分だけ開けて荷物を出し入れできるのがとても実用性が高そうです!
これはスグレモノだ!!
ホンダのワクワクゲートと甲乙つけがたい便利機能ですね^^


と言った感じで、新型日産セレナ ハイウェイスタープロパイロットエディションのエクステリアをグルっと一周見てみましたがいかがでしたか?

個人的な感想としては、「日産、かなり頑張ったな」と。
エクステリアのカッコよさももちろんですが、デザイン的によく練られているサイドビューや、リアのデュアルバックドアなど、これでもか!と惜しげも無くアイデアを詰め込んだ印象です。

最近、日産が元気がなくて心配していたところだったので、このアイデアいっぱいの新型セレナを見て一安心しました。

先代セレナは、モデル末期ではトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイアの三兄弟に完全にシェアを奪われてしまっていました。
確かに、ノア・ヴォクシー・エスクァイアは、乗れば納得の質の高さで、売れているのも納得の出来です。
しかも、ストロングハイブリッドを用意していて、「ハイブリッド=低燃費」という考えの奥様方へのアピールも盤石。

ダウンサイジングターボで失敗したホンダの轍を踏まぬよう、日産もハイブリッドと名のつくモデルを最初からラインナップに加えていますが、アレはあくまでマイルドハイブリッドなので、モーター単独での走行は不可。
しかし、セレナはこの先、ストロングハイブリッドの用意もあるみたいです。

そして、新型セレナの魅力はエクステリアだけに留まりません。
内装や走りにも、驚きがありました。

気になる続きは、また次回以降でお届けしたいと思います!
お楽しみに^^

ワンダー速報は毎日21時更新!



ということで、日産新型セレナなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、実際にディーラーに行く前・もしくはディーラーで見積もりとった後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです。








ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

レクサスIS300h 下取り見積もりしてみた。 買取り一括査定ってどうよ?

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…




2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド








日産新型セレナの動画がありましたので、共有しておきますね!









ご興味ある方はどうぞ^^

では次回のワンダー速報もお楽しみに!










 
関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント