「クルマ買いたくない」若者のクルマ離れ進行、でもそんなの関係ねぇ!(笑)お金は使ってナンボ!

先日、日本自動車工業会(自工会)の2017年度の乗用車市場動向調査で、車を保有していない10~20代のうち、「車を購入したくない」と答えた割合が50%を超えたそうです。

レスポンス「クルマ買いたくない」10-20歳代が急増中、自工会動向調査[新聞ウォッチ]

たしかに、現在の給与体系などを考えると、都市部の若い世代が車を所有することに対するハードルは非常に高いなと思います。
そして、交通網が発達した都市部や、ネットショップが進化した現在においては、車を持たざる暮らしでも、なんら不便が無くなっていると思います。
ネットでポチれば重い荷物も玄関まで届きますしね。
20年前では考えられなかったことが、急速に起きています。
ライフスタイルの進化が確実に起きていますよね。

ライドシェアやカーシェアリング、先日も書きましたがクルマ賃貸なんてサービスも出てきたり、今後はクルマを持たざる暮らしというのがさらに加速していきそうな気がします。
実際、私と同年代の仲間でも、車を持っていない世帯も増えてきていて、タイムズなどのカーシェアリングサービスを利用している友達も多いです。

それも一つの答えなのかもしれないなぁと思いつつ、クルマ好きとしてはやっぱり寂しい気持ちにもなりますね。

一方で、クルマの自動運転や安全技術の進化も著しく、無人運転でのモビリティ社会なども、もうすぐそこまで実現化していると思います。

では、「クルマを持たざる暮らし」と「クルマの自動運転」は、相容れないのかというと、そんなこともなく、普段運転しなくて運転が不得意な人でも、自動運転のクルマをカーシェアリングで借りてドライブに行くなんてことも、今後は考えられると思います。
運転に苦手意識がある人でも、自動運転なら自分が運転するよりも安全と考える人も増えるかもしれませんね。

DEMIO06_20180411104935956.jpg

そして、日本にはクルマで行けるところに、素晴らしい風景や町並みがたくさんあります。
もちろん、電車やバスなどの公共機関でも行くことはできますが、クルマは究極のプライベート空間ですので、家族や友人と気兼ねなく移動できるのが良いですよね。
そして時間に縛られることもありません。
好きな時に移動して、好きな時に休むことができます。
これもクルマでの移動のメリットのうちの一つです。

yuubari_20180411105158fba.jpg


そうやってクルマで旅する人が増えていけば、日本の都市部以外の地方や地域活性にも繋がっていくかもしれませんね。
自治体は待っているだけではなく、自動運転やカーシェアリングなどとタイアップする施策を模索して集客する時代になるでしょう。
今はインターネットもありますので、そうした素晴らしい日本の風景やコンテンツをいかに発信していくかが、今後は大切になっていきそうです。
まだ見ぬ日本の美しいスポットなどに飢えている人も多いハズ。
それは日本人に限らず、訪日観光客もそうです。
そうした日本の素晴らしい場所やコンテンツを、多くの人に価値を見える化して伝えていく仕事なんかもしていけたらなぁと考えています。

ワンダートラベルの記事なんかもまさにその一端なんですけどね。

「フツーじゃない旅」のカテゴリー、ワンダートラベルシリーズも良かったらどうぞ。
※画像クリックで記事に飛びます。

wonderTravel6.jpg

wonderTravel15.jpg

wonderTravel46_2014021610152330e.jpg

wonderTravel58.jpg


カーシェアリングやレンタカーなどの自動運転で旅行に行くのもいいですが、やっぱりマイカーで行くのはまた気分も違いますよね。

「車・旅・飯」をワンダー速報は注力していくと言っていましたが、これからもさらに日本の主軸産業である自動車と、日本のまだ見ぬ素晴らしいスポットを紹介し、そして美味しいご当地グルメや各地の地元の定食屋さんなんかも紹介しつつ、現地にお金を落としていけたらと思います^^

いつも書いていますが、車を買うということは自分のためにお金を使うということだけじゃなくて、日本の主軸産業にお金を落としているのですからね。
これは立派な社会貢献です。そのお金はメーカーや下請けで働く人たちの給料になります。
そしてその人達がまたお金を使ってくれることで、いずれ巡り巡って自分の給料や収入になるってものです。

「まずは与えよ」です。
「GIVE & TAKE」は、先にGIVEが来ていますよね。
世の中のためにお金を使っている人のところには、お金は集まってくるものです。
「無駄遣いした…」とか「浪費してる…」とか思わずに、「これも誰かの給料になるんだ!」と思って、良い気分でお金を送り出してあげましょう^^

そうしたら、お金は友だちを連れて返って来てくれますよ^^



クルマってやっぱり良いものです。
カーシェアリングだっていいです。
もっとクルマをつかって日本を旅していきましょう!

そしてもっと車に触れる機会が増えたら、きっと車も欲しくなるはず。
そしたらその時、愛車を買えばいいじゃない。

やっぱり愛車って良いですよ^^

audiQ2_02_2018041008175009b.jpg


過去に書いた「車離れ時代にクルマと付き合うことの意味」のコラムも良かったら合わせてどうぞ^^

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「買っているのは時間だ」

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「車は服と同じ?」

車離れの時代にクルマと付き合うことの意味「車はもう一つの部屋」


と言った感じで、昼のワンダー速報でした!
夜の更新もお楽しみに!^^



にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

「月刊 整備戦略」に連載させてもらうことになりました^^

管理人のつぶやき、昼のワンダー速報です。

今回はお知らせです。

実はとあるご縁で、自動車新聞社様の発行している業界紙「月刊 整備戦略」に私のコラムを連載させてもらうことになりました!^^

IMG_4336_20180328140649af2.jpg

どんなコラムを書いているかと言うと…
続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

団塊世代に必要な車って?実家の車購入について考えてみた。

実家の車は納車後10年になるホンダのストリームRSZの1.8Lモデルなんですが、こちらをそろそろ買い替えを検討しています。

ストリームは5ナンバーサイズの3列シートを持つ車として大ヒットしたのですが、背の低い乗用車タイプのミニバンの人気が徐々に衰え、その後ストリームの後継としてデビューしたホンダのジェイドは使い勝手の悪い2列目シートと極狭の3列目シートというバランスの悪さから不人気モデルとなってしまっています。

JADE01_20180312084404f22.jpg

ジェイドは2列シートバージョンが出るようで、これで少しでも人気が回復すると良いなとは思うんですが。
カタチは非常にカッコイイんですけどね。

ジェイドに限らず、トヨタのウィッシュやアイシスなども販売低迷でディスコンになるような状況です。

でも改めて実家の車の乗り換えを検討した際に、ストリームくらいの車があると良いなと思ったわけで。

続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

ドライブのすゝめ 疲れている時こそドライブに行くべき5つの理由

みなさん、車乗ってますか?

普段は仕事で忙しくて週末に乗る程度、という方も多いと思います。
でも休日は疲れてグッタリとか、買い物に使う程度、という方も多いのではないでしょうか。

そんな時は家でゴロゴロしていたり、できるだけ睡眠をとったりしたいものでしょうけど、実はそんな時こそドライブに出かけたほうが心も体もリフレッシュするかもしれませんよ?

Q2mikasa.jpg

今日はそんな「ドライブのすゝめ」です。

続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

オウンドメディアとかコンテンツマーケティングとかブログとかについて考えてみた。

最近頼まれて、たまにコッソリとセミナー講師とかもやるようになってきたんですが、世の中ではここ数年でまたブログが注目されてるみたいですね。

一時期は、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどが生まれて、みんなSNSへと移って行ったんですが、また最近ではブログに回帰する流れがあるみたい。

1111_2018020610593295b.jpg


個人でも新たにブログ始める人も多いのですが、それよりも企業が「オウンドメディア」といって自社のブログを再び本腰を入れて始めることが増えてきています。
コンテンツマーケティングとか言われて、ユーザーのお悩みを解決する記事を書いて、最終的に自社のサービスの売り込みをするとかの手法がありますが、なかなか上手くいってるところも少ないみたいですね。

オウンドメディアとかブログとかって、仕事空いた人が片手間でやったり、持ち回りでとりあえず書いてるみたいな「やらされ仕事」だと、意味のない記事ばかり量産してしまったり、途中で飽きてやめてしまったりするんですよね。
その悪循環ならやらないほうがいいし、しょうもないコンテンツを量産してしまうなら、企業イメージも損なってしまいます。

でも逆に、その企業が持つ強みを活かした、世の中の悩みを解決するコンテンツが書ければ、そこから受注に繋がるだけではなく社会貢献にもなります。
もちろん、価値あるコンテンツするためには書き方とかSEOなどの手法はありますが、今後は下手な営業活動するよりは、オウンドメディアをしっかり構築して、「売らずして売る」というのが大切になってくるだろうなぁと思います。

今はユーザーも企業も、悩みを解決したいとか、物を買いたいとなった際には、必ずネットで調べますもんね。
その時に、悩みを解決出来るコンテンツを提供できれば、物やサービスが売れる可能性が飛躍的に高まります。

オウンドメディアをやらなきゃと思ってる企業は多いかもしれませんが、どうやって始めたら良いか、何を書いたら良いかわからないとか、運用はどのくらいのペースで上げたら良いのかとか、わからないところが多いんじゃないでしょうか。

私もブロガーの端くれですし、月間100万PVやってる個人ブロガーもそうたくさんはいませんので、そういうノウハウは提供できるかなと思ってますので、ご相談はメールでくださいね(笑)
世間一般のコンサルの半額でやりますよ!←宣伝


企業がオウンドメディアをやるとなると、今度はライターを社内で見つけるか、外注するかになるかと思います。
クラウドワークスとか見ても、ライター募集の求人も多いですし、サラリーマンや主婦の傍らでライティングやってお小遣い稼ぎしてる人も増えました。
専門性の高い記事を書く場合は、ライターの質も問われて、1記事あたりの単価も高くなります。
そこまで専門性を求めない記事なら、内容にも寄りますが、1記事1500円〜3000円くらいになるので、月に10本書けたら車のローンくらいにはなりますね。

一方でライター専門でやってる方は、こうした安い労働力が参入してくることで、食っていくのが大変になってきてるみたいです。
顔の見えないライターではなく、自分自身もブランディングしていくことが、これからは大切になってくるでしょうね。

活字離れと言われていますが、スマートフォンの普及により、むしろ文字に触れている時間は増えていますよね。
良質なコンテンツを生み出す力というのが、これからますます重要になっていくんだろうなぁと思いました。
もうすぐこのブログも5年になります。
年中無休で続けて来てよかったなぁと思うことも増えました。
続けるって大切ですね。

と言った感じで、たまには真面目なコラムも書いてみましたが、長文にお付き合いいただきありがとうございました!

昼のワンダー速報でした!


にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!