シトロエンDS5 試乗インプレッション エクステリア編

シトロエンシリーズ第二弾です。

前回はDS4のインプレをお届けしましたが、今回はその上位車種のDS5をお届けします。

DS5は試乗までさせてもらいましたので、より詳細に迫ってみたいと思います。

36_20130703233430.jpg

シトロエンのアッパーデザインラインのDSシリーズ、DS5はどういう車なんでしょう?




とっても色濃く味の濃い一台でした。



例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想です。
一部辛口な意見も含まれますので、気分を害される可能性がある方はご遠慮ください。


ご了承される方のみ続きをどうぞ↓






シトロエンに行ったのは前回のブログで書いたDS4を見た時と同じです。

DS4の隣にあったDS5。
DS4でもデザインの美しさでは驚きましたが、DS5はどうでしょう?

39_20130703233533.jpg

フロントはシトロエン顔のイメージは色濃く感じますが、デザインは凝りまくっています。





ヘッドライトからボンネット、ミラーにかけてメッキのラインが伸びているのが特徴的。
シトロエンではこれをサーベルラインと呼ぶらしいです。

38_20130703233531.jpg

曲線を多用していて、ちょっとここまでのデザインは国内外問わずあまり無いというか、個性的です。






ヘッドライトも複雑なデザイン。

37_20130703233529.jpg

どういった光り方をするのでしょう。
DS5は試乗もしているので、その時のインプレで写真をお届けします。





少し離れたところから見ても、凝った造詣はお分かりいただけると思います。

04_20130703232837.jpg

なんというか、深海魚のような不思議なデザイン(笑)
日本車でここまで凝ったラインのフロントまわりの車は無いですね。
メッキパーツなどの使い方もお金がかかっていそう。





サイドがこれまたさらに特徴的!

02_20130703232832.jpg

とにかく長い!という印象。
ですが全長は4535mmと普通のミニバンサイズ。
ルーフが低いから余計に長く見えるんでしょうか。
3列シートありそうにも見えますが、2列です。

しかし、この低く長いルーフがまたカッコいい。
こういうシルエットってなかなかないと思います。
まさにクロスオーバーというか、唯一無二のデザイン。

このデザインに惚れて車を買うというのも悪くないくらい個性的です。






フロントまわりをサイドから見てみましょう。
フェンダーからドアにかけてのキャラクターラインも陰影がくっきりついてシャープ。

15_20130703233201.jpg

サーベルラインというヘッドライトからミラーにかけてのメッキもすごい存在感。
これはちょっとやり過ぎの感がしなくもないですが…
でも逆にこれくらい個性が強くないと、価値を訴求しにくいかも?
というのはメカ的にあまりそそられるトピックがないという事でもあります。





リアも見てみましょう。

低く幅広いので、リアがめちゃくちゃカッコいい!

12_20130703233156.jpg

DS4もリアが美しかったですが、DS5も負けていませんね。





曲線を多用していて、ここまでのデザインを成形するのはコスト的にも余計にかかっていることでしょう。

07_20130703233136.jpg

いやぁカッコいいなぁ。







リアドア周りのプレスラインも複雑に絡み合い、ブラックアウト化されたDピラー周りも線が複雑に絡み合っています。
一つとして単純に交差する線がないんじゃないか?というくらい凝りまくっています。

05_20130703232838.jpg

ある意味フォルクスワーゲンの対局にあるようなデザインです(笑)





写真では伝わりにくいですが、リアのコンビネーションランプは、内側にエグれているデザイン。

03_20130703232835.jpg

そこまで凝るかぁ!という感じ(笑)
しかし、部分部分の造詣は複雑でも、遠くから見たときの一体感というか、まとまりの良さは素晴らしいです。
何にも似てない、それでいてカッコいいデザインって、なかなか無いです。
近所のコンビニで止まっているのを見かけましたが、それはそれはものすごいオーラを放っていました(笑)
すれ違ったら振り返るデザインです。





エクステリアに関しては、細かいパーツや加飾も、手抜きやコストカットはあまり見受けられませんでした。
デザインで欲しくなる車って、あってもイイですね。

01_20130703232830.jpg

さて、エクステリアは一周見て回りましたので、次回以降でインテリアと試乗インプレッションへと続きます。







さて、今日の関連アイテムですが、可笑しなものを発見しましたよ(笑)

【ノレブ】【1/43】【予約】シトロエン DS5 2012 大統領車 フィギュア付【2012年11月~12月発売予定】

価格:6,143円
(2013/7/5 00:49時点)
感想(1件)


なんぞこれ(笑)
ミニカーとして自分の愛車を飾るも良し。
子供に歴代の愛車を見せるのにはミニカーが最適ではないかと私も考えるようになってきました。






シトロエン絡みではこちらもいかが?

シトロエンの一世紀―革新性の追求

新品価格
¥2,730から
(2013/7/5 00:54時点)


中古価格がなぜか上がってきていますので、気になる方はお早めにどうぞ。




DS5からみのMOOKは見当たりませんでしたので、代わりにこちらをどうぞ。

輸入車のすべて 2013年 ゴルフ、Aクラス、V40…プレミアムコンパクトがいま、熱い! (モーターファン別冊 統括シリーズ vol. 50)

新品価格
¥680から
(2013/7/5 00:56時点)








ここで私の経験談ですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことをオススメいたします。
何故かというと、買うつもりなくてとりあえず見に行っても、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

下取りの見積もりはディーラーや買取店によっても結構差があります。
愛車の市場価格を知る意味でも、ネット見積もりなどで価格を調べておくと、いつその気になってもある程度の物差しとして参考になると思います。
ディーラーに行く前に、相場の価格を知っておくと、下取り価格を提示されても交渉できますしね。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定

逆にディーラーのほうが買取店よりも高く出してくれることもありますので、ディーラーの下取り見積もり期限が切れる前に、予めネットで愛車査定をしておくことをオススメします^^


関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント