尾去沢鉱山 巨神兵の眠る丘か『ワンダートラベル』創刊!

さあ、ブログ開始から一週間ちょっと経ちました、このワンダー速報ですが、このブログが何故「ワンダー」というのかをそろそろ書いていかなくてはならないですね。

私が愛読している雑誌で「ワンダーJAPAN」という雑誌があります。
こちらの雑誌のキャッチコピーが「フツーの旅はもう飽きた」なのです(笑)

どういったものを扱っている雑誌なのかというと、珍スポット・工場・珍建築・B級グルメ・廃墟・ダムなど、通常の旅行ガイドブックでは取り上げないようなスポットを紹介している雑誌なのです。

そういったちょっとワンダーな世界にハマってしまった私。

フツーじゃない旅をいろいろとして参りますので、そのレポートを「Wonder Travel」という雑誌風にして紹介したいと思います^^

wonderTravel1.jpg


全部このブログのためにデザインして作ってみました。

おかげでブログ書くのに時間かかってしょうがないです^^;

ブックマークしていただけると苦労が報われます(笑)



さて、この不思議な光景は一体どこなんでしょうか…





さて、記念すべき「Wonder Travel」の第一回ですが、昨年に訪れた東北の鉱山からスタートしたいと思います。


そもそも、そこを目指すには理由がありました。
私の愛読している「ワンダーJAPAN」で特集されていて、いつか行ってみたいと憧れている場所だったからです。

c5ada80571.jpg

この雑誌、皆さんあまり目にしたことが無いのでは?
普通の書店ではほとんど取り扱いがなく、ヴィレッジヴァンガードなどにしか置いてないというマニアックな雑誌です。




まず最初の目的地は、秋田にある尾去沢鉱山を目指します。

d21b6f859c.jpg

そもそもこの尾去沢鉱山とは…

708年(和銅元年)に銅山が発見され、産金が東大寺の大仏や、中尊寺で用いられたとの伝説が残り、日本の主力銅山の一つだったそう。

1889年(明治22年)に近代化が図られ、日本の近代化、戦後復興の礎となった尾去沢鉱山だが、不採算と銅鉱石の枯渇から、1966年(昭和41年)に精錬が中止され、1978年(昭和53年)に閉山したとのこと。





深夜に自宅のある埼玉を出発し、東北道をひた走ります。
岩手を通りすぎて更に北上し、秋田県の鹿角八幡平ICで高速を降ります。

インターを降りてからは割りとすぐに最初の目的地である「尾去沢鉱山」にたどり着きました。

151282202_org_v1364226095.jpg

デカイ…
とてつもなく大きい施設です。




土が露出した山肌に埋め込まれるように立つ煙突、無骨なパイプライン、どこか映画の世界のようです。

映画「風の谷のナウシカ」の巨神兵が、地下で眠っているんじゃないかと錯覚するような迫力。




煙突がある山の隣には、選鉱施設の跡でしょうか、今では土台のみが残っています。

151282069_org_v1363056151.jpg

これもまた大きさ故の迫力と、荒廃して自然が侵食している様は、実際に目の当たりにするとなんとも言えない感動があります。






自然と朽ちた文明のコラボは、ラピュタのような美しさがあります。

151282087_big_v1363517845.jpg

ここは以前は「尾去沢マインランド」として、ガイド付きで見学ができたみたいです。






現在はマインランドは閉鎖、史跡「尾去沢鉱山」として坑道の一部が有料で見学できるというだけとなっています。

ee0a1c15e1.jpg

尾去沢鉱山は、完全な廃墟というわけではなく、一応観光施設として存在しているので、坑道周辺の観光施設にお客さんはチラホラといました。






私はアトラクション的な坑道はスルーして、あまりお客さんが立ち寄らない、鉱山の本当の姿が見たくて違う場所を散策していました。

151282049_large_v1363062016.jpg

季節は8月末で夏でしたが、秋の足音が聞こえていたのかもしれません。




煙突の近くに寄ってみます。

151282013_big_v1363516637.jpg

右側に見える、シックナーと呼ばれる巨大なすり鉢状の建築物がわかりますでしょうか?
すり鉢状のところに採石を流して分離していた設備だとか。




ここは三菱関連の企業が未だに稼働していて関係者以外立入禁止だったので、大きな煙突のところまでは行けませんでした。

151282127_org_v1359139900.jpg

残念ですが、近寄れるのはこの辺りまで。





愛車レクサスCT200hとのツーショット。

151282167_large_v1364208114.jpg

ここで2時間ばかりいろいろ写真を撮って、次の目的地に向かいます。





次に向かったのはどこでしょう…

0e2bf403c2.jpg


次回へつづく。









さて、今回の広告ですが、やっぱりオススメのコレですね。

ワンダーJAPAN 10 (三才ムック VOL. 228)

新品価格
¥1,200から
(2013/3/26 01:19時点)


ワンダーJAPANの東北特集。
これを見て、旅をしようと思ったわけで。
そのくらいの刺激に満ち溢れた本ですので、興味ある方はぜひ^^
本屋さんでも売ってないので、ネットで買うのが便利ですよ♪





さらに!車に一冊置いておくととてもドライブが捗る一冊がコチラ!

ワンダーJAPAN 日本の不思議な《異空間》700 (三才ムック vol.534)

新品価格
¥1,000から
(2013/3/26 01:21時点)


日本全国のワンダースポットがエリアごとに紹介されている総集編の最新刊です。
私も車に載せてますし、プレゼントなんかにも面白いかと思います^^




次回のエントリーもお楽しみに^^



関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント