フォルクスワーゲンゴルフ7ハイライン 試乗インプレ!軽さを感じるドライブフィール

ご好評いただいているフォルクスワーゲンのゴルフ7ハイラインの試乗インプレッションシリーズです。

ゴルフ7の内外装のインプレッションはすでにしてありますので、残る試乗のインプレッションをお届けしたいと思います。

01_20130629171236.jpg

試乗車はタングステンシルバーのゴルフ7 ハイラインでDCC装着車。

雑誌やネットで大絶賛の嵐のゴルフ7ですが、果たしてその実力は…?




例によって、インプレッションはあくまで個人的な感想です。一部辛口なコメントが含まれる可能性が有ります。
気分を害される可能性がある方はご遠慮ください。


ご了承される方のみ続きをどうぞ。

 

 
ようやく試乗することが出来たゴルフ7

ブレーキを踏みながら鍵を回すことでエンジンが始動します。

B_20130625002208.jpg
↑左がゴルフ7の鍵。

キーレスエントリー&ゴーに慣れているので、思わず鍵を仕舞いこんでました^^;




アイドリング中の振動やエンジン音はなかなか静か。
エアコンがかかっていたので、エンジンはアイドリングストップはしません。
水温やバッテリーの状況によってアイドリングストップするかは決まってくるそうです。


ギアをDレンジに入れ、電気式のパーキングブレーキを解除してソロリと踏み出します。

33_20130623100345.jpg

クリープは弱め、DSGの繋がりはゴルフ6よりもスムーズでギクシャクする感じはありません。
街中をドライブする状況では2000rpmも回さなくても十分なくらい、1.4LのTSIエンジンはトルクも十分。
中間加速も4速くらいでもシフトダウンせずに十分トルクを感じる加速を見せてくれました。
これは非常に実用性が高いですね。




DSGの完成度はかなり上がっているようで、シフトアップのショックは全くわからないほど。
マルチインフォメーションディスプレイのなかのインジケータが無ければ何速に入っているかもわからないくらい。

この日は暑かったので、エアコンが強めに作動していましたが風量を少し落として車の静粛性を確認します。
エアコンの作動音も国産レベルに静かで、先日乗ったBMW320dなどと比べると圧倒的に静か。

車外からの騒音はかなりカットされている印象です。
特にロードノイズもかなり静かで、静粛性は非常に高いと思いました。

後ほど自分のCT200hで同じ道を走りましたが、荒れた路面からのロードノイズは明らかにゴルフ7のほうが静かでした。
まあ私の場合はAAAのエコタイヤを履いているので、通常のCT200hよりもロードノイズは大きめだと思います。


エンジンもアイドリング中などはかなり静かですが、エンジンがかかっているかわからない、というほどではなく、若干の音と振動でエンジンが動いているのがわかります。





ウインカーレバーですが、ゴルフ特有の重いタッチではなく、軽くなりました。
あのガッシ!と入れるウインカーの感じは嫌いではなかったのですが。
クリック音は良い感じです。





ハンドリングは意外と軽い感じです。
もう少し重めでも良い気がしました。

34_20130623100346.jpg

乗り心地も快適性が高いな、という印象で、地面をガッシリ掴んでいる、というよりはヒラリといなしている感じ。
以前私はゴルフ5に乗っていましたが、路面のギャップをヌシヌシと押しつぶすような乗り味だったと記憶しています。
それと比べると、軽量化が効いているせいなのか、総じて乗り味も軽い感じ。

それは悪い意味ではなく、タウンユースでは硬さを感じることはないという意味です。
ただし、いかにもドイツ車的なガッシリとした乗り味を期待すると、若干拍子抜けするかも?





エンジンとバッテリーの状況がスタンバイOKになったのか、信号で止まった際にアイドリングストップしました。

エンジンが止まる瞬間はとてもスムーズにストンと静かになります。
いかにも止まった!という感じではなく、もともとの音と振動が静かなため、とても自然。

ちなみに、ブレーキに足を乗せているだけ、という踏み方ではアイドリングストップしない設定になっているそうで、ちょっと強めに踏む必要があります。





信号が青になってブレーキペダルから足を離すとすぐさまエンジンがかかります。
この時の振動はとてもうまく抑えこまれていると思いました。
BMWの3シリーズなどでは再始動時の振動がかなり感じられますが、それよりも上質、というか振動面ではほとんど気になりません。
しかし、セルが回る音「キャシャ」というはそれなりに聞こえます。

これは仕方ないか。





また、アイドリングストップから再始動してすぐにアクセルを踏むような動作をするとギクシャクするような若干の違和感を感じます。
これは慣れの問題で解決すると思いますが、右折待ちなどでアイドリングストップすると、出足のもたつきが気になるようでしたら、アイドリングストップOFFスイッチがありますのでそういう時に使用すると良いかもしれません。
またブレーキペダルの踏み方などでアイドリングストップしないような足技も、慣れで体得できるかもしれませんね。





アダプティブシャシーコントロールのDCC装着車だったのですが、ノーマルモードでアクセルを強めに踏んでみます。
グララララ!とエンジン音は結構勢いのある音を奏で、トルクフルに加速します。
私は評論家の方々などのようにサウンドが云々とはあまり思わないので、音色も特に気にならず、加速も十分だと思いました。






しかし何でしょう、ドイツ車というか、ゴルフに乗っているという感覚が希薄で、軽いハンドリングや快適なためロードインフォメーションも軽め。

DSGも精度が上がったため普通のトルコンATと遜色ない感じ。
以前のDSGような、ギクシャクはするけどいかにもギアが繋がって動力が伝わっていく!という感覚は薄れました。
完成度が高まって非常に良い車だと思うのですが、ゴルフが持っていたいわゆる「ゴルフ味」のようなものが薄まったような気がしてしまいました。

なんだろう、とても良くできた国産車に乗っているようなそんな感覚さえ芽生えてしまいます(笑)

評論家の方々が大絶賛しすぎのせいで、ちょっと穿った見方をしているのかもしれませんが^^;





ということで、もう少し硬めの乗り心地がイイなと思って、DCC装着車だったのでモード切り替えを試して見ることに。

しかし、モード切り替えは、アナログスイッチで切り替えるのではなく液晶画面をタッチして切り替えるタイプ。
すぐに切り替えたいときなど、いちいち液晶画面を見てタッチしなくてはいけないのでこれはちょっとマイナス。

ともあれモードを「スポーツ」に切り替えてみました。




アクセルに対するレスポンスも鋭くなり、ノーマルと同じ踏み幅でも軽く3000rpmくらいまで一気に吹けあがります。
かなり強めに踏み込めば一気にレブリミット近くまで吹け上がり、加速の鋭さはノーマルよりも明らかです。
一度スピードが上がってもすぐにシフトアップしないで2速あたりでずっとホールドしていて、高いエンジン回転数を保ったままになりました。

足回りは、街中ではそれほど差がわかりませんでした。
ノーマルだと足回りやハンドリングはもう少し固めがいいけど、タウンユースではスポーツモードではエンジン回転数が上がりすぎてしまうのでちょっと実用的ではないですね^^;

やはりスポーツモードは山道などで真価を発揮するのだと思いました。



ハイラインには「ドライビングプロファイル機能」というのがあり、ちょうどいいセッティングにカスタマイズ出来るみたいですが、DCCの制御もそれに含まれているかは不明。
詳しくはディーラーにお尋ねください。





街乗り10分程度の試乗だったため、ゴルフ7の本質すべてがわかったわけではありませんでしたが、第一印象としては「とても良くできた車ではあるが、ゴルフ的な乗り味が薄れた」という印象でした。

向上した快適な乗り心地、高い静粛性、洗練されたDSG、軽くなった操作系、などなどすべてが正常進化なんだと思うのですが…

いわゆる「味」というのが薄くなった印象。
味という面では、先日試乗したボルボV40やBMW320d、まだ試乗記を書いていませんが、シトロエンDS5のほうが濃かった気がします。
ある意味長所と短所の共存というかそれがキャラクターになっている部分もあると思うのですが、ゴルフ7は欠点というべきところがない分、乗り終わった後に印象自体も薄かったというか。

いや、間違いなくイイ車なんですが^^;
ゴルフに対する思い入れからか、少々厳し目のインプレッションとなってしまいました^^;

買って損はない乗り心地と快適性、商品力だと思いますので、気になる方はぜひ一度試乗なさってみるとよろしいかと思います。






気になる納車の状況ですが、2013年6月29日現在の時点で、純正のナビが付いたモデルの納期が遅れているとのこと。
先日聞いた時点では11月くらいか、ということでしたがさらに1ヶ月くらい伸びる可能性があるそうです。
すでにナビ付きモデルはオーダーできるみたいなので、気になる方は早めに発注しておくと、納車はオーダーした順に早いそうです。

それにしても6ヶ月近い納車待ちとは…^^;

ナビ無しモデルはもう少し早く納車できるそうなので、気になる方はお近くのフォルクスワーゲンディーラーまでお問い合わせください。


あと、忘れてはいけないのが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。



かんたん車査定ガイド



買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^


実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




ちなみに、複数の買取店に一括見積りで、一番高く買い取ってくれるお店を探したい方は以下のサイトもおすすめですよ^^









自動車買取店の営業マンから聞いた裏ワザですが、本気で高く売りたい場合は、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
そして、「同時に見積金額を名刺の裏に書いてもらって、せーので見せて、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してくるそうです!(笑)

何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いそうです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより60万も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告もいただきました!^^

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず今の愛車の下取り額がいくらか、見てみようかな…



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^







かんたん車査定ガイド


















「にほんブログ村」のランキングのボタンを設置いたしました。
記事がイイネと思っていただいた方は、今後は拍手ボタンよりも「にほんブログ村」のボタンをポチッとしていただくと大変励みになります!

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村



関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント