【価格は636万円からと55万円安い】アウディ新型Q5ディーゼルTDI試乗しました!見積もりも公開!

アウディでは国内初となるディーゼル「Q5 40 TDI」に試乗しました!


例の排ガス問題で、アウディやVWのディーゼルモデルはライバルメーカーに比べて導入が遅れていましたが、2019年になってようやくアウディでもディーゼルモデルが解禁となりました!

それがアウディQ5 40 TDI です。
今回はQ5 40 TDI quattro sportに試乗させてもらいましたので、先に動画で公開しちゃいます!




↑タップで再生します。


そして、普通のメーカーでは、ガソリンモデルよりもディーゼルモデルのほうが割高な価格設定がされていますが、このアウディQ5 TDIに関しては、2.0Lガソリンモデルよりもなんと割安な価格設定となっています!
気になったので、コミコミ価格がいくらになるのか、見積もりももらってきましたので、今回のブログで併せて公開しちゃいます!

Q5mitsumori05.jpg

アウディQ5のガソリンモデルは、2017年のデビュー当時に試乗させてもらいましたので、そちらの記事も併せてどうぞ↓

【画像大量】カッコイイのか?! 2017新型アウディQ5試乗しました!価格は657万円から!エクステリアインプレッション

内装の評価は価格に見合うのか?! 2017新型アウディQ5試乗インプレッション

後席やラゲッジの実用性をチェック! 2017新型アウディQ5試乗インプレッション

2017新型アウディQ5のドライブフィールの評価は?試乗インプレッション!

AudiQ5_01_20171015132655be3.jpg

↑それぞれ別ウインドウで開くので、クリックしておいて、後で読むも良し!

過去のアウディQ5関連の記事や、これから加筆される最新情報は、以下のアウディQ5関連記事一覧でチェックしてくださいね↓

アウディQ5関連記事一覧


※例によって、当ブログの車に関する口コミ・評判・インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【全開加速&バーチャルコックピット!】アウディ新型A6 高速試乗レビュー!【動画アップ】

アウディ新型A6 Avant試乗インプレッション後編です!


2夜連続動画アップ!やればできる!(笑)
新型アウディA6の試乗インプレッションの動画版第三弾を公開しました!

AudiA6avant05.jpg

前回の動画では、街中での試乗インプレッションと、トラフィックジャムアシストのレポートをお届けしましたが、今回は高速の全開加速や、バーチャルコックピットの案内中の画面などをドライバー目線の動画で撮ってみたので見てみてくださいね!

今回アップした動画がこちら↓



↑タップで再生します。


アウディ新型A6の試乗インプレッション前編はこちら↓



こっちから先に見ておいてもらうとOKでピースです。



そしてその前にアップした、内装&外装編はこちら↓



こっちから先に見ておいてもらうとわかりやすいと思います。


やっぱり試乗インプレッションのドライブフィール編は、動画のほうがわかりやすいです。
バーチャルコックピットの案内中の画面を、ようやくお伝えできるので、ある意味悲願達成です(笑)
バーチャルコックピットはやっぱり良いですねえ。これだけで欲しくなります。

内装編などはブログのほうがゆっくりじっくり解説できるのでわかりやすいと思いますので、過去のブログも併せてどうぞ!両方見れば完璧!

AudiA6avant06.jpg

すでにブログでも新型アウディA6の記事をお届けしていますので、そちらを見てない方は併せてどうぞ↓

【価格は920万円から!】アウディ新型A6Avant フルモデルチェンジ!内装&外装 見てきました!【短評】

【ココが気になる?!】アウディ新型A6 Avantデビューパッケージ見てきた!エクステリアの評価は?

【ハイテク満載!】アウディ新型A6 Avantデビューパッケージ試乗インプレッション【内装の評価は?】

【ワゴンの魅力】アウディ新型A6 Avant 試乗インプレッション【後席&ラゲッジ編】

さいたま近郊でアウディ車を検討している方は、私が購入した話のわかる営業さんを紹介しますので、ブログPC版のメールフォームからご連絡くださいませ^^
結構頑張ってくれますよ…

新型A6が気になっている方は、お近くのアウディディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

AudiA6avant04.jpg

とその前に、アウディA6など、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場だけ知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、それでいいかも。
1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

AudiA6avant05.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



今日アップした動画はこちらね↓



↑タップで再生します。


新型A6のエクステリア&内装編と試乗インプレッション前編はこちら↓








アウディA7やA8と比較してみるのもOKだと思います↓






では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

アウディ新型A6試乗しました!半自動運転トラフィックジャムアシストを試す!【動画アップ】

アウディ新型A6 Avantのトラフィックジャムアシストを試す!


先日からブログでは特集している、新型アウディA6の試乗インプレッションの動画版第二弾を公開しました!

AudiA6avant01.jpg

試乗車は展示車とは異なるオプションが付いた、新型アウディA6 Avant 55 TFSI quattro debut package
ダンピングコントロールや電動テレスコチルト、イージークローザーまで装備されていました。

今回も長くお借りできたので、いつもの公園で撮ってきたんですが、トラフィックジャムアシストなどの解説をしていたら尺が長くなってしまったので前編・後編で分けてアップします。
今回はその前編です。

今回アップした動画がこちら↓



↑タップで再生します。


そして前回アップした、内装&外装編はこちら↓



こっちから先に見ておいてもらうとわかりやすいと思います。


やっぱり試乗インプレッションのドライブフィール編は、動画のほうがわかりやすいですね。
実は今までも、試乗インプレッションブログは、ボイスレコーダーに吹き込んだ感想を文字起こししていたので(笑)

逆に、内装編などはブログのほうがゆっくりじっくり解説できるのでわかりやすいと思います。
両方見れば完璧!(笑)


今回は前編として、トラフィックジャムアシストの作動状況などを解説していますが、次回は高速に乗って全開加速も試していますのでお楽しみに^^
鋭意編集中です!

AudiA6avant02.jpg
↑クリックで拡大します。

そしてやっぱり屋外で見たほうが、新型A6はカッコよかったです。


フロントのアニメーションなんかも撮ってきましたしね。

AudiA6avant06.jpg

すでにブログでも新型アウディA6の記事をお届けしていますので、そちらを見てない方は併せてどうぞ↓

【価格は920万円から!】アウディ新型A6Avant フルモデルチェンジ!内装&外装 見てきました!【短評】

【ココが気になる?!】アウディ新型A6 Avantデビューパッケージ見てきた!エクステリアの評価は?

【ハイテク満載!】アウディ新型A6 Avantデビューパッケージ試乗インプレッション【内装の評価は?】

【ワゴンの魅力】アウディ新型A6 Avant 試乗インプレッション【後席&ラゲッジ編】

さいたま近郊でアウディ車を検討している方は、私が購入した話のわかる営業さんを紹介しますので、ブログPC版のメールフォームからご連絡くださいませ^^
結構頑張ってくれますよ…

新型A6が気になっている方は、お近くのアウディディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

AudiA6avant04.jpg

とその前に、アウディA6など、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場だけ知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、それでいいかも。
1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

AudiA6avant05.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



今日アップした動画はこちらね↓



↑タップで再生します。


新型A6のエクステリア&内装編はこちら↓





アウディA7やA8と比較してみるのもOKだと思います↓






では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【ワゴンの魅力】アウディ新型A6 Avant 試乗インプレッション【後席&ラゲッジ編】

2019年3月20日にフルモデルチェンジして発売されたアウディの新型A6を見てきました。


試乗インプレッションも後日追加しますが、今回はショールームに展示されていた新型アウディA6 Avant 55 TFSI quattro debut packageの後席やラゲッジスペースをレポートします!

AudiA6avant_52.jpg


前回までの記事では、新型A6を初めて見た短評とエクステリア編、そして運転席周りの内装編をお届けしました↓

【価格は920万円から!】アウディ新型A6Avant フルモデルチェンジ!内装&外装 見てきました!【短評】


【ココが気になる?!】アウディ新型A6 Avantデビューパッケージ見てきた!エクステリアの評価は?


