フォルクスワーゲン ゴルフ7 内装はクラスを超えた質感!評判いいね!

いま話題のフォルクスワーゲン新型ゴルフ7

ゴルフ7関連の記事は後日試乗した時に書いたものも含めて

ゴルフ7関連記事一覧

にてご覧くださいませ^^


今回はそのインテリアを見てみましょう。
雑誌やネットなどで評論家の皆様は大絶賛ですが、はたしてその出来やいかに…。

E_20130625004949.jpg

例によってインプレッションはあくまで個人的な感想です。
一部辛口なコメントも含まれる場合がありますので、気分を害される可能性のある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ続きをどうぞ。




 





※展示してあったのはハイラインです。コンフォートラインとトレンドラインでは仕様が異なる場合があります。


前回まではエクステリアを見て来ました。

今回は気になるインテリア。

まずフロントドアを開けてみましょう。

G_20130625004952.jpg

ハイラインに標準のファブリックシートです。




ハイラインのインパネはクリアプラックに塗装され、質感は高いです。

32_20130623100343.jpg

目立つオンダッシュのナビ。
初期ロットでは日本製の内蔵ナビが間に合わず、オンダッシュで対応しているそうです。
現在は予約で内蔵ナビもオーダーでき、8月以降の正式発注になるそう。
納車は11月前後か?




インパネ全体のデザインは、ゴルフシリーズを踏襲しているようです。
運転席側に少し傾斜して配置されていますね。

O_20130625005016.jpg

ボタン類の質感は確実に向上しています。





スエード調のアルカンターラとのコンビネーションシートは座り心地も良いです。

I_20130625002233.jpg

しかし、パワーシートはレザーシートパッケージ(262,500円)を選ばないと付きません。
それでもパワーシートは運転席のみ。
シートヒーターは運転席助手席にも付きます。

コンフォートライン以下ではデザインも異なります。





フロントシートの下にはちょっとした収納も。

H_20130625002231.jpg

収納はあるに越したことはありませんね。




ドアのヒンジは鋳造製。国産ではここまで頑丈そうなのはなかなか見かけません。

L_20130625005013.jpg

ドアのノッチが減っていますが、一定以上だとシームレスに重く固定できるんだそうですが…
強風時とかは不安です…



スカッフプレートはプラスチック製。

F_20130625004951.jpg

このへんは仕方ないのかしら?
オプション18900円だったかで、リアまで含めてステンレス製スカッフプレートに変更できます。




ドアの内側は本当に上質になりました(ハイライン以外は未確認)。

T_20130625002329.jpg




窓の操作スイッチにもシルバー調の加飾が。しかも取手周りもアンビエントライトで光ります。

S_20130625002409.jpg




ミラーの開閉スイッチにもシルバー調の加飾が。

R_20130625002327.jpg

密度感やプラの質感も悪く無いです。




ドアのオーナメントパネルの下にあるシルバー調の加飾の下にはアンビエントライトが組み込まれています。

Q_20130625002326.jpg

大衆車でここまでやるか、と感嘆しきり。




アンビエントライトが点いた時にはこんなかんじに光るそうです。

009_o_20130623103456.jpg

今までは赤く光っていたボタン類も、白に統一され高級感が出ました。
足元のフットライトなども白色LED。




ドアポケットの内側にはフエルトのような生地が貼り付けてあります。

P_20130625002325.jpg

素直にすごいなと。





アクセルペダルはオルガン式から吊り下げ式い変更になりました。

U_20130625002410.jpg

オルガンタイプが好きな方には残念な変更ですね。





インパネもよく見てみましょう。

35_20130623101725.jpg

ハイラインはクリアブラックで塗装され高級感があります。
ちょっとペカペカしているので、好みによると思います。

コンフォートライン以下はシルバーっぽいパネルになります。
単なるプラスチックよりは質感は高いと思いますが、現物を見ていないので判断は保留。




エアコン吹き出し口やハザードランプも質感が良いですね。

ZZZZZ_20130625004930.jpg




ZZZZ_20130625004906.jpg

内装は、最近見たボルボのV40、BMWの1シリーズ、シトロエンDS4、レクサスCT200hより質感高いと思います。




ボタンの反力もそれぞれ良い感じでしたが、エアコン調節のリングだけはカサカサとした感触でした。

G_20130625002230.jpg

まあ全体の質感からしたら小さいことかもしれませんか。




バックモニターは、ナビレス仕様でもちゃんとメインのインフォメーションディスプレイに表示されます。

E_20130625002213.jpg

エアコンなど細かな設定はこのディスプレイで行うそうです。





灰皿が有りそうなツライチのパネルを押すと、USB端子やAUX付きの小物入れが現れます。

Y_20130625004900.jpg

ipodなどを放り込んでおくのに調度良さそうですね。





パーキングブレーキは電気式。

33_20130623100345.jpg

ドリンクホルダーもシャッター付きで質感高いです。



しかもドリンクホルダーにはリッド付き。

V_20130625002412.jpg

異音の発生を抑制してくれそう。やるなぁ。




コンソールボックスは肘置きを兼ねています。

X_20130625002415.jpg



開けるとこんな感じ。

W_20130625002413.jpg

ミニマムな収納ですが、CDくらいは入るかな?




収納つながりで、助手席のグローブボックス。

F_20130625002228.jpg

節度感のある開閉タッチに、起毛処理までしっかりしてあります。








ハンドル周りを見てみましょう。

34_20130623100346.jpg

ハンドル周りは特に質感が高いなと感じました。




クリアブラックとシルバー調の加飾が高級感があります。

ZZZ_20130625004905.jpg

ロゴも立体的です。




ボタンのタッチも良く、デザインも好みです。

ZZ_20130625004904.jpg

299万円のハイラインでこの質感とは…
他社はかなりハードルを上げられた気分なんじゃないかと想います。




ウインカーレバーやワイパーレバーも、クリアブラックのパーツを使うなどの凝りよう。

K_20130625002251.jpg


J_20130625002234.jpg

そこまでやるか!と言った感じ。






しかし、気になる点が無いわけではありません。

パーキングブレーキは電気化されてるのに、キーは未だに鍵穴に鍵を差し込んで回す従来のタイプ。

H_20130625004953.jpg

キーレスエントリーやキーレスゴーが無いのは、今となっては珍しいくらい。
どうしてここはアナログなんでしょうね。

テレスコとチルト機能はもちろん装備されていますが、手動調整式。






また、メーターも気になりました。

36_20130623102705.jpg

メーターリングなどの質感は高いのですが、マルチインフォメーションディスプレイがモノクロ低解像です。



海外仕様では高精細液晶のモデルもあるので、こちらも早く導入してほしいところ。

1210_05_Golf7_054.jpg

カメラで道路標識を読み取って表示してくれる機能もあるみたいです。
ボルボV40には同様の機能が有りましたね。





さて、今回もまただいぶ長くなってしまったので、リアシートとラゲッジなどはまた次回で。






さて、ゴルフ7の購入をご検討の方、値引き交渉をするには他メーカーの車種と競合させるのも良いですが、実際にディーラーに行く前に、ネットで愛車の無料見積もりをしておくことを激しくオススメします。

何故かというと、買うつもりなくてとりあえずディーラーに見に行ったつもりでも、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

その時点から一旦帰ってネット見積もりなどをすると、再度ディーラーを訪れるまでに時間がかかり、1週間契約が遅れるだけで、納車が1ヶ月遅れることも…。
ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。


ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。


他社競合車種で、値引き合戦などをさせるのも手間と時間がかかりますので、手早く良い条件を出させるには、ネットで愛車下取り見積もりだけでも取っておくと、例え1社だけで商談するにしても交渉材料として使えるのでオススメですよ^^



あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




実際に私がおすすめしたこの方法で、買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれたという報告もあります^^
そういう私も、なんと某買取店のダブルスコアでディーラーに買い取ってもらった経験あり。
ネット見積もりで下取り条件の物差しを事前に用意しておいたほうが、いざディーラーの営業マンから急かされた時にも落ち着いて交渉できるのでおすすめのワザです^^











ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)



とりあえず愛車の下取り金額見てみようかな




ゴルフ7関連の記事はまだまだ続きます!
お楽しみに!




あなたの車を見積り!かんたん車査定ガイド




















 
関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント