フォルクスワーゲン ポロ試乗しました!エクステリアインプレッション(VW POLO)

久しぶりにフォルクスワーゲンのディーラーさん遊びに行ってきました。
新しくポロの価格改定に伴い、New Editionとしてトレンドライン(Trendline)199.9万円からという200万円を切る価格で新登場。

実は私は今までポロに試乗したことがなかったので、これを機に試乗させてもらいました!

POLO34.jpg

「ポロは優等生」とは聞いていましたが、改めて試乗してみるとこれがなかなか凄く良くて。

今回も画像を大量に撮ってきましたので、まずはポロのエクステリアのインプレッションからお届けしたいと思います!




「にほんブログ村」のランキングに参加しています。
記事がイイネと思っていただいた方は、「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

いつもクリックありがとうございます!
皆さんが思っている以上に、励みになっております^^



※例によって、記事内の感想、評判、評価、口コミ、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。






まずはフォルクスワーゲン ポロ(Volkswagen POLO)グレード展開価格からご紹介。

Polo TSI Trendline(受注生産) 1.2Lターボ 199.9万円〜

Polo TSI Comfortline 1.2Lターボ 226.9万円〜

Polo TSI Highline 1.2Lターボ 258.9万円〜

Polo CrossPolo 1.2Lターボ 279.9万円〜

Polo BlueGT 1.4Lターボ 289.9万円〜

Polo GTI 1.8Lターボ(AT) 337.9万円〜


となっています。

多様なグレード展開で、いろんなポロが選べるのが良いですね。
今回、受注生産とはいえ、トレンドラインが200万円を切る戦略的な価格で登場したことによって、国産コンパクトカーと同レベルの価格帯まで降りてきたと思います。

私自身マツダデミオXDに乗っていますが、コミコミ価格で240万円くらいになっていたので、まさにコミコミでポロのトレンドラインと同じくらいになります。

さらにポロがスゴイのは、シティエマージェンシーブレーキは全車標準装備
コンフォートライン以上のグレードには、全車速対応のアダプティブクルーズコントロール(ACC)もオプションまたは標準で用意されています。
電動パーキングブレーキは非採用ながら、全車速対応のACCがあるのは素晴らしいです。



ではさっそくポロを見てみましょう!
今回試乗させてもらったのは、2016年のマイナーチェンジが行われる前のモデルのコンフォートライン。
(※2016年のマイナーチェンジ前のモデルなので、現行型のコンフォートラインとは若干仕様が違います)

POLO35.jpg

2009年の10月にデビューした6R型の5代目ポロは、デビューしてからすでに7年近くが経過しているんですね。
2014年8月にマイナーチェンジを行っていますが、エクステリアにはほとんど変更はなく、パッと見どこが変わったかわからないレベル。
ポロはこの形になってから、かなりモデルサイクルが長くなっています。



とは言え古さを感じるかと言えば全然そんなことはないですね。

POLO34.jpg

2013年にデビューしたゴルフ7譲りのエクステリアは、パッと見ゴルフと見まごうほど質感が高いです。

ひと目でフォルクスワーゲンとわかる直線基調で構成されたフロントマスクは、メッキパーツが適度にあしらわれ、Bセグメントのコンパクトカーとしてはとても立派な車に見えます。

ヘッドライトは、コンフォートライン以下のグレードはハロゲンランプになります。

POLO31.jpg

オプションでも用意が無いです。
これはちょっとマイナスポイント。

売れ線と予想されるコンフォートラインには、せめてオプションでもLEDヘッドライトは用意しておいて欲しいところ。

現行型のコンフォートラインにはフォグランプが標準装備になりましたが、マイチェン前のモデルなのでフォグランプがついていません。



ポロを直近から撮ってみました。

POLO30.jpg

ポロかゴルフか一瞬わからないくらい、質感は高いです。

試乗車のカラーはサンレッドメタリック(6K)。
メタリックカラーですがオプション料金は取られないのがよいです。

オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトという白のみ、オプション料金が発生します。



ポロのフロントを斜めから。

POLO33.jpg

パリッとした直線基調でデザインされたポロは、改めて見るととてもカッコイイですね。
この日はデミオで行きましたが、デミオと見比べるとデザインを構成する密度感が高く、ワンクラス上の車に見えました。



サイドのほうにも回りこんでみましょう。

POLO32.jpg

こうして見ると本当にコンサバなデザインだなぁと思います。
デザインの密度感は良いのですが、退屈と言われることも多いフォルクスワーゲンなので、ここは好みによるでしょう。
個人的には嫌いではありません。



ポロを真横からどうぞ。

POLO25.jpg
↑クリックで拡大します。

フォルクスワーゲン ポロのサイズは全長3,995mm×全幅1,685mm×全高1,460mm
私が乗っているマツダデミオのサイズが全長4,060mm×全幅1,695mm×全高1,525mmなので、ポロのほうがデミオより65mm短く、10mm幅が狭く、65mmも低いプロポーションです。

意外ですね。



ポロのフロント部分をサイドから。

POLO24.jpg

タイヤ&ホイールは15インチのアルミホイールが装備されています。
デザインはマイチェン前の物なので現行型のコンフォートラインとは違っています。



ポロのBピラーはピアノブラック調にグロス塗装がされています。

POLO22.jpg

こういったところも、高級感が感じられるポイントですね。



続いてリアの方にも回りこんでみましょう。

POLO23.jpg

逆サイドからもどうぞ。

POLO27.jpg

ポロのリアデザインも2009年の当時からほぼ変わっていません。
ナンバープレート周りのプレスラインが若干変わったり、リアコンビネーションランプの中が変わったりしているみたいです。


ポロのリアを正面からもどうぞ。

POLO29.jpg

プレーンなデザインなので飽きが来ないデザインと言えますね。

ポロのコンパクトなリアコンビネーションランプのデザインは個人的には好きです。

POLO28.jpg

リアコンビネーションランプ内のデザインが、マイナーチェンジの際に変更になっているそうです。


ポロのエクステリアで気になるのはこのアンテナ。

POLO01.jpg

デミオでも指摘していましたが、このタイプのアンテナは見栄えがイマイチ。
デミオは年次改良マイナーチェンジでシャークフィンアンテナに変更されましたが、ポロはマイナーチェンジでもこのままです。
シャークフィンアンテナになればいいのになぁ。


ポロのリアをローアングルからどうぞ。

POLO26.jpg

テールパイプは左から1本出しで、切りっぱなしタイプ。

と言った感じで、フォルクスワーゲンのポロを改めて見てみましたがいかがでしたか?
改めてポロのエクステリアをじっくり見てみましたが、Bセグのコンパクトとしてはデザインの密度感が高く、質感がとても良いですね。
ワンランク上の車に見えます。
それでいてデミオよりもコンパクトのサイズ感は取り回しも良さそう。

むしろ今までなぜワンダー速報で取り上げてこなかったのか(笑)
改めてポロの良さを実感しています。

でもフルモデルチェンジを期待してしまいますが、まだまだ先になりそう。
逆に言えば、今、価格改定で商品力が向上したポロを買ってもしばらくはモデルチェンジしないということです。

見て触って乗った感触としては、ポロはすごく良かったです…
デミオを買う前に試乗していたらと思うとどうなっていたか…(笑)

そんなフォルクスワーゲンのポロの内装のインプレッションは次回以降でお届けしたいと思います。
これがまた内装も良いんですよ。

次回のワンダー速報もお楽しみに^^

POLO36.jpg



ポロの動画がありましたので、共有しておきますね。







ご興味ある方はどうぞ^^


ということで、フォルクスワーゲン ポロなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、実際にディーラーに行く前・もしくはディーラーで見積もりとった後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ↓^^



かんたん車査定ガイド







自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私もこの方式で査定してもらったところ、ディーラー下取りに比べて最大75万円も差がありました!
こんなに変わるものかと…^^;;;


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果wwww輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の車の下取り価格見てみようかな…




2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



かんたん車査定ガイド








では次回のワンダー速報もお楽しみに!









 
関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

No title
まさかの、ポロ! ポロ乗りとしては、
ドラヨスさんの美麗な画像がいっぱい見られるのはとてもありがたいです。

自分もポロとデミオとスイフトで悩んでた時、ここのディーラーにも行きましたよー(^^)。

ポロ乗ってて面白いと思ったのは、グローブボックスの中にエアコン送風口が
付いている所ですかねー、他の車でもあるかもしれませんが自分は初めてでした。先日、軽井沢~万座温泉に行ってきた時の燃費はリッター18.8Km、高速はほぼACCで走りましたが、とても快適でしたよー。

ではインプレの続き楽しみにしています。
No title
こんにちは。先日点検の代車で借りました。特に不満は有りませんでしたが、ゴルフⅦと比較してしまうと・・・という印象です。お洒落な女性にお似合いな気がします。
Re: No title
Bセグ大好き男さん、コメントありがとうございます。

ポロにお乗りでしたね。
やはりBセグはイイですねぇ。

ここのディーラーさんにはとてもお世話になっておりまして^^;
ゴルフ8が出たら買うと豪語していますw

ポロはあまりの良さに驚いてしまいました。
ちょっと欲しくなりましたもの(笑)
Re: No title
ころらどさん、コメントありがとうございます。

やはりクラスも上でモデルも新しいゴルフと比べると差がありますよね。
何しろ電動パーキングブレーキや内装の質感も全然違いますし。

ただ、ポロの上級グレードだと、ゴルフの価格帯に近づいて来てしまうというジレンマ。

コメントの投稿

非公開コメント