【ハイテク満載!】アウディ新型A6 Avantデビューパッケージ試乗インプレッション【内装の評価は?】


そして内装&外装動画はすでにアップ済みです↓



↑タップで再生します。


動画で予習もしつつ、今回の後席&ラゲッジスペース編も見ていただけると、より理解が深まると思います^^
動画では尺の関係でしゃべれなかったものも、ブログではじっくり語りますので。



今後、新型A6の試乗記も書いていきますので、今後加筆される最新情報については、以下のでチェックしてくださいね↓

アウディA6関連記事一覧


※例によって、記事の感想、インプレッションは個人の主観に基づくものです。一部、辛口なコメントも含まれる可能性もありますので、気分を害する可能性がある方はご遠慮ください。

ご了承いただける方のみ、続きをどうぞ。


続きを読む
にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!

【ハイテク満載!】アウディ新型A6試乗しました!内装&外装インプレッション【動画アップ!】

アウディ新型A6 Avantの試乗動画をアップしました!


先日からブログでは特集している、新型アウディA6の試乗インプレッションを動画でも公開しました!

AudiA6avant_07.jpg

気になるところは気になると、ちゃんと評価してますよ!(笑)

今回アップした動画がこちら↓



↑タップで再生します。

タッチレスポンスのナビ画面とか、バーチャルコックピットとか、動画で見たほうが良さがわかりやすいですよね。

そして、アウディの施錠解錠のライトアニメーションも動画で撮ってるので、ぜひ見てみてくださいね^^

AudiA6avant_11.jpg

これも動画じゃないと伝わらない(笑)



すでにブログでも新型アウディA6の記事をお届けしていますので、そちらを見てない方は併せてどうぞ↓

【価格は920万円から!】アウディ新型A6Avant フルモデルチェンジ!内装&外装 見てきました!【短評】

【ココが気になる?!】アウディ新型A6 Avantデビューパッケージ見てきた!エクステリアの評価は?

【ハイテク満載!】アウディ新型A6 Avantデビューパッケージ試乗インプレッション【内装の評価は?】

さいたま近郊でアウディ車を検討している方は、私が購入した話のわかる営業さんを紹介しますので、ブログPC版のメールフォームからご連絡くださいませ^^
結構頑張ってくれますよ…

新型A6が気になっている方は、お近くのアウディディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

AudiA6avant_19.jpg


とその前に、アウディA6など、そろそろ新車の購入をご検討の方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行った後でも、ネットで愛車の無料下取り見積もりをしておくことを激しくオススメしますよ。

何故かというと、営業マンから「今契約しないと納車が更に遅れる!」とか「今日ハンコ押してくれるならこの条件で!」とかプレッシャーかけられて、下取り価格の吟味をする前にうっかりハンコを押しちゃったりすることがあるからです(実際私も経験あり^^;)。

ディーラーでの下取り交渉で、良い条件を出すためには、予めネットなどで愛車の買取り見積もりを取っておいて、ディーラーでの下取り金額の交渉材料として使うのがかなりオススメの手です。

買取店で出た査定金額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉ができるので手ブラで行くより良い条件が引き出せる可能性が高いです^^

実際に私がおすすめしたこの方法で、ブログ読者の方から「買取店よりも良い条件でディーラーで下取ってくれた」という報告もいただきました^^

ディーラーによっては、値引きが良くても下取りの条件が悪いことも良くありますので、そういう時は、買取店に売却してしまえば良いですしね。

逆に、ディーラーで下取りの見積りをした後で買取店で査定する際には、ディーラーでの下取り見積もり額を予め伝えておくと、それ以上の価格で買い取ってくれることが多いです!

ちなみに、私がいつも使っているサイトはこちら。


かんたん車査定ガイド






久しぶりにこちらの広告クリックしたら、「相場だけ知りたい」ってボタンが最初に表示されるようになっていたので、それでいいかも。
1分程度の入力で、ざっくりした価格感がわかるのでとりあえず調べてみるのも良いと思います。

ガチで売却価格を上げたいのならば、上記のような一括見積もりサイトに車の査定を入力すると、複数の買取店が実際に車を見て買取額を決めたいと電話をかけてきます。その際、複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れます
「同じ時間帯にしないで欲しい」と言われるかもしれませんが、「まだ他の買取店からかかってきてない」と言っておけばOK(笑)
次に買う車の納期がわかっていると、売却時期について聞かれた時に答えやすいと思いますが、もしわからなかったら「現在の愛車の価値が知りたい」と言っておけばOK。

買取店が集まったら、「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に書いて、せーので見せてもらって、一番高いところに売ります!」と言うと、最初からMAX価格で勝負してきます。
何社も別の時間にアポイントをとるのも時間がもったいないし、一番この方法が良い条件出る可能性高いです。
この「入札制で」というのがポイントです!
ブログ読者の方からも、この裏ワザでディーラー見積りより数十万円も高く買取店で買い取ってもらえた!というご報告も多数いただきました!^^

ディーラーだけの下取り見積もりではもったいないですよ!
オプション追加できるくらい、買取額に差が出ますからね。

本気で高く売りたい方は、お試しあれ^^

売却時期がハッキリしていない人は、「とりあえず愛車の相場が知りたい」と言えばOK。
ディーラー下取り額が適正かどうかの判断材料として、愛車の価値を知っておくのは良いと思います。


また、「残価設定クレジットで買っているけど途中で売却できるの?」って質問をたまに受けますが、まったく問題ありません
こちらの記事にまとめているので、良かったらどうぞ↓

残価設定クレジットやローンの途中で中古車買取店に売却してしまっていいの?

私もいつも残クレで買ってますが、1年とかで売却してます(笑)

人生は有限です。
残クレとかローンで買うというのは、残りの人生の時間を買っているのと同じです。
70歳とか80歳の人が「お金貯まったらクルマ買う」と言うでしょうか?
目先の損を気にして時間を浪費するより、多少なり金利を払っても、好きなものを早く味わうほうが幸せな人生になると私は思っています。
(あと、残クレとかローンで買ったほうが値引きを引き出しやすかったりしますw)

それに、「お金がない」とか「贅沢は敵だ」なんて言って買い控えしていたら、日本経済が停滞してしまいます。
車やモノを買ってお金を使うということは、そのお金が誰かの給料になっているということです。
そして自動車はまさに日本の主軸産業。
それにお金を使うということは、社会貢献でもあるのです。
自分自身が良いものを買って身につけて行かなければ、身の丈は誰も引き上げてはくれません。
身の丈を上げてくれるモノを買って、自分自身の仕事の活力にしていきたいものですね^^

AudiA6avant_20.jpg

想像してみてください。貴方の欲しいクルマがガレージに停まっている姿を。
ワクワクしたときが買い時ですよ^^


ということで、当ブログが参考になったよ、という方は、ネット見積もりをする際には↑の広告リンクから見積もっていただけると、毎日ブログを更新するうえで大変励みになります(笑)


とりあえず自分の愛車の現在の相場を調べてみるぜ!って人はこちらをクリック!



2013年の3月にブログを開設して以来、毎日更新を貫いています!!
よろしければブックマークもお願いします^^

今後も気になる旬な車を中心にお届けしますので、応援よろしくお願いいたします^^


貴方と新しいクルマとの出会いが、素敵なものになりますように!^^



今日アップした動画はこちらね↓



↑タップで再生します。


アウディA7やA8と比較してみるのもOKだと思います↓






では次回のワンダー速報もお楽しみに!




ワンダー速報管理人が毎回使ってるネット査定はコチラ








にほんブログ村 車ブログへ ←毎日ブログ更新するために、こちらの「車ブログ」ボタンを押していただけると大変励みになります!