【走りの評価◎と×】VWゴルフ7.5ハイライン納車後1年半レポート!そして売却!いくれで売れた?

1年半乗ったVWゴルフハイラインを売却前に動画撮っておいたので編集しました。


2018年4月に納車されたフォルクスワーゲンゴルフ7.5ハイラインですが、1年半後の2019年10月に売却となりました。

GOLFhighline04.jpg

動画では一度もアップしていなかったのですが、売却前に撮ってあったので、編集してアップしました!

すでに先日、前編としてゴルフ7.5のエクステリア&内装編はアップ済み。



前編をまだ見てない方は、前編からぜひどうぞ。

そして今回公開した後編、ゴルフ7.5のドライブフィール編はコチラ↓



2013年に発売されて6年が経過したゴルフ7ですが、2017年のビッグマイナーチェンジをしてゴルフ7.5となったモデルを私は購入していました。
そんなゴルフ7.5の走りはどうだったのか?!

ぜひ動画でご確認ください。


当ブログでは過去にもフォルクスワーゲンゴルフの記事を書いていました。
過去のフォルクスワーゲンゴルフ関連記事や今後加筆されていくゴルフ最新情報については、以下のゴルフ関連記事一覧でご確認ください。

ゴルフ関連記事一覧



そして今回は、ゴルフを売却した方法についておさらいしておきましょう。

ご興味ある方は続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

元オーナーが語る!新型アウディA1とアウディQ2を比較!どっちが良い?試乗レポート

新型アウディA1の試乗インプレッション第二弾!


前回記事&動画では、新型アウディA1のエクステリアと内装をレポートして、かなり辛口な評価担ってしまいました^^;

前回記事はこちら↓

【辛口評価のワケ】新型アウディA1 Sportback試乗しました!内装&外装編

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

今回はその続きで、新型アウディA1の名誉挽回なるか!試乗ドライブフィールをレポートします!

AudiA1sportback09.jpg
↑クリックで拡大します。

乗ればやっぱり良いんですよねぇアウディは。
ただ、「乗るまでの興味を持てる価格設定にしてほしい」というのは切に思います。


今回は、ブログでもアウディQ2と新型アウディA1を比較してみたいと思います。
結構違いがあるんですよ。



アウディQ2に関しては、過去にも記事にしていますし、これから加筆される最新情報については、以下のアウディQ2関連記事一覧でチェックしてみてください↓

アウディQ2関連記事一覧

実はアウディQ2も売却する前に動画も撮ってあるので、これを機に編集しようかな。


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【辛口評価のワケ】新型アウディA1 Sportback試乗しました!内装&外装編

2019年11月にフルモデルチェンジしたアウディ新型A1に試乗してきました!


元アウディQ2オーナーとしては気になっていた新型アウディA1ですが、カー&レジャーさんのレビューに相乗りさせていただき、また今回も試乗させてもらいました。

WEBカー&レジャーさんへの寄稿も後日アップしますのでご期待ください!
先日はレクサスLSのマイナーチェンジ記事を寄稿しましたので、まだ見てない方はぜひ。

レクサスLS、2度目のランニングチェンジで走りの質感はどう向上したか?

↑別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!


今回は、新型アウディA1スポーツバックの上位グレード、1.5Lを搭載するAudi A1 Sportback 35TFSI S lineに試乗してきました。

AudiA1sportback05.jpg

見た目に関してはたしかにA1とわかるサイズ感で、各部の造形も密度感が上がっているので立派になった印象です。
でもA1に限ったことではないですがダミーのダクトが増えていて、そこがちょっと気になったかも…。

今回のフルモデルチェンジを機に、A1では3ドアを廃止、すべて5ドアになりました。

AudiA1sportback03.jpg
↑クリックで拡大します。

実用性を考えると、たしかに5ドアだけで十分と思いますね。
ホイールベースも延長された影響で、後席の居住性も格段に向上していました。
ただし、せっかく居住性が上がったのに、後席の快適装備はほぼ付いておらず、そこがBAD評価。
その辺りはぜひ今回アップした動画でご確認ください↓

今回アップした動画はコチラ!↓



全体的に辛口評価になっちゃいましたねぇ…。
でもこれもアウディ愛ゆえです。

消費者として、アウディファンとして、その辺りの屈託のない意見を動画でもまとめさせてもらいました。
ぜひ最後まで見てみてくださいね。



アウディA1 Sportbackのエクステリアの評価は?


ブログでも新型アウディA1のレポートをしておくと、エクステリアに関しては概ね高評価です。

AudiA1sportback02.jpg
↑クリックで拡大します。

先代よりも迫力を増したフロントマスクは、ボンネット下の3本のスリットが特徴的ですが、これはかつての「スポーツクワトロ」へのオマージュなのだそう(っても古いアウディはぶっちゃけ知らないっすけどねw)。

AudiA1sportback05.jpg

しかし、迫力が増しましたね〜。
その大きな要因は、ダクト類が追加されていることですが、これは全部ダミー。
この辺も好みはありますが、私は機能性のあるデザインのほうが好きですね…。


A3かと見まごうほど立派になったA1 Sportbackは全長もついに4m超え。

AudiA1sportback04.jpg
↑クリックで拡大します。

新型アウディA1のボディサイズは、

全長4,040mm×全幅1,740mm×全高は1,435mm、ホイールベース2,560mm

となっています。
先代に対して全幅は変わらず、全長は+65mm、全高は+10mm、ホイールベースは+95mmと大幅に延長され、それは後席の居住性に大きく寄与していました。


内装は辛口にならざるを得ない…


内装の質感は先代A1よりは確実に良くなっているとは言えるのですが、コミコミ500万円を超えてしまうクルマとして見ると辛口にならざるを得ないというのが正直な感想です。

AudiA1sportback09.jpg
↑クリックで拡大します。

特にこの新型A1では、ポロと同じプラットホームで作られているためなのか、電動パーキングブレーキは非採用でサイドブレーキになっています。
最近では軽自動車にすら電動パーキングブレーキが付く時代にあって、Bセグメントとは言え300万円を超える価格帯のクルマとしては、電動パーキングブレーキは装備しておいてほしかったですね…。
今回の試乗車はコミコミで500万円超えますからね。

AudiA1sportback08.jpg

バーチャルコックピットや10.1インチのMMIナビなど、デジタルインフォテイメントシステムに関しては質感が高いとは思います。
これでコミコミで300万円くらいなら納得なんですが。

最近のアウディは、価格設定と質感が見合わなくなってきている感がすごくて、これではメルセデスはおろかBMWにも追いつけなくなってしまうのではないかという危機感を感じます。
さらにはボルボもより低価格で高品質を実現していて、シェアを伸ばしているのでこのままではボルボにすら抜かれかねないとすら思います。

AudiA1sportback07.jpg

バーチャルコックピットやスッキリとした内装デザインなど、良い部分もあるだけに、とても惜しい感じです。
売れて欲しいという応援したい気持ちはたくさんあるのですが、価格がネックですね…。

さらに後席に関しても辛口の評価になってしまったんですよねぇ…。

詳しくは、今回アップした動画でチェックしてくださいね!

今回アップした動画はコチラ!↓



過去にすでにアウディA1の見積もりをもらった記事がありますので、良かったら参考にしていただければ↓

【価格は365万円から!】アウディ新型A1見積りました!発売日・画像・内装・サイズ・スペックなどまとめ!

AUDInewA1_07.jpg


アウディA1だけじゃなく、アウディ車が気になる方は、お近くのアウディディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
さいたま近郊でアウディ車をご検討中の方は、ディーラーさん紹介しますので、PC版の右カラムのメールフォームからメールくださいね!多少はお得に買えるかもしれませんよ^^

Audi-A1_Sportback-2019-800-06.jpg
via:https://www.netcarshow.com/


ということで、アウディ新型A1など新車の購入を検討中の方は、ディーラーに行く前に(もしくは行ったあとでも)ネットで愛車の下取り無料査定をしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド







最初にアンケートが出るので「乗り換えを検討している」ってボタンを押せばOK。

車を売る気

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)


人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

AudiA1sportback01.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



今回アップした動画はコチラ!↓



では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ↓(かかってくるのはユーカーパックのみ)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2








にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【価格は135万円から】トヨタ新型ヤリス見積りました!ハイブリッド&1.5Lガソリンの見積り公開!

2020年2月発売予定のトヨタ新型ヤリスを見積りました!


トヨタのヴィッツ改め新型ヤリス、2019年12月20日の発表に先駆けて全グレードの価格判明!
見積りももらってきたので価格感をレポートしたいと思います!

YARIS00_20191208195220d71.jpg

ただし、12月20日までは見積りの公開は禁止とのことで、一応ルールは守ってテキストベースで書き出したいと思います。


過去にお届けしたヤリス関連の記事や、これから加筆される最新情報については、以下のヤリス関連記事一覧でチェックしてくださいね↓

ヤリス関連記事一覧



※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ↓



続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【セダン愛はあるか?】ホンダ新型アコードハイブリッド見てきた!エクステリア&内装編

東京モーターショー2019に展示してあった新型アコードハイブリッド見てきました。


2020年2月とも言われている新型アコードの発売日ですが、それに先駆けて東京モーターショーで展示してあったので撮ってきました。

HONDA ACCORD07

インサイトにも似た見た目はたしかにカッコいい!

展示されていたのは新型アコードのハイブリッドモデルでした。
北米では他にも1.5Lターボなども用意されているようですが、日本ではおそらくハイブリッド1本になると思われます。

HONDA ACCORD08
↑クリックで拡大します。

搭載されるパワートレインは2.0L i-MMDというハイブリッドシステムを搭載。
これは先代アコードハイブリッドでも同じく2.0Lのi-MMDというスポーツハイブリッドでした。
ホンダのi-MMDというハイブリッドは、ノートe-POWERのようにエンジンを通常では発電用として使用し、バッテリーに充電した電力でモーターを動かして加速させるシリーズ式ハイブリッドになっています。
ただ、日産のe-POWERがエンジンは完全に発電用のレンジエクステンダーになっているのに対し、ホンダのi-MMDではエンジンで車軸を動かす「エンジンドライブモード」があるのが特徴です。

 このモードでは、駆動軸とエンジンをクラッチで直結させ、エンジンが主体で走行し、さらにモーターのアシストも加わるので、トヨタのハイブリッドTHS2のようなパラレル式ハイブリッド車の良さも持つハイブリッドシステムになっているのが魅力です。
私も先代アコードハイブリッドには試乗しましたし、インサイトやステップワゴンハイブリッドなど、ホンダのi-MMDには試乗していますが、たしかにトヨタのTHS2とも違った不思議なドライブフィールです。

HONDA ACCORD06

今回は東京モーターショーに展示してあっただけなので、エクステリアと内装のインプレッションに留まっていますが、実際に発売されて試乗できるようになったら乗らせてもらおうと思います。

エクステリアに関しては、インサイトを大きくしたような、というかインサイトと見間違えるほど似ています。

ちなみにこちらがインサイト↓

HONDA_INSIGHT09_201912051720342c7.jpg

アコードのほうがメッキがダークメッキになっていたり、シックな印象。
インサイトのほうが一回り小さいですが、メッキの使い方は高級感を感じるものになっていますね。

新型アコードハイブリッドをサイドから見るとこんな感じ↓

HONDA ACCORD09
↑クリックで拡大します。

伸びやかなデザインで、スラントしたルーフラインがクーペスタイルのようです。

ボディ下部に入ったメッキラインと、6ウィンドウのガラス後端のメッキ加飾が特徴的。

ちなみにこちらがインサイト↓

HONDA_INSIGHT14_201912051720309e3.jpg
↑クリックで拡大します。

似てはいますが、Bピラーが無塗装だったり、質感はアコードハイブリッドのほうがいいですね。


リアも見比べてみましょう。

HONDA ACCORD04

新型アコードハイブリッドでは、リアコンビネーションランプが折れ曲がったデザインになっています。

一方インサイトはシンプル。

HONDA_INSIGHT15_2019120517203107e.jpg

インサイトのほうがスッキリしていますね。


新型アコードハイブリッドのインテリアは、ややオーソドックスなデザイン。

HONDA ACCORD02
↑クリックで拡大します。

液晶も大きく、スイッチ式のシフトボタンなどはインサイトとあまり変わった感じがしません。
木目に見えるのは木目調のシートでした。
このあたりは車格が上なら本木目を使ってほしかった…。


新型アコードハイブリッドのエクステリアと内装のレポートは、動画で今回アップしたので、是非最後まで見てみてくださいね!

今回アップした動画はこちら!!




新型アコードハイブリッドは2020年2月発売予定とのことなので、そろそろ商談が始まるかもしれませんね。
フィットの発売が遅れて2020年2月になったので、もしかしたらずれ込むかもしれませんね。
私も見積もりが取れるようになったら、アコードハイブリッドもフィットも貰ってきますのでお楽しみに!

HONDA ACCORD03


ということで、新型アコードハイブリッドなど、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いんです!

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド







最初にアンケートが出るので「乗り換えを検討している」ってボタンを押せばOK。

車を売る気

1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^
私自身もディーラー査定よりも最大で100万円以上高い査定額で買い取ってもらいましたよ!→その時の模様はコチラ

まじでディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒くさい」と言う人も多いです。
そういう方には、私もゴルフ7.5を先日売却したユーカーパックをオススメしておきます。
査定は1社だけ、その査定を元に全国5000社が参加するオークションに代理出品してくれるので、複数の業者を相手にする必要もなく、さらに買取店に対してこちらが希望した額になるまで価格交渉も代理してくれます。

詳しいやり方は、私が実際にユーカーパックを使ったレポートに書いてあるので参考にしてくださいね↓

ゴルフ7.5ハイライン売却しました!いくらで売れた?ユーカーパックの買取査定の評価は?

しかもワンダー速報の紹介コードがあれば、カタログギフトも貰えちゃいますから、さらにお得な感じ!!(笑)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2

↑をクリックすれば紹介コードが入力された状態になってますので間違いナシ!!
ワンダー速報以外のユーカーパックのバナーからではカタログギフトはもらえませんので、どうせやるならワン速からやったほうがお得です。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)


人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

HONDA ACCORD05

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^

ワンダー速報は、買いたい貴方の背中をグイグイ押します!(笑)


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



今回アップした動画はこちら!!



では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








「売却することは決まっているけど、電話が何件もかかってくるのがストレス」と言う人で、カタログギフトも貰いたいならコチラ↓(かかってくるのはユーカーパックのみ)

ユーカーパック ワン速特典カタログギフト紹介入力済みページ

B_5000社_300_250-2










にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!