オウンドメディアとかコンテンツマーケティングとかブログとかについて考えてみた。

最近頼まれて、たまにコッソリとセミナー講師とかもやるようになってきたんですが、世の中ではここ数年でまたブログが注目されてるみたいですね。

一時期は、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどが生まれて、みんなSNSへと移って行ったんですが、また最近ではブログに回帰する流れがあるみたい。

1111_2018020610593295b.jpg


個人でも新たにブログ始める人も多いのですが、それよりも企業が「オウンドメディア」といって自社のブログを再び本腰を入れて始めることが増えてきています。
コンテンツマーケティングとか言われて、ユーザーのお悩みを解決する記事を書いて、最終的に自社のサービスの売り込みをするとかの手法がありますが、なかなか上手くいってるところも少ないみたいですね。

オウンドメディアとかブログとかって、仕事空いた人が片手間でやったり、持ち回りでとりあえず書いてるみたいな「やらされ仕事」だと、意味のない記事ばかり量産してしまったり、途中で飽きてやめてしまったりするんですよね。
その悪循環ならやらないほうがいいし、しょうもないコンテンツを量産してしまうなら、企業イメージも損なってしまいます。

でも逆に、その企業が持つ強みを活かした、世の中の悩みを解決するコンテンツが書ければ、そこから受注に繋がるだけではなく社会貢献にもなります。
もちろん、価値あるコンテンツするためには書き方とかSEOなどの手法はありますが、今後は下手な営業活動するよりは、オウンドメディアをしっかり構築して、「売らずして売る」というのが大切になってくるだろうなぁと思います。

今はユーザーも企業も、悩みを解決したいとか、物を買いたいとなった際には、必ずネットで調べますもんね。
その時に、悩みを解決出来るコンテンツを提供できれば、物やサービスが売れる可能性が飛躍的に高まります。

オウンドメディアをやらなきゃと思ってる企業は多いかもしれませんが、どうやって始めたら良いか、何を書いたら良いかわからないとか、運用はどのくらいのペースで上げたら良いのかとか、わからないところが多いんじゃないでしょうか。

私もブロガーの端くれですし、月間100万PVやってる個人ブロガーもそうたくさんはいませんので、そういうノウハウは提供できるかなと思ってますので、ご相談はメールでくださいね(笑)
世間一般のコンサルの半額でやりますよ!←宣伝


企業がオウンドメディアをやるとなると、今度はライターを社内で見つけるか、外注するかになるかと思います。
クラウドワークスとか見ても、ライター募集の求人も多いですし、サラリーマンや主婦の傍らでライティングやってお小遣い稼ぎしてる人も増えました。
専門性の高い記事を書く場合は、ライターの質も問われて、1記事あたりの単価も高くなります。
そこまで専門性を求めない記事なら、内容にも寄りますが、1記事1500円〜3000円くらいになるので、月に10本書けたら車のローンくらいにはなりますね。

一方でライター専門でやってる方は、こうした安い労働力が参入してくることで、食っていくのが大変になってきてるみたいです。
顔の見えないライターではなく、自分自身もブランディングしていくことが、これからは大切になってくるでしょうね。

活字離れと言われていますが、スマートフォンの普及により、むしろ文字に触れている時間は増えていますよね。
良質なコンテンツを生み出す力というのが、これからますます重要になっていくんだろうなぁと思いました。
もうすぐこのブログも5年になります。
年中無休で続けて来てよかったなぁと思うことも増えました。
続けるって大切ですね。

と言った感じで、たまには真面目なコラムも書いてみましたが、長文にお付き合いいただきありがとうございました!

昼のワンダー速報でした!


にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

カメラ使ってますか?「何を撮りたいかわからない」が一番大敵!

皆さん、カメラをお持ちですか?
そしてカメラ使ってますか?

「カメラを買ったものの持ち歩くのが億劫で使っていない」とか、「写真を撮ってもなんかつまらない写真ばかり量産してしまって飽きてしまった」とかで、タンスの肥やしになっている人、いるんじゃないですか?

00_20180205081215fef.jpg

カメラや写真がつまらなくなってしまったり、持ち歩かなくなっていまう一番の原因は「何を撮りたいか分からない」という状況から起こっているかもしれません。
ではどうしたら、カメラが楽しくなるでしょうか?

ご興味ある方は続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「車はもう一つの部屋」

車離れ時代のクルマ考


前回の記事に続いてシリーズ第三弾のリバイバルです。

前回までの記事はこちら↓

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「買っているのは時間だ」

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「車は服と同じ?」


前回のブログで、車は服と同じ、身なりを整えるように少し背伸びをして良い車を買ってみよう、という記事を書きました。

しかし、今回はその真逆です(笑

極論すれば、車なんて動けば良い!のです(笑)

車離れ時代だからこそ、ただ単に車を買うだけでも、それはとても意味のあることなんです。
そして、車はどんな車であっても良いと思います。
ボロボロの中古車であっても、生活感のあるミニバンであっても、荷物が積めないスポーツカーであっても、車を所有するということが、人生にとってはとても価値あることだと思います。


IMG_4316.jpg


「おいおい、この前と言ってることが違うじゃないか!」とお思いかもしれませんが、物の見方にはいくつもの側面があります。
見る人のライフスタイルや考え方など様々だと思います。
なので、前回は当ブログでレクサスや外車などに興味を持たれているけどまだ購入したことはない、というような方に向けたメッセージだと思っていただければと思います。

今回は、車を買ったことがない人や必要ないと思っている方、カーシェアリングで済ませばいいじゃんと思っている方に向けたメッセージだと思っていただければ幸いです。

続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「車は服と同じ?」

車離れ時代のクルマ考


前回の記事に続いてシリーズ第二弾のリバイバルです。

前回記事はこちら↓

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「買っているのは時間だ」



今回はそのシリーズ第二弾として、車と言ってもいろいろな価格やブランドがあるなか、何の車を選ぶのか?ということについて自分の考えを書いてみたいと思います。

P1010027_201508022252218cd.jpg


「車は移動の手段でしょ?他に何の意味があるの?!」

という人にはわからないかもしれませんが、車を所有することの意味って、それだけではないですよね。
このブログを読んでくれている多くの人は、その意味を何となく感じている人だと思います。

そんな車を所有する意味について、管理人の考えを語るシリーズの第二回です。


続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「買っているのは時間だ」

車離れ時代のクルマ考


ワンダー速報も2013年3月のエントリーから毎日更新を続け、昨年からは1日2回更新する日がほとんどになりました。
エントリー数も2000記事を超え、過去記事も膨大になりましたので、最近から読み始めた方が知らなそうな過去記事をリライトしながら紹介したいと思います。


昨今、「若者のクルマ離れ」とか、維持費の高騰による買い控え、カーシェアリングへのシフトなど、車を所有しない世帯や世代が増えていると思います。

たしかに、可処分所得が少なかったりすれば、維持費のかかる車などはレンタカーで済ませたりするほうが賢い選択とも言えますね。

特に一部の間では、「車はお金がかかるコスパの悪いモノ、見栄を張りたい人が買うモノ」という風潮すらあります。
これは的を射ていると言えばそうなんですが、車を単なる移動の手段とだけでしか捉えていないと、まさに金食い虫にしかならないんですよね。

IMG_0318_1_20150731184333513.jpg


「車は移動の手段でしょ?他に何の意味があるの?!」

という人にはわからないかもしれませんが、車を所有することの意味って、それだけではないですよね。
このブログを読んでくれている多くの人は、その意味を何となく感じている人だと思います。

今回のエントリーでは、車離れが叫ばれる昨今にアンチテーゼを唱える意味でも、「車を所有する意味」について、管理人の考えを語ってみたいと思います。

ご興味ある方は続きをどうぞ。



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!