レクサス IS250 IS300h IS350 発売後1ヶ月の受注台数好調

レクサスの新型IS、販売は好調だそうです。

当ブログもお陰様で、ISの記事が人気となっております。
見に来ていただいている皆様のニーズにお答えしてISのニュースも取り上げたいと思います。

02_20130516205452.jpg

2013年5月16日の販売開始後、1ヶ月での受注台数が月販目標台数の800台を大きく上回る約7600台に達したそうです。

アベノミクスの効果かはわかりませんが、景気のいい話で嬉しくなりますね^^


さて、数字だけ見ても「ふーん」で終わってしまいますので、この7600台って数字が他のレクサス車と比べてどんなもんなのか、調べてみました。


記事のコピペだけで終わらないのがワンダー速報ですよ!(笑)
車関連のエントリーも定期的にやっていきますので、気になった方はブックマークをお願いします♪
頑張って毎日更新してますので^^




他のレクサス車の販売動向ってどんなだったっけ?と気になる方は続きをどうぞ↓


レクサスからの6月18日の発表によりますと、新型ISの3モデル(IS350/IS300h/IS250)の受注台数が、販売を開始した5月16日からの1ヶ月で、月販目標台数の800台を大きく上回る約7600台を記録したとのこと。


パワートレーン別受注台数内訳は、ガソリン車が約2,100台、ハイブリッド車が約5,500台。

大方の予想通り、ハイブリッドが多いですね。
IS250、IS300h、IS350の内訳は、ニュースリリースの中では明らかにされていません。
さらに欲を言うなら、FスポーツとVer.Lとベースグレードの内訳もそれぞれ欲しいですね。

Fスポーツのほうが売れてそうな印象ですが、実際はどうなんでしょう。




レクサス公式発表の主な好調ポイントが以下のとおり。

・「スピンドルグリル」を採用し、一目見てLEXUSと分かる統一感を強調したほか、ISならではのスポーティなエクステリアやLEXUS LFAをモチーフとしたインテリアなど、LEXUSのスポーツセダンにふさわしいデザイン

・「レーザースクリューウェルディング」や「構造用接着剤」などの新技術採用による高いボディ剛性や、各部の徹底的なチューニングで基本性能を磨き上げることで実現した、LEXUSならではのエモーショナルな走り

・新開発ハイブリッドシステムを採用することで実現した、クラストップレベルの高い環境性能(JC08モード走行燃費23.2km/ℓ)

だそうです。


たしかに私も試乗しましたが、商品力の高いクルマだと思いました。
特にハイブリッドモデルは無音無振動発進という唯一無二の世界観があり、走りの質感と環境性能を両立したモデルは他にはあまりないので、価格はやや割高ですが指名買いに近い状況なんじゃないかと思います。

Y.jpg

このISの発売1ヶ月での7600台という受注台数が過去のレクサス車と比較して多いのか少ないのか、ちょっと調べてみましょう。








昨年2012年の1月に発売となった新型GS、こちらは発売後1ヶ月での受注台数は約6000台だったとのこと。
この数字は、GS350・GS250、2ヶ月遅れて発売となったGS450hの先行受注も含めての合計。
月販目標台数は600台で、6000台だと10倍ですね。

P1060732.jpg










続いては、CT200h。

Z_20130424001108.jpg

当初の月販目標台数1,500台に対し、発売後1ヶ月間で約7,500台と、目標に対し約5倍の受注でした。
この7500台中、輸入車や国産他社からの乗り換えはおよそ4割を占めていたとのことで、新規顧客の開拓に成功したモデルだったとも言えそうです。

かくいう私も、CT200hでゴルフからレクサスへの乗り換えでしたしね。









さて、続いてはHS250h。

bc3802b250.jpg
↑写真はビッグマイナーチェンジ後のものです。

2009年7月に発売されたHS250hは、発売後約1カ月での受注台数が1万台だったようです。
月間目標は500台だったので、目標の20倍を受注したことになります。









つづいてRX。

P1060424.jpg

RXはデビュー当初はRX350と、3ヶ月遅れでリリースされたRX450hだけでした。
RX270は後から追加のモデルでしたね。

発売前のRX450hも含めての1か月後の受注台数は約2500台だった模様。
内訳は、RX450hが月販250台に対して1か月累計受注が約1000台、RX350が月販400台に対して累計受注が約1500台。









そして2006年9月に発売したLS460。

I_20130424001020.jpg
↑写真はビッグマイナーチェンジ後のものです。

こちらは受注台数が1ヶ月間で約12,000台を上回ったそうです。
月間販売目標も強気の1,300台だったそうですが、それをも上回っていますね。
LS600hはこの後デビューですが、それを含まずにこの数字ってすごい。
しかもHS250hの1万台を超え、レクサスの中では一番初期の売れ行きが良かったのかな。




前期型ISは、ちょっと調べてみたんですけど、発売一ヶ月後の受注台数の数字は見つけられませんでした。








単純に台数の比較だと、

RX 2500台
GS 6000台
CT 7500台
IS 7600台
HS 10000台
LS 12000台


となり、新型ISの数字はレクサスの中では真ん中くらいですね。
これを月販目標で割ってみると、


RX 2500台÷月販目標650台=3.84倍
GS 6000台÷月販目標600台=10.0倍
CT 7500台÷月販目標1500台=5.0倍
IS 7600台÷月販目標800台=9.5倍
HS 10000台÷月販目標500台=20.0倍
LS 12000台÷月販目標1300台=9.23倍


となり、レクサスの月販目標期待値に対する初動が見えて来ました。

月販目標に対する倍率順で並べ替えるとこんな感じ。

RX 2500台÷月販目標650台=3.84倍
CT 7500台÷月販目標1500台=5.0倍
LS 12000台÷月販目標1300台=9.23倍
IS 7600台÷月販目標800台=9.5倍
GS 6000台÷月販目標600台=10.0倍
HS 10000台÷月販目標500台=20.0倍


初動がすごくてもその後失速したりとかもあるので、あまり意味のある比較ではありませんが、モデルデビュー時のユーザーの期待度が伺えるのではないでしょうか。

それにしてもHSの20倍ってすごいですね。
月販目標が弱気だったのもあると思いますが、レクサス初のハイブリッド専売モデルというところに注目が集まったんでしょう。

CTは数字こそ悪くないものの、月販目標に対してのインパクトは、他のモデルほどでもなかったんですね。
現在は月販目標割れしてしまっているようで、オーナーとしては悲しいですT_T

LSもすごいですね。
セルシオの後継モデルだけに、ハイエンドを求める人がこれほど多いってことでしょう。
ビッグマイナーチェンジ後も、数字は好調みたいですしね。

GSは初のフルモデルチェンジで初期の人気はかなり高かったんですね。
今年はGS300hの投入も予定されているので、今後も期待大です。

RXは市場の人気とは裏腹に、初動はそれほどインパクトはなかったみたいですね。
ちなみに、レクサスの残価設定クレジットで、5年後の残価率が35%で保証されているのは、中古でも人気の高いRXとISだけだそうです。



そういった中でISの初動の7600台・月販目標に対して9.5倍というのは、なかなか好調な滑り出しと言えるのではないでしょうか。
ハイブリッドモデルのIS300hがあったからこそ、この数字があるんだと思います。
やっぱり日本ではハイブリッドが人気ですからね。

ガソリンモデルは、熟成された良さがありますが、環境性能でライバルに劣っていると言わざるを得ない状況。
今後ターボモデルなどが投入されて、環境面でも引けをとらないようになれば、ハイブリッドとの販売台数の差は狭まっていくのではないかと思います。








さて、関連アイテムですがやっぱりこちら。
すでに本屋さんでは置いてないところが多いですね。

新型LEXUS ISのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥680から
(2013/6/19 22:11時点)


アマゾンでも欠品すると中古品しか買えなくなりますので、気になる方はお早めに。




もう一冊、IS関連のMOOKが出ています。

LEXUS IS (Motor Magazine Mook)

新品価格
¥1,200から
(2013/6/29 11:24時点)


こちらのほうが分厚く内容も濃かったです。
同様に売り切れるとネットでも価格が上がりますので、気になる方はお早めにどうぞ。
この手のシリーズは車がデビューした時しか出ませんからね。





「GSすすべて」はまだ買えるみたいです。

新型レクサスGSのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥480から
(2013/6/19 22:12時点)







ビッグマイナーチェンジした「LSのすべて」もまだ買えるみたいです。

新型レクサスLSのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新品価格
¥480から
(2013/6/19 22:13時点)








「CTのすべて」は中古品のみでした。

レクサスCT200hのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

中古価格
¥1,354から
(2013/6/19 22:16時点)


この手のシリーズは売り切れると中古価格が上がるので、お早めにどうぞ。



関連記事
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント