シリーズ第4弾!ワンソク管理人の愛車遍歴2017〜2018年編 C-HR・シトロエンC3・N-BOX

ワンソクTube&ワンダー速報の車歴を公開 第四回!


前回までのブログでは、YouTubeのコメントでもリクエストの多かった「車歴が知りたい」という声にお応えして、愛車遍歴の第1弾として2001年から2016年までを3回に渡ってお届けしました。

前回までの記事はこちら↓

ワンダー速報&ワンソクTube管理人「ドラヨス」の愛車遍歴を見てみよう。2001〜2013年編

シリーズ第2弾!ワンダー速報&ワンソクTube管理人「ドラヨス」の愛車遍歴を見てみよう。2013〜2015年編

シリーズ第3弾!ワンソク管理人の愛車遍歴2015〜2016年編 ヴェルファイアとデミオの売却査定物語(笑)

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

今回はその続きとして、2017年から2018年までの愛車遍歴をお届けします!

C-HRHYBRIDG27_2019101623445186c.jpg

この頃から台数も増えてきて、1台1台それぞれ長めのレポートになっているので、2年ずつの記事ですがお付き合いいただければ幸いです。

ご興味ある方は続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

シリーズ第3弾!ワンソク管理人の愛車遍歴2015〜2016年編 ヴェルファイアとデミオの売却査定物語(笑)

ワンソクTube&ワンダー速報の車歴を公開 第三回!


前回までのブログでは、YouTubeのコメントでもリクエストの多かった「車歴が知りたい」という声にお応えして、愛車遍歴の第1弾として2001年から2013年、そして2013年から2015年までを2回に渡ってお届けしました。

前回までの記事はこちら↓

ワンダー速報&ワンソクTube管理人「ドラヨス」の愛車遍歴を見てみよう。2001〜2013年編

シリーズ第2弾!ワンダー速報&ワンソクTube管理人「ドラヨス」の愛車遍歴を見てみよう。2013〜2015年編

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

今回はその続きとして、2015年から2016年までの愛車遍歴をお届けします!

DEMIO05_201910142216013e8.jpg

まだまだ続くワンソクの愛車遍歴なんですが、お付き合いいただければと思います。

この頃からクルマ買うペースが早くなっていったんですが、実は1台も納車されてない年もあるんですよ(笑)

ご興味ある方は続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

シリーズ第2弾!ワンダー速報&ワンソクTube管理人「ドラヨス」の愛車遍歴を見てみよう。2013〜2015年編

ワンソクTube&ワンダー速報の車歴を公開 第二回!


前回のブログでは、YouTubeのコメントでもリクエストの多かった「車歴が知りたい」という声にお応えして、愛車遍歴の第1弾として2001年から2013年までをお届けしました。

前回記事はこちら↓

ワンダー速報&ワンソクTube管理人「ドラヨス」の愛車遍歴を見てみよう。2001〜2013年編

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

今回はその続きとして、2013年から2015年までの愛車遍歴をお届けします!

e25fcce089_20191014205018743.jpg

このブログ「ワンダー速報」が始まったのが、2013年3月からでした。
古参の読者の方なら、そろそろ見覚えのあるクルマも出てくるのではないでしょうか^^

ご興味ある方は続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

ワンダー速報&ワンソクTube管理人「ドラヨス」の愛車遍歴を見てみよう。2001〜2013年編

ワンソクTube&ワンダー速報の車歴を公開!


YouTubeのコメントでも多いのが、「車歴を紹介してくれ」って声です。
最近では、現在所有しているクルマに関しては、動画詳細欄に書いていますが、車歴に関してはチャンネル概要欄にしか書いてないので見てない人も多いのかもしれません。

ブログでも、PC版の右カラムのプロフィールに愛車遍歴を書いているんですが、意外と見てない人も多いのかもしれませんね。

という事で今回は改めて、管理人ドラヨスの愛車遍歴についてまとめてみます!

フィットと嫁さん

一回で全部やると大変な量になるので、今回は2001年から2013年までの愛車をお届けします。

ご興味ある方は続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

レクサスLS500h 2019マイナーチェンジ試乗!センチュリーと比較!【動画アップ】

2019年秋に行われたレクサスLSのマイナーチェンジを試乗してきました!


※台風19号で被災された方、心よりお見舞い申し上げます。
私は幸い荒川の氾濫もギリギリで踏みとどまってくれて事なきを得ました。
被災した地域の一刻も早い復旧をお祈り申し上げます。

今回の試乗は、オールレクサスラインナップ試乗会といったメディア向けのイベントに、カー&レジャーさんのご厚意で連れて行っていただきました。
いつも本当にありがとうございます!

IMG_2103.jpg
↑クリックで拡大します。

私も寄稿させて頂いてるWEBカー&レジャーをよろしくお願いいたします(笑)

今回アップした動画はコチラ!↓



本来なら、LSのエクステリアやら内装やらも撮影したいところでしたが、台風19号の接近に伴う荒天で、LS試乗のタイミングでは雨風がすごくて撮影は断念…

IMG_2072.jpg

今回のLSのマイナーチェンジでは内外装は特に変更もなく、乗り心地の改善ということだったので、動画内でも以前にディーラー試乗したLS500h I packageの映像も使いながらレポートしています。


2017年10月似デビューした新型LSですが、デビュー当時の評判としては「乗り心地が硬い」「エンジンがうるさい」など、あまり良い評判は聞きませんでした。
ワタシ自身も試乗していましたが、多少オブラートに包んで「ドライバーズカー的な乗り味になった」と評していました。

レクサスLS500h F SPORT試乗しました!【1】外装はノーマルと比較してどこが違う?

内装を他グレードと比較インプレッション!レクサスLS500h F SPORT試乗しました!【2】

評価は期待を超えるか?! レクサスLS500h F SPORT試乗しました!【3】

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


たしかに、先代のレクサスLS600hは、センチュリーと同じ5.0L V8エンジン+ハイブリッドという贅沢なパワートレインでしたが、今回のLS500hは3.5L V6+ハイブリッドと、スープダウンしています。
それ故、先代よりも高回転寄りになるエンジンや、ドイツ製スポーツセダンのような硬めの足回りは、フワフワで雲の上を滑るように走る乗り味を期待していたオーナーさんからは不評だったのかもしれません。
たしかに、Sクラスなどと比べると、騒音振動面では結構厳しいな…と思ったものでした。

それが、今回のマイナーチェンジで異例とも言えるデビュー以来2度めの乗り心地の改良ということで、私も期待して試乗させてもらいました。

LexusLS500hvL08_20191013113044bed.jpg

手が入ったポイントとしてはかなり多く、乗り心地や静粛性改善のためにかなり手が入っている模様でした。

LEXUSLSminor07.jpg

まずは、静粛性と日常使用領域でのドライバビリティ向上ということで、普段使いの街乗りでのストップ&ゴーが快適になるように、エンジンとモーターの出力特性を再定義。

LEXUSLSminor06.jpg

特に、20km/hまでの加速で、モーターのトルクを向上させ、エンジンの回転数を抑えることでかなり静かになった印象がありました。

LEXUSLSminor05.jpg

静かになっただけではなく、デビュー当時に乗った際に感じていた「マルチステージハイブリッドと言う割にモーターのトルクが弱くてすぐエンジンかかっちゃうな…」というネガティブなイメージが無くなりました。
文字通り、発進のモーターのトルクが力強くなったので、私が好きなハイブリッドのドライブフィールに変わった感じです。
これは良かった。

さらに細かいところでも変更があり、ランフラットタイヤの縦バネ剛性低減や、アブソーバーの伸圧独立オリフィス採用、AVS制御見直しなど見えないところでもかなりの変更が行われた模様です。

LEXUSLSminor03.jpg

アブソーバーの独立オリフィスが云々は、聞いてもよくわかりませんでしたが、とにかく乗り心地がフラットになり、前期型で感じていたコツコツと路面のギャップを拾う感じがだいぶコンフォートになりました。

LEXUSLSminor01.jpg

ランフラットタイヤにまで手が入っているとは、乗り心地改善のために、かなり力を尽くした感が伝わってきます。

LEXUSLSminor02.jpg

細かい技術的な面はさておき、実際に乗ってみてどうだったのかというところですが…

たしかに乗り心地も静粛性も良くなっています。
ただし、目指す方向性がこれでよいのか?というところが難しいところだと思います。

LSもオーナーの若返りを目指して、ドライバーズカー的な乗り味にしたのがデビュー当時の目論見だったのかもしれませんが、既存のオーナーさんが求めていたのは、いわゆる旧来のトヨタ的な雲の上を滑るようなコンフォート性だったのかもしれません。
それが日本の高級車の一つの正解だとするならば、今それを体感できるのはセンチュリーだけかもしれません。

century01_20191013163138100.jpg

今回の動画では、センチュリーの試乗とも比較してLSのマイナーチェンジを評価していますので、是非動画も見てみてくださいね!

センチュリーや昔のクラウンなど、ロードインフォメーションが希薄で、軽めのステアリングなど、自動車評論家の方やクルマ好きからは嫌われがちなドライブフィールかもしれませんが、それが好きな層というの少なからずいると思います。

それを期待してLSに乗ると、「なんか違う」という事になってしまいますが、今回のマイナーチェンジで、前期型のドライバーズカー的な乗り味と、センチュリーのような雲の上を滑るようなコンフォート性の、ちょうど中間くらいに持ってきたような気がします。

メルセデスのSクラスにはSクラスの世界観があり、アウディA8にはアウディらしい世界観も貫かれています。
それがレクサスLSではどういう世界観を表現したいのかというのが、今後どんどん固まってくれば、さらに固定ファンが付くラグジュアリーカーになるのではないでしょうか。

LexusLS500hvL27_201910131129519c6.jpg

個人的には、今回のLSのマイナーチェンジの乗り味の方向性は好みに近いものになっていたと思います。
いわゆる、角の取れた硬質感とも言える、ドイツ車的な乗り味ではあったのですが、全長5.2mもの巨体を感じさせないダイレクト感もたしかにあり、この状態で2017年にデビューしていたなら、評論家の方々の印象もだいぶ違ったんじゃないかなと思いました。


レクサスLSのグレードごとの価格一覧や、装備の違いなどをまとめた記事も消費税10%の内容でアップデートしていますので、良かったら見てみてくださいね↓

レクサス新型LSの価格は999.6万円から! 見積もり・燃費・スペックなどまとめ

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


LexusLS500hvL11_20191013113042347.jpg

新型レクサスLSを検討されている方は、参考にしていただければ幸いです。

埼玉南部エリアで新型LSを購入検討している方は、紹介キャンペーンもありますので、興味ある方はワンダー速報パソコン版の右カラムにあるメールフォームからメールくださいませ^^


とその前に、レクサス新型LSなど新車の購入を検討中の方は、今のうちからネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

LexusLS500hvL22_201910131115067ee.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^

貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


今回アップした動画はコチラ!↓



では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ














にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

日産新型スカイライン2019マイナーチェンジ試乗!BMWとハンズオフ対決!【動画アップ】

新型日産スカイラインType SP(ハイブリッド)試乗しました!BMW M850iとハンズオフを比較レビュー


SKYLINE04_201910110031348a2.jpg

2019年7月にビッグマイナーチェンジを行った、日産の新型スカイラインのハイブリッドモデルTYPE SPの試乗インプレッション第二回目です。
今回の企画も、カー&レジャーさんに同行させてもらって撮らせてもらいました。
ありがとうございます!!

すでに先日のブログや動画でもお届けしている、BMW M850iと新型スカイラインのハンズオフ対決として比較試乗してきました!

前回の動画では、新型日産スカイライン TYPE SP(HYBRID)のエクステリアと内装をレポートしましたが、今回はお待ちかね!ドライブフィール編をお届けします!

今回アップした動画はコチラ!!↓



矢沢○吉状態で、ハンズオフをやってます(笑)


前回お届けした新型日産スカイラインのエクステリア&内装編をまだ見てない方はそちらも併せてどうぞ↓



そして、比較用として、すでにアップしている、BMW M850iのエクステリア&内装編、そして試乗インプレッション編も併せてどうぞ↓






そして、私が寄稿したカー&レジャーさんの記事はこちら↓

ハンズオフ比較対決!日産スカイライン vs BMW M850i 自動運転で使えるのはどっち?前編(M850i)

ハンズオフ比較対決!日産スカイライン vs BMW M850i 自動運転で使えるのはどっち?後編(日産スカイライン)

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

ワンダー速報の寄稿記事が読めるのは、現在ではカー&レジャーさんだけ!(笑)



日産とBMWのハンズオフ、メリット・デメリットまとめ


告知だけではなんなので、少しだけブログでも新型日産スカイラインの試乗ドライブフィールの感想を書いておくと、一言に「ハンズオフ」と言っても、BMWと日産のそれは考え方や制御が結構異なりますね。

それぞれのハンズオフの特徴と、メリット・デメリットをそれぞれまとめてみましょう。

BMW M850i_02


日産のハンズオフの特徴、メリット・デメリット


・ハンズオフにはナビの目的地設定が必要
・高精度の3Dマップが対応している高速道路だけでハンズオフが可能
制限速度+10km/hまでハンズオフで自動運転可能
トンネルではGPS受信できないためハンズオフ不可
・前車が遅く、右車線が空いている場合は追い越し提案してくれる
・メーター内の案内は、日本人向けにわかりやすく表記してある
・視線を前方から外すとすぐにキャンセルされてしまう
・メーター内に周囲の車両のモニタリング状況が表示される
・クルーズ中の自車のブレーキランプの点灯状態もメーター内に表示される



BMWのハンズオフの特徴、メリット・デメリット


・ハンズオフにはナビの目的地設定は不要
・ハンズオフに対応した一部の高速道路だけで使用可能
60km/h以下でのみハンズオフで自動運転可能
・前車追従して60km/h以上になるとハンズオフが解除され、アダプティブクルーズコントロールに移行する
トンネルでもハンズオフ可能
・車線変更もステアリング制御で行ってくれる
・メーター内には自車が車線の中央・右寄り・左寄りにいるかまでモニターして表示
・メーター内に周囲の車両のモニタリング状況が表示される
・視線を前方から外すと何度か警告の後にキャンセルされる



実際に両方使ってみた感想としては、BMWのほうが自車や周囲のモニタリングが細かく表示されるので安心感があります。ただ、使える高速道路が少なく、60km/h以下でしか使えないので、首都高など限られた場所での渋滞中に使うくらいしか使用機会がなさそう。

BMW M850i_01


一方、スカイラインのほうが使える道路が多く車速も制限速度+10km/hまで使える反面、トンネルは不可だったりナビの目的地設定が必要だったりと、また別の条件があります。

SKYLINE01_20191011003140dfc.jpg


どちらも一長一短と言った感じですが、どちらも首都高などの渋滞中には使えるので、そういうシーンで使うことがメインになるのではないでしょうか。
BMWはソフトウェア・アップデートで、すでに納車済みの3シリーズなどにもハンズオフが実装可能になっていますが、今後もソフトウェア・アップデートなどで使える道路なども増えるといいですね。

何れにせよ、他のメーカーよりも先駆けて市販化にこぎつけたことに関しては、拍手を贈りたいですね!

新型日産スカイラインが気になっている方は、お近くの日産ディーラーに足を運んでみては?

SKYLINE07_20191011003139a30.jpg

ということで、新型日産スカイラインなど新車の購入を検討中の方は、ディーラーに行く前に(もしくは行ったあとでも)ネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

SKYLINE03_20191011003136716.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマのドライバーズシートに身を委ねている自分を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)

2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


今回アップした動画はコチラ!!↓





前回お届けした新型日産スカイラインのエクステリア&内装編をまだ見てない方はそちらも併せてどうぞ↓




では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ
















にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【質感良き!】2019日産新型スカイライン試乗しました!内装&外装編【動画アップ】

新型日産スカイラインType SP試乗しました!ハンズオフを試す!!


BMW M850i_02

2019年7月にビッグマイナーチェンジを行った、日産の新型スカイラインのハイブリッドモデルTYPE SPに試乗させてもらいました。
今回の企画も、カー&レジャーさんに同行させてもらって撮らせてもらいました。
ありがたや〜!

すでに先日のブログや動画でもお届けしている、BMW M850iと新型スカイラインのハンズオフ対決として比較試乗してきました!

今回の動画では、新型日産スカイライン TYPE SP(HYBRID)のエクステリアと内装をマニアックにレビューします。

今回アップした動画はコチラ!!↓



そして、前回までにアップしている、BMW M850iのエクステリア&内装編、そして試乗インプレッション編も併せてどうぞ↓






そして、私が寄稿したカー&レジャーさんの記事はこちら↓

ハンズオフ比較対決!日産スカイライン vs BMW M850i 自動運転で使えるのはどっち?前編(M850i)

ハンズオフ比較対決!日産スカイライン vs BMW M850i 自動運転で使えるのはどっち?後編(日産スカイライン)

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

ワンダー速報の寄稿記事が読めるのは、現在ではカー&レジャーさんだけ!(笑)


告知だけではなんなので、少しだけブログでも新型日産スカイラインのエクステリアと内装の感想を書いておくと、エクステリアに関しては、あんまり変わった感じはしませんでしたね。

SKYLINE04_201910110031348a2.jpg

大きく変わったのは、Vモーショングリルを採用したフロントマスクですが、ヘッドライトなど他の部分は変わっていないので、若干取って付けたような感じも出てしまっています。
そして地味に日産の意思を感じるのは、インフィニティのロゴが付いていた前期型から、日産マークに変わりました。

SKYLINE07_20191011003139a30.jpg

さらに、スカイライン伝統の丸目4灯のリアコンビネーションランプになったり、各所で日産感をアピールするデザインへと変わっています。
原点回帰というか、元気な日産が早く戻ってきてくれるといいですね。



内装においては、改めて見てみると、スカイラインの内装の質感は国産車としてはかなり良いと思いました。

SKYLINE03_20191011003136716.jpg
↑クリックで拡大します。

使われている素材などはとても良く、レクサスなどと比較しても勝ると劣らない印象です。
動画内でも言及していますが、意外だったのが何故か後席ドアのヒンジだけが鋳造製だったこと。

SKYLINE05_20191011004429778.jpg

レクサスでも、ISやES、GSでもプレスヒンジなのに対して、スカイラインは後席だけとは言え鋳造ヒンジを使っているのは驚きました。

この辺りも動画内で詳しく言及していますので、動画をぜひ見てみてくださいね!
記事の最後にも動画のリンク貼っておきますので。

SKYLINE02_20191011003136872.jpg

2014年のデビュー以来、5年目でのビッグマイナーチェンジでしたが、600万円クラスの価格帯にもかかわらず、アダプティブハイビームシステムが備わっていなかったり、バックモニタの解像度が低かったりと、最新モデルに比べて時代を感じてしまう部分もあったりもします。
しかし、ハイブリッドモデルだけとは言え、電動パーキングブレーキ+ホールドまでが装備され、さらにプロパイロット2.0まで搭載しているので、その点では大きな改良点ですね。

SKYLINE08_20191011004436204.jpg

今回の動画では、ハンズオフはまだお預けで、次回の試乗ドライブフィール動画で、ハンズオフを試していますので、次回動画もご期待くださいね!

ということで、新型日産スカイラインなど新車の購入を検討中の方は、ディーラーに行く前に(もしくは行ったあとでも)ネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

SKYLINE03_20191011003136716.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマのドライバーズシートに身を委ねている自分を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


今回アップした動画はコチラ!!↓



では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ
















にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

名古屋でレクサスプチオフしてきました。RX300×LC500hストラクチュラルブルー!

管理人のつぶやきです。


Twitterをフォローしていただいている人は、見ていて知っているかもしれませんが、浜松と名古屋で2泊3日でいろんな人と会う宿泊をしていました。

大学生の同級生やら、ブロガー仲間やら、クルマ友達など、いろんな人とお会いしていただいていたんですが、その中でブログ読者の皆さんが興味ありそうな、クルマ友達とのプチオフの時の写真を今回はお届けします。

LC500hSTB14.jpg

そのお友達が乗っていたのは、レクサスLC500hの特別塗装カラー「ストラクチュラルブルー」です!

このストラクチュラルブルーは、塗装代だけで100万円かかっているという恐ろしいボディカラーなんですが、それをじっくり見ることができましたよ。

今回はその模様を紹介します。
ご興味ある方は続きをどうぞ…。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

レクサス新型RX300 マイナーチェンジで走りは変わったか?納車後試乗レビュー【動画アップ】

2019マイナーチェンジ版 レクサスRX300 F SPORT納車後インプレッション!


2019年8月27日にマイナーチェンジが発売されたレクサスRXですが、レクサスRX300 F SPORT(FF)を購入して納車されたので、そのインプレッションをシリーズでお届けしています。

RX300Fsport49.jpg

今回は、納車されてから初めて乗った、レクサスRX300 F SPORTの試乗ドライブフィール編です!

今回アップした動画はコチラ!↓



納車しているのに試乗とはおかしな話ですが、試乗するより納車のほうが早かったので結果として初試乗が自分の納車後となってしまいました(笑)

前回お届けした、私のRX300 F SPORTのエクステリア&内装編もまだ見てない方はそちらの動画も併せてどうぞ↓



ワタシ自身、前期型のRX450h F SPORTのオーナーだったので、元オーナーだからこそ詳細にレポートしていますので、レクサスファンの方や、RXを購入検討している方は参考にしていただければと思います。


それ以前にアップした、レクサスRXの納車式の模様の動画もまだ見てない人が居ましたら、併せてこちらもどうぞ↓




納車式の模様はブログでもお届けしていたので、そちらも良かったらぜひ!

【レクサスの納車式ってどんな感じ?!】レクサスRX300 F SPORT納車されました!2019マイナーチェンジ版

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


納車後インプレッションはブログでも書いていますので、両方見るとより詳しくわかりますよ↓


【見ると欲しくなる】新型レクサスRX300マイナーチェンジ納車後 画像大量レポート!エクステリア編

新型レクサスRX300(2019マイナーチェンジ)納車後ドライブフィールインプレッション

【内装どこが変わった?】レクサスRXのマイナーチェンジで変更点をオーナーが解説!

2019レクサスRX パノラマルーフのメリット・デメリットは?使用感をレポート

【後席やラゲッジの広さは?】レクサスRX2019マイナーチェンジ納車後レポート!納期が延びてる…

納車式の模様はこちら↓

【レクサスの納車式ってどんな感じ?!】レクサスRX300 F SPORT納車されました!2019マイナーチェンジ版


もはや毎回恒例となった、レクサスRXにテレビキャンセラーを付けた話はこちら↓

2019レクサスRX TVキャンセラー&ブレーキホールドコントローラー取り付けました!(ブルーバナナ)

↑それぞれ別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


レクサスRX300 F SPORTの走りはぶっちゃけ変わったか?


動画内で詳しく解説していますが、ブログでも簡単にレビューしておくと、結果としては「結構乗り心地は良くなった!」という印象です。
そして心なしか静粛性も上がったような、そんな気がしますね。

RX300hirugami01.jpg

今回のマイナーチェンジで、見えないところには結構手が入っているみたいで、スポット溶接打ち増し、構造接着剤の使用面積拡大、さらにはF SPORTにのみパフォーマンスダンパーを前後に追加しているそうです。

これによってボディ剛性がより強化され、不快な微振動やリアサスペンション周りの「ドコドコ」とした跳ねる感覚も無くなりました。
これは非常に良いと思った点です。

2_201909191704556da.jpg

私はまだ新しいRX450hには試乗できていないので、1ヶ月点検の際には試乗させてもらおうと思っています。
マイナーチェンジしたRX450h F SPORT AWDが納車されたお友達曰く、「輸入車SUVが要らないくらい素晴らしい乗り味!」と大絶賛だったので私も期待して乗ってみましょう(笑)

LEXUSRX450hL02.jpg

今後は納車されたレクサスRX300F SPORTの納車後レビューもどんどんやっていきますので、お楽しみに!
Twitterではいち早くリアルタイムでその時の感想などを呟いていますので、よかったらTwitterもフォローしていただけると面白いと思います。



Twitterが一番レスも早いので、気軽にフォロー&コメントくださいね。


レクサスRXの納期状況は?


2019年8月に発売されたレクサスRXのマイナーチェンジですが、2019年10月時点で、すでに半年近い納車待ちとなっている模様です。

しかも、今回はRX300のほうが売れているようで、RX300のほうが納車待ちが長い状況となっています。

RX450h:2020年2月中旬頃~2月下旬頃の工場出荷の予定

RX300:2020年3月上旬頃の工場出荷の予定


とのことで、工場出荷から納車まではさらに2週間位かかるので、RX450hで5ヶ月の納期、RX300で6ヶ月近い納期、となっています。

マイナーチェンジでここまで納期が長くなるとは…
やっぱりなんだかんだ言って、レクサスRXは人気ですね。

LEXUSRX450hL16.jpg

新型RXが気になっている方は、お早めにレクサスディーラーまで足を運んでみてはいかがでしょうか?

さいたまエリアでレクサス車を購入検討している方は、ちょっとだけお得に購入できる紹介キャンペーンがありますので、見積もりを取る前にワンダー速報のPCサイトの右カラムにあるメールフォームからその旨メールくださいね。
営業マン紹介しますので、来店しやすくなると思いますよ^^

LEXUSRX300nousya04.jpg



レクサス車を買う前にやっておきたいこと


レクサスは基本的に値引きがありません。
その分、下取りが値引きに相当することがありますが、何も持たずに商談しに行くと、フツーにオークション相場価格くらいでしか下取りしてくれません

そこで、ディーラーに行く前に事前に愛車の相場価格を調べておくことをオススメします!!
私のRX450h F SPORTは2年2ヶ月15,000kmで、某輸入車ディーラーの下取り査定だと450万円だったのに、ネットの一括査定に出したところ、610万円で売却できました。
その差はなんと160万円!!
どうなってんだよディーラー査定…(苦笑)
というか、やっぱり一括査定で複数社に見積もってもらわなきゃ、確実に損するということは間違いないですね。

一括査定の査定額を持ってディーラーに行けば、「これ以下だったらハンコ押さない」って言うと、下取り額も調整に応じてくれることが多いです。
もしだめなら、そのまま買取店の売却してしまえばいいですしね。

一括査定サイトで見積もる際に、売却時期などが読めない人でも、「現在の愛車の価格が知りたい」と言えばOK。
査定額が良くて、思わず買い替えを検討しちゃったりもしますからね(経験あり 笑)。

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら↓


かんたん車査定ガイド






1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
事前にディーラーからだいたいの納期などを聞いておくと、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思います。

そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いですね。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果www輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

LEXUSRX300nousya02.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



今日アップした動画はコチラね↓




そして前回のエクステリアと内装編も見てない方はぜひどうぞ↓




納車式の模様+レクサスディーラー内部の建物探訪動画(笑)もまだ見てない人はぜひ見てみてくださいね↓




私が購入したレクサスRXの見積りを公開している記事はコチラね↓

【購入したRXの見積り価格公開!】2019レクサスRXマイナーチェンジ契約しました!

LEXUSRXmitsumori.jpg

ディーラーに展示してあったマイナーチェンジ後のRXを見てきた動画もアップしてあるので見てね!






レクサスRXのマイナーチェンジの内容をまとめた動画もよかったらどうぞ↓





どこが変わるのか、どこが変わらないのかはこちらの動画を見ていただくとわかりやすいかと思います。

では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ















にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

2019レクサスRX TVキャンセラー&ブレーキホールドコントローラー取り付けました!(ブルーバナナ)

2019年マイナーチェンジモデルの新型レクサスRXにTVキャンセラーとアクティブブレーキホールドコントローラー付けてもらいました!


私がレクサス車が納車された後には必ず行っているシンクデザインさんに、今回もTVキャンセラーをお願いしました。
もはや車祓いみたいな「シンクさん詣で」と言っても過言ではないです(笑)

2018年12月に納車されたレクサスUXでももちろんシンクデザインさんでテレビキャンセラーも付けてもらいましたし、その時の新製品「ブレーキホールドキット」も付けてもらっていました。

レクサスUX テレビナビキャンセラー&ブレーキホールドキット取り付けました!(ブルーバナナ)

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


今回も、前回同様で、いつも取り付けている「ブルーバナナ TVナビキャンセラー(SNTC-M21)」と、「ブレーキホールドキット(ABHC-04)」も取り付けてもらいました。

think03_20191007113822c96.jpg

シンクデザインの佐藤さんの丁寧な作業はいつ見ても惚れ惚れしますね。

テレビキャンセラーは他にも製品がありますが、私はレクサスに付けるならブルーバナナ社製の一択です。
後付のボタンも無いし、見た目もスッキリで高機能だからなんですよね。
初めてレクサス車を買う人などのために、その辺りも詳しく解説したいと思います。


すでにTwitterでは先行してレクサスRX300 F SPORTの納車後のインプレッションなども呟いています。


Twitterが一番情報が早いので、ぜひフォローをお願いします♪



ワンダー速報では、すでに新型レクサスRXについてかなりのボリュームの記事を執筆しています。
過去にアップした新型レクサスRXの記事や、今後加筆されていく新型レクサスRX関連の記事は、レクサスRX関連記事一覧からご参照ください。

レクサスRX関連記事一覧

レクサスRXを購入検討の方、納車待ちで修行中の方、過去ログも大量にありますので、お暇な時に読んでいただけるとかなり暇を潰せると思います(笑)


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【ここがダメ・ここがイイ】レクサスRXマイナーチェンジ納車後わかったブレードスキャン方式のLEDヘッドライトの評価は?

レクサスRX300 F SPORT納車後わかった良い点・悪い点ブログシリーズ!


2019年8月にマイナーチェンジしたレクサスRXが納車されて早いもので3週間が経過しました。
いつも愛車が納車されてからやっている、良い点・悪い点シリーズを今回のRX300 F SPORTでもやっていきたいと思います!

今回はみんな気になっているだろうブレードスキャン方式のアダプティブLEDヘッドライトについて。
夜間走る際には試してみましたが、なるほど良い点と悪い点がありますね。

RX300Fsport17.jpg

今回はそんなブレードスキャン方式のアダプティブLEDヘッドライトについて納車後レポートします。


前回までにお届けした、レクサスRXマイナーチェンジの納車後インプレッションはコチラ↓

【見ると欲しくなる】新型レクサスRX300マイナーチェンジ納車後 画像大量レポート!エクステリア編

新型レクサスRX300(2019マイナーチェンジ)納車後ドライブフィールインプレッション

【内装どこが変わった?】レクサスRXのマイナーチェンジで変更点をオーナーが解説!

2019レクサスRX パノラマルーフのメリット・デメリットは?使用感をレポート

【後席やラゲッジの広さは?】レクサスRX2019マイナーチェンジ納車後レポート!納期が延びてる…

納車式の模様はこちら↓

【レクサスの納車式ってどんな感じ?!】レクサスRX300 F SPORT納車されました!2019マイナーチェンジ版

↑それぞれ別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


公開済みのレクサスRX納車式のYouTube動画はこちら↓






すでにTwitterでは先行してレクサスRX300 F SPORTの納車後のインプレッションなども呟いています。



Twitterが一番情報が早いので、ぜひフォローをお願いします♪


私が購入したレクサスRX300 F SPORTの詳細や、付けたオプションなどの見積り記事もアップしてありますので、ご興味ある方はそちらもどうぞ↓

【購入したRXの見積り価格公開!】2019レクサスRXマイナーチェンジ契約しました!

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


ワンダー速報では、すでに新型レクサスRXについてかなりのボリュームの記事を執筆しています。
過去にアップした新型レクサスRXの記事や、今後加筆されていく新型レクサスRX関連の記事は、レクサスRX関連記事一覧からご参照ください。

レクサスRX関連記事一覧

レクサスRXを購入検討の方、納車待ちで修行中の方、過去ログも大量にありますので、お暇な時に読んでいただけるとかなり暇を潰せると思います(笑)


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

レクサスRXマイナーチェンジ2019 納車後2週間レビュー!内装&外装編【動画アップ】

2019年にマイナーチェンジしたレクサスRXが納車されました!


RX300Fsport03.jpg

私が購入したのはレクサスRX300 F SPORT(FF)です。
ディーラーでも1番納車だったのでかなり早く納車されましたが、早いもので納車から2週間が経過しました。
なかなか動画もアップできていませんでしたが、ようやく編集が終わりましたのでアップしますね!

今回アップした動画はコチラ!↓



ワタシ自身、前期型のRX450h F SPORTのオーナーだったので、元オーナーだからこそ詳細にレポートしていますので、レクサスファンの方や、RXを購入検討している方は参考にしていただければと思います。


前回アップした、レクサスRXの納車式の模様の動画もまだ見てない人が居ましたら、併せてこちらもどうぞ↓




納車式の模様はブログでもお届けしていたので、そちらも良かったらぜひ!

【レクサスの納車式ってどんな感じ?!】レクサスRX300 F SPORT納車されました!2019マイナーチェンジ版

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


元RX450h F SPORTのオーナーとしては、せっかく買い替えたのだから、見た目は同じホワイトノーヴァガラスフレークながら、内装だけはフレアレッドと本アルミに変えました。

RX300Fsport50.jpg
↑特大サイズです。クリックで拡大します。

前期型で乗っていたRX450h F SPORTでは、ブラック内装にレーザーカット本杢目にしていましたが、色を変えると気分も変わりますね。

RX450hF_22_20190925002806fb9.jpg
↑クリックで拡大します。

フレアレッドにしたので、かなりスポーティーな印象になりました。
本アルミのひんやりした触り心地もなかなか良いです。

RX300Fsport41.jpg

エクステリアにおいては、ほとんど変わりはないんですが、前期型から気に入っているポイントなども、オーナーの視点で解説しています。

RX300Fsport05.jpg

この尻が良いんだわ(笑)

今回の動画では、他の同価格帯のレクサス車のESなどと比較しながら、RXのどこが優れているのかをレポートしています。

細かいところがRXのほうが質感がいいところが多いんですよねぇ。

RX300Fsport29.jpg

今回もマニアックな分析にお付き合いいただければと思います。

そして見ている人の物欲を刺激する、レクサスRXのカッコイイ映像にもこだわりましたので、閲覧注意ですよ(笑)

RX300Fsport01.jpg
↑クリックで拡大します。

今後は納車されたレクサスRX300F SPORTの納車後レビューもどんどんやっていきますので、お楽しみに!
Twitterではいち早くリアルタイムでその時の感想などを呟いていますので、よかったらTwitterもフォローしていただけると面白いと思います。



Twitterが一番レスも早いので、気軽にフォロー&コメントくださいね。


レクサスRXの納期状況は?


2019年8月に発売されたレクサスRXのマイナーチェンジですが、2019年10月時点で、すでに半年近い納車待ちとなっている模様です。

しかも、今回はRX300のほうが売れているようで、RX300のほうが納車待ちが長い状況となっています。

RX450h:2020年2月中旬頃~2月下旬頃の工場出荷の予定

RX300:2020年3月上旬頃の工場出荷の予定


とのことで、工場出荷から納車まではさらに2週間位かかるので、RX450hで5ヶ月の納期、RX300で6ヶ月近い納期、となっています。

マイナーチェンジでここまで納期が長くなるとは…
やっぱりなんだかんだ言って、レクサスRXは人気ですね。

LEXUSRX450hL16.jpg

新型RXが気になっている方は、お早めにレクサスディーラーまで足を運んでみてはいかがでしょうか?

さいたまエリアでレクサス車を購入検討している方は、ちょっとだけお得に購入できる紹介キャンペーンがありますので、見積もりを取る前にワンダー速報のPCサイトの右カラムにあるメールフォームからその旨メールくださいね。
営業マン紹介しますので、来店しやすくなると思いますよ^^

LEXUSRX300nousya04.jpg



レクサス車を買う前にやっておきたいこと


レクサスは基本的に値引きがありません。
その分、下取りが値引きに相当することがありますが、何も持たずに商談しに行くと、フツーにオークション相場価格くらいでしか下取りしてくれません

そこで、ディーラーに行く前に事前に愛車の相場価格を調べておくことをオススメします!!
私のRX450h F SPORTは2年2ヶ月15,000kmで、某輸入車ディーラーの下取り査定だと450万円だったのに、ネットの一括査定に出したところ、610万円で売却できました。
その差はなんと160万円!!
どうなってんだよディーラー査定…(苦笑)
というか、やっぱり一括査定で複数社に見積もってもらわなきゃ、確実に損するということは間違いないですね。

一括査定の査定額を持ってディーラーに行けば、「これ以下だったらハンコ押さない」って言うと、下取り額も調整に応じてくれることが多いです。
もしだめなら、そのまま買取店の売却してしまえばいいですしね。

一括査定サイトで見積もる際に、売却時期などが読めない人でも、「現在の愛車の価格が知りたい」と言えばOK。
査定額が良くて、思わず買い替えを検討しちゃったりもしますからね(経験あり 笑)。

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら↓


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場を知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、そのボタンを押せばOK。

相場知りたい

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトにエントリーし、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと言ってきたら、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
事前にディーラーからだいたいの納期などを聞いておくと、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思います。

そして、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も見積もるのも時間が勿体無いし、一番この方法が良い条件出る可能性高いですね。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^


私が実際に愛車の下取り一括見積りで高額査定を叩きだしたレポートは以下の記事をご参照ください↓

車を買い替える時の6つ必勝法!一括査定で見積もった結果www輸入車を売るポイントも!

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

LEXUSRX300nousya02.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



今日アップした動画はコチラね↓




先日アップした納車式の模様の動画もまだ見てない人はぜひ見てみてくださいね↓




私が購入したレクサスRXの見積りを公開している記事はコチラね↓

【購入したRXの見積り価格公開!】2019レクサスRXマイナーチェンジ契約しました!

LEXUSRXmitsumori.jpg

ディーラーに展示してあったマイナーチェンジ後のRXを見てきた動画もアップしてあるので見てね!






レクサスRXのマイナーチェンジの内容をまとめた動画もよかったらどうぞ↓





どこが変わるのか、どこが変わらないのかはこちらの動画を見ていただくとわかりやすいかと思います。

では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ















にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【1800万の高級車で手離し運転した結果…】BMW M850i試乗レビュー!スカイラインの試乗記も寄稿しました!

BMW M850iでハンズオフを試す!!その実力と実用性の評価は…?


BMW M850i_02

BMW 850i xDrive Coupeに試乗させてもらいました!
すでに以前にブログでもお伝えしたとおり、カー&レジャーさんの取材に同行させていただき、新型スカイラインとBMW 850i xDrive Coupeの乗り比べを行いました。

先日のブログでBMW 850i xDrive Coupeのエクステリアと内装編をお届けしましたが、今回はその続きでついにハンズオフを試します!!

前回記事はこちら↓

【1800万オーバーの高級クーペ!】BMW M850i試乗しました!超豪華な内装!


そして今回アップした動画はコチラ!!↓




前回のエクステリア&内装編の動画もまだ見ていない人は、こちらも併せてどうぞ↓




そして、BMW M850iの試乗レポートを寄稿したカー&レジャーさんの記事はこちら↓

ハンズオフ比較対決!日産スカイライン vs BMW M850i 自動運転で使えるのはどっち?前編(M850i)

DSC_7316.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


新型スカイラインの試乗レポートも寄稿しました!


そして!!動画ではまだ編集が終わっていませんが、カー&レジャーさんに新型スカイラインの試乗レポート記事を寄稿しました!

ハンズオフ比較対決!日産スカイライン vs BMW M850i 自動運転で使えるのはどっち?後編(日産スカイライン)

SKYLINE01_201910041935398c5.jpg

ワンダー速報の寄稿記事が読めるのは、現在ではカー&レジャーさんだけ!(笑)
※ちなみに一枚目の写真は私ではありません(笑)


新型スカイラインの試乗レポートをちょっとだけ公開


告知だけではちょっとさみしいので少しだけスカイラインの試乗レポートに触れておくと、エクステリアにおいてはぶっちゃけあんまり変わった感じはありません。

SKYLINE04_20191004200405342.jpg

V37型のスカイラインは、2014年にデビューして以来、すでに5年が経過したモデルで今回ビッグマイナーチェンジとなりましたが、エクステリアではフロントグリルの部分くらいしか変わった印象がありません。

GT-Rなどと同様のVモーショングリルを採用し化粧直しされたスカイラインですが、デザイン自体は5年が経過していてもそれほど古さは感じません。
そして実は一番の変更点は、インフィニティのロゴから日産のロゴに戻ったことでしょうか。

そしてそれに伴い、リアコンビネーションランプ内のスカイライン伝統の丸目4灯も復活しました。

SKYLINE07_20191004201758833.jpg

往年のスカイラインファンとしては嬉しいところではないでしょうか。
かくいう私も、実家ではR32の時代のスカイラインの4ドアに乗っていたので、スカイラインには多少なり思い入れはあります。

新型スカイラインの内装はというと、これまた2014年当時から大きくは変わっていないのですが、もともとのマテリアルの質感が良いので、高級車としての質感は確保されていますね。

SKYLINE03_20191004193543372.jpg
↑クリックで拡大します。

まぁ価格も600万円オーバーなので、価格を考えたら相応なのかもしれませんが、思っていたより質感高かったんだなと思いました。

ただし、ナビ画面が8インチと7インチのツインモニタなのですが、この解像度の低さや描画の遅さなどは最新のモデルから比べるとかなり見劣りする部分でもありました。

SKYLINE02_20191004193540b64.jpg

バックモニタの解像度も低かったですね…
600万円というプライスタグを考えると、ちょっと残念。

ただし、今回のビッグマイナーチェンジで、新型スカイラインのハイブリッドモデルのみ、電動パーキングブレーキとブレーキホールドが採用されました。
これは、ハイブリッドモデルにのみ、ハンズオフできるプロパイロット2.0が導入されるのと併せてなんだと思いますが、軽自動車にも導入された電動パーキングブレーキが付いたのは、高級車としては面目躍如ですね。
ただし、ターボモデルには電動パーキングブレーキは付かないのでご注意を。


そしてもう一つ驚いたのが、フロントドアのヒンジはプレス製だったのに、リアドアのヒンジだけは何故か鋳造製だったんですよね。

SKYLINE05_201910041935442e3.jpg

リア周りの剛性を確保するのに効いているのかもしれませんが、リアだけっていうのも珍しいです。


そして、肝心な走りについては、期待以上に良かったですね!
トヨタのハイブリッドばかり乗っているので、日産のハイブリッドシステムは新鮮でしたし、トヨタ以上に良いとも思えました。

さらに期待のハンズオフですが…

その辺りのインプレッションは、カー&レジャーさんのサイトでご確認ください↓

ハンズオフ比較対決!日産スカイライン vs BMW M850i 自動運転で使えるのはどっち?後編(日産スカイライン)

SKYLINE01_201910041935398c5.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

そして、今回アップしたBMW 850i xDrive Coupeのドライブフィールの動画も絶対見てくれよな!!(笑)

そして今回アップした動画はコチラ!!↓





ということで、BMW M850iや新型スカイラインなど新車の購入を検討中の方は、ディーラーに行く前に(もしくは行ったあとでも)ネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場を知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、そのボタンを押せばOK。

相場知りたい

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

想像してみてください。貴方の欲しいクルマのドライバーズシートに身を委ねている自分を。

SKYLINE08_20191004202916bce.jpg

ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



そして今回アップした動画はコチラ!!↓




前回のエクステリア&内装編の動画もまだ見ていない人は、こちらも併せてどうぞ↓



では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ
















にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【MAZDA3と比較】マツダCX-30見てきた!内装レポート 助手席・後席・ラゲッジ編

2019年10月24日発売日のマツダの新型CX-30を見てきました!


日比谷ミッドタウンに展示されていたCX-30の画像インプレッションの3回目です。

前回までの記事で、CX-30のエクステリアと運転席周りの内装をレポートしましたが、今回はその続きで、助手席や後席、ラゲッジスペース編をお届けします!

CX-30_57_20191003173318fec.jpg
↑クリックで拡大します。

前回までにお届けしたCX-30のエクステリア編運転席周り編の記事はこちら↓

【画像大量】マツダCX-30見てきた!CX-3やCX-5とサイズ比較! エクステリア編

【内装の質感スゴい!】マツダCX-30見てきた!MAZDA3との違いを比較!運転席周り編

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


ワタシ自身MAZDA3 X Burgundy Selectionを契約済みで納車待ちの身なので、CX-30はとても気になる一台です。

【悲報】私のMAZDA3 スカイアクティブX 納期遅れ&ハイオク化(CX-30発売のが早い…)


CX-30はMAZDA3の上位互換なのかと思っていたんですが、そうでもないみたいです。
MAZDA3のほうが優れているポイントも結構有りましたよ。

CX-30の現車を見ずに契約した人も結構いると思いますので、これから検討している方はMAZDA3にするかCX-30にするか、ブログを見てご判断ください^^


すでにYouTubeでCX-30の美しいエクステリアと、質感高い内装をレポートしていましたので、まだ見ていない方はそちらも併せてどうぞ↓






過去に書いたCX-30関連の記事や、これから加筆される最新情報は、以下のCX-30関連記事一覧をチェックしてみてくださいね↓

CX-30関連記事一覧


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【内装の質感スゴい!】マツダCX-30見てきた!MAZDA3との違いを比較!運転席周り編

2019年10月24日発売日のマツダの新型CX-30を見てきました!


日比谷ミッドタウンに展示されていたCX-30の画像インプレッション!

前回までの記事で、CX-30のエクステリアをレポートしましたが、今回はその続きで、運転席周りの内装を画像大量でお届けします!

MAZDA3press04_20191002090430347.jpg
↑クリックで拡大します。

そして、ワタシ自身MAZDA3 X Burgundy Selectionを契約済みで納車待ちの身なので、CX-30はとても気になる一台です。
なので、MAZDA3と似ているようで少し違うCX-30の内装を細かく比較したいと思います!
マニアックに迫りますよ(笑)

【悲報】私のMAZDA3 スカイアクティブX 納期遅れ&ハイオク化(CX-30発売のが早い…)

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


それにしても最近のマツダはスゴいです。
内装の質感においては、ライバルの追随を許さないどころか、輸入車さえも超えているんじゃないかと思えるほど。

すでにYouTubeでCX-30の美しいエクステリアと、質感高い内装をレポートしていましたので、まだ見ていない方はそちらも併せてどうぞ↓






過去に書いたCX-30関連の記事や、これから加筆される最新情報は、以下のCX-30関連記事一覧をチェックしてみてくださいね↓

CX-30関連記事一覧


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【1800万オーバーの高級クーペ!】BMW M850i試乗しました!超豪華な内装!【動画アップ】

1800万円のBMW M850i試乗しました!


BMW 850i xDrive Coupeに試乗させてもらいました!
すでに以前にブログでもお伝えしたとおり、カー&レジャーさんの取材に同行させていただき、新型スカイラインとBMW 850i xDrive Coupeの乗り比べを行いました。

今回はまずBMW 850i xDrive Coupeのエクステリアと内装編からレポートです。
ワンダー速報でもまだレビューしていないので、動画でじっくりお楽しみください^^

今回アップした動画はこちら↓



4.4L V8エンジンのエキゾーストノートもマフラー前で収録したので、ぜひ最後の1秒まで見てくださいね^^

そして、私が寄稿したカー&レジャーさんの記事はこちら↓

ハンズオフ比較対決!日産スカイライン vs BMW M850i 自動運転で使えるのはどっち?前編(M850i)

DSC_7316.jpg

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

ワンダー速報の寄稿記事が読めるのは、現在ではカー&レジャーさんだけ!(笑)


今回はBMW 850i xDrive Coupeの内外装をレポートしましたが、次回はハンズオフを試している動画もアップしますのでご期待ください!!

そしてさらに、新型スカイラインの試乗インプレッションも控えていますので、これからもワンダー速報&ワンソクTubeからは目が離せませんよ!!

BMW M850i_02
↑クリックで拡大します。


告知だけではなんなので、少しだけブログでもBMW 850i xDrive Coupeの感想を書いておくと、1800万円超のフラッグシップクーペとしての存在感は、意外と大人しくてシックな印象でした。

BMW M850i_03

電動アクティブリアスポイラーとかもなく、ギラついた装備や派手な演出なども無いので、ボディサイズ以外はシックでおとなしい印象を受けます。

BMW M850i_04
↑クリックで拡大します。

ボディサイズは全長4,855mm×全幅1,900mm×全高1,345mmと超ワイド&ローなクーペスタイル。
サイドから見ると本当に長いですよね。
もうちょっと1800万円相当の演出もあっても良いんじゃないかなと思いつつ。


内装においては、BMWのデザイン文法に沿って作られているので、マテリアルこそ質感は高いですが、デザイン的には見慣れたものになっています。

BMW M850i_03
↑クリックで拡大します。

BOWERS & WILKINSのダイヤモンドサウンドシステムは、見栄えもすごく良かったです。

そして、クリスタルのシフトノブやiDriveコントローラーなども、他のBMWモデルとは一線を画するアイテムとして装備されていました。

BMW M850i_07

でも逆を言えば、このくらいの差別化でしか無いので、意外と3シリーズやZ4辺りとそれほど変わった感も無かったんですよね。


そして、一応4シーターなので、後席もチェックしてきましたよ。

BMW M850i_05

さすがにエマージェンシー用途ですが、BOWERS & WILKINSのスピーカーが配置されていたり、後席も質感は良かったです。
ただ大人が座れるようには出来てないですね。
荷物置きとしては十分すぎるほど実用性があるので、やっぱり2シーターよりも4人乗れるようになっているほうがありがたいです。

さらにトランクルームも意外と広くて、後席も倒してトランクスルーまで出来るので、2名乗車+ゴルフくらいの用途は余裕でこなせますね。
詳しくは動画をご覧ください^^

BMW M850i_02
↑クリックで拡大します。

ということで、BMW M850iなど新車の購入を検討中の方は、ディーラーに行く前に(もしくは行ったあとでも)ネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場を知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、そのボタンを押せばOK。

相場知りたい

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

BMW M850i_02

想像してみてください。貴方の欲しいクルマのドライバーズシートに身を委ねている自分を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^


今回アップした動画はこちら↓



では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ
















にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!